蝗害 日本。 日本でバッタが大量発生!その理由や原因と対策は?

アフリカを揺るがす蝗害(こうがい)。放置すれば深刻度は500倍の規模になる │ ブラックアジア:鈴木傾城

蝗害 日本

今、東アフリカを恐怖のどん底に突き落としているのは「サバクトビバッタ」という種類のバッタだ。 日本で言うところの「トノサマバッタ」とよく似たバッタだ。 群れをなして飛び、視界一面を覆い尽くすこのサバクトビバッタは、現地では「黒い悪魔」とも呼ばれている。 (鈴木傾城) プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい) 作家、アルファブロガー。 まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。 政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。 「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。 (連絡先:bllackz gmail. com) 目次• 2020年6月までにバッタの数が500倍に増大する 今、私たちは中国発の異常な伝染病である新型コロナウイルスの問題に焦点がいっているのだが、アフリカではそれどころではない。 今、目の前にもっと深刻な脅威が襲いかかっている。 それが「蝗害(こうがい)」である。 いったい、蝗害とは何なのか。 「蝗」というのは「イナゴ(バッタ)」のことなのだが、要するにバッタが想像を絶するほど大量発生して、農作物をすべて食い尽くしてしまう現象である。 被害に遭っているのはアフリカの一国ではない。 エチオピア、ケニア、ソマリア、ウガンダ、南スーダンの農作物が壊滅的ダメージの危機にある。 バッタくらい、大きな網で捕まえて処分すればいいと日本人は何となく思ってしまうのだが、アフリカで大量発生しているバッタはそんなレベルではない。 地を覆い尽くし、空を覆い尽くし、広大な草原を覆い尽くし、山や川を覆い尽くし、もはやホラー映画を凌駕するほどの群れとなって空間をすべて埋め尽くす。 私たちの日本人が想像する「バッタの群れ」を超えるものである。 今、アフリカ東部で発生している蝗害は、ここ数十年で最悪レベルの現象になっている。 国連はこのように述べる。 『何らかの対処をしなければ、2020年6月までにバッタの数が500倍に増大する』 今は2月だから、これから4ヶ月間に蝗害は500倍の規模になってより深刻なことになるというのである。 今、アフリカで起きている蝗害(こうがい) イナゴは温暖化の世界では「勝者」になる生物 今、東アフリカを恐怖のどん底に突き落としているのは「サバクトビバッタ」という種類のバッタだ。 日本で言うところの「トノサマバッタ」とよく似たバッタだ。 このバッタは大型で移動距離も大きく、アフリカではしばしば大量発生してアフリカを悩ませている。 旧約聖書『出エジプト記』にも、アフリカからやってきたイナゴの大群がエジプトを襲う場面が描かれているというのだが、そのイナゴというのもこの「サバクトビバッタ」だった。 そして、新約聖書のヨハネの黙示録では、「アバドン」という名で登場する堕天使がイナゴの大群を率いて「人々に死さえ許されない5ヶ月間の苦しみを与える」と書かれている。 聖書以後も、しばしばアフリカ、エジプト、アラブ諸国にはサバクトビバッタの大量発生が農作物を全滅させている。 群れをなして飛び、視界一面を覆い尽くすこのサバクトビバッタは、現地では「黒い悪魔」とも呼ばれている。 興味深いことに、サバクトビバッタは仲間が増えると身体の色が「黒くなる」ことで知られている。 サバクトビバッタの身体が黒くなっているというのは、不吉の兆候だったのである。 2020年の東アフリカで起きている黒い悪魔は、過去数十年の中でも類を見ないほど巨大なものであると各国政府が発表している。 ソマリア政府はすでに蝗害(こうがい)で国家非常事態を宣言している。 しかし、上空から薬を散布しても間に合わないほどの大量発生が現地で起きており、被害の中心になっているソマリアから周辺国にどんどん広がって収拾がつかない様相になっている。 2020年は人類にとって災厄の時代となっているようだ アフリカでは2014年もマダガスカルで蝗害(こうがい)が起きているのだが、それにしても、なぜここ数年で「最悪」の度合いが深まっているのか。 科学者は「温暖化の影響である」と述べている。 イナゴ科の生物は温暖化の世界では「勝者」になる生物であり、温暖化になればなるほどイナゴの発生は増えていく。 かつて中国の毛沢東時代、スズメが畑を食い荒らすというのでスズメ狩りをして撲滅したら、今度はイナゴが大量発生して、結局は畑が壊滅状態になったという例があった。 自然環境は食物連鎖と自然環境の中で巧妙な均衡の中で成り立っている。 この均衡が崩れると、ある生物が大量繁殖して問題を引き起こすことになる。 イナゴの大群はかつての日本でも報告されている。 どこの国でもイナゴの大量発生は必ず起きる。 しかし、日本や西欧ではあまりイナゴの大量発生は一般的ではないし、国を破壊するレベルまで悪化することもほとんどない。 イナゴ科は繁殖するためには「背の低い草と砂と水」が必要なのだが、アフリカは背の低い草と砂はあるのだが、水がない。 通常、砂漠地帯はほとんど雨が降らないからである。 しかし、近年になって地球温暖化が進むようになってアフリカでは雨が降りやすくなってきている。 すると、足りなかった水が確保できるようになる。 自然環境の微妙な均衡がここで崩れるのである。 水が確保できると草が枯れないでどんどん増えていくのだが、草が増えていくとイナゴ科は繁殖しやすい環境になる。 「イナゴ科の生物は温暖化の世界では勝者」というのはそういう理由からである。 アフリカがバッタの数が500倍に増大する前に、この問題を解決できるのかどうかはまだ分からない。 もし解決できなければ、東アフリカの農作物は壊滅して今年は飢饉が発生するのは確実な状態になる。 アジアでは新型コロナウイルス。 アフリカでは蝗害(こうがい)。 2020年は人類にとって災厄の時代となっているようだ。 作家、アルファブロガー。 政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。 「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。 関連する記事• 2020. 24 今、私たちは中国発のコロナウイルスで大騒ぎしているのだが、今後はコロナウイルスではない別の「新種ウイルス」や「未知のウイルス」が必ず発生して人類をパニ[…]• 2019. 28 シンクタンクの報告書に拠らなくても、自然が破壊され続けると、いずれかの地点で、人間は自然に復讐されると私たちは誰でも常識的に考えて思うはずだ。 世界のど[…]• 2019. 29 これからも巨大災害は次々と引き起こされるが、この気候の変化は地球の活動が自律的に変化しているものなのか、それとも人間の経済活動が引き起こしている人災な[…]• 2019. 15 ティッピングポイントというのは『物事がある一定の閾値を超えると一気に全体に広まっていく際の閾値やその時期、時点のこと』と説明されている。 人間は自然破[…]• 2020. 11 人類は「見えない脅威」に何度も苦しめられてきたし、これからも苦しめられることになる。 「見えない脅威」と言えば、ウイルス・細菌による脅威ばかりが思い浮か[…] コメント (1件)• 恐ろしいこと!ケニアでは東京23区の四倍の面積範囲で農作物を襲っているとかで!食っちゃあ移動食っちゃあ移動で奴らの通ったあとには何も残らない、そうして食い尽くしたならば奴らも滅するのだろうけれど、縦のサイズ的にはセミぐらいあるそうだし硬いし。 わが国にもカメムシやカゲロウの大量発生はたまにありますがそれどころではない規模と凶悪さ。 昔、アルジェリア系フランス人の友人が話したところによると、彼女が子供のとき庭にいたら、真っ青になったお母さんが家に入りなさい!と叫んでいる。 走ったけど間に合わずバッタにまみれたと。 今でも夢にみてうなされることがあると。 あっと思ってから…すごく早いらしいんです、群れが到達するの。 人を襲って食わないのがせめてもの救い?ですが…恐ろしいです。 ブラックアジア・パタヤ編(売春地帯をさまよい歩いた日々)を電子書籍化しました。 野良犬の女たち(ジャパン・ディープナイト):電子書籍化しました。 売春地帯をさまよい歩いた日々。 これがブラックアジアの原点! ブラックアジア:ストリート漂流。 鈴木傾城がストリートをさまよう 最近の投稿• 最新のコメント• ホウトウ on マイクロソフトのビルゲイツが完全に読み切ってますね。 人体実験が容易…• ACE on タイでも犯罪を犯した外国人が取り調べ中に不思議な死に方をして、うやむ…• 令和の仕置き人 on 今権力があるからといって調子こいて力が無い者を痛めつけないことでしょ…• 匿名 on ワクチンって、日本では当たり前のはしか用でも、結構接種事故があり、…• KIN on 訂正です。 「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」です。 申し訳ご…• 匿名 on 他の囚人に殺されたんだろうな。 看守が、手引きして猛獣のような 男ど…• KIN on 私も同感です。 既にある国では収束して(本当かどうかわかりませんが)経…• 匿名 on 弱者を捕食する人物や組織が居るので、まずはとにかく逃げるというのは理… よく読まれている記事•

次の

【蝗害:こうがい】バッタの大群はなぜ発生したのか?日本に来る可能性は?

蝗害 日本

草むらや公園ではバッタを見かけることがあり、特に珍しいことではないですね。 バッタは普段から人間に害を与えるような存在ではなく、人間が近づけば飛んで逃げていくし、日本では佃煮にして食べる地域もある身近な存在です。 そんなバッタが大量発生してあらゆるものを食べつくすことを蝗害といい、規模によっては災害に指定されるほどの大きな被害になります。 日本でも昭和の初めころまで起きてきた蝗害について解説します。 普段のバッタたちは多くても数匹程度、ほとんどは一匹で行動するのですが、大量発生により大群になって行動していると徐々に集団でいることを好むようになり、本来のバッタたちとは全く異なるバッタに変化していきます。 この変化を【相変異】といい、一部の昆虫に見られる性質です。 群生相のバッタは長距離飛行に適した体を持ち、場合によっては風に乗って遠く何十キロも飛行、海を渡って大群が押し寄せることもあります。 普段はエサにしないような植物まで食べるようになり、農作物や木材、動物にもかじりつくようになります。 バッタたちが大量発生する理由は不明、相変異の原因もわかっていません。 共通しているのは大量発生したバッタたちが、大量に産卵するので蝗害は一度発生すると数年は続くということです。 ・トノサマバッタ、サバクトビバッタ、モロッコトビバッタ、オーストラリアトビバッタ なかでも世界でもっとも有害と言われるのがサバクワタリバッタです。 1,000万匹のサバクワタリバッタが食べる農作物の量は、100人分の食糧一年分とも言われています。 蝗害の規模はその年、バッタの種類によって異なるものの、1870年のネブラスカ州を襲った蝗害では、幅160キロ、長さ500メートルにも及んだと言われています。 およそ日本の本州全土の三分の一にもなる規模で、平均高さ800メートル、高いところでは2倍の1,600メートルにもなったと報告されています。 バッタの種類によっては体格が小さい種類ほど密度が高くなる傾向で、1立方メートルあたりの個体数も多くなります。 蜂のように獰猛で攻撃的な行為はないのですが、とにかく大量のバッタが全てを食べつくしてしまいます。 農作物、植物、木材は致命的な被害を受けて、ときには人にもかじりつくことがあります。 ただかじりつくと言っても毒のような有害物質は持っていないので、人体にかじりついても痛いだけで済みますが、広大な土地に植えた農作物や果物、植物、建材などは非常に大きな被害を受けることになります。 何しろ大量なので駆除するにも昔は大変だったようですね。 現代でこそ殺虫剤ですばやく仕留めることができますが、昔は手作業で捕まえたり、駆除したりしていたようです。 蝗害は日本をはじめ、海外でもたくさんの被害を受けていて、古くは紀元前までさかのぼります。 そのため蝗害が天災の1つとして認識されていて、皇帝の不徳によるものとされてきました。 中国の各時代では多くの蝗害対策に取り組んできたので、たくさんの蝗害記録が残っています。 なお朝鮮でも蝗害の記録が残っており「三国史記」によると地震や日食、冷害などと一緒に天変地異として扱われていたようです。 そのほか紀元前700年ごろのアッシリアには、串刺しにしたバッタを祭壇に掲げるレリーフが残されています。 近代では2004年11月にエジプトで大量発生したバッタがイスラエルに上陸したことが、世界中で報道されています。 2003年にはサヘル付近をサバクトビバッタが襲い、FAO(国際連合食糧農業機関)のほか2004年には日本も3. 3億円の無償資金援助を行っています。 2007年にはエチオピアの蝗害で発生したサバクトビバッタがインド洋を超えて、パキスタン、インドまで到達した記録があります。 2013年にはマダガスカルでトノサマバッタが国土の半分以上に被害を与え、想像を絶するほどの大きな被害だったことがわかります。 FAO(国際連合食糧農業機関)では2002年からバッタ対策を開始、2005年には幼虫の駆除に成功しています。 アラビア半島南部では2007年にサバクトビバッタの大量発生の可能性が浮上したため、日本を含む世界中から援助を行い、重機材や農薬、専門家を雇うために対策を取っています。 古代の日本でもトノサマバッタによる蝗害が関東平野で発生 日本の古文献でも蝗害についての報告があり、そのほとんどはイナゴによるものが多いです。 古文献では関東平野ではトノサマバッタによる蝗害が、近代では明治初期に北海道での蝗害の記録が残されています。 北海道の蝗害では本州への被害拡大を防ぐために、トノサマバッタの発生源を調査して繁殖地を断定、駆除に取り組んでいます。 1970年代には沖縄の大東諸島で、1980年代には鹿児島県の馬毛島で、2000年に入るとオープン直前の関西国際空港2期空港島でトノサマバッタが大量発生、群生相とみられる個体も見つかっています。 日本では繁殖地の特定と薬剤散布で駆除することで、大規模な被害を避けてきていますが、エントモフトラ属のカビ感染なども手伝って大量発生が終息したとも言われています。 \ SNSでシェアしよう! / 世界の面白い生物たちの 注目記事を受け取ろう•

次の

蝗害はなぜ起きる?蝗害発生の謎と本当にあった各地の蝗害

蝗害 日本

Contents• イナゴが大量発生する原因は? まず最初に、 この記事で単に『イナゴ』と書いた場合は トノサマバッタやサバクトビバッタなど 相変異を起こす バッタ類全般を指します。 バッタ(飛蝗)は、 バッタ目(直翅目)・バッタ亜目 (Caelifera) に分類される昆虫の総称で イナゴ(蝗)も含まれます。 しかし狭義のイナゴ、 つまり日本などの水田にいるイナゴは、 蝗害を起こすことはほとんどありません。 日本での発生は稀なため、 漢語の『蝗』に誤って 『イナゴ』の訓があてられたため、 イナゴとバッタが混同されるようになりました。 インターネット上で『イナゴの大群』 などと書かれている場合、 その大半は狭義のイナゴではなく、 トノサマバッタなどのバッタ類のようですね。 この記事では日本の水田にいるイナゴは 『狭義のイナゴ』などと書き、区別しています。 イナゴ(バッタ)が大量発生する原因は? イナゴ(バッタ)が 大量発生する原因としては、 『相変異』 という現象によるものとされています。 バッタの幼虫は、 他の個体と接する機会が少ない状態 では、単独の生活を送る、 『孤独相』という通常の成虫になります。 しかし、他の個体と接する機会が多いと 群生相 と言われる、 飛翔能力と集団性が高い成虫に変化します。 群生相の孤独相との違いは、• 孤独相に比べて黒い色になる。 翅が長くなる。 足が短くなる。 頭幅が大きくなる。 飛翔能力が高くなる。 集団性が強くなる。 などです。 孤独相の個体は お互いに離れようとしますが、 群生相の個体は互いに近づこうとするのです。 又、孤独相の時には 食べなかった植物まで 食べるようになります。 この群生相と孤独相は 生まれつきのものですが、 遺伝子の作用によるものではなく、 親が暮らした集団の密度によるものです。 しかも、親による相違も ホルモンなどによるものではなく、 単に他の個体との接触の多寡に よるという、非常に不思議な現象です。 集団生活をしている親からは、 集団の密度が高いほど、 より群生相が強い子が産まれます。 そして、集団密度が低い程孤独相に近い子が生まれ、この特徴は世代を超えて累積的に遺伝していきます。 こうして、 群生相がどんどんと強くなっていき、 その 結果バッタの大量発生となります。 これがバッタの大量発生の原因です。 体色の黒化や羽や足の長さなどの 外見上の変化があることは、 実験によって確認されています。 なのに、 行動上の変化については、 むしろ否定的な研究結果が多いという 非常に不思議な状態にあります。 或いは、[His7]コラゾニン以外に 行動上の変化をもたらす物質が 存在しているのかも知れませんが、 現在の所はその物質は確認されていません。 イナゴの大量発生が起きると被害はどうなる? この蝗害の恐ろしさは、 古くから知られていて、 『神の罰』として 聖書やコーランにまで書かれています。 2003年に西アフリカで大発生した蝗害は モーリタニア、マリ、ニジェール、 スーダンなどに広がりました。 その被害の総額は、 国連食糧農業機関(FAO)の試算では 25億ドル(約2,751億4,858万円)! に上りました。 つまり、日本の状況に換算すれば 13兆円の損害ということになります。 東日本大震災の被害額は、 およそ17兆円 とされています。 それに近い位の被害額なのです。 しかもこれらの国は所得が少ないので ダメージはさらに大きいのです。 日本の場合、年間400万円の所得が 300万円に減ると、かなり苦しいですよね。 しかし、それで食べることができない とまではいきません。 ところが、アフリカの国の場合は 年間50万円の所得から100万円減ると、 マイナスになってしまいます。 もちろん、実際にはマイナスには ならないでしょうが、食べることが できないという状態にはなります。 アフリカ諸国にとって 蝗害がいかに大きな問題であるか、 よくわかりますね。 アフリカに限らず アメリカでも蝗害による被害は拡大しています。 1870年代にネブラスカ州を襲った ロッキートビバッタの群れの大きさは、 幅160キロメートル、 長さ500キロメートルとされています。 これらのバッタが、ある限りの 植物を食い荒らせば、 その 被害は身の毛もよだつ程のものになるのも当然でしょう。 日本でイナゴの大量発生が起きる可能性は 日本でバッタ(イナゴ)の大量発生、 或いは 蝗害という事態が起こる可能性は、 非常に少ないようですね。 その理由の一つは、日本は国土が狭いため 蝗害を引き起こすほどのバッタ類が 数世代に渡って大集団を作る環境がないためです。 但し、日本でもバッタの大群に 襲撃された所があるにはあるのです。 それが宮古島です。 1928年(昭和3年)5月、 フィリピンのルソン島でバッタが大量発生し、 台湾と石垣島、宮古島にも飛来して農作物に大きな被害が出ました。 このバッタはトノサマバッタですが、 台湾での観察記録では、 大きなグループでは、通り過ぎる迄に 2時間もかかるほどの大群もあったとのことです。 フィリピンで発生したバッタの大群は ルソン島より270㎞北にある バタン島まで、4つの島経由で渡ったそうです。 しかし、バタン島からは島伝いではなく 台湾、石垣島、宮古島へ海を越えて 直行したようなのです。 バタン島から台湾へは約300㎞、 石垣島までは499㎞、 宮古島までは591㎞もあるのです。 東京-大阪間に近いような遠距離を しかも翅を休める所もない海上を 一体どうやってこのバッタは渡ってきたのでしょうか? その謎は、今でも解明されていません・・・ ともあれ、日本においての蝗害は、 公害ほどには心配はいらないようですね。 結び バッタ(イナゴ)類の 大量発生による被害(蝗害)は 我々日本人が想像する以上に恐るべきもののようですね。 西アフリカの蝗害では 経済的感覚で比較すると 東日本大震災に近い位の 大損害が発生しています。 その発生の原因も確たることはわかっていないのです。 とはいえ、相変異という 生態状の変化によるものらしいと いう所まではわかってきています。 それに、日本では大規模な蝗害が 起こる可能性は非常に少ないようなのです。 まずは一安心というところですね。

次の