お 稲荷 さん レシピ。 初心者でも失敗しない!お稲荷さんのレシピ12選といなりアレンジ術

【意味を知ると怖い…】「お稲荷さん・お地蔵さん」への絶対NG行動 — 文・脇田尚揮

お 稲荷 さん レシピ

いなり寿司を作ろう!と思ったときに準備する基本的な具材は、お米と油揚げです。 そして酢飯や揚げを作るためのお酢、砂糖、だしの素、お塩、酒、醤油などの調味料が必要になります。 さらに酢飯に 胡麻やゆかり、しらす、柚子の皮、たくあん、ひじき、貝類、きんぴらごぼうなどを混ぜたりと、実は作るレシピによって かなり色々な具材を加えられるお寿司です。 酢飯は想像以上に色々な具材と合うので、自分だけのオリジナルいなり寿司を考えるのも楽しいです。 考え方はおにぎりと似ていて白飯にあう具材のように、 酢飯にあう具材を考えてみればいいのです。 意外性のある具材も相性が合うことがあるので面白いですよ。 味の相性はもちろんですが彩り豊かにするための美しい色合いの具材があると更に作るのが楽しくなります。 お稲荷さんと聞くとまず思い浮かべるのは ひな祭りや端午の節句のお祝い。 また、 初午(はつうま)と言ってその年の2月最初の午(うま)の日に食べたりします。 そんな昔ながらの行事に頂くお稲荷さんも美味しいのですが、近年はさまざまなお稲荷さんが登場し、いろいろな場面で受け入れられるお寿司となりました。 その活躍の場は数知れず。 日々の食事をはじめ、ホームパーティ、運動会や行楽地でのお弁当、お客様や友人へのおもてなし、記念日のご馳走など、レシピをアレンジしながらどこへでも登場するほど人気です。 食べやすい形や飽きのこない親しみやすい味がその要因だと言えるでしょう。 レシピを工夫すれば、栄養価の高いヘルシーなお稲荷さんでダイエットも可能ですし、自分のオリジナルレシピで場面ごとに簡単に作れるのもうれしいですね。 昨今は砂糖を多くした甘い揚げのお稲荷さんが人気急上昇中です。 イベントなどでメニューに迷ったときに、簡単で美味しいお稲荷さんを作ってみてくださいね。

次の

【意味を知ると怖い…】「お稲荷さん・お地蔵さん」への絶対NG行動 — 文・脇田尚揮

お 稲荷 さん レシピ

子どもから大人まで大人気のお稲荷さんは、お弁当にホームパーティーにと大活躍してくれますよね。 食卓をぱっと明るくしてくれるお稲荷さんには、飾り付けや味付けのアレンジがたくさんあります! 今回はトッピング方法やアレンジレシピなど、思わず試したくなる【お稲荷さんのアレンジ】方法をご紹介していきます! お稲荷さんの基本の作り方をおさらい! じゅわ~っとおいしい!油揚げの基本の作り方 出典: まずは、お稲荷さんの命とも言える油揚げの作り方をおさらいしていきましょう。 どんな酢めし、具とも合う甘すぎないけれど、ふっくらとジューシーな仕上がりの油揚げの作り方をご紹介します! お稲荷さん用の油揚げは少し多めに作って作り置きしておくと便利です。 ザルにあげてあら熱を取り、手ではさんで水気を押し絞ります。 <ポイント> 酢めしを詰める前に、手のひらで軽く押して煮汁を絞っておくと、汁で具材が湿らずにおいしく仕上がります。 出典: お稲荷さんのトッピング・飾り付けアレンジ:華やかオープンいなり編 ひな祭りやお祝いごとに!彩りオープンいなり 出典: お祝いごとやパーティーなど食卓を豪華にしたいなら、華やかな見た目のオープンいなりがおすすめです! オープンいなりとは、油揚げで酢めしを全て包むのではなく、あえて上部を開けて彩り豊かなたくさんの具材をトッピングしたお稲荷さんのこと。 春らしい花形にカットした野菜と菜の花をトッピングすれば、ひな祭りにもぴったりなごちそう稲荷に大変身します。 茹で上がったら流水で冷や、卵黄を取り出してフォークでつぶして細かくします。 上半分は飾り用に取り除き、下半分をみじん切りにします。 出典: 簡単豪華!鶏そぼろのオープン稲荷 出典: お弁当の定番ともいえる鶏そぼろと炒り卵をトッピングした、オープン稲荷アレンジです!お稲荷さんの上に鶏そぼろと炒り卵をのせるだけなのでとっても簡単です。 大葉の代わりにインゲンやグリーンピースを添えたり、鶏そぼろを牛そぼろにしたりとアレンジの仕方がいろいろあるのも魅力です。 桜でんぶや花びら型のにんじんをトッピングすれば、ぐっと華やかさがプラスされるので、ちょっとしたお祝い用のメニューとしてもGOOD。 煮立ってから3〜5分くらいを目安に、十分に火を通します。 弱火〜中火で卵に火が通るまでよくかき混ぜます。 市販のすし飯の素を使う場合は、規定量よりも薄めに作りましょう。 倒れにくいように下の方にもきっちり詰め、上部は平らに整えます。 出典: 健康にも気を遣った魚介の玄米いなり寿司 見た目にもこだわりたいけど、健康にも気をつけたいという人におすすめなのが、こちらの魚介の玄米いなり寿司です。 玄米で作ったよりヘルシーな酢めしの上に、色鮮やかなマグロやサーモンをたっぷりのせることで、健康に気を配りながらパーティーにもぴったりな豪華な見た目のお稲荷さんに。 炊飯器に分量の水とともに入れて、炊いておきます。 出典: お稲荷さんのトッピング・飾り付けアレンジ:キャラクター・動物編 SNSで人気沸騰!柴犬いなり 出典: Instagramでかわいい!と話題をさらった柴犬いなり。 シンプルな油揚げと酢飯ですが、飾り付けひとつでとってもかわいいお稲荷さんに大変身します! 可愛い見た目はお子さんだけでなく、大人も楽しませてくれますね。 切り取った方の油揚げをさらにカットし、耳を作ります。 チーズも同様に固定し、海苔をのせて仕上げたら、完成です。 出典: お子さんに大人気!リラックマいなり 出典: お子さんに大人気のキャラクター、リラックマに似せたリラックマいなりは、運動会や遠足など特別な日のお弁当にぴったりなお稲荷さんです。 中身の酢めしはシンプルな酢めしでも、具が入ったアレンジ酢めしでもOK! 食べるのがもったいないほど可愛いリラックマいなりなら、お子さんも大喜び間違いなしです。 耳は楕円形を半分に切ってのせ、鼻は1個をそのままをのせます。 出典: 酢めしで七変化!お稲荷さんのアレンジレシピ お花見にぴったり!桜おこわのお稲荷さん 出典: お稲荷さんは、お花見お弁当の定番の一品ですよね。 ノーマルなお稲荷さんも良いですが、お花見を満喫するなら桜おこわのお稲荷さんがおすすめです! 桜の塩漬けでおめかししたお稲荷さんなら、お花見気分も盛り上げてくれること間違いなし。 3合メモリより1〜2ミリ下の水位を目安にします。 おこわが炊き上がったら刻んだ桜を混ぜます。 <ポイント> 油揚げの皮の端を折りたたみ中のおこわを見せると、飾りの桜が映えてより可愛い仕上がりになります! 出典: おしゃれな桜えびと菜の花の柚子胡椒いなり寿司 見た目も味もおしゃれなアレンジを楽しみたい人には、桜えびと菜の花の柚子胡椒いなり寿司がおすすめです。 桜えびと菜の花がたっぷり入った酢めしとふんわりと香る柚子胡椒の風味が、いつものお稲荷さんにひと捻りを加えてくれます。 暑い夏にさっぱり頂く!みょうがいなり 暑くて食欲がなくなってしまう夏には、さっぱりとした味付けのみょうがいなりがおすすめです! みょうがいなりは、酢めしにみょうがの甘酢漬けと炒りごまを混ぜた、甘さ控え目の大人な味付けのお稲荷さんです。 お好みでしそをトッピングしたり、酢めしに混ぜたりすると、よりさっぱりとした風味を味わえます。 みょうがをよく洗い塩を振りしばらく置いたら、薄切りにしておきます。 出典: アレンジいなりでお稲荷さんをもっともっと好きになる! 出典: 甘くてふっくらとした油揚げで酢めしを包んだお稲荷さんは、古くから親しまれてきたお馴染みの和食ですね。 大人気のお稲荷さんは一方で「作るのは難しそう」「手間がかかりそう」と思われがちですが、作り方は実はとっても簡単。 甘い油揚げも実はどんな食材、味付けとも合うので、たくさんのアレンジが楽しめます! 飾りつけの仕方や酢めしのアレンジ1つで、お弁当やパーティーをぱっと彩る豪華なごちそうに早変わりしてくれます。 この春からは、お稲荷さんのアレンジレシピで、美味しいお稲荷さんをもっともっと味わってみませんか?• , , ,• 関連記事一覧.

次の

初心者でも失敗しない!お稲荷さんのレシピ12選といなりアレンジ術

お 稲荷 さん レシピ

いなり寿司を作ろう!と思ったときに準備する基本的な具材は、お米と油揚げです。 そして酢飯や揚げを作るためのお酢、砂糖、だしの素、お塩、酒、醤油などの調味料が必要になります。 さらに酢飯に 胡麻やゆかり、しらす、柚子の皮、たくあん、ひじき、貝類、きんぴらごぼうなどを混ぜたりと、実は作るレシピによって かなり色々な具材を加えられるお寿司です。 酢飯は想像以上に色々な具材と合うので、自分だけのオリジナルいなり寿司を考えるのも楽しいです。 考え方はおにぎりと似ていて白飯にあう具材のように、 酢飯にあう具材を考えてみればいいのです。 意外性のある具材も相性が合うことがあるので面白いですよ。 味の相性はもちろんですが彩り豊かにするための美しい色合いの具材があると更に作るのが楽しくなります。 お稲荷さんと聞くとまず思い浮かべるのは ひな祭りや端午の節句のお祝い。 また、 初午(はつうま)と言ってその年の2月最初の午(うま)の日に食べたりします。 そんな昔ながらの行事に頂くお稲荷さんも美味しいのですが、近年はさまざまなお稲荷さんが登場し、いろいろな場面で受け入れられるお寿司となりました。 その活躍の場は数知れず。 日々の食事をはじめ、ホームパーティ、運動会や行楽地でのお弁当、お客様や友人へのおもてなし、記念日のご馳走など、レシピをアレンジしながらどこへでも登場するほど人気です。 食べやすい形や飽きのこない親しみやすい味がその要因だと言えるでしょう。 レシピを工夫すれば、栄養価の高いヘルシーなお稲荷さんでダイエットも可能ですし、自分のオリジナルレシピで場面ごとに簡単に作れるのもうれしいですね。 昨今は砂糖を多くした甘い揚げのお稲荷さんが人気急上昇中です。 イベントなどでメニューに迷ったときに、簡単で美味しいお稲荷さんを作ってみてくださいね。

次の