山中 教授 の 発言。 コロナ分析で山中教授と富岳がタッグ 防止効果を検証:朝日新聞デジタル

NHKスペシャル「感染爆発をどう防ぐか」山中教授と尾身先生への評価の違い。「新型コロナ対策は専門家の言うことを聞け」の妥当性を考える。|原 正樹|note

山中 教授 の 発言

杉尾議員は問題の出来事について、大坪氏の認識をたしかめた。 「去年の8月9日、京都大学iPS研究所(CiRA)を和泉総理補佐官とともにたずねて所長の山中伸弥教授と面会された。 その時は、あなたと補佐官と山中教授だけでしたか」 和泉総理補佐官とは、「総理は自分の口から言えないから私が代わって言う」と、加計学園の獣医学部新設を早く認めるよう前川喜平・元文科事務次官に圧力をかけた、あの和泉洋人氏のことである。 和泉補佐官は健康医療戦略室の室長も兼ねているのだ。 大坪氏は「3名だけで、意見交換をしました」と言い、その内容を問う杉尾氏に、こう答えた。 「iPS細胞ストック事業の着実な実用化のためにどういった支援の在り方があるかということで、現在取り組んでいる事業の状況、今後の見通しなどについてのご意見をうかがった」 ノーベル賞で騒がれたのはだいぶ前なので軽くおさらいすると、iPS細胞は患者自身の皮膚や血液からつくる万能細胞(多能性幹細胞)のこと。 目や心臓、神経細胞など身体を構成するほぼすべての種類の細胞に分化する能力がある。 しかも、他人の細胞を材料にするわけではないため、拒絶反応が起きにくい。 ということで、夢の再生医療への期待が高まった。 だが、ご多聞に漏れず実用化には困難がつきまとう。 患者自身の皮膚などから細胞をつくって、それをガン化することなく移植できるほどにするには数千万円ものコストと長い時間がかかる。 そこで始めたのが「iPS細胞ストック事業」というもの。 免疫作用も人によって様々なようで、ごくまれに他人に細胞を移植しても拒絶反応が起きにくい免疫タイプの持ち主がいるらしい。 そういう人からiPS細胞をつくって備蓄しておこうというのがこの事業の目的である。 京都の物見遊山はともかく、和泉補佐官と大坪次長が、山中教授を訪ねたのには深いわけがあった。 杉尾議員の質疑を続けよう。 杉尾 「この話し合いの中で、iPSストック事業を法人化するという合意が山中教授との間でできたという認識でいいですか」 大坪 「それ以前に山中教授のほうからストック事業を法人化したいとご提案があったと承知している。 合意というか、提案を了承しています」 杉尾 「法人化に当たっては国費を充当しないと言いましたか」 大坪 「内閣官房からストック事業に対して国費の充当をゼロにするといったことはありません」 iPS細胞ストック事業に対し、国は13億円ほどを助成している。 各府省の概算要求を前に、和泉補佐官と大坪次長はそれをゼロにすると告げる密命を帯びて京に向かい、たしかにその役割を果たした。 昨年11月11日、日本記者クラブの会見における山中教授の次の発言がそれを物語っている。 「一部の官僚の方の考えで国のお金を出さないという意見が入ってきた。 いきなりゼロになるというのが本当だとしたら、相当理不尽だなという思いがあった」.

次の

山中伸弥教授「日本は他の国と違う理由で医療体制がかなり危ない」コロナ第2波への心構えを語る(TOKYO FM+)

山中 教授 の 発言

緊急事態宣言期間中に政府が求めた新型コロナウイルスの感染拡大防止策の効果を分析・検証する専門家会議が設置される。 一連の対策を担当する西村康稔経済再生相が23日、発表した。 人と人との接触機会の「8割削減」や休業要請などについて効果を検証していく考えだ。 計算速度ランキングで世界1位となったスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」で解析したデータを活用。 東京電力福島第1原発事故を検証した国会事故調査委員会の委員長を務めた黒川清・政策研究大学院大学名誉教授がトップで、ノーベル賞学者の山中伸弥・京都大教授らが参加して検証する。 西村氏は記者会見で「(4~5月の緊急事態宣言中に)様々な自粛をしてもらった。 何が効き、ほかにやり方があったのか。 科学の力を使って進化した形の対策を考えていきたい」と話した。 7月末までに初会合を開く。 安倍晋三首相が感染が収束した段階で行うとしている政府対応の検証とは別で、西村氏は次の流行を防ぐ対策を見直すためのものだと説明した。 会議のメンバーは医師の黒川氏….

次の

新型コロナ、緊急事態宣言を発令

山中 教授 の 発言

山中 伸弥 生誕 1962-09-04 (57歳) (現・枚岡地区) 居住 国籍 研究分野 幹 発生工学 研究機関 グラッドストーン研究所 遺伝子教育研究センター 出身校 医学科卒業 博士課程修了 博士課程 指導教員 博士課程 指導学生 、 主な業績 の開発 影響を 受けた人物 主な受賞歴 (2008年) (2008年) (2009年) (2009年) ・(2010年) (2010年) (2010年) (2011年) (2011年) (2012年) (2012年) 他多数 受賞者 受賞年: 受賞部門: 受賞理由:成熟細胞がされ を持つことの発見 山中 伸弥(やまなか しんや、〈37年〉 - )は、の。 所長・。 グラッドストーン研究所上席研究員。 その他としては、名誉市民、栄誉教授、、、名誉博士、名誉博士などを有する。 受章者。 (現・枚岡地区)出身。 「成熟細胞がされをもつことの発見」により、2012年のをと共同受賞した。 経歴 [ ] 生い立ち〜学生時代 [ ] (現・地区)に生まれる。 小学校は当初、 に通っていたが、北西部のに転居した小学4年生からは に通っている。 その後は大学1回生まで学園前で暮らしている。 中学校は中高一貫校である へ進学。 中学3年で副会長を務めている。 その時の生徒会長は長じて理事長やを務めることになるであった。 中学時代にを始めており、高校から大学2年まで取り組み、高校時代に二段を取得している。 なお、山中と世耕は自宅も近く、中学高校の6年間を同級生の親友として過ごしており、同じ電車で通学していた。 高校では世耕も柔道部に入部し、共に打ち込んだという。 高校は大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎(現・ )へ進学。 この頃、父からになることを勧められたものの、将来の進路に迷っていた。 しかしの著書『生命だけは平等だ』を読み、徳田の生き方に感銘を受けて医師になることを決意したという。 大学はへ進学。 大学3年からはを始めている。 臨床医志望から研究者志望へ [ ] 医学部医学科を卒業後、で臨床研修医として勤務。 学生時代、柔道やラグビーで10回以上骨折するなどケガが日常茶飯事であったため整形外科の道を選んだが、研修では「この世の物とは思えないくらい怖い先生(本人談)」が待ち受けていて 、他の医者と比べて技術面において不器用であったことから、指導医からは時に罵倒され、周囲からは「ジャマナカ」と呼ばれることもあり、「向いていない」と痛感したという。 重症になったの女性を担当し、患者の全身のが変形した姿を見てショックを受け、重症患者を救う手立てを研究するためにを志すようになった。 iPS細胞の研究 [ ] すぐに新しいことをやりたくなる飽きやすい性格であるといい 、の仕事を単調に感じてしまったこともあり、を、1989年(平成元年)にに入学。 が教授を務めていた薬理学教室で、講師の指導の下、研究を開始。 当初はいずれ臨床医に戻るつもりだったという。 指導教官の三浦は「非常に優秀ながら時間を効率的に使い、適当な時間になると研究を切り上げ帰宅していた。 誰にでも好かれるさわやかな性格だった。 」と述懐する。 1993年、論文 "Putative Mechanism of Hypotensive Action of Platelet-Activating Factor in Dogs"(「麻酔におけるの降圧機序」)を提出し、の学位を取得。 しかし、学位取得後は、どうやったら人の3倍研究できるかを考えて研究に従事。 ほとんど寝ずに研究を行うことも多く、ハードワークでは誰にも負けない自信があったという。 のあらゆるに応募し、採用されたグラッドストーン研究所へ博士研究員として留学。 教授の指導の下、iPS細胞研究を始める。 その後、帰国して PD を経たのち、日本の医学界に戻り、教授の下、大阪市立大学薬理学教室助手に就任。 しかし、(就任直後当時の)研究環境の米国との落差に悪戦苦闘の日々が始まるようになる。 と異なりの管理担当者がおらず、ネズミの管理に忙殺された。 また当時としてはiPS細胞の有用性が医学研究の世界において重視されておらず、すぐに役立つ薬の研究をしなかったため、周囲の理解を得られずに批判される毎日が続き、半分状態になった。 基礎研究を諦め、研究医よりの良いへ戻ろうと半ば決意した中、科学雑誌で見つけたの公募に「どうせだめだろうから、研究職を辞めるきっかけのために。 」と考え、応募したところ、採用に至り、アメリカ時代と似た研究環境の中で再び基礎研究を再開した。 奈良先端大では毎朝構内をして、体調管理に努めた。 2003年からの支援を受け、5年間で3億円の研究費を得て、研究に従事。 研究費支給の審査の面接をしたは「うまくいくはずがないと思ったが、迫力に感心した。 」という。 奈良先端科学技術大学院大学での開発に成功し、2004年(平成16年)にへ移った。 2007年8月からはグラッドストーン研究所上級研究員を兼務、同研究所に構えた研究室とを月に1度は往復して、研究を行う。 iPS細胞の開発 [ ] 2006年(平成18年)8月25日のに教授である山中と特任助手だった(現、)らによるが発表された。 この作成には、と共に山中伸弥研究室の第一期の博士号取得者であったがにおいて山中伸弥の下で作成していたFbx15ノックインマウスの存在が、同じくが見つけていたKlf4の知見と共に重要であったと山中伸弥は回顧している。 2007年(平成19年)11月21日、山中のチームはさらに研究を進め、ののに4種類のなどのを導入するだけで、に似たヒトを生成するを開発、論文として科学誌セルに発表し、世界的な注目を浴びた。 また同日、世界で初めてヒト受精卵から ES細胞を作成した教授の ()も、山中のマウスiPS細胞生成の研究成果を基に、人間の皮膚に発癌遺伝子などの4種類の遺伝子を導入する方法でヒトiPS細胞を作製する論文を発表した。 これらの功績により、の教授の論文捏造によって一時停滞していた幹細胞研究が、一気に進むことが期待されている。 は、研究が発表された2007年11月21日、すぐさまのに支持を表明するなど世界中で注目を集めた。 日本政府も、同年11月23日、5年で70億円を支援することを決定し、同年11月28日には総合科学技術会議で当時のは資金支援強化を表明した。 iPS細胞の研究資金募金活動と趣味のマラソン [ ] を趣味とし、時代は毎朝構内をジョギング、に移ってからも沿いを昼休みに30分走る。 日本に寄付文化を根付かせる事を目的に、寄付募集のためのマラソン大会出場も恒例となっていて 、2012年(平成24年)3月11日ので山中自身が完走することを条件に と呼ばれる募金方法によるiPS基金へ寄付を呼びかけたところ、金額は1000万円以上の寄付が集まった。 マラソンは4時間29分53秒で完走した。 なお山中の研究グループには2007年度から2011年度の研究予算として6億円以上がより拠出されている。 2013年10月27日の第3回に再び募金活動を支援する「チャリティーアンバサダー」として出場。 4時間16分38秒で完走した。 2015年の京都マラソンでは3時間57分31秒でサブ4を達成した。 さらに2017年の京都マラソンでは54歳で3時間27分45秒 、2018年の別府大分毎日マラソン大会では55歳で3時間25分20秒と自己ベストを更新した。 ノーベル賞受賞後 [ ] 受賞の報せを受けた当日のインタビューで「自宅のの修理をしている最中に報せが入った」と語っていたことから、の提案で、同年10月19日にはが閣僚懇談会でノーベル賞受賞の祝い金として洗濯機購入費16万円を贈ることを決定している。 の文部科学相は山中伸弥京都大教授の表敬訪問を受けた2013年(平成25年)1月10日には、iPS細胞研究に対して今後10年で1100億円規模の長期的な支援を行う意向を表明している。 がに発展した2020年(令和2年)3月の19日には、自ら情報発信するために特設の「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」 を開設した。 家庭 [ ] インドの首相と山中教授 父・山中章三郎は同志社工業専門学校 を卒業後、父方の祖父・山中熊吉が創業したミシン部品を作る町工場「山中製作所」を経営していた が、58歳で死去。 母方の実家・須貝家は大阪で工場を経営していたが、により焼失。 戦後はに移住し、土産用の菓子の製造販売をしていた。 中学・高校の同級生で高校1年時から交際していた医の妻との間に、娘が2人いる。 ノーベル賞の受賞に際しては、81歳になる母に受賞を報告できてよかったと述べた。 事件 [ ]• の附属動物実験施設で、2011~13年、飼育室などで管理されていた実験用のが施設内の別の部屋で見つかり、2013年の年末にが京大に対して口頭でを行った。 2014年の3月にこの件で謝罪会見を行った。 マウスの施設外への逃亡は確認されなかった。 問題が社会的な大騒動となっていた2014年の5月1日に、が、の特大号の目玉記事として、2000年にEMBO Journal誌に発表された論文についての指摘を報道した。 この指摘は、STAP騒動の中で知名度を高めていたが2013年に自身ので「捏造指摘ではない」という言葉とともに記載していたものであり 、元ネタはのスレッド「捏造、不正論文 総合スレネオ2」の240番目のレス(2013年3月30日)と511番目のレス(2013年4月6日)である。 広報が指摘を認識していたため事前に調査を済ませていたは、新潮社から連絡されたのを受けてが発売される直前に記者会見を行い、山中がやを行ったとは認定されなかったことを発表した。 ただし、14年前のの一部が見つからなかったことについて山中は謝罪した。 謝罪会見の後に、はこの指摘をしたのはだとツイートし 、2ちゃんねるで指摘したとされた匿名Aは、ウェブサイト「日本の科学を考える」の中の「捏造問題にもっと怒りを」というトピック において、なぜ謝罪する必要があるのか分からないと言及した(この発言は、2017年1月に管理者によって削除された )。 論文を掲載したEMBO Journal誌は不正なしの見解を支持した。 この指摘の妥当性や、14年前の実験ノートの保管の不備に謝罪がなされたことについては一部の研究者から疑問が呈され、の教授などは「言いがかり」と批判した。 一方、が発覚する契機を作った助教授が、指摘された図7Bの右側の8つのの一致は非常に奇妙だとInternational Journal of Stem Cells誌で主張した。 ただし、11jigenは、図7BについてはExcel操作のうっかりミスの可能性があると述べている。 山中は2014年の新経済連盟イノベーション大賞の授賞式や2016年のの卒業式で、この謝罪会見がマウス管理不備の謝罪会見と共に辛かったことを言及した。 iPS細胞研究所の年報やニュースレターには、この謝罪会見の報道が行われたことが伏せられずに記載されている。 共著者になっていた2報の論文にがあったとの認定が2015年にから発表されたが、山中の研究不正への関与は認められなかった。 iPS細胞研究所の特定拠点助教が研究不正行為を行ったことが2018年1月に認定された。 その監督責任で処分されるとともに、当面の給与を自主返上した。 略歴 [ ]• 1975年(50年)• 3月 - 奈良市立青和小学校卒業• 1978年(昭和53年)• 3月 - 卒業(第29期)• 1981年(昭和56年)• 3月 - 卒業(第23期)• 1987年(昭和62年)• 3月 - 医学科卒業• 4月 - 学教室入局• 7月 - (1989年6月まで)• 1989年(平成元年)• 4月 - 大阪市立大学薬理学専攻入学• 1993年(平成5年)• 3月 - 大阪市立大学大学院医学研究科薬理学専攻博士課程修了、• 4月 - UCSF グラッドストーン研究所 Gladstone Institute• 1996年(平成8年)• 1月 -• 10月 - 大阪市立大学医学部(教室)• 1999年(平成11年)• 12月 - 遺伝子教育研究センター(動物分子工学部門)• 2003年(平成15年)• 9月 - 奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター教授(動物分子工学部門)• 2004年(平成16年)• 10月 - 教授(再生誘導研究分野)(2005年3月まで奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター教授兼任)• 2005年(平成17年)• 4月 - 奈良先端科学技術大学院大学大学院客員教授(2007年3月まで)• 2007年(平成19年)• 8月 - UCSF グラッドストーン研究所上級研究員 Senior Investigator• 9月 - カリフォルニア大学サンフランシスコ校解剖学教授• 2008年(平成20年)• 1月 - 京都大学PS細胞研究センター長• 2010年(平成22年)• 4月 - 所長• 9月 - 奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授• 2012年(平成24年)• 6月 - 国際幹細胞学会 ISSCR 理事長• 10月 - 受賞発表• 12月 - ノーベル生理学・医学賞授賞式• 2016年(平成28年)• 3月 - 特別栄誉教授• 2017年(平成29年)• 9月 - 誘致特使• 2019年(令和元年)• 9月 - 一般財団法人 京都大学iPS細胞研究財団 代表理事 学術賞 [ ]• 2004年度(平成16年度)• 第10回 ゴールド・メダル「東京テクノ・フォーラム21賞」:「初期胚の分化や腫瘍形成を調節する因子の発見と再生医療への応用」• 2006年度(平成18年度)• 第3回 :「細胞の核を初期化する遺伝子の解析と多分化能を持つ幹細胞の樹立」• 2007年(平成19年度)• 第25回 :「細胞核を初期化する遺伝子の同定と多能性幹細胞の樹立」• 「万能細胞作製に関する新手法の開発と実証」 、• 2008年(平成20年度)• (多能性幹細胞の維持と誘導に対し)• (多能性幹細胞の維持と誘導)• (人工多能性幹細胞による生体反応予想に対し:推薦)• (多能性幹細胞の維持と誘導)• 2008年度• (生命科学・医学部門):人工多能性幹細胞(iPS細胞)の研究• 2009年• (との共同受賞)• 2010年• :「人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究への革新的な貢献」(との共同受賞)• 2012年• (ジョン・ガードンとの共同受賞)• 2013年• Breakthrough Prize in Life Sciences 栄典・顕彰 [ ]• 2008年• The 2008 TIME 100 - The World's Most Influential People (世界で最も影響力のある100人)• 2010年• 2011年 外国人会員• 2012年• 京都府特別栄誉賞 著作 [ ] 主要論文 [ ]• ; 2006. 126 4 : 663. 2006年にに掲載された論文。 マウスの細胞から多能性幹細胞を作成することに成功したことを報告したもの。 2012年のノーベル賞受賞の直接のきっかけとなった論文。 の過程が一方向性ではなく、逆戻りが可能な過程であること、すなわち細胞が多能性を持っていることを実証した報告。 セルは(遅延型の)なので、リンク先で論文全文を読むことができる。 京都大学の「KURENAI」でも当論文本文のコピーが公開されている( : )。 ; Tanabe, K. ; Ohnuki, M. ; Narita, M. ; Ichisaka, T. ; Tomoda, K. ; 2007. 131 5 : 861—872. 2007年にに掲載された論文。 上記のマウスで成功した方法を、ヒトに応用し、成功したことを報告したもの。 成人のヒトの皮膚の細胞から多能性幹細胞を作成することに成功したことを報告した。 この報告はヒトにおける(自分の体の一部から移植用の臓器を作成する、すなわち皮膚から肝臓を作成する等)の具体的実現可能性を示した報告として、社会的にも大きい注目を浴びる。 Aoi T, Yae K, Nakagawa M, Ichisaka, T. , Okita, K. , Takahashi, K. , Chiba, T. , 2008. 321 5889 : 699—702. 2008年にに掲載された論文。 大人のマウスの肝臓と胃の細胞から、多能性幹細胞を作成することに成功したことを報告したもの。 この論文は日本語訳されたものを読むことができる。 人工多能性幹細胞 - 2008年にに掲載された山中の論文と2007年にに掲載された ()の論文の日本語訳• 「」『日本内科学会雑誌』第98巻第9号、、2009年、 2141-2145頁、 :。 山中伸弥、 日本消化器内視鏡学会雑誌 2012年 54巻 Supplement2号 p. 2604, :• 舟越俊介、 山中伸弥、吉田善紀、 循環器専門医 2015年 23巻 2号 p. 299-304, : 2009年に山中が日本語で書いたについての簡潔な解説。 リンク先で無料で読める。 - 書籍 [ ] 専門書籍• 『実験医学 Vol. 26 No. 『iPS細胞の産業的応用技術』山中伸弥 監修、〈CMC books〉、2009年9月17日。 阿形清和、中内啓光、山中伸弥、『再生医療生物学』・黒岩常祥・小原雄治 編集、〈現代生物科学入門 7〉、2009年12月10日。 『幹細胞』(監修)、山中伸弥・中内啓光(編集)、〈再生医療叢書 1〉、2012年10月20日。 一般書籍• 、山中伸弥『iPS細胞ができた! ひろがる人類の夢』、2008年5月24日。 、山中伸弥『「大発見」の思考法 iPS細胞vs. 素粒子』〈 789〉、2011年1月20日。 山中伸弥(著)『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』緑慎也(聞き手)、、2012年10月10日。 山中伸弥、、平尾惠子『友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」』講談社、2017年10月5日。 出演 [ ]• 「人体 ミクロの大冒険 プロローグ〜細胞のミラクルワールドへ」(2014年3月29日、)• NHKスペシャル「人体 ミクロの大冒険 第1回〜あなたを創る! 細胞のスーパーパワー」(2014年3月30日、NHK総合)• NHKスペシャル「人体 ミクロの大冒険 第2回〜あなたを変身させる! 細胞が出す"魔法の薬"」(2014年4月5日、NHK総合)• NHKスペシャル「人体 ミクロの大冒険 第3回〜あなたを守る! 細胞が老いと戦う」(2014年4月6日、NHK総合)• (2014年5月24日、・)• (、2015年2月4日)• (、2015年4月28日)• (NHK総合、2015年7月31日)• (2015年11月13日)• 人体解明ヒストリー」 2018年3月31日、NHK総合• 「」『AFPBB News』 AFP 、2012年10月8日。 2012年10月30日閲覧。 The Nobel Prize official website. 2012年10月8日. 2012年10月30日閲覧。 [ ] [ ] 奈良県公式ホームページ• 公式ウェブサイト. 2020年4月19日閲覧。 )附属天王寺中高の卒業生である京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授が(... 公式ウェブサイト. 大阪教育大学附属天王寺中学校・高等学校天王寺校舎 青松同窓会. 2020年4月18日閲覧。 2012年10月13日閲覧。 の2013年7月28日時点におけるアーカイブ。 徳洲新聞 No. 842(2012年9月10日号)• 第26回京都賞ウイーク2010年12月1日開催 ログミー• 毎日新聞. 2012年10月8日. の2012年10月10日時点におけるアーカイブ。 2012年10月8日閲覧。 山中伸弥 SciencePortal 2006年8月30日• 毎日新聞2012年10月08日• 大阪市立大学• 毎日新聞2012年10月08日• 2012年10月9日12時04分 読売新聞• 日本経済新聞2012年10月9日• 山中伸弥「せるてく・あらかると iPS細胞の樹立--若い力がもたらした幸運 特集 iPS細胞が与えた衝撃 」『細胞工学』第28巻第3号、2009年3月、 242-244頁、。 2007年11月21日閲覧。 産経新聞. 2007年11月21日閲覧。 2007年11月23日閲覧。 毎日新聞2012年10月08日• ウェブゲーテ 2017年9月4日閲覧• 朝日新聞 2012年3月11日閲覧。 科学研究費助成事業データベース。 読売新聞 2013年8月8日閲覧。 - 読売新聞 2013年10月28日閲覧。 読売新聞 2015年2月16日閲覧• 産経新聞 2017年2月19日閲覧• 毎日新聞 2018年2月4日閲覧• 「」『』、2012年10月19日。 2020年4月19日閲覧。 「」『日本経済新聞』日本経済新聞社、2013年1月10日。 2020年4月19日閲覧。 現在の。 [ ] [ ] 読売新聞(YOMIURI ONLINE)• 「 山中伸弥〜町工場の魂 ノーベル賞へ〜」(・放送)• 2020年4月19日閲覧。 [ ]• 日本経済新聞 2012年10月8日• サンスポ 2014年3月2日 2016年12月9日閲覧• 週刊新潮 2014年5月8・15日号 2016年12月9日閲覧• 11jigen 2013年 2016年12月9日閲覧• 2014年4月28日. 2016年12月9日閲覧。 毎日新聞 2014年04月28日 2016年12月9日閲覧• 毎日新聞 2014年04月28日 2016年12月9日閲覧• NHK 2014年04月28日 2016年12月9日閲覧• 産経新聞 2014年04月28日 2016年12月9日閲覧• 11jigen Twitter 28 Apr 2014 2016年12月9日閲覧• 日本の科学を考える 2016年12月6日閲覧• Disqus• 2014年5月12日. 2016年12月9日閲覧• 中山敬一「」『』第92巻第7号、2014年6月、 97頁、 2016年12月9日閲覧。 Jun Seita Twitter 2014年04月29日 2016年12月9日閲覧• 2016年5月30日 2016年12月9日閲覧• 11jigen Twitter 28 Apr 2014 2016年12月11日閲覧• アスキークラウド 2014年07月08日 2016年12月9日閲覧• Kindai Picks編集部 2016年12月9日閲覧• 京都大学iPS細胞研究所 CiRA(サイラ) 2016年12月9日閲覧• 朝日新聞 2015年3月20日 2016年12月9日閲覧• www. cira. kyoto-u. 2019年3月4日閲覧。 」 読売新聞 2012年10月9日。 [ ]• PDF 大阪市立大学• 2025日本万国博覧会誘致委員会• 日本経済新聞 電子版. 2019年12月19日閲覧。 朝日新聞. 2009年11月7日閲覧。 材料科学技術振興財団• 武田科学振興財団. 2007年4月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年10月17日閲覧。 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。 Robert-Koch-Stiftung e. 2009年11月7日閲覧。 The Shaw Prize 2009年6月10日. 2009年11月1日閲覧。 トムソン・ロイター. 2010年9月21日閲覧。 The King Faisal Foundation. 2012年12月1日閲覧。 京都大学iPS細胞研究所 CiRA(サイラ)• Nobelprize. org 2012年10月8日. 2012年10月8日閲覧。 日本経済新聞 2012年10月8日閲覧• 読売新聞. 2013年2月21日. 2013年2月21日閲覧。 2013年2月21日. 2013年2月21日閲覧。 中嶋秀行、中島欽一 2012 「」 脳科学辞典編集委員会• 京都大学学術情報リポジトリ 2012年10月11日閲覧• NHKアーカイブス 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (ES細胞)• (iPS細胞)• - バイオサイエンス研究科• - ともに一般社団法人日本再生医療学会• - 京都大学iPS細胞研究所副所長• - 日本における知的財産訴訟の現状なども記載 外部リンク [ ]• JANJAN• - KAKEN データベース• 研究者リゾルバーID:、• SNS [ ]•

次の