王冠 印 雑貨 店。 2020年 王冠印雑貨店へ行く前に!見どころをチェック

湯島で猫ざんまい〜猫雑貨と御朱印グッズのお店”王冠印雑貨店”

王冠 印 雑貨 店

保護猫との暮らし そんな猫まみれの雑貨店を切り盛りする店主・海老原さんの猫との出会いはというと。。。 「生まれた時からずっと猫がいたって感じでしたね。 今飼っているのは2匹。 保護団体さんから迎えた兄妹猫です。 」 先ほども少しご紹介した茶白男子「わらび店長」とその妹サビ猫女子「かりん」ちゃんだ。 寒くなったので新しいベッドを買ったら即我が物顔で収まる方々。 家の中で一番あったかいところは猫が一番知っている。 人間でいうと中年のおじさんなんですけど、すっごい甘えん坊でいつも膝に乗ってくるような感じ。 遊んでくれーかまってくれーって(笑)」 こ、この姿はさっきどこかで見たような^^ わらび店長、心臓に加え腎臓も悪くなってきていたので、それまでダイエット系のごはんだったのを腎臓の療法食に切り替えたところ体重激増💦 (5. 近寄っていっても気分が乗らないと知らん顔みたいな感じですね。 」 女子ってそんなもんよね。 そうよね^^ 今週もありがとうございました😊 明日月曜日は定休日です。 oukanjirushi がシェアした投稿 — 2019年 7月月29日午前7時59分PDT 猫との対等な関係が心地いい 「一緒にいたいときは遊んだりするけど、一人になりたいときは割とそっとしてくれる。 適度な距離感がいいのかな。 もちろん、このもっちり感、モフモフもたまらなく好きなんですけどね。 「あんまり飼っているっていう感覚はなくて、共同生活者というか。 」猫との対等な関係。 それが海老原さんにとってとても心地いいのだとか。 — 2017年 5月月27日午前5時35分PDT 「二人が乗るには狭いんですけど、二人とも膝に無理やり乗ってきて、なんとかここに居座ろうとするんです^^そういうの見てるとなんかいいなって思います。 」 常に新しいものを取り入れてお客さんに楽しんでもらえるように 最後にお店の今後の目標について伺った。 「いつ来ても同じものしかないじゃつまらないので…。 お客さんに楽しんでもらえるように常に新しいものを探してきて紹介できればなと思います。 そう簡単に素敵な作家さんに巡り会えるってわけじゃないので、結構大変だったりもするんですけど、探すのはすごく好きだし楽しい。 いろんな人に紹介できることがすごく嬉しい。 お客さんに飽きられないように続けていけたら^^」と海老原さん。 茶白まつりに続き、今月3日から開催されているのが めでたものまつり。 招福モチーフや干支ものなどおめでたいグッズが一堂に勢揃いしている模様。 最初は3店舗でスタートしたイベントも、前回は16店舗+1神社が協力するなど地域をあげての大きなイベントに。 「湯島を猫のまちのイメージしたい」と話す海老原さん。

次の

2020年 王冠印雑貨店へ行く前に!見どころをチェック

王冠 印 雑貨 店

保護猫との暮らし そんな猫まみれの雑貨店を切り盛りする店主・海老原さんの猫との出会いはというと。。。 「生まれた時からずっと猫がいたって感じでしたね。 今飼っているのは2匹。 保護団体さんから迎えた兄妹猫です。 」 先ほども少しご紹介した茶白男子「わらび店長」とその妹サビ猫女子「かりん」ちゃんだ。 寒くなったので新しいベッドを買ったら即我が物顔で収まる方々。 家の中で一番あったかいところは猫が一番知っている。 人間でいうと中年のおじさんなんですけど、すっごい甘えん坊でいつも膝に乗ってくるような感じ。 遊んでくれーかまってくれーって(笑)」 こ、この姿はさっきどこかで見たような^^ わらび店長、心臓に加え腎臓も悪くなってきていたので、それまでダイエット系のごはんだったのを腎臓の療法食に切り替えたところ体重激増💦 (5. 近寄っていっても気分が乗らないと知らん顔みたいな感じですね。 」 女子ってそんなもんよね。 そうよね^^ 今週もありがとうございました😊 明日月曜日は定休日です。 oukanjirushi がシェアした投稿 — 2019年 7月月29日午前7時59分PDT 猫との対等な関係が心地いい 「一緒にいたいときは遊んだりするけど、一人になりたいときは割とそっとしてくれる。 適度な距離感がいいのかな。 もちろん、このもっちり感、モフモフもたまらなく好きなんですけどね。 「あんまり飼っているっていう感覚はなくて、共同生活者というか。 」猫との対等な関係。 それが海老原さんにとってとても心地いいのだとか。 — 2017年 5月月27日午前5時35分PDT 「二人が乗るには狭いんですけど、二人とも膝に無理やり乗ってきて、なんとかここに居座ろうとするんです^^そういうの見てるとなんかいいなって思います。 」 常に新しいものを取り入れてお客さんに楽しんでもらえるように 最後にお店の今後の目標について伺った。 「いつ来ても同じものしかないじゃつまらないので…。 お客さんに楽しんでもらえるように常に新しいものを探してきて紹介できればなと思います。 そう簡単に素敵な作家さんに巡り会えるってわけじゃないので、結構大変だったりもするんですけど、探すのはすごく好きだし楽しい。 いろんな人に紹介できることがすごく嬉しい。 お客さんに飽きられないように続けていけたら^^」と海老原さん。 茶白まつりに続き、今月3日から開催されているのが めでたものまつり。 招福モチーフや干支ものなどおめでたいグッズが一堂に勢揃いしている模様。 最初は3店舗でスタートしたイベントも、前回は16店舗+1神社が協力するなど地域をあげての大きなイベントに。 「湯島を猫のまちのイメージしたい」と話す海老原さん。

次の

東京湯島 猫雑貨と御朱印グッズ|王冠印雑貨店

王冠 印 雑貨 店

保護猫との暮らし そんな猫まみれの雑貨店を切り盛りする店主・海老原さんの猫との出会いはというと。。。 「生まれた時からずっと猫がいたって感じでしたね。 今飼っているのは2匹。 保護団体さんから迎えた兄妹猫です。 」 先ほども少しご紹介した茶白男子「わらび店長」とその妹サビ猫女子「かりん」ちゃんだ。 寒くなったので新しいベッドを買ったら即我が物顔で収まる方々。 家の中で一番あったかいところは猫が一番知っている。 人間でいうと中年のおじさんなんですけど、すっごい甘えん坊でいつも膝に乗ってくるような感じ。 遊んでくれーかまってくれーって(笑)」 こ、この姿はさっきどこかで見たような^^ わらび店長、心臓に加え腎臓も悪くなってきていたので、それまでダイエット系のごはんだったのを腎臓の療法食に切り替えたところ体重激増💦 (5. 近寄っていっても気分が乗らないと知らん顔みたいな感じですね。 」 女子ってそんなもんよね。 そうよね^^ 今週もありがとうございました😊 明日月曜日は定休日です。 oukanjirushi がシェアした投稿 — 2019年 7月月29日午前7時59分PDT 猫との対等な関係が心地いい 「一緒にいたいときは遊んだりするけど、一人になりたいときは割とそっとしてくれる。 適度な距離感がいいのかな。 もちろん、このもっちり感、モフモフもたまらなく好きなんですけどね。 「あんまり飼っているっていう感覚はなくて、共同生活者というか。 」猫との対等な関係。 それが海老原さんにとってとても心地いいのだとか。 — 2017年 5月月27日午前5時35分PDT 「二人が乗るには狭いんですけど、二人とも膝に無理やり乗ってきて、なんとかここに居座ろうとするんです^^そういうの見てるとなんかいいなって思います。 」 常に新しいものを取り入れてお客さんに楽しんでもらえるように 最後にお店の今後の目標について伺った。 「いつ来ても同じものしかないじゃつまらないので…。 お客さんに楽しんでもらえるように常に新しいものを探してきて紹介できればなと思います。 そう簡単に素敵な作家さんに巡り会えるってわけじゃないので、結構大変だったりもするんですけど、探すのはすごく好きだし楽しい。 いろんな人に紹介できることがすごく嬉しい。 お客さんに飽きられないように続けていけたら^^」と海老原さん。 茶白まつりに続き、今月3日から開催されているのが めでたものまつり。 招福モチーフや干支ものなどおめでたいグッズが一堂に勢揃いしている模様。 最初は3店舗でスタートしたイベントも、前回は16店舗+1神社が協力するなど地域をあげての大きなイベントに。 「湯島を猫のまちのイメージしたい」と話す海老原さん。

次の