和歌山 大学 附属 小学校。 入学案内

和歌山大学附属小学校へ虫取りにいってきました

和歌山 大学 附属 小学校

」(保護者 2010年入学) 「【試験内容】 知的な発達を見るようなテストでした。 合格発表の後,抽選があります。 」(保護者 2009年入学) 「【試験内容】 筆記、面接、運動など子どものみ」(保護者 2009年入学) 「【試験内容】 ペーパーテスト、面接、聞き取り試験、抽選 【試験対策】 受験用問題集を購入し、一年間勉強しました。 受験用問題集を買ってきて、親子で少しずつやっていくという程度でよいでしょう。 そもそも、それほど競争は激しくないと思われます。 特別に多く勉強をするわけではありません。 授業妨害する児童もチラホラいます。 (授業中教室をふらふらしたり 紙飛行機を飛ばすなど)~ うちは市立小学校があまりに遠かったので行かせたのですが それがなければ市立小学校でいいと思います。 ~ うちは受験勉強を少しだけ短期で行きましたがほとんど関係なかったような。。。 やらなくても入学してる児童は沢山います。 1次試験のテストの次に 2次の抽選(ガラポン)があります。 これは運でしかありません。 そういうわけで、一般論を書きます。 地方の国立の附属小はよほどのことがない限り入学できること(ほぼ全入状態)が多いです。 和歌山県が大都会なのか、それとも、地方なのかがよくわかりませんが、一般論を書きますとそうなります。 入学してからどうすればよいかの質問は、毎年11月6日ごろに説明会があり、11月9日ごろに学習公開日がありますので、その場で学校当局に直接質問した方が的確な回答を得られると思われます。 それまでは、『研究紀要 第52集』(平成26年3月31日発行。 発行者:大阪教育大学附属池田中学校)などがネットで閲覧できますので、一般的な国立の附属小や附属中の雰囲気を感じ取るとよいでしょう。 一般の人でも読んで理解することができます。 一般的には、国立の附属小だけでなく、附属中も、公立小学校や公立中学校を卒業した親が見たら驚くぐらい、独特な、かつ、自由な校風です。 「そんな中、4校目の赴任先となる大阪教育大学附属池田中学校に勤務する機会を頂いた私は、~。 それは授業冒頭~私の正面中央最前列でうつ伏せになって授業から離脱している怠惰な女子生徒の姿が目に飛び込んできた時である。 当然、怠惰な姿勢の女子生徒を注意したところ、「先生おもんないねん。 書いてあることただ読んでるだけやん。 そんなん読んだらわかる。 書いてへんこと教えてんか。 発行者:大阪教育大学附属池田中学校)p 142の『仲間との議論を通して練り上げる思考力と表現力を育成する社会科教育』(大阪教育大学附属中学校社会科教諭が執筆したもの) 『研究紀要 第52集』(平成26年3月31日発行。 発行者:大阪教育大学附属池田中学校)の『編集後記』には 「本校は、昭和22年の創立以来、自主・自立をスクールモットーにして、「個性豊かな生徒」の育成をめざし、~」 と書かれています。 ここに出てくる大阪教育大学附属池田中学校の女子生徒も、自主・自立のスクールモットーに従った、個性豊かな生徒なのでしょう。 和歌山の幼児教室についての情報ではなくて申し訳ありません。 私の息子は年中の夏休み明けから幼児教室に通いましたが、その説明会の際、年長児の保護者の方も何人か来ていらっしゃって、先生も「毎年、この時期からの国立受験を考えたいという方もいらっしゃいますが、合格の可能性は十分にあります」と説明されていて、受け入れもしているようでした。 おそらく和歌山でも、受け入れている教室は少なくないのでは?と思います。 1年以上かけて準備しているお子さんの中に入ると、最初はついていけず焦る部分もあるとは思いますが、案外すぐ追いつくものです。 また、夏期講習・冬休みの直前講習などの殆どは、外部から殆ど無条件に受講可能となっていました(極端に集団の場を乱してしまうお子さんでない限り)。 ペーパーテスト、工作・絵、運動、歌、といった技術面は、家庭学習でじゅうぶんにだと思いますが、集団行動・集団面接・集団での試験慣れ、といったものを家庭学習で身に着けるのは、難しいので、やはり講習や模試は受けた方が良い気がします。 ペーパーテスト、その他よりも、集団行動・面接などはウェイトも大きいです。 とはいえ、幼児教室の先生は、そういった合否を大きく分けると思われる部分に関して、教室で力を入れているものの、生活環境やもっている性格が重要なので教室で大きく力を伸ばすのが難しいところでもある、とは言っておられました。 小学校受験専門の幼児教室が必要であったとしても、時期的に今から受け入れてくれる教室はありませんので、有無に関わらず独学で学び、試験に臨むしか手立ては無いと思われた方が良いと思います。 大都市の国立大学附属小学校であれば別ですが、地方の低倍率の国立小学校であれば、教室が必要なレベルの試験はありません。 ですが、対象は幼児です。 にいきなりぶっつけ本番で、大勢の子供たちがいる中に放り出されたら、大抵のお子さんは不安でしょうし、机に座って数十分ほどの作業が出来るかどうかも危ぶまれます。 そう言った面も考えて、最低限として模試に参加したり、家庭学習でちゃんと座って作業できる訓練はしておいた方が良いと思います。 合格できたとして、その後の勉強はご家族の教育方針次第となります。 もちろん、内部進学できる条件などによっても違います。 学費も掛かりますが、これは公立校とほぼ同等です。 公立校と一緒と言うことではなく、それ以上に費用は掛かるが増えても僅かであると言うことです。 一般のご家庭と言う定義も曖昧ではありますが、問題ないかと思いますよ。 受験時に親もわかっていないのが、子供の能力と性格です。 次に100名以上の初対面の子供たちと難なく行動できるか?このために、塾や体操教室に通って、顔見知りを増やすのです。 今から、塾に…と書いておられますが、私立など10月頃から受験が始まるところもあります。 ほとんどの塾は、入れません。 あとは、模擬試験か、夏期講習ぐらいしかありません。 国立大附属用の問題集を購入し、練習するのもよいでしょう。 おすすめは、季節・行事、あや取り、おりがみです。 それと、何も準備せずに近所だからと受験なさる方が多いのも、国立の特徴です。 たいがい1クラスに1人くらいおります。 まずは、受験なさることです。 そのうえで、縁がなければ、塾や学費の心配はしなくていいのです。 どうしても、入れたければ、編入もあります。 そのときは、教科書中心に準備なさればいいのです。 国立は、勉強は塾でが当たり前です。 ここで3万前後、月にかかります。 有名私立などに合格するのは、学校や担任のおかげでなく、塾と同じような目的を持ったクラスメイトのおかげです。 国立大附属のいいところは、がり勉と言われないことです。 勉強して当たり前、良い点数を取って当たり前、他の生徒の勉強の妨げをしないところです。 地方の国立大附属は、開業医の息子たちが多く私の子供たちのクラスの場合8名くらいおりました。 大きな病気の時は困りませんでしたね。 結構収入が多い、子供優先の家庭が多かったです。 子供が通っています。 現在、在学中です。 小学校受験が終わって後から知ったことですが、夏休みの間だけでも、小学校受験塾の夏期講習だけでも受講されている方が多かったということに気づきました。 附属小学校用の模擬テストも受けている方も多かったです。 うちも最低限の通塾をしていましたし、附属小学校受験用の模擬試験も何回か受講しました。 もう夏休みも終わりに近づいています。 今から通塾といっても、なかなか受け入れてくれるところがまずないと思います。 ご自身で調べて直接塾に問い合わせてみましょう。 もしかしたら、引き受けて下さるかもしれません。 個人的には、遅くても夏休み前の6月頃までの入塾のラストチャンスだったと思います。 今からなら、ご家庭で小学校受験の勉強をすれば、まだ間に合うと思います。 書店でも小学校受験の問題集が取り揃えられています。 「どういう問題が出るのか?どういう難易度なのか?」をある程度自分なりに正しい情報を事前に調べてみることです。 小学校受験の難易度をある程度知っていれば、家庭でも何となく小学校受験対策が可能ですし、まだ間に合います。 うちの子の同級生で、10月か11月頃の学校公開日以降から小学校受験の勉強を本格的にして合格した子がいましたよ。 毎日何十枚とペーパー問題をこなしていたようです。 元々社交的なお子さんだったのも合格した要素だったと思います。 しかし、小学校受験時に全く何もしていないお子さんを数人知り合いにいましたが、やはり一次試験でご縁をいただけなかったようです。 国立小学校受験なので、ペーパー問題の難易度も高くないですが、殆どのお子さんが満点に近い点数のようですし、間違っても一問だけだったと言っている子が多かったようです。 (子供談なのでどこまでが本当かわかりません)口頭試問や行動観察や面接もポイントを押さえられていれば、大丈夫でしょう。 二次試験に抽選があるので、運に大きく左右されます。 それが1番の難関な気がします。 学校に掛かる費用ですが、授業料は、無料です。 後は、そんなにかかりません。 公立小学校より少し雑費が高いだけです。 それと通学定期代が追加に掛かる感じです。 一般家庭のお子さんもいます。 小学校低学年のうちは、通塾をしているお子さんは、少ないです。 通信教材を家庭でしたり公文に行ったり、そろばんや習字をやったりしているお子さんも多いですし、スポーツ系の習い事をしているお子さんも多いです。 それに加えピアノや英語教室に通っているお子さんも多いみたいです。 国立小学校は、公立小学校と同じ教科書を使用していますが、先生方の教育研究を実践する場でもありますし、教育大学の学生達が教育実習を行う(学生さん達の勉強の)場でもあります。 そのために学校授業時間数を沢山とられるため、例え小学校一年生であっても学校の教科書が終わらない事も多いものです。 それを覚悟で入学されることです。 なので、ご家庭での予習復習が必須と言われています。 そのため自然と通塾率も高くなるのだと思います。 長文失礼致しました。 大阪教育大学附属小 天附 に娘が通っています。 娘も年長の夏休みから受験勉強を始めました。 幼児教室に通いながら、ニチガクの模試や他の幼児教室の短期講習なとハシゴしましたね。 模試は場馴れするためにも、受けた方がいいですよ。 ニチガクは大阪市内でやってるので、遠征になりますが本番と同じ服装で受けるので、本人のモチベーションもあがるかと思います。 先の方のレスにありますが、国立は進学校じゃないので、公立のように習熟度別の授業はないです。 なので、家庭での予習復習は必須です。 塾は外部中学受験するのならもちろん、内部進学でも上位で君臨していたいのなら通う方がいいですよ。 あと国立は安いと思われてますが、授業料は無料ですが、それ以外の費用が以外と多いです。 国が補助金を減らしていってるので、毎月のPTA会費や振興会 学校の備品代の補助金を集まる 費、年1回の寄付金もあるので、私立小に比べたら安いですが、定期代や校外学習の積み立てを入れたりすれば、年間20万円は支払っていますね。 そこに塾や習い事代が年間30万円ほとかかるので、一人っ子の我が家は何とかいけてます。 学校によって費用は違いますが、『お金をわざわざ払ってでも通わせたい学校』なんで、富裕層が多いのは事実です。 『よそはよそ、うちはうち』と割り切って、6年間過ごせそうだったら、受験もありではないでしょうか。

次の

和歌山大学附属小学校へ虫取りにいってきました

和歌山 大学 附属 小学校

」(保護者 2010年入学) 「【試験内容】 知的な発達を見るようなテストでした。 合格発表の後,抽選があります。 」(保護者 2009年入学) 「【試験内容】 筆記、面接、運動など子どものみ」(保護者 2009年入学) 「【試験内容】 ペーパーテスト、面接、聞き取り試験、抽選 【試験対策】 受験用問題集を購入し、一年間勉強しました。 受験用問題集を買ってきて、親子で少しずつやっていくという程度でよいでしょう。 そもそも、それほど競争は激しくないと思われます。 特別に多く勉強をするわけではありません。 授業妨害する児童もチラホラいます。 (授業中教室をふらふらしたり 紙飛行機を飛ばすなど)~ うちは市立小学校があまりに遠かったので行かせたのですが それがなければ市立小学校でいいと思います。 ~ うちは受験勉強を少しだけ短期で行きましたがほとんど関係なかったような。。。 やらなくても入学してる児童は沢山います。 1次試験のテストの次に 2次の抽選(ガラポン)があります。 これは運でしかありません。 そういうわけで、一般論を書きます。 地方の国立の附属小はよほどのことがない限り入学できること(ほぼ全入状態)が多いです。 和歌山県が大都会なのか、それとも、地方なのかがよくわかりませんが、一般論を書きますとそうなります。 入学してからどうすればよいかの質問は、毎年11月6日ごろに説明会があり、11月9日ごろに学習公開日がありますので、その場で学校当局に直接質問した方が的確な回答を得られると思われます。 それまでは、『研究紀要 第52集』(平成26年3月31日発行。 発行者:大阪教育大学附属池田中学校)などがネットで閲覧できますので、一般的な国立の附属小や附属中の雰囲気を感じ取るとよいでしょう。 一般の人でも読んで理解することができます。 一般的には、国立の附属小だけでなく、附属中も、公立小学校や公立中学校を卒業した親が見たら驚くぐらい、独特な、かつ、自由な校風です。 「そんな中、4校目の赴任先となる大阪教育大学附属池田中学校に勤務する機会を頂いた私は、~。 それは授業冒頭~私の正面中央最前列でうつ伏せになって授業から離脱している怠惰な女子生徒の姿が目に飛び込んできた時である。 当然、怠惰な姿勢の女子生徒を注意したところ、「先生おもんないねん。 書いてあることただ読んでるだけやん。 そんなん読んだらわかる。 書いてへんこと教えてんか。 発行者:大阪教育大学附属池田中学校)p 142の『仲間との議論を通して練り上げる思考力と表現力を育成する社会科教育』(大阪教育大学附属中学校社会科教諭が執筆したもの) 『研究紀要 第52集』(平成26年3月31日発行。 発行者:大阪教育大学附属池田中学校)の『編集後記』には 「本校は、昭和22年の創立以来、自主・自立をスクールモットーにして、「個性豊かな生徒」の育成をめざし、~」 と書かれています。 ここに出てくる大阪教育大学附属池田中学校の女子生徒も、自主・自立のスクールモットーに従った、個性豊かな生徒なのでしょう。 和歌山の幼児教室についての情報ではなくて申し訳ありません。 私の息子は年中の夏休み明けから幼児教室に通いましたが、その説明会の際、年長児の保護者の方も何人か来ていらっしゃって、先生も「毎年、この時期からの国立受験を考えたいという方もいらっしゃいますが、合格の可能性は十分にあります」と説明されていて、受け入れもしているようでした。 おそらく和歌山でも、受け入れている教室は少なくないのでは?と思います。 1年以上かけて準備しているお子さんの中に入ると、最初はついていけず焦る部分もあるとは思いますが、案外すぐ追いつくものです。 また、夏期講習・冬休みの直前講習などの殆どは、外部から殆ど無条件に受講可能となっていました(極端に集団の場を乱してしまうお子さんでない限り)。 ペーパーテスト、工作・絵、運動、歌、といった技術面は、家庭学習でじゅうぶんにだと思いますが、集団行動・集団面接・集団での試験慣れ、といったものを家庭学習で身に着けるのは、難しいので、やはり講習や模試は受けた方が良い気がします。 ペーパーテスト、その他よりも、集団行動・面接などはウェイトも大きいです。 とはいえ、幼児教室の先生は、そういった合否を大きく分けると思われる部分に関して、教室で力を入れているものの、生活環境やもっている性格が重要なので教室で大きく力を伸ばすのが難しいところでもある、とは言っておられました。 小学校受験専門の幼児教室が必要であったとしても、時期的に今から受け入れてくれる教室はありませんので、有無に関わらず独学で学び、試験に臨むしか手立ては無いと思われた方が良いと思います。 大都市の国立大学附属小学校であれば別ですが、地方の低倍率の国立小学校であれば、教室が必要なレベルの試験はありません。 ですが、対象は幼児です。 にいきなりぶっつけ本番で、大勢の子供たちがいる中に放り出されたら、大抵のお子さんは不安でしょうし、机に座って数十分ほどの作業が出来るかどうかも危ぶまれます。 そう言った面も考えて、最低限として模試に参加したり、家庭学習でちゃんと座って作業できる訓練はしておいた方が良いと思います。 合格できたとして、その後の勉強はご家族の教育方針次第となります。 もちろん、内部進学できる条件などによっても違います。 学費も掛かりますが、これは公立校とほぼ同等です。 公立校と一緒と言うことではなく、それ以上に費用は掛かるが増えても僅かであると言うことです。 一般のご家庭と言う定義も曖昧ではありますが、問題ないかと思いますよ。 受験時に親もわかっていないのが、子供の能力と性格です。 次に100名以上の初対面の子供たちと難なく行動できるか?このために、塾や体操教室に通って、顔見知りを増やすのです。 今から、塾に…と書いておられますが、私立など10月頃から受験が始まるところもあります。 ほとんどの塾は、入れません。 あとは、模擬試験か、夏期講習ぐらいしかありません。 国立大附属用の問題集を購入し、練習するのもよいでしょう。 おすすめは、季節・行事、あや取り、おりがみです。 それと、何も準備せずに近所だからと受験なさる方が多いのも、国立の特徴です。 たいがい1クラスに1人くらいおります。 まずは、受験なさることです。 そのうえで、縁がなければ、塾や学費の心配はしなくていいのです。 どうしても、入れたければ、編入もあります。 そのときは、教科書中心に準備なさればいいのです。 国立は、勉強は塾でが当たり前です。 ここで3万前後、月にかかります。 有名私立などに合格するのは、学校や担任のおかげでなく、塾と同じような目的を持ったクラスメイトのおかげです。 国立大附属のいいところは、がり勉と言われないことです。 勉強して当たり前、良い点数を取って当たり前、他の生徒の勉強の妨げをしないところです。 地方の国立大附属は、開業医の息子たちが多く私の子供たちのクラスの場合8名くらいおりました。 大きな病気の時は困りませんでしたね。 結構収入が多い、子供優先の家庭が多かったです。 子供が通っています。 現在、在学中です。 小学校受験が終わって後から知ったことですが、夏休みの間だけでも、小学校受験塾の夏期講習だけでも受講されている方が多かったということに気づきました。 附属小学校用の模擬テストも受けている方も多かったです。 うちも最低限の通塾をしていましたし、附属小学校受験用の模擬試験も何回か受講しました。 もう夏休みも終わりに近づいています。 今から通塾といっても、なかなか受け入れてくれるところがまずないと思います。 ご自身で調べて直接塾に問い合わせてみましょう。 もしかしたら、引き受けて下さるかもしれません。 個人的には、遅くても夏休み前の6月頃までの入塾のラストチャンスだったと思います。 今からなら、ご家庭で小学校受験の勉強をすれば、まだ間に合うと思います。 書店でも小学校受験の問題集が取り揃えられています。 「どういう問題が出るのか?どういう難易度なのか?」をある程度自分なりに正しい情報を事前に調べてみることです。 小学校受験の難易度をある程度知っていれば、家庭でも何となく小学校受験対策が可能ですし、まだ間に合います。 うちの子の同級生で、10月か11月頃の学校公開日以降から小学校受験の勉強を本格的にして合格した子がいましたよ。 毎日何十枚とペーパー問題をこなしていたようです。 元々社交的なお子さんだったのも合格した要素だったと思います。 しかし、小学校受験時に全く何もしていないお子さんを数人知り合いにいましたが、やはり一次試験でご縁をいただけなかったようです。 国立小学校受験なので、ペーパー問題の難易度も高くないですが、殆どのお子さんが満点に近い点数のようですし、間違っても一問だけだったと言っている子が多かったようです。 (子供談なのでどこまでが本当かわかりません)口頭試問や行動観察や面接もポイントを押さえられていれば、大丈夫でしょう。 二次試験に抽選があるので、運に大きく左右されます。 それが1番の難関な気がします。 学校に掛かる費用ですが、授業料は、無料です。 後は、そんなにかかりません。 公立小学校より少し雑費が高いだけです。 それと通学定期代が追加に掛かる感じです。 一般家庭のお子さんもいます。 小学校低学年のうちは、通塾をしているお子さんは、少ないです。 通信教材を家庭でしたり公文に行ったり、そろばんや習字をやったりしているお子さんも多いですし、スポーツ系の習い事をしているお子さんも多いです。 それに加えピアノや英語教室に通っているお子さんも多いみたいです。 国立小学校は、公立小学校と同じ教科書を使用していますが、先生方の教育研究を実践する場でもありますし、教育大学の学生達が教育実習を行う(学生さん達の勉強の)場でもあります。 そのために学校授業時間数を沢山とられるため、例え小学校一年生であっても学校の教科書が終わらない事も多いものです。 それを覚悟で入学されることです。 なので、ご家庭での予習復習が必須と言われています。 そのため自然と通塾率も高くなるのだと思います。 長文失礼致しました。 大阪教育大学附属小 天附 に娘が通っています。 娘も年長の夏休みから受験勉強を始めました。 幼児教室に通いながら、ニチガクの模試や他の幼児教室の短期講習なとハシゴしましたね。 模試は場馴れするためにも、受けた方がいいですよ。 ニチガクは大阪市内でやってるので、遠征になりますが本番と同じ服装で受けるので、本人のモチベーションもあがるかと思います。 先の方のレスにありますが、国立は進学校じゃないので、公立のように習熟度別の授業はないです。 なので、家庭での予習復習は必須です。 塾は外部中学受験するのならもちろん、内部進学でも上位で君臨していたいのなら通う方がいいですよ。 あと国立は安いと思われてますが、授業料は無料ですが、それ以外の費用が以外と多いです。 国が補助金を減らしていってるので、毎月のPTA会費や振興会 学校の備品代の補助金を集まる 費、年1回の寄付金もあるので、私立小に比べたら安いですが、定期代や校外学習の積み立てを入れたりすれば、年間20万円は支払っていますね。 そこに塾や習い事代が年間30万円ほとかかるので、一人っ子の我が家は何とかいけてます。 学校によって費用は違いますが、『お金をわざわざ払ってでも通わせたい学校』なんで、富裕層が多いのは事実です。 『よそはよそ、うちはうち』と割り切って、6年間過ごせそうだったら、受験もありではないでしょうか。

次の

複式教育

和歌山 大学 附属 小学校

今日も運動、はじめるよ! まい日のとうこうがはじまって、アップしそびれました。 1しゅうかんぶりです! では、今日は、なわをつかって運動するよ。 「なわ」ということは、おうちのまえにでてみよう。 たくさんの人がいると、みつになってしまうので、おうちにかえってきてください。 そのときは、なわが「あるつもり」で運動しよう。 では、手首、足首、首、グルグル。 できる人は、「ゆっくりまえとび」10回。 「こうそくまえとび」10回。 ゆっくりというのは、「トントン」とジャンプしているときに、なわを1回まわすということだよ。 おうちでしている人は、「エアーなわとび」だ。 「こうそくうしろとび」10回。 どちらかが、まわしてね。 10回いけるかな? そとで、ともだちにあったとしても、みつになってはいけないので、かぞくとやってね。 もちろん、まえとび! レッツチャレンジ! かけごえがあったほうがいいね。 「1,2。 1,2。 」や、「ハイ、ハイ」など。 エアーなわとびの人も「1,2。 1,2。 」とかけごえをかけないと、ひっかかるよ。 じゃあ、らいしゅうもげんきに、学校にきてね。 今日の運動、おわり!! 17:12 今日も運動、はじめるよ! 今日は、おうちの人に手つだってもらいたいんだ。 2人ぐみでするからね。 では、ストレッチ。 手首グルグル20回。 たったまま足をひろげて、まえにたおれてみて。 つぎは、うしろにグーっとのばそう。 もういちど、まえとうしろにグーっと。 では、いくよ。 おうちの人をよんできてね。 今日は「手おしぐるま」をするよ。 うでたてふせのかたちになって、足をおうちの人にもってもらうよ。 「しんどい~」という人は、ひざをもってもらおう。 「いける!」という人は、足首をもってもらおう。 スペースがない人は、「まえに4ほ、うしろに4ほ」をくりかえそう。 手首をグルグルまわして、きゅうけい。 1,2,3! かた手でバランスをとるには、どんなふうにすればいいかな。 これですすんじゃうと、かた手ジャンプになるので、やめておいてね。 はんたいの手でもささえてね。 みんなが、おうちの人の足をささえられたら、やってみてね。 では、今日の運動、おわり! 19:15 今日も運動、はじめるよ! きのうと運動とあわせて、2日ぶん。 あさからいくよ! きのうのぶんと、今日のぶんの運動、はじめるよーーー! 今日は、「とぶ」運動だ。 りょう手をひろげて、まわりになにもないかな。 月よう日とおなじで、ちょっとひろいところで運動するよ。 手首、足首、首、かたのグルグルまわし、20回OK? すべるといけないから、くつ下はぬいでおいてね。 では、いくよ。 ジャンプでしかくをえがくぞ。 はんたいまわり。 つぎは、はんたいのはんたい。 はんたいのはんたいのはんたい。 どんなうごきでもいいから、かんがえてみて。 でもずっと、そのままじゃないよ。 ・手を上げるばあい ジャンプのときに上げて、ちゃくちで下げる や ジャンプごとに、右手、左手をいれかえる など。 先生は、うでをまわしてみようかな。 みんなもうごきをかんがえてみて。 まえにだしたり、よこにひろげたり、いろいろなうごきをかんがえてみて! では、きのうのぶんと今日のぶんの運動、おわり! 10:08 今日も運動、はじめるよ! 今日は、「はねる」運動だよ! りょう手をひろげて、まわりになにもないかな。 ちょっとひろいところで運動するよ。 手首、足首、首、かたのグルグルまわし、10回OK? では、いくよ。 左足、4回! 右足、4回! 左足、4回! 右2、左2、右2、左2、 右1、左1、右1、左1、きめポーズ! ジャンプがひくくなってない? 今日は、「はねる」いしきで、やっていくよ! もう1回! 右4、左4、右4、左4、 右2、左2、右2、左2、 右1、左1、右1、左1、きめポーズ!!! 今日の運動、おわり! 19:12 今日も運動、はじめるよ! 今日も、「はう」運動だよ! えっ、もう「はう」運動はないって。 かんがえてみてよ。 下むきがあれば・・・・、上むきもある! ということで、今日も 「はう」運動、はじめるよー! 手首、足首、首、かたのグルグルまわし、10回OK? 手のグーパーをこうそくで20回! あっ、やりなおし! パーのとき、きちんとひらいてなかったでしょ。 ゆびのさきまでひらいて、パー!! こうそく20回! つぎは、 手のひらをあわせて、ひろげてみて、りょうほうのゆびをおしてみて。 右のゆび、おせおせ~。 左のゆび、かてかて~。 フレーフレー右! ファイトだファイトだ左! あっ、おうえんしすぎて、うんどうわすれてたー。 おなかが上をむいているよね。 足のほうに、20ぽ! ここまではいけるよね。 いや~つかれた。 (いつも、パソコンをうちながら、うごいているんです。 ) 今日の運動、おわり! 12:54 今日も運動、はじめるよ! 今日も、「はう」運動だよ! ストレッチからいくよ。 手首、足首、首、かた、10回OK? 手のグーパーをしっかり20回! 手のひらをあわせて、すこしひろげてみて、りょうほうのゆびをおしてみて。 右のゆび、がんばれ~。 左のゆび、まけるな~。 フレーフレー右! がんばれがんばれ左! はあ、ゆびがつかれた・・・。 ひざがまがってはダメ。 足をまえにだすときも、足はピン! だから、おしりを上げるイメージかな。 ななめ下をみて。 かんたんだった人は、手と足のあいだをせまくしてみよう! もういちど、10ぽ! おうちの人とぶつかったら、「ジャンケン ポン!」 今日の運動、おわり! 17:25 今日も運動、はじめるよ! 今日は、「はう」運動だよ! ストレッチからいくよ。 手首、足首、首、かた、10回OK? 手のグーパーをしっかり20回! 手のひらをあわせて、「いただきます」のかたち。 そして、りょうほうのゆびをおしてみて。 では、よつばいになろう。 手のひらをしっかりと、つけてね。 20ぽ! おっと、まえをむいていないと、ぶつかるぞ! しっかりとまえをむいてね。 つぎは、ちょっと、1ぽをひろ目に。 もちろん20ぽ! つぎは、ゆびでささえられるかな。 ちょっとよつばいになってみて。 「むりだ!」という人は、1ぽをせまくしてね。 「ゆびよつばい!」20ぽ! おうちの人とぶつかったら、「ジャンケン ポン!」 今日の運動、おわり! 16:36 今日ものうの運動、はじめるよ! では、のうのじゅんび運動。 今日は、あさから、トイレに なんかい いったかな? きちんと、おもいだして。 いくよ!1,2,3。 右手は下にきているかな? もう1回、さいしょっから つづけていくよ。 1,2,3,1,2,3。 右手はさんかく、左手はたてにうごかすよ。 1,2,3。 あれれ。 むずかしい。 ゆっくりと。 1 ,2 ,3。 左手は、しかく。 1,2,3,4。 左手はもどってきて、右手だけ、下にうごいているかな。 もういちど。 1,2,3,4。 はやく! 1,2,3,4! もちろん、まだまだいける人は、スピードを上げたり、 右手でしかく、左手でさんかくをかいてみよう! 今日ののうの運動、おわり!! 16:42 今日も運動、はじめるよ! 今日は、あたまの運動だよ。 今日の運動。 きょうのうんどう。 きょうのうのうんどう。 今日、のうの運動! のうの運動、はじめるよ! では、あたまのじゅんび運動。 「1」で下に、「2」でもとにもどすよ。 左手は、よこにうごかすよ。 「1」で左に、「2」でもどすよ。 ではいくよ! 1,2,1,2,・・・。 10回いくよ。 右手はよこに、左手はたてにうごかすよ。 1,2,1,2,・・・。 こっちも10回。 よこにうごかしているほうが、ななめにうごいてないかな。 いくよ!1,2,3。 右手は下にきているかな? もう1回、さいしょっからいくよ。 1,2,3。 じゃあ、つぎは、つづけていくよ。 もとのいちから、 1,2,3,1,2,3。 りょうほう、もとのいちにもどったかな? いける人は、スピードを上げて! 1,2,3, 1,2,3, 1,2,3, 1,2,3! あれれ、こんがらがってきた~~~。 のうの運動、おわり! 18:07 今日も運動、はじめるよ! 今日もとびはねます! さて、ストレッチから。 今日も、バランスをとってみよう。 手はあたまの上にして立つよ。 ふつうに3びょう。 かかと立ち3びょう。 ふつうに3びょう。 足のよこで3びょう。 ふつうに3びょう。 くりかえしていくよ。 つまさき3、ふつうに3、かかと3、ふつうに3、よこ3、ふつうに3、つまさき3、ふつう3、かかと3というふうに。 なん回もいったりきたりしてみよう。 手はあたまの上のままね。 はんたいも10。 じゃあ2人ぐみになるぞ。 いくよ。 1,2,「しゃがむ」、1,2,「しゃがむ」 これを10回いくよ。 しんどかったでしょ。 2のときに、左足ポン(まえにだす)。 3はさっきとおなじで、しゃがむ。 いくよ。 1(右),2(左),しゃがむ、1,2,しゃがむ。 これも10回いくよ。 3のときに、もっと上にジャンプでもいいね。 しんどかったら、3のときに、あいてと手をパン!だけでもいいね。 いろいろかんがえてやってみよう! 1,2,3、 1,2,3、 1,2,3、・・・。 今日の運動、おわり!! 13:24.

次の