君の膵臓を食べたい 感想。 映画『君の膵臓を食べたい』のあらすじとみんなの感想!ネタバレ解説&レビューも

住野よる『君の膵臓をたべたい』読書感想文

君の膵臓を食べたい 感想

「君の膵臓をたべたい」一発目のインパクトにやられた。 なんの本なんだろう。 カニバリズム的な類なのか。 それにしては桜色の淡い色調の表紙につかず離れずの高校生の男女がふんわりと描かれている。 完全なるジャケ買いだった。 金額や手に収まるサイズ感などから文庫本が好きな私としては珍しい買い物だった。 きっと恋愛ものだろう。 でも恋愛の中で膵臓が食べたくなる感情って? なんとなくいつもはしてもらわないブックカバーを店員さんに頼み、多少過激とも思われる表題を隠した。 帰宅までそわそわとした気持ちを抑えられず、私は電車の中でそっと表紙を開いた。 そして共病文庫の持ち主であり、膵臓に疾患を患い僅かな余命を満喫しようとしている山内桜良。 「僕」は病院でふと目にしたノートを見つけた。 表紙には共病文庫。 なんとなく開いたそこにはクラスメイトである山内桜良は余命が残りわずかだということを知る。 思いがけず秘密を知ることになった僕は、半ば強引に彼女の「死ぬまでにやりたいこと」を遂行する相棒として振り回されることになる。 少し引っかかったのはとても大人びた言葉を使う高校生達だな、ということである。 僕、は他者とのコミュニケーションを極力避け本の世界に没頭していただけに論理的かつ冷静。 彼が大人びた ある意味古めかしい 言葉を使う事にはなんら疑問はなかったが、気になったのは山内桜良である。 自身の疾患や死を自虐的に、きっとこれ以上ないレベルのジョークにして飛ばす。 そしてドヤ顔をかます程である。 これこそブラックジョークというのかと感服した。 それに対して僕は死に対する軽々しい言動に逆に戸惑ってしまう反応すらある。 そしていつも明るく、死というものに独特な価値観を持つ。 この年代に余命宣告をされれば完全にうろたえ泣きわめく日を過ごしそうだが、そうではない。 この子、本当に死ぬのかな? と思わされるぐらい活発なのである。 しかし、後半になって感じる明るく活発な彼女の背中から見え隠れする死への恐怖。 ああ、やっぱり怖いよね。 ここでなんとなくホッとした自分がいた。 死が怖くないわけがない。 ましてや高校生、これからの生活がキラキラ輝いている年代だ。 彼女はひとりが、そして忘れられることが怖いのだ。 彼と一緒にいることで心を蝕む恐怖を払拭しようとしているのだ。 そう考えると切なくて仕様がなかった。 死ってすぐ傍にある。 明日、明後日、何年後、ゴールとして確かにある。 しかしそこまでのプロセスがよく見えないがために蔑ろにしてしまう。 考え直そう。 明日あたりにでも出不精な彼を誘って、ホルモンを食べながら「私が病気ならどうする?」と聞いてやるのだ。 きっと彼はうろたえるだろうがそれでいい。 お互いをもっと大事にしよう。 いつ死ぬか分からないなら必死に今を生きて、君を大切にして愛を語る。 読んだあとはそんなほんのり寂しい気分だった。 少し自分に触れる人を大切にさせてくれる、そんな気持ちにさせられる本だった。 (20代女性) 固定ページ: 1.

次の

『君の膵臓をたべたい』part10 (約1950字)

君の膵臓を食べたい 感想

) Lynn 恭子(桜良の親友) 藤井ゆきよ 隆弘(「僕」のクラスの学級委員) 内田雄馬 ガム君(クラスメイト) 福島潤 小説投稿サイトから公開されたこの作品は、双葉社により2016年に書籍化し刊行直後から大きな反響を巻き起こした作品です。 累計発行部数は260万部を超え、2018年9月に満を持してアニメ映画化されて全国に公開されました。 【君の膵臓をたべたい】のあらすじ ある時彼女は言った。 「君の膵臓をたべたい」と。 まだ遅咲きの桜が咲いている、4月のこと。 他人に興味を持たず、いつも1人で本を読んでいる高校生の「僕」は、 病院の待合室で、一冊の文庫本を拾うのであった。 手書きの文字で『共病文庫』と書かれているその本は、 天真爛漫なクラスの人気者、山内桜良が密かに綴っていた日記だった。 日記の中身を目にした「僕」に、 桜良は自分が膵臓の病気でこの先が短いことを告げる。 それは、家族と医師以外に病気を隠している彼女にとってただ1人、 秘密を共有することができる相手ができた瞬間だった。 最後の日が訪れるまで、なるべくこれまでどおりの日常生活を送りながら、 やりたいことをやり、精一杯人生を楽しもうとする桜良。 そんな自由奔放な彼女に振り回される「僕」の心は少しずつ変化していくのであった。 キャラクターの心理を丁寧に描写されています。 アニメだからこそ表現できる幻想的な描写がとても印象的でした。 降り落ちる桜、波、夜空に散る花火、雨や建物など細かな描写まできれいに彩られていました。 すでに【君の膵臓をたべたい】見た方や初めて見る方も感動できる作品となっています。 実際はそんなことはなく、病気にかかっている ヒロインを助けたいと願う必死な気持ちが込められているのです。 昔の人は、どこか悪いところがあると他の動物のその部分を食べたという。 肝臓が悪かったら肝臓、胃が悪かったら胃を食べてる。 そうすると病気が治ると信じられていたらしい。 切ない気分なので君の膵臓をたべたいをみます。 — すず SuzuSuzuRainbow やはり、アニメ映画を見た後は聖地巡礼をする方が多いです! 見てわかる通り忠実に再現されていて素晴らしいと思いました! 数多くの方から2018年で最高傑作の映画と言われていました。 作画もきれいで何度も見たくなる作品です! 筆者の評価も記載しておきますので、ご参考にしてください。 ダイナミックなカメラワークと花火が消えるまできれいに描かれていてとても印象的でした。 桜良の命のタイムリミットは1年で別れの時がだんだんと近づいてきます。 「僕」は、桜良と遊びに行く約束をします。 待ち合わせ場所の喫茶店で「僕」は待ちます。 待ち合わせ中にメールのやり取りをしていたのですが、桜良と連絡が取れなくなってしまいます。 喫茶店の閉店時間まで待ちますが、桜良は現れませんでした。 なぜ来なかったのかと、心の整理がつかないまま家に帰宅し、夕食中に桜良が通り魔に刺されて殺されたとニュースを見て知ることになるのです。 私も実際に見てみたのですが、まさかこのような結末で終わるとは思いませんでした。 物語の構成上、桜良は病気を患っていて病気で死んでしまうと思っていました。 しかし、その裏を突くような主人公の死にとても驚きました。 この結末は誰もが想像していなかったと思います。 私の場合は結末を見てからこの物語を見直してみました! 違う視点からこの物語を楽しむことができました! 【君の膵臓をたべたい】の動画はどこで観れる?.

次の

『君の膵臓をたべたい』part10 (約1950字)

君の膵臓を食べたい 感想

少年と少女が病によって引き離される、その悲痛な感情を結末に置いた物語 確かに泣けるかもしれないけれど、逆に言えば「読者を泣かせる」ためだけの物語というものだと予想したんです。 しかし、この「君の膵臓をたべたい」はそんな浅はかな作品ではありませんでした。 生きるということ 小説「君の膵臓をたべたい」を通じて、わたしは「生きるということ」について考えさせられました。 それも、ただの「自分の命もいつなくなるかわからない (から今を大切に生きよう)」というメメントモリ的な反省だけではありません。 作中で、余命少ないヒロイン・桜良は 「人と心を通わせることこそ生きるということ」 だと主人公に語りかけます。 その言葉に、人との関わりを避けてきた主人公はハッとさせられるのですが、同時に読んでいた私にもその言葉は響いてきました。 ただ命があって、24時間を過ごすことだけが一日を生きるという事ではない 主人公は、桜良と過ごした4カ月こそが「生きている時間だった」と気づきます。 『そんなふうに、いつかこの世を去る私は今を【生きる】ことができているのだろうか?』 わたしは即座に「YES」と言えませんでした。 そして、自分も本当の意味で生きていきたいと思ったんです。 小説「君の膵臓をたべたい」はただのエンタメ作品ではなく、読者に強く語り掛けてくる作品だと感じました。 恋愛関係を超えた特別な関係 ヒロインの桜良が亡くなり、その遺書でもある「共病文庫」を主人公が読む場面では、涙が止まりませんでした。 れは単に「実は両想いだったことを遺書で初めて知ったから」なんてチープな展開のせいではありません。 この遺書の場面に来るまでの「君の膵臓をたべたい」は 『主人公の男の子の物語』 でした。 根暗で地味で人と関わりたがらない男の子が、明るく行動的な女の子と出会って変わっていく。 主人公は作中で「彼女と出会って人間性も日常も死生観も変わった」と心の中で回想しています。 実際に読んでいても、余命少ないにも関わらず弱さを見せず最後まで強く生き抜いた桜良の一貫性に対し、主人公は彼女との出会いによってどんどん人間性が変化していきました。 うんうん しかし、遺書の場面で初めて明かされた桜良の本音を知って、この考えは変わりました。 「君の膵臓をたべたい」は 『主人公と桜良の物語』だったんです。 2人はそれぞれに正反対の人間性を持っていて、だからお互いに憧れて、お互いを必要としている。 そこに恋愛感情がゼロだったのかと言われればそうではなかったでしょうが、それよりも2人は「尊敬・憧れ」によってつながっていました。 こんなに純粋でまぶしい人間関係が他にあるでしょうか。 そして、そんなに特別な関係だった2人が永遠に別れなければならない痛みとはどれほどだったのでしょうか。 感情を自分の中に押し込める生き方をしてきた主人公が桜良の母親の前で泣き叫ぶ場面では、まるでその悲痛な咆哮が聞こえてくるようで涙が止まりませんでした。 「君の膵臓をたべたい」 初見では度肝を抜かれるこのタイトル。 序盤では膵臓を患っている桜良が「同物同治 (患っている部分と同じ部位を食べることで病気が治る)」の考えから、冗談としてこの言葉を口にします。 そして、この言葉が再度登場するのはクライマックスの場面。 示し合わせたわけでもないのに、お互いがお互いへの感謝と尊敬の念を込めて「君の爪の垢を煎じて飲みたい」ならぬ「君の膵臓をたべたい」というメッセージを送り合います。 この符号にはもう、号泣しかありませんでした。 「読後、きっとこのタイトルに涙する」というキャッチコピーは本当でした。 結末への感想 こんなに悲しいお話なのに、結末が爽やかに描かれていた点はすごく好みでした。 桜良の喪失から1年後、拒絶されていた桜良の親友と苦労の末友達になって桜良の墓参りをする。 墓地から去ろうとする2人の耳に「うわははっ!」と特徴的な彼女の声が聞こえた気がする。 非常にすっきりとした爽やかな読後感で本を閉じることができました。 行き先の名称などはことごとく伏せられているのですが、読んでいる人(特に福岡県民)には丸わかりです。 博多駅に着き、ラーメンを食べて太宰府天満宮へ。 2日目に行ったのはキャナルシティ。 実際に知っている場所が細かに描写されているというのは、なんだか嬉しい気分になります。 そんなわけで、特に福岡に詳しいという人にはおススメです! まとめ 以上、実写映画化される小説「君の膵臓をたべたい」のネタバレ感想でした! 私の買った本を見てみると、発売1年未満なのに第32刷! なんと現在50万部を突破しているそうです。 そんな話題作を読んでみた感想はというと……号泣必至の感動作! イメージだけで敬遠するのはもったいない!と声を大にして言いたいほど胸に来る物語でした。 映画版ももちろん楽しみですが、ぜひ小説でも読んでほしいです。 とても読みやすく、ストーリーに引き込まれてどんどんページが進むので、一気読みもできちゃいます。 未読の方は、ぜひ騙されたと思ってお試しください。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作でも 課金なしで見ることができます。

次の