受 水槽 で 泳ぐ。 受水槽で泳ぐ動画で大炎上!飲料水の中に?バカッターは誰か特定?|SollaStudio

受水槽|製品情報|三菱ケミカルインフラテック株式会社

受 水槽 で 泳ぐ

どうしてこういうことができるのか意味が分かりません。 受水槽って水道の配水管から引かれたマンションで使用するための水を貯めておくものなのですが、この水がマンションの工業用、防水用さらには 飲料用水として使われます。 そんな受水槽の水に人が入った後のものが飲み水として出てくると思うと気持ち悪いです。 受水槽を見る限りまだ新しそうな感じがしますが、こういった行為が 受水槽の水の汚染につながる可能性だってあります。 ほんとに頭おかしいです。 受水槽で泳ぐ男名前や会社は? 受水槽で泳ぐ男の名前は正確には分かりません。 ですが、この動画を投稿したTikTokのアカウント名は yuuki 30270236961 とあります。 もしかしたら 泳いでいる男の名前が「ユウキ」か、もしくは 動画を撮っている人が「ユウキ」かと思われます。 そしてハッシュタグに 「#設備屋#暇つぶし」とあるので、 マンションの設備にきた業者の方が暇つぶしにやったものと思われます。 そして、受水槽のふたは固く締められており、 専門の人でないと開けられないような仕組みになっています。 また、作業服と思われるようなものが受水槽の入り口に脱ぎ捨ててあります。 この男が働いている設備会社については分かっていません。 ネット上の声 【バカッター】マンション受水槽の中に入って泳ぐ人の動画がアップされる。 住人の飲料水になるのに・・・ — アラフィフおやじ。 entametopics 上水の受水槽と見受けられる。 それならば年一回以上の清掃が義務化されています。 ビルメンテナンス業界人やマンション管理士が見たら間違いなくドス黒い感情が湧く動画ですね。 もしかしたら新築マンションで居住者がまだ居ない可能性ありますね。 服装からどこかの作業員であることは間違いなさそう。 住人の飲料水になるのにこんなことしたらどんな被害が出るか想定ができません。 早急にこのマンションの受水槽の水を取り替えたりするなどして住人の安全を守ってほしいと思います。

次の

水槽の微生物|ワラワランド|1.023world

受 水槽 で 泳ぐ

受水槽で泳いだ動画をアップした容疑者たち [toc] 受水槽で泳いだ動画をネットにアップした人物は2名、泳いだ人と、それを撮影した人物の2人が特定されました。 1人は、福岡県糸島氏の水道関連工事の3次下請け業者の男(30)、もう1人は4次下請け業者の男(28)だということです。 2人は、福岡市志免町のマンションで、水道工事業者として出入りしていましたが、マンションに供給するための水をためるタンクの受水槽の中でパンツ一枚になって遊泳。 「めっちゃきもちいい」などといって、ピースサインをする様子をもう一人が撮影するというものでした。 この場合の容疑は、「偽計業務妨害容疑」というもので、警察署は2人を書類送検。 起訴を求める「厳重処分」の「意見」というものがついているそうです。 最初のニュース: 偽計業務妨害罪とは 偽計業務妨害罪とは、 虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 刑法 233 だということです。 この場合の「流布」というのは、とは「犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む」ということなので、ネットで動画をアップしたり、ネットでの発言などもこれに当たるものとなりそうです。 大和ハウス工業の「業務を妨害」したことに では、この場合は、誰が被害者なのかというと、これによって大和ハウスが被害を被ったために、「元請け業者の大和ハウス工業福岡支社の男性支社長(61)の業務を妨害した」疑いということになるそうです。 大和ハウスが被害を届け出 そもそも福岡県警に今回の被害の届け出をしたのが、容疑者を雇っていた下請け会社に工事を委託していた大和ハウス工業です。 容疑者らが泳いだマンションは、福岡市志免町のマンション、それが、大和ハウスの管理するものだったために、大和ハウス工業株式会社と、大和ハウスリビング株式会社が、報道機関にお詫びの文書を公表。 その他にもマンションの管理会社が、急遽飲料水のペットボトルを全約20戸に配布するなどしました。 マンション住民にも「被害」 翌日12日に受水槽を清掃して水質検査を行い、その際は、マンションの全戸が断水。 福岡県も13日、受水槽内の水が飲料に適しているか検査に駆け付けたといいます。 また、マンションの住民たちも、断水中は勿論水は使えなかったわけですが、水が出る状態であっても、「この後水質検査を行う」ことを聞かされては、飲料水として使うことは勿論、その水で調理をするということも到底できなかったと思われます。 一体何のために受水槽で遊泳の動画を? 容疑者たちはそもそも何のために動画を取ったのでしょうか。 泳ぐ行為それ自体に意味があるものではなく、動機はもちろんいたずらなわけです。 3次下請け業者の男は「どうせ清掃するのだから、泳いで他の2人を笑わせようと思った」。 4次下請け業者の男は「アップすれば面白いといった出来心でやった」と話しているということです。 なお、ふたりが動画をアップしたサイトは、TikTokという短編動画投稿サイトで、投稿したものがさらにツイッターに拡散されて騒ぎとなりました。 3人目は立件を見送り さらに、その場には、もう一人20代の2次下請け業者の会社員もおり、その人物は、泳ぎと撮影には加わらなかったようですが、おそらく、作業員に清掃を支持する立場にいたと思われます。 「積極的な関与はなかった」として立件を見送ったということですが、なぜその人物がそれらの行為を止めなかったのか。 あるいは、動画に撮っているところを見ていながら、なぜ放置していたのか、その辺りの供述はまだ伝わってきておりません。 大和ハウスのイメージダウンに いずれにしても、この動画の投稿で、建築したアパートや戸建ての不備が明らかになっていた大和ハウスは、直接の施工不良などではないといえ、動画の公開が大きなイメージダウンにつながってしまいました。 何しろ、「飲み水の中で泳ぐ」という動画の実物を見せられたわけですから、そのマンションに住むでなくても、見る人誰にでも不快の念を起こさせるものでした。 それを思うと、文字通りすみませんでは済まない話です。 同様の被害が起らないように、きちんとした処置を取っていただきたいと思います。 マンション情報とご相談は.

次の

過去の放送|ザワつく!金曜日|テレビ朝日

受 水槽 で 泳ぐ

水槽で確認できるワラワラたち ナチュラルシステムでは、水槽のガラス面や底砂・デトリタスの中で、色んな微生物が生活しています。 これらは主にライブロックやライブサンド、天然海水から持ち込まれ定着したものや、 定期的なプランクトンパックの補充によって水槽にもたらされます。 しかし、中には水槽環境に適することができず減少したり消滅していくケースも多々あります。 以下では、特に水槽で増えやすく常に確認できるものをご紹介します。 3mm~1. 前者はガラス面によく付着しているが、しばらくすると水中を泳ぎ出すことが多い。 後者は海藻の表面をびっしりと覆うように活動している。 どちらのタイプも気質面上では蛇行するように移動する様が観察できる。 ソコミジンコの仲間 - 体長約 0. 5mm~1. また勢いよく海水を吹き付けても、ガラス面にしがみついてなかなか剥がれない。 肉眼では濃い褐色や赤く見える場合が多く、 顕微鏡で確認するとほとんどの個体に1つまたは2つの褐色の帯模様が見られる。 カイミジンコの仲間 - 体長約 0. 5mm~2. 水槽のガラス面を蛇行するように移動する様子もよく見られる。 ウミミズムシの仲間 - 体長約 1. 0mm~4. ライブロック、砂の表面、ガラス面を歩いて移動する。 残飯も良く処理してくれる。 水槽で見られるものはほとんどが1~2mm程度である。 ヨコエビの仲間 - 体長約 1. 0mm~4. 砂に潜ったり海藻に巣を作る種もいる。 泳ぎも得意で、直線とターンはプロ級である。 水槽では水面ギリギリを滑るように突き進む様子が観察できる。 ライブロック、砂の表面、ガラス面をせわしなく移動する。 残飯も良く処理してくれる。 ヤドカリのゾエア幼生 - 体長約 2. 水槽で成長することはまず無く、ほとんどが魚の餌になる。 魚は大喜び(汗) (写真はツマジロサンゴヤドカリのゾエア) 多毛類の幼生 - 体長約 2. 0~5. 砂面の残飯処理と砂の撹拌、ガス抜き、栄養源の運搬など、その働きは多岐にわたる。 この網には、ウミケムシ、イソメ、ゴカイの他、ケヤリ、カンザシゴカイなども含まれる。 (写真は幼生) 多毛類の幼生 - 体長約 5. 0~10. 砂面の残飯処理と砂の撹拌、ガス抜き、栄養源の運搬など、その働きは多岐にわたる。 この網には、ウミケムシ、イソメ、ゴカイの他、ケヤリ、カンザシゴカイなども含まれる。 (写真は幼生) 線虫の仲間 - 体長約 4. 0~10. 動きや反応はミミズのような挙動を見せるが、扁形動物のような節の伸縮は見らず、クネクネするだけである。 自由生活型や植物寄生型は多くが微少であるが、寄生型はかなり大きくなるものもある。 扁形動物の仲間 - 体長約 2. 0~5. その際、ミミズのように伸縮自在に頭部を振りながら、進行方向を探っているような仕草も見られる。 扁形動物のうち渦虫網はほとんどが自由生活で、それ以外の網はすべて寄生生活となる。 顎口動物の仲間 - 体長約 0. 2~0. 泳ぎも得意で、ブ~ンと泳いでいたと思ったら急旋回したり、なかなかユニークな生物。 この性質は特に顎口動物ならではとのこと。 また、硫化水素を伴う還元環境を好み、硫黄酸化細菌を餌とする。 ほとんどの種が1mm以下。 2つの黒い点はどうも目のように見えますね。 誤りが有ればお知らせいただけると助かります 参考文献 : 日本動物大百科 無脊椎動物、 デトリタスや砂中に見られる微生物類の動画 10年前に撮影した面白い顎口動物や、ブログで紹介した微小生物の動画をまとめました。 微生物動画を紹介したブログ記事: 、 その他、のページにも、 各ショップから購入したプランクトンの動画を公開しています。 (ニョロニョロ系は省略) ワラワラの分類の参考に。

次の