コリン 性 蕁 麻疹 と は。 コリン性蕁麻疹とは?症状の特徴、出るタイミング、対処法など

汗をかくとかゆくなる「コリン性蕁麻疹」とは?

コリン 性 蕁 麻疹 と は

悲しい出来事に遭遇して落胆するチンパンジー はあ・・・憂うつだ。 この感じが重くなると 鬱病(うつ病)と診断されるのでしょうか。 朝起きて布団から出る。 『よし、今日も一日が始まるぞ!がんばるぞ!』 と声に出し、やる気を振り絞ると同時に奴がやってくる。 起床時はまっさらな綺麗な肌なのに、 時間とともに、ポツポツと皮膚に赤い発疹が・・・。 『憂うつになる原因はコリン性蕁麻疹です』 と書きたいけれど素人判断は危険。 そんな堂々巡りな思考を続けていく内に、私はとある着地点に降り立ったのです。 ってそりゃ憂鬱(ゆううつ)にもなるわ(笑)! ん?あれれ、もしかして 『自分の コリン性蕁麻疹が治らないのって食べ物など食生活よりも、気持ちの持ち方が影響してるんじゃない?』 なんて疑問が浮かび、インターネットで検索。 すると、ある記事を発見しました。 アレルギー反応や内臓の病気で起こると考える人も多いが、ストレスや緊張など心の状態が発症や症状に影響している場合もある。 病院の皮膚科やアレルギー科でもらう薬で症状が治まらないときは、心療内科にかかるのもよいだろう。 東京都在住の30代のA子さんは、10年ほど前から全身のかゆみに悩まされていた。 腕に数ミリメートルの赤い腫れが無数にできる。 冬の発症は少ないが、春先になると決まって症状が悪化する。 お風呂から上がったときや緊張したときに出やすく、半日程度で回復するという。 今までに何度か皮膚科を受診したが、血液検査などには異常がない。 診断は「 原因不明のじんましん」。 薬は出されたが改善しないため、大学病院の皮膚科を経て心療内科に行き着いた。 抗アレルギー薬や抗鬱薬、心理療法を組み合わせた結果、3カ月で症状は改善した。 現在は薬の量を徐々に減らしている。 なんでだろうか、半袖半パンツなど肌を露出する部位が増えるなど人の目、他人の目を気にしすぎるのも悪影響かもしれませんね(汗)。 長引きやすく汗をかいたときに起こる「コリン性じんましん」は、10~30代の若者に多い。 ・・・ 皮膚科が専門の秀道広・広島大学教授は「 じんましんの原因が特定できた例は少ない」と語る。 ・・・ 病院を訪れた患者のうち、光や寒さといった物理的刺激(患者全体の10%)や、食品や薬に含まれる物質のアレルギー(同5. 4%)など原因がはっきりと分かった人はわずか。 7割が原因不明だったという。 ・・・ 秀教授が皮膚科外来を訪れた慢性じんましん患者を調べたところ、多くは ストレスと疲労が症状を悪化させていた。 原因がわかっているじんましんでも、ストレスで症状がひどくなる場合もある。 ほかにも運動や月経が増悪因子になり得るという。 ・・・ 心療内科の飯森クリニック(東京都小金井市)には、体の症状とともに不安感や鬱症状を訴える患者が来る。 院長の飯森洋史医師は「 ストレスが関係するじんましんには、 心理療法や薬物療法が効果的」と話す。 代表的な心理療法には「右手が温かい」などと自己暗示をかけてリラックスする「自律訓練法」がある。 薬物療法では皮膚科の治療で使う抗ヒスタミン薬などの抗アレルギー薬や、向精神薬、漢方薬などを使う。 アレルギー反応が出ていなくても、ヒスタミンの働きを抑える抗アレルギー薬の点滴で症状は治まる。 じんましんの患者の中には、 なぜ発症してしまうのか、いつ発疹するのかと過度に恐れるあまり、かえって強いストレスを感じて症状が悪くなる人がいるという。 薬で症状を抑えた上で心理療法を継続し、様子を見ながら徐々に薬の量を減らすのがよい。 何度も繰り返すじんましんに困っている人は、まずは皮膚科を受診してみよう。 よくならないときは、心療内科の専門医や心理療法にたけた皮膚科医にかかるとよいだろう。 日本心療内科学会のホームページで、心療内科の専門医を確認できる。 専門医は精神面の不調からくる体の病気に詳しい。 日本皮膚科心身医学会も病院を紹介してくれる。 2016年、とりあえず 心理療法、それから 漢方薬、あと 自律神経失調症も調べてみたいと思います。

次の

汗をかくとかゆくなる「コリン性蕁麻疹」とは?

コリン 性 蕁 麻疹 と は

コリン性じんましん ・一般にじんましんは皮膚が赤くふくれる膨疹ができて、かゆみを伴います。 コリン性じんましんは一つ一つが小さな膨疹で、かゆみ以外にチクチクした刺激や痛みが出ることが多いのが特徴です。 ・コリン性じんましんの原因は明らかになっていません。 皮膚の中で漏れ出た汗がアセチルコリンを誘発し、皮膚の肥満細胞を刺激してヒスタミンが出ます。 これによって膨疹ができるのです。 コリン性じんましんに遺伝性はありません。 ・コリン性じんましんの治療は抗ヒスタミン薬の内服が有効です。 コリン性じんましんは10~20代に多く、特に小児は数カ月~数年で自然に治ることが多いです。 ・ ところが、成人は飲んでも効かないことがあります。 その時は薬の種類を変えたり、飲む量を増やしたりして調節します。 また塗り薬は一般的なじんましんと同様に効果はほとんどありません。 ・じんましんが出ることにかなりのストレスを感じることが多いのも特徴です。 運動や入浴が怖くなることもあります。 それでも、特にのどが腫れたり血圧が下がったりしなければ、運動や入浴で積極的に汗をかいて慣れたほうがいい場合もあります。 コリン性じん麻疹(ドクター用) 蕁麻疹の種類 (「公益社団法人日本皮膚科学科」のサイト) 蕁麻疹診療ガイドライン 2018 日本皮膚科学会のガイドラインです。 ドクター用.

次の

蕁麻疹(じんましん)

コリン 性 蕁 麻疹 と は

蕁麻疹の原因には様々なものがあり、また蕁麻疹の症状の現れ方にもいくつかの特徴的なものがあります。 しかしこれらは必ずしも別々に起こるのではなく、一つの蕁麻疹にいくつかの原因が関係したり、同じ人に二つ以上のタイプの蕁麻疹が同時に現れることもあります。 したがって蕁麻疹の分類は必ずしも明確にはされていませんが、そのなかでも原因や症状などの特徴や定義が比較的はっきりしている種類としては、以下のようなものがあります。 急性蕁麻疹:毎日のように繰り返し症状が現れる蕁麻疹のうち、発症して1ヶ月以内のもの。 細菌、ウイルス感染などが原因となっていることが多い。 慢性蕁麻疹:毎日のように繰り返し症状が現れる蕁麻疹のうち、発症して1ヶ月以上経過したもの。 原因が特定できないことが多い。 物理性蕁麻疹:機械的擦過や圧迫、寒冷、温熱、日光、振動などといった物理的刺激により起こる。 コリン性蕁麻疹:入浴や運動などで汗をかくと現れる蕁麻疹。 一つ一つの膨疹(皮膚の膨らみ)の大きさが1~4mm程度と小さい。 小児から若い成人に多い。 アレルギー性蕁麻疹:食べ物や薬剤、昆虫などに含まれる特定物質(アレルゲン)に反応して起こるもの。 アレルゲンに結合するIgEという血清蛋白が関与する。 イントレランス:アスピリンなどの非ステロイド系消炎鎮痛薬、色素、造影剤、食品中のサリチル酸などにより起こる蕁麻疹で、IgEが関与しない。 血管性浮腫:唇やまぶたなどが突然腫れあがり、2~3日かかって消える。 痒みを伴わない。 稀に遺伝性のものである場合がある(参照)。 この他、全身的な病気の部分症状として現れるものや、食物と運動が組合わさった時に現れるものなどもあります。

次の