きらら 地下アイドル。 地下アイドル、きららさん の巻

地下アイドルきらら、詩人アイドルは何を語る?自分をさらけ出す価値とは?【ザ・ノンフィクション】(ページ3)

きらら 地下アイドル

世界に知られるサブカルチャーの発信地でもあるこの街は、人々の幻想と現実が入り混じる不思議な街だ。 急増する外国人観光客や中国人の買い物客で賑わう大通りを1本それると、雑居ビルの中には、小さなライブスペースが点在する。 毎夜、そのステージに立ち、歌い踊るのは「地下アイドル」と呼ばれる人々。 しかし、その姿は、我々が思い描く「アイドル」とは異なる。 彼女たちは大衆に求められ、選び抜かれた、輝けるアイドルではない。 そんな彼女たちを秋葉原の街や地下アイドルファンは、決して否定することなく、温かく受け入れてくれる。 それはまるで、現実なのに幻想のような世界…。 現在、「地下アイドル」が活動するライブスペースは、都内各地に点在し、秋葉原だけで少なくとも25カ所ある。 そのステージに立つのに、オーディションなどは存在せず、見た目も、年齢も、国籍も問われることはない。 どんなに歌やダンスが下手でも、ブーイングどころか、客は手拍子と掛け声でライブを盛り上げてくれる。 ライブのギャラがないのは当たり前、それどころか、出演料を払ってステージに立つこともある。 今や、その気になりさえすれば、誰だって、今日から「地下アイドル」になれる。 「アイドルになる」のではなく、「アイドルをやる」のだ。 2年前からは、二人組のユニットとして活動を続けている。 歌は下手、ダンスもヘンテコ、アイドルというには若くない…それでも、地下アイドルの世界は彼女を受け入れてくれた。 2015年10月、たまたま受けた情報番組の街頭インタビュー。 無名なはずの二人の顔写真がネット上にあふれていた…ネットの住人たちは、彼女たちが「アイドル」を名乗ることを許さなかった。 ユニットも解散。 しかし、エリザベスはそれでもステージに立つことを決意した。 地下どころか「地底アイドル」と揶揄されながら、それでも、歌い、踊り続けるエリザベス。 彼女は「地下アイドル」にこだわる理由、それは彼女が歩んできたつらい過去にあった…。 大学卒業後、職を転々とし、抱えた借金は450万円。 ステージでは、歌と自作の詩を披露する「詩人アイドル」のきらら。 なぜか、華やかに着飾るどころか、ボロボロに傷ついたケガ人の姿でステージに立つ。 ライブで「大ケガをしたサンタクロース」を演じた2週間後、解体工事の現場で転落。 救急搬送されたきららは、あの日演じたサンタクロースと全く同じ格好で、ベッドに横たわっていた。 この大ケガで肉体労働の現場で思うように働くことができず、収入は減り、職を失うきらら…どん底だった生活は、さらに深い底をのぞかせるようになる。 それでも「地下アイドル」だけは、辞めたくない。 きららが「地下アイドル」にこだわる理由、それは「ありのままの自分」を生きてくることができなかった、きららの過去にあった…。 歌もダンスもダメ、年齢も若くない、一番大事だと思っていた見た目も正直言って…と感じてしまう人ばかり。 他人の目を気にせず、ステージで歌い、踊る彼女たちを見ると、思うことがあります。 番組をご覧いただいた皆さんにも、一見奇妙な彼女たちの姿を見て、心の中に問いかけていただければと思います」 番組概要.

次の

大浦忠明(きらら)は現在ブリヂストン勤務?性別は男性?ノンフィクションにも出演?

きらら 地下アイドル

大浦忠明 きらら は現在ブリヂストン勤務? 大浦忠明さんは大学を卒業した後、一般企業に勤め、技術者として10年間働いてきました。 その勤務先は ブリヂストンです。 おそらく大半の人が知っている大手企業ではないでしょうか? しかし、現在では借金が550万円もあり、日雇いのアルバイトをしているんだそうです。 何でそんないいところやめたんでしょうかねぇ? そして、借金の理由も気になりますね。 現在は日雇いのアルバイトをしていますが、具体的には解体業みたいです。 それプラス、地下アイドルもやっているんだとか!地下アイドルって年齢が10代~20代前半ぐらいの人がやってるというイメージがありましたが、なんと40歳とは・・・。 性別は男性です。 性転換手術も行っていません。 性同一障害なので、女性の心を持っておられるようで、見た目はよく見ると確かにおじさんって感じがしますが、心は女性ということです。 しかし、やはり名前は読み方を「きらら」に変えたようで、元々は「大浦忠明」でもなく、「大浦明忠(おおうらあきただ)」だったようです。 ただ、「きらら」に変更したとは言っても、戸籍上は変更しておらず、本名が必要な場所では普通に「大浦明忠」みたいです。 その当時は38歳でした。 東京に住んでいながら、家賃がなんと29,000円で風呂無しのアパートなのだそうです。 ザ・ノンフィクションに出演した時も解体業をしていたみたいですね。 おそらくヘルメットをかぶって作業してるんでしょうね。 なんとなく想像してみました。 借金は現在550万円ほどあるようですが、一体なぜそんなに借金を背負うことになったのか? どうやら知人に騙されてしまい、借金を肩代わりしてしまったようです。 安い家賃のアパートに住み、生活費を切り詰めるために、鳥のエサであるクズ米を主食にして生活しているんだとか・・・。 クズ米って何なんですかね?人が食べても大丈夫なものなんでしょうか?猫用の缶詰を人が食べるようなものだと想像しましたが・・・。 そんな食生活がたたったのか、入院をしてしまいます。 しかも、両親からは縁を切られ、心身疲労してしまい、働くことが思うようにできなくなったこともあったみたいです。 大学も出ていながら、こんな壮絶な人生になってしまうとは・・・。 そんな大浦忠明さんは、2017年12月28日「人生逆転バトル カイジ」に出演します。 ぜひ、勝利して、今後の人生を少しでも変えられたらいいですね! ただ、200万円じゃ人生を変えるには安すぎるなと思います。 借金が全部なくなるわけではないですからね。 大浦忠明さんは、今後について、借金返済をしながら、地下アイドルも続けたいとしています。 大浦忠明 きらら さんは、大学卒業後ブリヂストンに勤めていたようだ。 現在は日雇いのアルバイト。 大浦忠明さんは性同一障害で、性別は男性である。 ドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」に出演したこともある。 大浦忠明さんの借金理由は、知人の借金を肩代わりしてしまったから。 いかがでしたか? 壮絶すぎる人生ですよね。 両親からも縁を切られてしまうなんて・・・。 両親は大浦忠明さんがテレビに出たことや、今度カイジに出ること知ってるんでしょうか?今後復縁できる可能性はないんですかね?なんだか心配です・・。

次の

地下アイドル きららのその後。極貧や事故、仕事について【ザ・ノンフィクション】

きらら 地下アイドル

で あの地下アイドルこと エリザベスさん達の近況を記事にしたのだけれど、あの FNSドキュメンタリーを観ていた方はもう一人気になっている存在がいるんじゃないかしら? そう、 きららさんよね。 facebook. php? 1433528386872545. 1073741825. 彼女(彼)もその1人のようね。 鳥のエサである クズ米を主食にする生活、 肉体労働で日銭を稼ぎながら 借金を返済する生活。 そんな中起こってしまった事故…。 エリザベスさんとはまた違った 地下アイドルの闇が露になった瞬間だったわね。 でも、そんな彼女を見て叩きたいと思う人は少ないんじゃないかしら。 あんな姿を見たら叩こうなんて普通の人間であれば思えないわよ。 ヲチ子も自分の心の傷を衣装にまとってステージに立つ彼女に胸を打たれたわ。 facebook. php? ここから彼女とコンタクトを取れるのかと思ったけれど… "昨年の事故後、思うように働けず、金銭的に破滅的なことになっています。 パケ代節約のため、フェイスブックアプリをスマホから削除しました。 今後、フェイスブックは、メッセージを含めてチェックしません。 アカウント残すのは混乱を招くので、消した方がいいかしら。 そこは迷っています。 " なんてことを書かれていたので、恐らくはあまりアクティブではないご様子。 ということで 彼女が気になっている人のために何よりも紹介しておかないといけないのがコチラよ。 これ、彼女の 物販サイトなの! 特設サイトを作って支援を受ければという声も多かったけれど、既にありますから~! やも売られているから、是非支援してあげてほしいわ。 そして彼女の Amazon欲しいものリストも発見。 この2つを通して彼女の 手助けが出来ると思うわ! ニコ生もやっていたみたいなんだけれど、 3年前から放送が途絶えていたの。 是非このタイミングで復活してほしいわね。 そしてコチラが彼女の Twitterアカウント! 帰蕾と書いて きらいと読むみたいだけれど、つぼみに帰るということなのか、はたまた違う意味なのか気になるわね。 ついでに アメブロも発見したわよ! 今はステージには立てていないのかと思っていたけれど、埼玉のスナックでイベント出演をしていたりするから、まだアイドル活動は続けているみたいね…嗚呼よかった! そこに行けば彼女に会える確率も高いのかも?! マメに更新されているみたいだから、きららさんの近況を知るには Twitterと アメブロがあれば充分だと思うわよ! Facebookには既に土木の仕事を紹介したいという方からのコメントが来ていたくらい、やっぱり人間彼女を助けたいと思ってしまうのよね。 彼女に何かしらの きっかけがあることを祈っているわ。

次の