赤ちゃん 音楽 英語。 【英語 歌 動画】赤ちゃん&子供向けYouTubeのTop20を特集!

赤ちゃんの英語はいつから?0歳の新生児や乳児の英語は聞き流しから

赤ちゃん 音楽 英語

ちょっと心配な研究発表がありました。 もし、あなたの赤ちゃんをビデオ漬け、テレビ漬けにしていたら……大変なことになりそうです。 2歳以下の赤ちゃんに有害の可能性 赤ちゃんのテレビ、ビデオなどの視聴は問題あり! 「……ついに科学的に立証されたのね。 」 これが8月上旬に新聞発表されたときの私の感想です。 長時間ビデオ視聴については以前から気になっていたので、「」でもいくつかを書いていますが、今回はっきりとデータも出ており、アメリカで学会発表されています。 2歳児以下の長時間ビデオ視聴は百害あって一利なしという結果です。 皆さんはどう思われますか? ところが一方では、子どもの英語教育では、ネイティブ発音の入った幼児英語教材セットはとても人気があります。 購入層は第一子が0~2歳の親が約9割を占めています。 アメリカで学会発表されたこのようなデータを公表されては、販売業界は非常に困るでしょう。 そんなことはお構いなしにアメリカでは例としてを出しています。 実は教授も驚いた結果だった 昨年のことだったと思います。 教授は興奮して力説していました。 教授の解説によると、何の効果もない、というのです。 それ以来、気になっていましたので、やの動向をチェックしていたところ、2007年8月上旬に流れたニュースが「幼児教育ビデオ効果なし」でした。 参照: 英語) この学会発表は、どういう内容だったのでしょうか。 次のページで説明します。 >>どんな発表だったのでしょうか?>>.

次の

【赤ちゃん向け】英語の音楽動画11選!生後6ヶ月から聴かせたい理由も【元ベビーシッターが厳選】

赤ちゃん 音楽 英語

Contents• 英語の歌を赤ちゃんに聴かせよう 赤ちゃんのうちに英語の正しい発音を聴かせておくと、英語の耳ができると言われています。 言語にはそれぞれ周波数があって赤ちゃんの耳はそれらを聞き分けることができるのです。 流す音声は会話形式のものもいいですが、歌はリズムもあって楽しんで覚えられそうですね。 子どもが日本語を覚えていく段階でも、音楽や歌にふれることで言葉を吸収していきます。 歌詞の意味がわからなくても、音楽にのりながら耳で覚えてだんだんと口ずさんで、いつのまにか言葉として吸収できてしまいます。 楽しみながらなんとなく耳にしている英語が、いつもまにか脳にインプットされているんです。 英語の歌というと皆さんは何を思い浮かべますか?私はまず、「A~B~C~D~」というオーソドックスな歌が思い浮かびました。 英語が苦手なお母さんでも子どもに歌ってあげやすい歌ですね。 他にどんな歌があるか、「英語の歌」で調べると、「ABCの歌」や「あたま・かた・ひざポン」の英語バージョンの動画などがトップ記事にあがってきます。 例えばこのABCの動画は約2000万回再生されています。 赤ちゃんの手をとってお母さんが一緒に遊びながら歌ったり、子どもが体を動かしながら音楽を通して英語にふれることができます。 また、英語の歌をまとめた「CDツイン いーっぱい! 英語のうた 全60曲」という、外国の歌や日本の歌を英語で歌ったものも人気です。 携帯のアプリでも英語の学習ができるものはよくありますが、赤ちゃんは携帯やパソコンをうまく扱えないので、少し大きいお子さま向けかと思います。 歌を聴かせるということは0歳の赤ちゃんからできるおすすめの学習方法といえます。 また、教材を購入して子どもに英語教育をしたいと思う方もおられるのではないでしょうか。 例えば「」なんかは有名です。 お子さまもママもディズニーというだけでテンションあがりますよね。 年齢に応じた教材で学習ができます。 教材の中に歌も盛り込まれていて、楽しく学習できるようになっています。 言語を習得することは難しいですが、楽しんでできることが一番ですよね。 英語教育を始めようとされているお母さん、まずは歌を聴かせることから初めてみてはいかがでしょうか。 赤ちゃんにDVDで英語教育をしたい!おすすめは? 赤ちゃんの頃から英語教育をしたいと思われているみなさん、どんなものを選べば良いのかたくさんあって悩みますよね。 英会話教室に通わせたり教材を新しく購入するとなるとお財布との相談をしつつ選ばなければなりません。 逆に無料で済ませようと思うならテレビでやっている子ども向け教育番組を見せるという方法があります。 はうちの子もよく見ています。 他にDVDをレンタルする方法もありますし、DVDでなくともCDでいいのではないかという考えもあると思います。 様々な選択肢がありますが、自分が子育てをしてきて感じたことは、「子どもは親子一緒に何かできると楽しいし嬉しい」ということです。 どの選択肢であろうと、一緒に楽しみながら学習する英語はきっと身についていきます。 その中で、今回は赤ちゃんの頃から親子で一緒に観て楽しめるDVDのおすすめをご紹介したいと思います。 こちらは楽天のランキングで1位を獲得し、評価も高いDVDです。 37の曲が収められていて、はっきりとした色使いとかわいいキャラクターの動きが楽しめます。 赤ちゃんの手をとりながら一緒に踊ったり歌ったりはいかがでしょうか。 日本語訳の冊子もついているので、英語が苦手な親御さんも安心ですね。 親子で英語を楽しんで下さいね! 赤ちゃんに英語を聞かせたいママにおすすめのCD 英語教育の一歩として、赤ちゃんの頃からCDやDVDで英語の歌や英会話を聞かせる方法はよく聞きますよね。 日本語と同じで、毎日聞いていたら言葉を吸収していくのと同じように、英語も毎日聞いていると耳が慣れて自然に英語を学習していくと期待できます。 よくチラシやネット、ブログなどで教材セットが紹介されています。 いきなり教材セットとなると身構えてしまうので、今回は手軽に手に取れて、毎日の子育ての中でママと子どもが親子で楽しみながら聴ける、「これがおすすめ」というCDを3つご紹介します。 1、ディズニーベビー~英語歌で聴く赤ちゃんとお母さんのための音楽,おやすみタイム用 こちらのCDは、子守唄のようなやさしい歌を英語で15曲収録してあります。 一曲一曲は短いのですが、その分ママが覚えて口ずさみやすく、一緒に赤ちゃんに歌ってあげることができます。 2、〈COLEZO! 〉遊んで覚える英語のうたベスト 20曲収録されており、「メリーさんの羊」「ビンゴ」「ジングル・ベル」など馴染みのある曲が多いです。 赤ちゃんから幼児期まで、楽しく聴けると評価の高いCDです。 3、Brown Bear,Brown Bear,What Do You See? 大判英語絵本とMPIオリジナルCDセット エリック・カールの「くまさんくまさんなにみてるの」の英語絵本とCDのセットになります。 この絵本は繰り返しのリズムが楽しく、自分の子どもにも何度も読んでとせがまれる絵本です。 絵本をママが読んであげたり、一緒にCDを聴いてみてはいかがでしょうか。 子どもの頭の中に絵本の世界が広がって、英語がより楽しく感じれるはずです。 以上、教材セットとは違って単品で楽しめるCDを3つご紹介しました。 You Tubeでは無料で歌を聴けますがcmが入るので、赤ちゃんに楽しく英語を聴いてもらうにはCDをおすすめします。 我が家でお気に入りの、赤ちゃんにおすすめの英語のおもちゃをご紹介します! 赤ちゃんが産まれると、いろんなおもちゃを買ってあげたくなりますよね!自分の子どもが産まれたときは、おもちゃコーナーに行くたびにいろんなおもちゃを手にとっては買いたい欲求とたたかっていました(笑) そのたびに思ったのは、英語に関連した知育玩具や絵本って多いんだなってこと。 それだけ、英語教育に関心のあるママが増えているってことですよね。 ただ種類が多くて、いざ買うとなるとすっごく迷うんですよね…わたしもとっても迷いました!そこで今回は、赤ちゃんにおすすめしたい英語のおもちゃをご紹介したいと思います! まずは、赤ちゃんが絶対と言っていいほど興味を持つ、 リモコンをおもちゃにしたものをおすすめしたいです。 有名どころで言うと、フィッシャープライスのバイリンガル・リモコンですね。 ボタンを押すという動作で手指の動きの成長も促せますし、しゃべったり光ったり曲が流れたりと赤ちゃんの頃から楽しめるおもちゃです。 今ではリモコンだけでなく、スマートフォンもあるようですよ。 時代だなあと感じます。 次におすすめしたいのが、絵本コーナーでもよく見かけるうたの絵本の英語バージョンです。 自分で好きな曲をポチりとしたり、ママに「これー」と指さしたり、子ども自身が選べるのがいいなと感じています。 我が家では、 「Doggy Cop And Lost Kitty」(いぬのおまわりさん)がお気に入りで、鳴き声のところでリズムをとったり、幼児期の今では「ばうわう」「みゅーみゅー」とまねっこして歌っています。 幼児期になればまた違う英語のおもちゃにも興味を持ちだしたのですが、この2つは、我が家で赤ちゃんの頃に買って良かったな、英語に自然にふれあえてるなと感じたおもちゃです。 おもちゃでいっぱい遊んで、赤ちゃんにたくさんの笑顔が見られますように! 赤ちゃんと一緒にアニメで英語を学ぼう 赤ちゃんに英語はまだ早いと思っておられる皆さん、お気持ちよくわかります! 自分もそうでしたから。 英語には見向きもせず、日本語を上手にしゃべれるようになってほしいと思っていたタイプなのですが、転機は英語教育の体験記事を読んだ時でした。 今は小学生から英語教育が始まっていますが、自分の読んだ記事には、3歳頃までに英語を聞かせると英語耳になるというものでした。 うちの下の子は4歳、時すでに遅しかと落ち込んだのですが、3人目が産まれたときに備えて英語耳を育てるのになにがいいのかを考えてみました。 赤ちゃんの英語学習には様々な方法がありますが、ねんねの頃はCDで歌を聞かせ、テレビに興味を持ち出したらアニメを見せて視覚でも楽しみながら英語を聞かせるのが良いのではと思います。 教材ものはコストの面で負担が大きいので、まずyoutubeで無料のアニメを見せるところから始めると手ごろです。 子どもが興味を持ちそうなかわいいキャラクターや海外で人気の番組が手軽に見れるのがいいですよね。 また、動画配信サービスを利用するのも一つの手です。 有名どころでいくとHulu(フールー)とNetfilix(ネットフリックス)ですが、子ども向けの英語のアニメ番組を比較すると、Netfilixをおすすめしている利用者が多いです。 Huluはアニメ自体の数はたくさんあっても、英語のアニメは比較的少ないです。 親御さんの見たいアニメや映画の種類なども加味してママやパパの息抜きにも利用できそうですね。 赤ちゃんにとって、ママやパパと何かをするのは嬉しいはず。 テレビに赤ちゃんの子守をさせるのではなく、一緒に英語を学ぼうというスタンスで子どもの成長を見守りたいと思います。 赤ちゃんに読んであげたい英語の絵本 赤ちゃんに英語とふれあってほしいと思い、絵本を読んであげることはとても素敵なことだと思います。 赤ちゃんはママの声が大好き。 子育ての中で絵本の読み聞かせの時間は、親子の大事なコミュニケーションの時間でもあります。 そんな時に読んでほしいおすすめの絵本をご紹介します。 「Baby Touch」という絵本をご存知でしょうか? ページをめくるたびに英単語と、ざらざらした動物の一部やキラキラしたものが出てきたりして、子どもの手の感覚や視覚も楽しませてくれるものです。 英語は少しですが、ファーストブックとして人気の一冊です。 我が家の長子もプレゼントで同じような絵本をいただき、お気に入り度はトップでした。 あとは、「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? 」という絵本がおすすめです。 この絵本はエリック・カールさん作で、子どもの心をぐっとつかむ絵と色がすてきです。 きらきら星の歌にのせて歌うと、お子さんもきっと大喜びですよ。 また、英語教育をしっかりやっていきたいという方には、「CTP絵本」や「マザーグースコレクション」といった絵本とCDがセットになったものもおすすめです。 CDの聞き流しで耳が英語に慣れ、絵本で英語に親しむという感じで早期の英語学習に人気の教材です。 赤ちゃんとのおしゃべりを英語で楽しんでみませんか? タイトルを読んで、「えっ英語しゃべれない・・・」とドキッとされたママさんもおられるのではないでしょうか。 かくいう私も、しゃべれません(笑)ではなぜ、英語で赤ちゃんとのおしゃべりを楽しんでみようとお誘いしているのかというと、子育てがぐんと楽しくなるからです。 日中ママと赤ちゃんだけの時間を過ごしていると、ママのおしゃべり相手は赤ちゃんだけ、なんてことないですか?ストレスもだんだんたまってきちゃうと思うんですが、そんな時英語でしゃべりかけてみて下さい。 いつもより笑顔でおしゃべりできそうな気がしませんか?また、子育て用品やおもちゃの中には、外国の商品も多くあるので、雰囲気もついでに楽しんじゃうのも手ですね! また、日本語だけでなく英語も赤ちゃんの頃から聞かせることは、子どもの脳や耳にとっていいことだという情報もよく聞きます。 楽しくコミュニケーションをとっている間に、子どもの成長にとってもいいことがあるとわかったらやってみたくなりませんか? ベビーとママのコミュニケーションに英語を取り入れる際に、どんな表現をすればいいかわからないという方におすすめなのが、子育てでよく使う英語のフレーズを意味と一緒に一覧にしたサイトです。 言語の習得を目的とするというよりは、大きくなって覚えていたらラッキーくらいの気楽な感じでママも楽しんでくださいね! 妊娠中から赤ちゃんの英語教育は始まっている!? お子さんを妊娠されて、喜びいっぱいの中、お腹の赤ちゃんとどう過ごそうか、どんな子どもに育ってほしいか、いろいろと考えますよね。 中には、将来英語に困らないように出産前から英語教育を意識されている方もおられるのではないのでしょうか。 そこで、妊娠中からの英語教育はどのような効果があるのかを見てみたいと思います。 英語教育の教材で、 「ディズニーの英語システム」は有名ですよね。 よくいろんなブログや子育て雑誌の記事なんかで見かけます。 こちらでは妊娠中から赤ちゃんに教材CDやDVDを聞かせることをすすめています。 これはママのリラックスにつながってお腹の赤ちゃんにも居心地のよい環境になるからということと、ママが英語をインプットしておくことで出産後もすぐ英語環境を整えてあげることができるからというもの。 口コミなどを見てみても、赤ちゃんに教材だけで英語をインプットするよりも、 ママと一緒に英語の歌や踊りで表現したり語りかけてあげ、親子一緒に英語環境を楽しむことが大事だと感じました。 胎教として妊娠中から英語を聞くことで、実際に将来英語をしゃべれるようになるかというと、必ずしもそうではないです。 アメリカに小さいころ住んでいても、日本に帰ってから英語を話したり聞く環境がなければすぐ忘れ去っていきます。 ですので、妊娠中から英語教育を始めてその効果うんぬんよりも、その後も英語環境を継続していってあげることが大事なのではないでしょうか。 英語教育を始めようとされている妊婦の皆さん、最初から気張りすぎるときっと赤ちゃんもがんばらなきゃと緊張しちゃうと思うので、どうか楽しんで妊娠生活を過ごしてくださいね。 そして出産されてからも無理のない範囲で、英語環境を赤ちゃんに継続して作ってあげてほしいと思います。 \ SNSでシェアしよう! / いろはベビーの 注目記事を受け取ろう•

次の

赤ちゃんが喜ぶ歌は?0歳児におすすめの音楽はコレ!

赤ちゃん 音楽 英語

0歳の赤ちゃんから英語を始めたほうが良い理由 0歳の赤ちゃんは、まだ何もわかっていないと思いきや、実は赤ちゃんだからこその驚くべき能力を持っており、また、英語という言語への抵抗もなく始められるらしいのです。 メリットを列挙してみましょう。 1LやRの音の違いが赤ちゃんにはハッキリ分かる アメリカの脳科学研究から、赤ちゃんの音声認識能力に驚くべき高い力が備わっていることが判明しています。 日本とアメリカの生後6ヶ月以上の赤ちゃんたちに、似た発音である「L」と「R」の発音を聞かせる実験をしました。 すると、 生後6? 8ヶ月の赤ちゃんは、どちらも同じスコアで 「L」と「R」を聞き分けることができたのです。 しかし、生後10? 12ヶ月の赤ちゃんに同じ実験をしたところ、アメリカの赤ちゃんはこの実験のスコアが上昇したのに対して、日本の赤ちゃんはグンと下がったのです。 これは、月齢が進むにつれて、普段聞いている母国語の影響を受けるようになっていくことを表した結果となります。 生後8ヶ月頃までの赤ちゃんは、ママやパパがどこの国の人かにかかわらず、聞き分けの難しい音の微妙な違いを認識することができるのです。 つまり、 0歳から英語学習を始めると、1歳や2歳で始めるよりも、断然耳の良い状態から取り組めるのだと言えるでしょう。 2幼少期から英語に親しむことで苦手意識を持たない 日本人が英語を話せないのは、どこか苦手意識を持っているからでもあります。 英語と日本語とでは、文中の主語と述語の位置が異なります。 文の構造自体が全く違っております。 たしかにそういう面でも、 苦手意識を感じやすいのかもしれませんね。 パパママが英語を本格的に勉強し始めたのは、おそらく中学校の英語学習からではないでしょうか?中高合わせて6年間も英語を勉強していても、学校の勉強だけでは、ペラペラに話せるようにはなりませんね。 それが理由で苦手意識を感じている人もたくさんいます。 幼少期に英語を始めることで、そういった苦手意識を抱きづらくなります。 他の子よりも英語を知っているというだけで、 自信にもなりますし、学習へのモチベーションにもなることでしょう。 3恥ずかしさを感じる前に正しい発音ができるようになる 中学校で始める英語って、なんとなく気恥ずかしくありませんでしたか?恥ずかしさや照れがあって、なんとなくもぞもぞと英語の発音をしたなんてことは、誰でも経験があるはず。 本来ならネイティブの様な発音をしなければいけなく、実はできるのに、恥ずかしさからカタカナ発音をしちゃったことってありますよね。 しかし、 小さい子は物怖じしません。 小さいうちから英会話を習っている子は、日常でもさらっと知っている英語を口にしてはいないでしょうか?しかも、それが上手い! きっと、気恥ずかしさがないので、 普段からたくさん発音ができ、その結果正しい発音を習得できているのでしょう。 英語は発音できるようにならないと、聞いても耳に残りません。 ネイティブと同じ様な発音で覚えないと、ネイティブが話す英語は、全然聞き取ることができないのです。 日本語だって始めて聞いた新しい言葉って、良く聞こえなくて聞き返すことありませんか?一度頭で理解して、自分で発音できるようになると、早い会話の中に入ってても、シッカリと耳に残ってて理解できますよね。 英語の場合は、俗に英語耳と言われますが、シッカリ発音できるようになると、ネイティブが話す英語を聞き取ることができるようになります。 4勉強ではなく遊びを通じて自然と身につく 小さい頃の英語の学習は、教科としての英語の学習に比べて、楽しいアクティビティが満載です。 机に向かって真面目に取り組む英語よりも、楽しみながら、まるで遊ぶかのように学習を進められる方が、ずっと自然だと思いませんか? 小さいうちに始めるなら、遊びの中で英語に親しむことができるでしょう。 赤ちゃんに英語を教える時の注意点 赤ちゃんに英語を取り入れる際には、赤ちゃん自身が楽しめることを前提に考え、過度な期待をしないことも大切です。 赤ちゃんに英語学習をさせる時の注意点について確認しておきましょう。 母国語が日本語であることを忘れない あくまで、母国語は日本語であり、日本で生きていくためには、英語よりも日本語の方が重要だということを忘れてはいけません。 英語に注力するあまり、 日本語の言葉シャワーが少なくなってしまっては意味がありませんね。 英語の英才教育を頑張るあまり、日本語の発語が遅れてしまったという話も、全くないわけではありません。 最悪の場合は、日本語も英語もちゃんと話せなくなってしまう子もいます。 あくまで、母国語を軸に英語学習を進めていきましょう。 では、いつから始めればいいの?と思われがちですが、生まれた瞬間から日本語で話しかけるように、好きな時に英語で話しかけても問題ありません!赤ちゃんとの会話を楽しみつつ、日本語も英語もゆっくり時間をかけて教えてあげましょう。 子供が楽しんでないと逆効果 赤ちゃんや幼児のお子さんには、やらされている感じではなく、楽しむ気持ちをもてるようにしてあげましょう。 赤ちゃんは、 英語の歌や手遊びなどを楽しんで行っているでしょうか? 楽しむことで、言語の習得率はグンと上がります。 バイリンガルは諦める 0歳から英語を始めさせるママの中には、「我が子をバイリンガルに!」と、考えるかたもいます。 しかし、実際、確実にバイリンガルになるためには、 24時間通して母国語と第二言語のシャワーを浴びる必要があるそうです。 そんな環境って、ご両親が別の国の人同士でもないかぎり、なかなか実現できませんよね。 過度な期待はNG。 始めのうちは、楽しみながら英語に親しんでくれれば、御の字としましょう。 結果はすぐには出にくい心得る まだ日本語も話せない赤ちゃんですから、英語学習の結果がすぐに出るとは考えない方が良いでしょう。 でも、 英語のシャワーを浴びた分だけ、赤ちゃんの頭の中では様々な効果が出ているはずです。 あるとき言葉の爆発が起こるように、英語学習の成果も急に目に見える時がくるかもしれません。 気長に、ゆるく、取り組みましょう。 オススメの英語教育CDとDVD CDやDVDは、聞き流しにとても便利なアイテムです。 赤ちゃんと一緒に遊びながらBGMとして流したり、一緒に聞いてリズムに乗って遊んだりと、楽しみ方はたくさんあります。 赤ちゃんの大好きなCDやDVDになってくれれば、しめたもの。 進んで英語に親しんでくれますね!安価で、導入に適したものを2つご紹介しましょう。 このほかにも、たくさんのCDやDVDがありますので、これらを足がかりに、あれこれ選んでみてくださいね。 「アルファベットの歌」から「結んでひらいて」や「ぶんぶんぶん」など、小さな子でも楽しめる日本でおなじみの曲がたくさん、赤ちゃんの頃からこんなにたくさんの曲を知っていれば、音楽面での情操教育にもつながります。 数字の歌や日付の歌など知育面でも配慮された商品です。 生後5ヶ月の赤ちゃんもノリノリで聞け、車でのドライブ中のBGMとしても大活躍しそうな1枚です。 ママがご飯の支度をしている間、キッチンのママと一緒に見ながら楽しんでいるというレビューもあります。 日本人に馴染みのないRとL、BとV、SとThの音の違いをテーマにしたコーナーは、こういった視聴覚教材で繰り返し学ぶのが効果的。 アニメや英語圏の手遊び歌や、言葉遊びなどがコンテンツに含まれ、見るうちに自然と英語に対する親和性が身につくDVDです。 1枚35分なので、子どもにもちょうど良い長さです。 英語は学ぶものじゃなくコミュニケーションツール 英語習得に必死になるママたちの気持ちも、痛いほど分かります。 自分たちが苦労した、もしくは未だに話せないからこそ、子供には小さいうちから…と考えるものです。 しかし、忘れてはならないのは、本来英語はコミュニケーションのツールだということです。 一生けんめい学ぶのも大事なことですが、こと赤ちゃんや小さい子供に至っては、コミュニケーションの手段として英語を学ぶのが大前提となります。 コミュニケーションですから、 やる本人もママも楽しくないといけません!ママと一緒になって歌ったり、踊ったりしながら、自然と英語が口から出るようになれば、成功ですよね!.

次の