ア ビート ブリタニー。 ブリタニー・ランズ・ア・マラソンはヒロインが性格悪い!感想

アビゲイル&ブリタニー・ヘンゼル姉妹

ア ビート ブリタニー

そんなタイミングで2人は、テレビに映し出されたハリウッド大スター・セドリックの姿を目の当たりにします。 セドリックについては、役者でもありミュージシャンでもあり才能豊かな感じで、モデルも少しだけやったことがあるそうです。 もちろん、見るからに王子様のようなルックスは、それだけ注目度が高いようでマスコミもこぞってセドリックを取り上げています。 蓮のヤキモチ セドリックについて蓮は、同じ業界の仕事の関係ということである程度は知っていることが多いようです。 キョーコはかなりミーハーということもあり、セドリックについて連に根掘り葉掘り質問しまくります。 キョーコは単純に、セドリックについて純粋な興味があって蓮に質問していましたが、蓮は王子様っぽいセドリックがキョーコのタイプなのかとヤキモチを妬きます! まさか、あれだけ王子様みたいな蓮がヤキモチ妬くとは 笑。 蓮は思わずキョーコに対して指摘すると何ともいえない顔をしたため、蓮は「ごめんと」一言微笑みます。 キョーコはまさか自分にヤキモチを妬く時が来るなんて!と、恥ずかしさと嬉しさで沸騰寸前・・・ そんな蓮はあることについて疑問に思っていることがありました。 その疑問というのが、蓮と楠香凪と噂になっている状況なのに、キョーコに対して告白したことに全く驚かなかったことでした。 しかもそれだけではなく、蓮が本当に思っている女性に告白を決意したはわずか数分前なのに、そんな蓮の胸の内をなぜキョーコが知っているのか?ということについても不審に思っているようです 笑 「なんで知ってたんだ?」 蓮に見られながらキョーコがジワジワ追い詰められていきます。 耐えきれなくなったキョーコは、一瞬ニワトリの中に入っていたのは自分なのだと、正体を白状してしまおうかと迷います。 それに、先ほどのエレベーター内で蓮がキョーコに対して話していた「意中の女の子への告白の決意」についても、蓮が誰にも話していないのに知っていることも不思議に思っているみたいです。 潔く坊の正体を白状するか・・・ しかし、寸前でやっぱりすべてを白状するのは無理と判断します。 こんな所では話せないと、とりあえず蓮から逃げて距離を置こうとしますが、既にエレベーターから蓮の控室内に来てしまっています。 もはや、蓮以外誰にも話を聞かれない状況になってしまい、逃げる話を必死に考えます。 そんな時、蓮と香凪の騒動について触れなかった理由についてキョーコはあることを思いつきます。 それは、キョーコが香凪の秘密を知っていた体にすること。 蓮は香凪の秘密に関して聞いてきますが、キョーコは極秘なので言えないと一点張り。 キョーコは香凪の秘密を知っていたからこそ、今回の騒動がフェイクであると感じていたと言います。 蓮も納得したようで、ラブミー部関係か・・・と言うとキョーコもそれに乗っかることにしました。 キョーコの彼氏になる権利 蓮としては、意中の女の子に告白の件を知っていたことについても気になっていました。 キョーコは蓮と仲が良いことを森住に知られていたので、彼女に騙されたのかもしれないと言います。 キョーコに何を言って情報操作したのか・・・蓮は想像するだけでも怖いと頭を抱えるのでした。 もちろん森住とメアド交換したことも無いキョーコは、メアドを消すフリを森住に対して多少の罪悪感を感じているようです 笑 これまでキョーコは、蓮が森住を好きだと思っていたので、キョーコ自身の気持ちよりも蓮の気持ちと幸せを優先したことを嬉しく思っていました。 もし仮に蓮がキョーコのような同じ立場なったとしたら、もちろんキョーコの幸せを願うことはできますが、それをずっと見守り続けるのは無理だと言います。 まさかの坊の正体バレてしまったのかと思いましたが、キョーコの機転によってなんとか回避することが出来ました。 そして、蓮が彼氏になりたいと告白したところで終了でした。 果たして、蓮の言葉の意味はそのまま受け取っても良いのでしょうか? またキョーコと蓮のすれ違い? 蓮にはもっとストレートに「付き合ってくれ」とキョーコに言わないと、また余計なことを考えてすれ違いが始まるような気がします。 まさか突然の蓮の提案?告白?を受けたキョーコは、どんな返事をするんでしょうね!? 言われた瞬間のキョーコは、状況把握できてないみたいで意識ここにあらずでした。 キョーコの彼氏を名乗れる権利ということは、つまり付き合うということ?どうするんでしょうか? まだ、世間的には香凪の事も否定していないので、いきなりキョーコとの交際宣言みたいな発表をする感じなのでしょうか? 仮にキョーコと蓮の交際宣言になるなら、それを知った不破の反応も気になるところです。 また、森住が言い訳に使われたのは面白ったですね 笑 これまで、森住がやってきたことを考えると、自業自得ですし彼女に同情の余地はありませんけどね! 蓮のトラウマは? 蓮のトラウマパーソンということも明らかになっていきそうです。 蓮のトラウマについては、過去にも少し出てきていたクオン時代の事だと思われます。 回想シーンにいた、いじめっ子ということは間違いないでしょうね。 パッと見た感じでは、本当に見た目は王子様的要素が満載で、その雰囲気などで騙される人は多いと思います。 ですね。 また、奏江の挑戦の事もあるのでどんどん絡みが複雑になってきそうですね。

次の

[感想]ブリタニー・ランズ・ア・マラソン|人はいつでも新しいスタートをきれる

ア ビート ブリタニー

「シュガーソングとビターステップ」って 「シング ア ソングとビート ア ステップ」を 文字った気がするのですが、どう思いますか? 歌詞を、自分なりに解釈してみました。 毎日が不穏で何かが起こるこの世界、 そんな忙しい毎日が当たり前になってく中で、 見失わない物は何なのだろうか。。 何事にも平等を掲げる事勿れ主義者は 心ココにあらず。 と自己という概念が欠落して、 好きも嫌いも持たない人形のようである。 宵町を行く人々は、悲喜交々。 それは自分もまた同じで、 そんなコントラストがあるから、 自分の歌が創り上げられていく。 ママレードにsing a song. ピーナッツあんどbeat a step. 目眩く日々に目が回りそうだけど、 南南西 ライブをしてない県が集中 を目指して、 ライブをとにかく続けていこう。 世界中を驚かせるライブになる。 自分たちが上がって、みんなが上がって、 連鎖的に、反射的に、上がってく。 確実な物事のみが通用する世界では、 情動的な表現は、ただのツールに過ぎず、 ただ聴いて欲しいという欲求は、 単なるエゴイズムでしかなくなってしまう。 ライブを楽しんだ連中はそれぞれ、 エキサイトしっぱなし、泣き出す人もいる。 人それぞれだけど、自分も含めてみんな同じ感情。 でもそれを口に出してしまうのはナンセンス。 「最高だ」ってsing a song. するように 「シアワセ」ってbeat a step. するように みんなが「生きてる」存在を証明する。 どんなに惜しがっても時は平等に過ぎて行くけど、 またあしたもガンバロウ生きていこうと思えれば、 それが自分達の存在証明に繋がる。 いつか、この忙しない日常が止まり、 いつか、合理的な世界に意味を成さなくなっても、 歌を歌い、ビートを刻む、音を奏で続けることこそ、 自分達がUNISON SQUARE GARDENとして、 あり続ける存在証明になるのです。 以上が証明である。 ママレードにsing a song. ピーナッツあんどbeat a step. 生きていかなければならない理由とは何か。 日本中を駆け巡り、原点ははるか北北東にある。 現在までのその距離はとてつもなく誇らしい。 これからも世界中を驚かせ続けよう。 ママレードにsing a song. ピーナッツあんどbeat a step. 楽しい日も苦々しい思いもある人生は、目が回る。 南南西を目指して、パーティーを続けよう。 世界中を驚かせてしまう夜になる。 I feel 上々 連鎖になってリフレクション そうやって上がって、下がって、また上がって… そうして君達も僕達も、 幸福、煌めき、そして音に満たされましたとさ。 という解釈に至りました。

次の

ブリタニー・ランズ・ア・マラソンはヒロインが性格悪い!感想

ア ビート ブリタニー

「シュガーソングとビターステップ」って 「シング ア ソングとビート ア ステップ」を 文字った気がするのですが、どう思いますか? 歌詞を、自分なりに解釈してみました。 毎日が不穏で何かが起こるこの世界、 そんな忙しい毎日が当たり前になってく中で、 見失わない物は何なのだろうか。。 何事にも平等を掲げる事勿れ主義者は 心ココにあらず。 と自己という概念が欠落して、 好きも嫌いも持たない人形のようである。 宵町を行く人々は、悲喜交々。 それは自分もまた同じで、 そんなコントラストがあるから、 自分の歌が創り上げられていく。 ママレードにsing a song. ピーナッツあんどbeat a step. 目眩く日々に目が回りそうだけど、 南南西 ライブをしてない県が集中 を目指して、 ライブをとにかく続けていこう。 世界中を驚かせるライブになる。 自分たちが上がって、みんなが上がって、 連鎖的に、反射的に、上がってく。 確実な物事のみが通用する世界では、 情動的な表現は、ただのツールに過ぎず、 ただ聴いて欲しいという欲求は、 単なるエゴイズムでしかなくなってしまう。 ライブを楽しんだ連中はそれぞれ、 エキサイトしっぱなし、泣き出す人もいる。 人それぞれだけど、自分も含めてみんな同じ感情。 でもそれを口に出してしまうのはナンセンス。 「最高だ」ってsing a song. するように 「シアワセ」ってbeat a step. するように みんなが「生きてる」存在を証明する。 どんなに惜しがっても時は平等に過ぎて行くけど、 またあしたもガンバロウ生きていこうと思えれば、 それが自分達の存在証明に繋がる。 いつか、この忙しない日常が止まり、 いつか、合理的な世界に意味を成さなくなっても、 歌を歌い、ビートを刻む、音を奏で続けることこそ、 自分達がUNISON SQUARE GARDENとして、 あり続ける存在証明になるのです。 以上が証明である。 ママレードにsing a song. ピーナッツあんどbeat a step. 生きていかなければならない理由とは何か。 日本中を駆け巡り、原点ははるか北北東にある。 現在までのその距離はとてつもなく誇らしい。 これからも世界中を驚かせ続けよう。 ママレードにsing a song. ピーナッツあんどbeat a step. 楽しい日も苦々しい思いもある人生は、目が回る。 南南西を目指して、パーティーを続けよう。 世界中を驚かせてしまう夜になる。 I feel 上々 連鎖になってリフレクション そうやって上がって、下がって、また上がって… そうして君達も僕達も、 幸福、煌めき、そして音に満たされましたとさ。 という解釈に至りました。

次の