山形 放送 報道 部。 山形放送株式会社の求人概要

山形放送株式会社のインターンシップ・1day仕事体験概要|リクナビ2022

山形 放送 報道 部

井原義光(2001年定年退職)• 宇野圭一• 遠藤忠男• 大村和夫• 小宅邦雄• (1988年 - 2019年)• 斉田淳• 芹川晴夫(2000年定年退職)• (1966年 - 2003年定年退職。 妻は同じく当時の同僚アナで後にアナウンサーでも活動した古池一子。 息子は同じ系列である報道部の社員で元アナウンサーの• 住田英仁• 東海林恒昭• 鳥海務• 奈良岡勉• 野々村邦徳• 三浦恭右• 吉岡敬夫• 吉川駿• 山下将史 女性• 青木邦江• 明石美紀子• 石山栄里子• 板垣幸江(旧姓・千葉)• 井上静子• 魚住由紀• 猪田美奈子• 大貫ヒロコ• 大森奈々絵• (2004年 - 2010年)• 木山民奈子• 清原幸枝• 熊沢直子• 今野さえ子• 近藤桜• 斎藤桃子(1997年 - )• (1999年 - 2002年)• 鈴木紀子• 関佳江• 武田路子• 舘野順子• 小国みゆき 娘は同じ系列である元アナウンサーの• 藤村径子• 本間聡美• 松野井優子• (1993年 - 2008年、現在「壽屋寿香蔵」代表)• 長澤紗希子(2012年4月に部署異動)• 1NNS非マストバイ(非フルネット)局。 5加盟局が運営・出資する(CSチャンネル)。 2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。 6開局、閉局。 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 細字はNNNのみに加盟。 8旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 10CTV開局後はNNSのみダブルクロス。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。 専用郵便番号が付与される前、当時のテレビ番組のテロップやラジオのでは「〒990 山形市 ハタゴ町 山形放送」と表示されることが多く、実際にそれで郵便物が届いていたという。 山形放送 代表取締役社長• 山形放送 取締役• 山形放送 代表取締役副社長• 山形放送 監査役• 北海道の民放各局では実際にこの方式が取り入れられていたが、地上デジタル放送が開始された2007年以降は光ファイバー回線に切り替えている。 例えば、は本社演奏所から送信所まで途中の山にある反射板を介して間接伝送している。 秋田放送・青森放送も同時刻に放送。 2015年3月の復活特番以降はYTSがネット。 『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、252頁。 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、136-137頁。 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、202頁。 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、208頁。 出典:1953年10月6日東奥日報朝刊3面記事「ラジオ青森に本免許交付」記事内(同記事内に「山形放送にも本免許交付」の記事あり)。 - 東北総合通信局、2018年3月30日• - 山形放送• - 東北総合通信局、2018年9月28日• 以前は山形・鶴岡(酒田)・米沢・新庄でそれぞれ周波数が異なっていたが、1989年5月25日に内陸側が、1995年9月18日には庄内側も「918kHz」に統一された。 庄内側の周波数統一時は、変更日を周波数にちなんだ9月18日に設定、周波数統一によって、各地域独自のCM等を放送することは困難になった。 変更直前(日曜深夜の放送終了前)には1時間の特別番組を放送し、生放送で最後のコールサインの読み上げを行った。 - 総務省東北総合通信局・2018年9月28日リリース• 「山形放送の50年」2003年、141頁• 全国朝日放送株式会社総務局社史編纂部編集「テレビ朝日社史・ファミリー視聴の25年」1984年2月、271・272頁。 『時を刻んで 山形テレビの軌跡~』1987年、293頁• 『福島民報』1970年2月16日 - 6月3日付朝刊、テレビ欄。 『』1971年8月6日 - 1975年4月4日付朝刊、テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年1月8日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1985年9月21日付テレビ欄。 『』1970年11月6日付朝刊、テレビ欄。 『』1975年9月2日付朝刊、テレビ欄。 『』1975年10月22日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年12月2日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1985年9月4日付テレビ欄。 『山形新聞縮刷版平成5年3月号』594頁。 『日刊スポーツ』1976年12月13日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年6月2日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年12月7日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1978年5月4日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1977年10月14日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1977年9月30日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1984年12月4日付テレビ欄。 「テレビ局ネットワーク」『』1986年9月号、、 81頁。 『日刊スポーツ』1977年10月13日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1985年6月5日付テレビ欄。

次の

読者の参加コーナー|山形新聞

山形 放送 報道 部

ときには総合プロデューサーとして CM提案のミッションを成功へと導きます。 たとえば、ナショナルクライアントが全国でCMを放送する場合、 各エリアに予算が割り振られます。 クライアントのニーズにあった提案により CM出稿を獲得するのが営業のミッションです。 ときには総合プロデューサー的な役割も。 局内の編成、報道、制作の担当者と相談し、 営業が主導して番組を作ったり、 番組内でのタイアップを企画したり。 局内のみんなと協力し合って良い提案をつくります。 東京には全国系列局の支社が集まっているので 横のつながりを広げられるのは東京支社勤務ならでは。 仲間同士でお互いに協力し合おう!と、 コミュニティの雰囲気もいいですよ。 視聴率の高さ、CMへの反響の大きさが、提案の強みになっています。 山形県内26年連続「年度視聴率3冠」を達成中! 配属となる東京支社の営業メンバーは5名。 うち2名は20代です。 仕事の内容 広告代理店や大手企業へのCMや番組枠の提案営業。 また、広告代理店とのやりとりだけでなく、 ・スポンサーの大手企業に直接、イベントやCMの企画提案 ・山形の地元企業と大手企業の橋渡し役 ・企画提案の総合プロデューサーとして局内の各部門の調整 など様々なことに挑戦できます! 先輩や上司とチームになって動くので 分からないことはすぐに確認しながら覚えられます。 新しいアイデアがあれば、一緒に実現していきましょう。 3年! 事業所 【本社】山形県山形市旅篭町 【東京支社】東京都中央区銀座 【大阪支社】大阪市北区中之島 【仙台支社】仙台市青葉区大町 【県内支社】鶴岡・酒田・米沢・新庄 業種 放送・出版・映像・音響 事業内容 放送法に基づく基幹放送事業。 放送番組の制作並びに販売、広告、催物、その他放送に関連する一切の事業。 「県内で最も親しまれ、信頼されている放送局」として、山形県民とともに歩み続けています。 連絡先 山形放送株式会社() 〒990-8555 山形県山形市旅篭町2-5-12 山形メディアタワー 023-622-2020/総務部 採用担当:浅沼 ybcsaiyo ybc.

次の

山形放送

山形 放送 報道 部

吉運堂のホームページより コロナウイルス感染症に関するお知らせ 関係各位 日ごろより吉運堂をご愛顧いただき誠にありがとうございます。 この度、当社鶴岡店勤務の社員1名が新型コロナウイルス感染症に感染いたしました。 当該社員の親族が山形県大蔵村の 特別養護老人ホームに入所しておりましたが、施設内でコロナウイルス感染症が発生したために施設が閉鎖となり、親族を自宅に引き取っておりました。 保健所の指導により、当社鶴岡店店内の消毒を実施し、当該社員の濃厚接触者は自宅待機の上、経過観察を行っております。 またこの度、政府より「緊急事態宣言」が全国に発令されたことを受け、鶴岡店および近隣の下記店舗を本日から閉鎖、週末まで営業を自粛しております。 緊急のお問合せ、ご連絡は下記の本社連絡先までご連絡ください。 折り返し担当者よりご連絡いたします。 当面の間、ご不便をおかけすることになりますが、今般の状況をご理解いただければ幸いです。 今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。 吉運堂本社 TEL:025-372-1138 休業中の店舗:鶴岡店、酒田店、山形店、米沢店、天童店、イオンモール三川店、村上店、新発田店.

次の