幸甚 意味。 「幸甚に存じます」の意味と使い方|例文でビジネス敬語を解説!

ビジネスにおける「幸甚」の意味と使い方、読み方と言い換え、英語表現も解説!

幸甚 意味

「幸甚」の読み方と意味は? はじめに「幸甚」の読み方と意味から紹介していきましょう。 「幸甚」の 読み方は「こうじん」 「幸甚」の読み方は「こうじん」です。 「幸せ」と「甚だしい」という言葉を組み合わせてできた言葉ですが、漢語で「甚だしく幸せ」と読み、「非常に幸せな様子」を表現するときに用いられます。 「幸甚」の正しい意味 「幸甚」は普通の幸せではなく「甚だしく幸せな様子」を表している言葉です。 「幸甚」の「甚」は「甚大」「激甚」「深甚」などの言葉に使わていますが、あるものごとに対し、その大きさ、度合い、深さなどを強調する時に添えられる言葉でもあります。 「幸甚」は「非常に」「ひどく」「大変」という意味を持つ「甚」に「幸」が先頭について、「幸福の度合いが普通よりはるかに越えている様子」を意味しています。 つまり、漢語読みが意味する通り「甚だしく幸せ」な様子を指しています。 「幸甚」の正しい使い方とビジネス例文 それでは「幸甚」の正しい使い方を紹介します。 ビジネスシーンで使える例文と併せてみてみましょう。 ビジネスシーンで活躍する言葉 社会生活ではさまざまな場面で「この上ない喜びを感じる瞬間」があることでしょう。 「幸甚」は「普通の度合い以上に、自分が幸せであると感じる時」に使われますが、ビジネスメールやビジネス文書では好んで用いられることが多いでしょう。 社会人生活がスタートすると、取引先や顧客と接することが増え、状況によっては「とても幸せに思います」より「幸甚に存じます」と表現をした方が、より的確に思いが通じる場合があります。 「幸甚」はビジネスシーンにおいて、その言葉の持つ威力を発揮します。 ビジネスで成功し、深く大きな幸せを感じた時に使ってみましょう。 「幸甚に存じます」 「幸甚に存じます」は相手の行為に対して、感謝や御礼の気持ちを意図する表現です。 状況によって「幸甚に存じます」がやや堅苦しいと思う場合は、「幸甚です」「幸甚でございます」と言い換えてもよいでしょう。 今月は、少し早めに生産報告をいただけますと幸甚に存じます。 幸甚に存じます理由は、御社様と今年も引き続きお取引をさせていただけるからです。 弊社でのビジネスミーティングにご参加いただると幸甚でございます。 商談でのご賛同に対し幸甚に存じますが、ご厚意に甘えないよう努力を続ける所存です。 「幸甚の至りです」 「幸甚に至りです」は相手の行為に対して「これほど幸せなことはありません」「自分にとってどれだけ幸せなことでしょう」という感謝の気持ちを存分に表す時に使われます。 「幸甚の至りです」をさらに丁寧に敬意を込めて表現したい時は「幸甚の至りに存じます」を使いましょう。 ミーティングで前向きな話し合いができたことは、弊社にとっても幸甚の至りです。 今回は厳しい納期に間に合わせていただいて、幸甚の至りです。 ぜひ、営業部長様にお話をつなげていただければ、幸甚の至りに存じます。 素晴らしい事業計画をいただき、スタッフ一同、幸甚の至りに存じます・ 「幸甚」の類語表現は? 「幸甚」という言葉を使うのがやや堅苦しいと思われるシーンでは、適切な類語に置き換えることもできます。 「幸甚」の類語について解説します。 「非常にありがたいです」 「幸甚です」の類語にあたる言葉は「非常にありがたいです」「大変嬉しく思います」などになります。 「幸甚です」という表現は畏まった表現の一つであるため、 相手が一歩も引くことなく素直に感謝の気持ちを受け入れてくれる言葉として「ありがたい」「うれしい」という言葉を用いるほうが良いでしょう。 度合いを示す「とても」「非常に」「大変」を加えて、「非常にありがたく存じます」などのように、文章をまとめるようにして下さい。 「幸甚」と「幸い」の違い 「幸甚」の類語として「幸い」があります。 2つの言葉の違いは意味としてはほとんどなく、「幸甚です」が固すぎると感じられるシーンでは「幸いです」と用いても問題ありません。 ただし、格式高い場面では、「幸いです」と使ってしまうと口語調の印象を与えてしまう場合もあるので、「幸甚です」「幸甚に存じます」を使えるとよいでしょう。 「幸甚」の英語表現は? 「幸甚」の英語は「appreciated」 「幸甚です」を「とても感謝する」という意味で解釈するなら「much appreciated」「very grateful」などが適切でしょう。 英語環境でのビジネスでも友好関係を維持するためによく使われるフレーズです。 ぜひ、覚えておきましょう。 It would be much appreciated if you come and see us when you have time. お時間のある時に訪問していただければ、幸甚です。 We are very grateful that you accepted our offer.. オファーを受け入れていただけたこと、幸甚に存じます。 まとめ 「幸甚」は「普通より度合いをはるかに超えた幸せの様子」を指す言葉で、「幸甚です」「幸甚に存じます」「幸甚の至りです」「幸甚の至りに存じます」などのように使います。 また、親しい間柄や初めてお付き合いする相手には適切な言葉ではないため、別の言葉を選ぶよう意識することが大切です。 ビジネスメールやビジネス文書など、形式ばったフォームで相手に語りかけるなら「幸甚」は使うべき適語と言えるでしょう。

次の

「幸甚です」の意味とビジネスでの使い方!類語「幸いです」や英語表現も紹介

幸甚 意味

「幸甚に存じます」という敬語表現、ビジネスシーンでは時折使われており、皆さんも一度は目にした事があるのではないでしょうか。 しかし、いまいち使い所がわからなかったり、正しく使えているか不安という方も多いと思います。 今回は、「幸甚に存じます」という敬語表現の正しい使い方や、言い換えた表現など例文と合わせて紹介していきます。 社会人としてのビジネスマナーを積極的に習得していきましょう。 「幸甚」と「存じます」 そもそも、「幸甚(こうじん)」とは、訓読みすると「甚(はなは)だ幸(しあわ)せ」と読みます。 字面が示しているように、この言葉の意味は「とても幸せである」ということです。 そして、「存(ぞん)じます」と続きますが、「存じます」の意味は「思います、知っています」、「承知しています」の謙譲語です。 つまり、「とても幸せに思います」という意味になります。 もともとは、手紙で希望を表す表現でしたが、メールでのやり取りが主流になっている昨今のビジネスシーンでも、多く使われている敬語です。 敬語「幸甚に存じます」の使い方 2つの使われ方 「幸甚に存じます」という言葉には、2つの使われ方があります。 例えば「〜して頂ければ、幸甚に存じます」といったように、自身の希望や要望を相手に伝えるときに使います。 もう一つ例をあげますと、「〜して頂き、幸甚に存じます」といったように、自身の感謝の意やお礼の言葉として相手に伝えるときにも使用されます。 このように、2つの使われ方があるのです。 「幸甚に存じます」は、こちらもよく使われる「幸いです」という言葉の丁寧語でより丁寧で言い方になるので、相手が目上のひとであったり、より切実な希望、深い感謝の気持ちを相手に伝えたいときに使うのが良いとされています。 「幸甚に存じます」を使う際の注意点 「幸甚に存じます」という言葉を使うときの注意点がいくつかあります。 自分ではビジネスマナーを抑えて使っているつもりでも、実は相手にとっては失礼にあたるということもあるので、しっかりと使い所を見極める必要があります。 ここでは「幸甚に存じます」を使う際の注意点を紹介します。 「幸甚に思います」とは使わない 「幸甚に存じます」は自身の希望や要望を相手に伝えたり、依頼するときに使う表現で、相手にそれを叶えてくらたら嬉しいという意味がこもっています。 しかし、相手が上の立場にあたる取引先の担当者だったり、目上の人である場合には、失礼な言い方だと捉えられてしまうことがあります。 そのため、この場合は「思います」の敬語表現である「存じます」を使った方が良いでしょう。 立場が上の人であったり、目上の人により丁寧な形で自身の希望や依頼を伝えたいときには、「幸甚に存じます」を用いて、失礼にあたることのないよう注意しましょう。 「幸甚に存じます」を乱用しない 「幸甚に存じます」には、感謝の意を相手に示すときにも使われます。 しかし、この上ない幸せや深い感謝の気持ちを相手に伝える言葉になるので、毎回のように使ってしまうと言葉の重みがなくなり、形式上の表現と取られてしまいます。 本当に深い感謝の気持ちを相手に伝えたいときに、心がこもっていないと思われるだけではなく、逆効果になってしまうこともあるので、「幸甚に存じます」を使う際には、場面やタイミングを見極めた上で使う必要があるのです。 「幸甚に存じます」は親しい関係の人には使わない 「幸甚に存じます」は手紙やビジネスメールなどに使われることから、普段の言葉づかいに比べると固い表現に感じられます。 そのため、目上の人であっても関係が親しい相手には、よそよそしく他人行儀に思われることがあります。 この場合は「幸いに存じます」や「有り難く存じます」といったような言葉に置き換えるのが最適です。 しかし、相手がいくら親しい関係でも、礼儀や行儀を重んじる人の場合は「幸甚」という言葉を使った方が良い場合もあるので、相手に応じた使い分けが必要となるでしょう。 「幸甚に存じます」を使った例文 手紙やビジネスシーンでよく使われる「幸甚に存じます」ですが、実際にどういった文章で使われるのか、いくつかの例文をご紹介します。 どんなシーンで使われるのか知っておくことで、いざその場面に遭遇したとしても、すんなりと発言することができるでしょう。 相手に『~をしてくれると嬉しい』と伝える場合の例文として出席可否を問う文章があります。 】というような使い方をします。 『返事がもらえたら嬉しい』という気持ちを伝える際にも使うことが出来ます。 その場合の、相手への依頼や感謝の気持ちを伝える際に使われる、言い換えの表現をいくつかご紹介します。 幸甚です 「幸甚」を使ったシンプルな言い方になります。 しかし、相手が立場が上の取引先の担当者や、目上の人の場合は、失礼にあたることもあります。 また、相手が目上の人ではない場合も、キツい印象を与えてしまうことも考えられるので、使う際は相手の立場や状況をしっかりと見極める必要があります。 使う際は、【ご連絡頂けると、幸甚です。 】【資料をお送り頂けましたら、幸甚です。 】のように、短い文章の際に使うと相性が良く言いやすくなります。 幸いです 「幸いです」は「幸甚」同様、自身の希望や依頼を相手に依頼する際や、感謝の気持ちを伝えるときに使われます。 「幸甚」に比べ、堅苦しい印象や他人行儀な表現ではないので、「幸甚に存じます」の乱用を避ける場合や、親しい関係の目上の人に対して使うのが最適です。 しかし、こちらも注意が必要で、相手が取引先の立場が上の担当者や目上の人に使う際は「幸いです」だけだと、失礼に受け取られることがあります。 その場合は、「幸いに存じます」という使い方をした方が良いです。 例として【お忙しいところ大変恐縮ですが、使用法をご教示頂けますと幸いです。 】【ご参考までに、資料を添付致しましたので、ご高覧頂けましたら幸いと存じます。 】のように使います。 助かります 「助かります」は相手との距離が近い場合に使われます。 後輩や同僚、親しい会社関係者の人など、相手とフランクに話せる関係であれば、「助かります」という言葉で十分な場合もあります。 また、取引先の担当者の人でも、付き合いが長い人やチャットでのやり取りの際には、相手をみて使っても良いでしょう。 お願い申し上げます 相手に希望を伝えたり、依頼する際の「幸甚に存じます」は、あくまで「して頂けるとありがたい」「助かります」という意味になります。 ですので、返事を絶対にほしい、この日までに絶対に納品してほしいなど、相手への要求が強い場合には、「お願い申し上げます」という言い方が最適です。 例えば、期日を絶対に守ってほしい場合でも、「幸いです」を使うと「守ってくれたら嬉しいです」程度にしか相手に伝わらない場合があるので、使い分けが必要になります。 しかし、強い要望であっても、相手への無茶な希望や当初の話と異なる際に使うことは失礼にあたることがあるので、注意が必要です。 気持ちを相手に伝えることが大切.

次の

幸甚の言葉の意味とは?読み方と正しい使い方を例文を交えてご紹介します!

幸甚 意味

幸いと幸甚の違い 幸いと幸甚の違いを分かりやすく言うと、 「幸い」は、相手に対してありがたく思う気持ちを丁寧に表現したものであり、「幸甚」は、幸いをさらに丁寧に改まった言い方で表現したものであるという違いです。 「幸い」という言葉には、様々な意味があります。 その人にとっての幸せを意味したり、運の良い様子を意味したりする場合もあります。 しかし、「幸甚」という言葉と比較する際には「~してもらえたらありがたいです」という意味の言葉になります。 幸いという表現を使用するのは、主に手紙やメールなどの文面上でのことになります。 会話の中で、口語体として使用されることはあまりありません。 例えば、手紙などで「~していただけますと幸いです」などのように使用されるものです。 これは、強要の意味を持たない、柔らかなお願いの表現です。 「もしできたら、~してもらえたら、とても助かります」というような意味になり、相手の忙しさなどを配慮しながら依頼をするような表現になります。 この「幸いです」という表現を、さらに丁寧に改まった形にした表現が「幸甚です」というものです。 例えば「幸甚に存じます」や「幸甚の極みです」などのように使用されます。 これは「この上なく幸せです」「最上級の幸せです」という意味の言葉です。 「幸いです」という表現も「幸甚です」という表現も、どちらもプラスの意味を持つものですし、目上の人にも使える表現です。 しかし、柔らかな依頼の表現なので、緊急性を要するような物事を伝える際には使用しないようにしましょう。 また、幸甚というのは、非常に改まった表現でもあります。 親しい間柄で使用するのには重すぎる表現になりますので、注意が必要です。 社外のお客様や目上の人などを対象にして使用するようにします。 使用する際には、「幸甚です」という言葉を連発しないようにも注意しましょう。 何度も繰り返して使うことで意味が薄れてしまい、かえって気を悪くしてしまう人もいます。 一度のメールや手紙に対して、一回使えば十分である表現です。 幸いの意味 幸いとは、 相手に対して何かを頼み、それを叶えて貰えたら幸せだという気持ちを伝える言葉を意味しています。 主に手紙やメールなどの文面で使われる表現であり、目上の人や立場が上の人に対しても使用できる表現です。 またその他にも、相手に対して、もし自分の行いが喜んでもらえたら嬉しいですという気持ちを伝える際にも利用される表現です。 この場合にも、使用されるのは主に手紙やメールなどの文面です。 幸いという言葉は、「幸い」という単語として使用する場合には、他にも様々な意味を持つものですが、ここで言うところの幸いというのは、書面などで「~していただけましたら幸いです」と使う際の表現です。 この「~していただけましたら幸いです」や「~いただけると幸いです」という表現は、もっと簡単に表現すると「~してもらえたら、とても嬉しいです」「~してもらえると、とても助かります」というような意味になります。 この表現を使う際には、相手に対して遠慮のある状態を意味しています。 相手側に何かを頼んでいる状態ではありますが、「幸いです」を使う場合には、「絶対に~してもらいたい」と強要するような気持ちを含まない依頼となります。 もし万が一、出来そうだったらやってもらえたら嬉しいです、助かります、というような消極的なお願いの場合や、相手の立場が自分よりも上であり、強くお願い出来ない場合などに「~していただけたら幸いです」というような表現を使います。 その他にも、自分の行為などが相手の役に立っていたら嬉しいというような気持ちを表すために「お気に召していただけましたら幸いです」というような表現で使用されることもあります。 どういった表現で使用するにしても「~幸いです」というのは、相手のことを思い遣る気持ちを示すための表現だと言うことが出来ます。 立場が上の人はもちろん、自分と同等の立場の人に対しても使用できる言葉であると覚えておくようにしましょう。 しかし、これらの表現は、強要しない範囲での依頼、お願いごとになります。 絶体にして欲しいことがある場合や、必ずして欲しいことがある場合には、この表現は使わないように注意しましょう。 幸いの「幸」という字を使った言葉としては、運がよいことや巡り合わせがよい様子を意味する「幸運」、非常に幸せなことや、その様子を意味する「多幸」、不平や不満がなくて楽しいことを意味する「幸福」などがあります。 幸甚の意味 幸甚とは、 「~していただけたら幸いです」という意味の言葉をもっと丁寧にした表現のことを意味しています。 幸いと同じように、主に手紙やメールなどの文面で使用される表現であり、この上なく幸せであることを意味しています。 幸甚という表現は、「この上なく幸せである」「非常にありがたく思う」というような意味を示す言葉です。 実際に使われる際には「幸甚の至りに存じます」「幸甚の極みです」というように使用されます。 「幸いです」という表現よりも、より改まった表現であり、目上の人や立場が上の人に対して使用する言葉です。 丁寧ではありますが、固いイメージのある言葉なので、ビジネスシーンなどでは、社内や同僚などに使用するのは控える方が良いでしょう。 社外のお客様や目上の人、明らかに立場が上である人に対して使用される表現であると覚えておくようにします。 また、連発して使用してしまうと、相手に軽率なイメージを与えることもあります。 連続して使用することは避ける方が良いでしょう。 幸甚の「甚」という字は、はなはだしい、度を超えているとい意味を持つ言葉です。 つまり、幸甚というのは漢字の意味だけで考えると、「幸せがはなはだしい」「幸せが度を超えている」というような意味になります。 喜びの最上級を相手に伝えるための言葉であると覚えておくと使いどころも分かりやすくなります。 親しい間柄で使用するのには、かえってよそよそしい印象を与えますが、改まった場では上手に使うようにしましょう。 幸甚の「甚」という字を使った言葉としては、程度のきわめて大きい様子を意味する「甚大」、非常に激しく、はなはだしいことを意味する「激甚」、意味や気持ちなどが非常に深いことを意味する「深甚」などがあります。 幸いの例文 5.お時間のあります際に、資料をご確認いただけますと幸いです。 この言葉がよく使われる場面としては、何かの物事を実行してもらえると幸せです、と人に頼む気持ちを表現したい時などが挙げられます。 「幸いです」という表現は砕けた言い方をすると「助かります」「ありがたいです」と同じような意味になります。 幸いです、という言葉は、誰かに何かを頼む意味の他にも、喜んでもらえたら嬉しいです、という気持ちを表現する際にも利用される言葉です。 どちらにしても、プラスの意味で使用される言葉であり、目上の人や立場が上の人にも使用できるものです。 ただし、これらの表現は、絶体に何かをして欲しい時や、必ずどうにかして欲しい時などには使用しないようにしましょう。 強要するような意味を含まないので、緊急性に欠ける表現になってしまいます。 幸甚の例文 5.今後も末永くお付き合いをいただけましたら、幸甚の極みに存じます。 この言葉がよく使われる場面としては、非常にありがたく、幸せに思うことを最上級の表現で相手に伝えたい時などが挙げられます。 「幸甚です」という表現は「幸いです」という言葉をさらに丁寧に表現した言い方でもあります。 「幸甚です」と「幸いです」という表現は、意味合いとしては同じものですが、より丁寧で改まった言い方が「幸甚です」という言葉です。 社外のお客様や目上の人、立場が明らかに上の人に対して使用する表現です。 親しい間柄で使用するには、少し改まり過ぎている表現でもあるので、使用する際には相手を選ぶようにしましょう。 プラスの意味を持つ言葉ですが、強要するような表現ではないため、絶体にしてもらいたい事がある際には使用しない方が良いでしょう。

次の