ノストラダムス コロナ ウイルス。 最新ウイルス対策を公開!ノストラダムスが新型コロナウイルスからアナタの家族を守ってくれる、その訳とは?|ヒロ@高免疫でウイルス・花粉症から家族を守る|note

ノストラダムスは中国の新型ウィルス発生を予言していた!?

ノストラダムス コロナ ウイルス

画像は「 」より 中国を中心に世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス。 すでに中国全土で2700人以上が感染、80人以上の死亡が確認されている。 春節で日本に訪れる中国観光客が増える中、日本国内での感染拡大も懸念されるが、実はもう我々は絶滅のとば口に立っているのかもしれない。 英紙「Express」(1月24日付)によると、なんと世界最高の予言者ノストラダムスが世界の終末に伴う感染病のパンデミックを予言していたというのだ。 1999年人類滅亡予言を外したことで、世間から顧みられることが少なくなったノストラダムスであるが、人類滅亡予言には異論もあり、決して予言が外れたわけではないと解釈する者もいる。 また、彼の予言は最近でも的中している。 たとえば、ドナルド・トランプ米大統領の出現、ノートルダム大聖堂火災などだ。 今回の新型コロナウイルスのことを指しているとされるノストラダムスの予言は、『百詩篇』第2巻第53節のものだ。 (「ノストラダムスwiki」より) 画像は「getty images」より 「ペスト」と訳されている部分は英語訳では「plague(疫病)」となっているため、いわゆるペストだけでなく伝染性の病気を指していると考えて良いだろう。 この予言は2002年11月にアウトブレイクしたSARSコロナウイルスの時にも言及されたことがあり、海辺の都市は香港、偉大な夫人はSARS予防部総指揮の呉儀(ごぎ)氏を指すとされた。 一方、「International Business Times」(1月27日付)によると、今回のウイルスは反トランプ派の影の政府が人為的に作り出したものだという陰謀論も囁かれているという。 特にトランプ政権に通じている人物だとされる匿名投稿者Qアノンは同説の熱心な支持者であり、その証拠として2015年にイギリスの研究所が取得したコロナウイルスに人為的な操作を加える特許を挙げているそうだ。

次の

ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

ノストラダムス コロナ ウイルス

ノストラダムスの予言を信じる人は決まって「予言の的中率はかなり高い」と言います。 一方で、記述が抽象的すぎるため、予言の内容を事前に解釈するのはほぼ不可能です。 たとえば、2001年のアメリカ同時多発テロがその1つ。 テロが発生した2001年は、2000+1となるので、ノストラダムスが「1999年」をアナグラム 文字入れ替え 的に2000-1としたのではないか?という理屈です。 なるほど、そうなると確かに「恐怖の大王」の意味が成り立ちます。 アンゴルモアの大王=モンゴルの大王 アナグラム =ジンギス・カン ここまでの解釈は良いのですが、ここからがこじつけとなります。 モンゴル人=アジア人=東南アジア人=ビン・ラディン氏 みたいな感じです。 まあ、ノストラダムスの予言は解釈をすること自体が面白さの1つ。 いろいろな意見があった方が楽しめるともいえますので、これもりっぱな1つの解釈です。 ノストラダムス自身が生前に執筆していた可能性も十分にあるからです。 これは16世紀の刊行直後から語られていることで、以下の通りです。 真の預言者として未来の光景が脳裏に浮かんでいたとする説。 つまり、本物の予言者。 過去の事件や災害をあたかも「予言」の如く四行詩としてまとめたとする説。 つまり嘘の予言者。 大変わかりやすい2分割ですね。 笑 ちなみに、ノストラダムス本人は当然<1>を主張しています。 また、<2>に関しては、すでに存在していた予言書 たとえば聖書の『ヨハネ黙示録』など を参照して四行詩を作ったとする説もあるのです。 しかし、現在では他の文書 クリニトゥス『栄えある学識について』/1504年 からの引用アレンジであることが明らかにされています。 それは前述の<1>と<2>が混在していたとする説。 つまり、「ノストラダムスは本物の予言者であることは間違いないが、一部の詩だけ、ちゃっかり他から引用アレンジをしていた」という考え方です。 私はもっぱらこの考え方を持っています。 ともあれ、前置きが大変長くなりましたが、次のページで新型コロナウイルスを予言したと思われる3つの四行詩を紹介したいと思います。 【次のページ】.

次の

特別公開中●新型コロナウイルスの大流行をノストラダムスが予言していた!? 「3人の巨人」の団結に希望を/遠野そら・MYSTERY HOT PRESS|ムーPLUS

ノストラダムス コロナ ウイルス

Contents• 新型肺炎コロナウイルスはノストラダムスによって予言されていた!【訳あり】 この章では、実際に新型肺炎コロナウイルスを予言していると言われている 百詩篇第2巻第53節の原文と英文を紹介し、さらにその訳語を引用しています。 また、なぜそれがコロナウイルスを指すのかについてもふれています。 英文 The great plague of the maritime city will not cease until there be avenged the death of the just blood, condemned for a price without crime, of the great lady outraged by pretense. 日本語訳(山根和郎氏訳) 海辺の都市の大疫病は 死の復讐が遂げられるまで熄まない 無実の罪をきせられた正義の血で 至高の貴婦人は見せかけに辱しめられる 引用: ペストはコロナウイルスを指している? 見ていただいたのが、実際にフランス語で書かれた『百詩篇集』原文と、英訳、日本語訳となります。 百詩篇というのは、4つの行からなる詩でありノストラダムスの予言集として知られています。 この百詩篇第2巻第53節では、「 ペスト」と表記されている箇所ですが、英文では「 plague」と表記されており、こちらはそのまま「ペスト」という意味で訳されることもありますが、より広く、「 疫病、伝染病」と訳されることも少なくありません。 「海辺の都市の大疫病は死の復讐が遂げられるまで熄まない」 こちらの文章に書かれている「大疫病」は、そのまま新型肺炎コロナウイルスのことを指しているでしょう。 そして、「死の復讐が遂げられる・・・」とある通り、かなり被害が大きいものになるのではないかと予想することが出来ます。 「無実の罪をきせられた正義の血で至高の貴婦人は見せかけに辱しめられる」 この一文については色々と解釈の余地があり、「貴婦人」は林鄭月娥(りんていげつが)さんと呼ばれる香港特別行政区行政長官を指しており、「海上都市」が香港、ペストは「SARS」のことだったのではと、予言を解釈する識者もいます。 ノストラダムスの予言が、 SARSや新型肺炎コロナウイルスのどれかを指しているのか、もしくは、そのような感染症の影響で人類が滅ぶことを示唆しているのかについては色々な解釈があります。 しかしながら、16世紀に出版された「予言書」の内容が、解釈の程度はあれ、現実となっていることは事実です。 何れにせよ、 新型肺炎コロナウイルスが、今後の人類の存亡に関わる重大な一つの要因の一つである可能性はありそうです。 ノストラダムス大予言の信憑性について 世紀末に世界を震撼させた、ノストラダムスの大予言。 人類の滅亡という予言は外れたものの(良かったです・・)、これまでに幾度となく予言を的中させてきました。 新型肺炎コロナウイルスにまつわる予言の信ぴょう性を確かめるべく、 近年的中させたとされるノストラダムスの大予言を一つ紹介したいと思います。 スポンサーリンク ノストラダムスの大予言:トランプ大統領誕生 まずは予言の一文をご確認ください。 大胆で 厚顔無恥の大弁士が 軍の親玉に選ばれるだろう 論争の大胆不敵 橋が壊され、都市は恐怖で卒倒する 引用: 厚顔無恥な大弁士であり軍の親玉。 もちろん 世界最大の軍事力を誇るアメリカの支配者として、 ドナルドトランプの誕生を予言しています。 さらに、見ていただきたいのがこの一文で、 狂気を隠すいつわりの トランペットが ビザンチウムにその 法を変えさせるだろう 撤回されることを望む者がエジプトから出るだろう 貨幣とその品位を変更する勅令について 引用: 文中に登場するビザンチウムは、かつて古代ギリシャが作った植民都市。 この都市は 移民問題を抱えており、それは 現在のアメリカのことを指しているのではないかと言われています。 トランプの重要政策の一つは、「移民問題」ですからね。 さらに奇妙な一致が、「 トランペット」という単語。 「 トランペット(trumpet)」と「 トランプ(Trump)」の奇妙な一致は、予言的中と言っても過言ではないのでしょうか。 カードの画像も貼ってますので、その内容を合わせてご覧ください。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 4行詩となっている点や、そもそも500年も前に予言されている内容と言うこともあり、 はっきりと具体的な予言ではありません。 かなり含みを持たせています。 しかしながら、黙って見過ごすわけには行かないほどの単語であったり、内容があるのは事実であり、 実際に的中とも取れる内容が多く存在しています。 流行する新型肺炎コロナウイルスは、話の規模が大きくなりすぎて、色々な情報が錯綜しているのも事実です。 でありながらも、様々な意見や予言、予知を参考にすることも、時に重要かもしれませんね。 ノストラダムス以外にも、様々な予言などがありますので、興味がある方は関連記事もチェックしてくださいね。

次の