プラントエンジニア 求人。 エンジニア求人 紹介・技術者派遣の紹介なら|不二エンタープライズ

プラント求人.com

プラントエンジニア 求人

転職を考える皆さんにお届けしているトライアローラボコラム企画ですが、 今回は「プラント業界の仕事内容と今後」と題しお送りします。 みなさんはプラント業界のエンジニアと言えば、どんな仕事をイメージするでしょうか。 一言にプラント業界と言っても、製造物によってさまざまな種類があり、作るものによって設備なども違います。 また世間では「製造業界は頭打ちになっている」とも言われていますが、本当にそうなのでしょうか? 今回はプラント業界の仕事内容と今後についてご紹介したいと思います。 プラント業界とはどういったものか? 私たちが普段身の回りで使っているモノは、そのほとんどが製造工場(プラント)で作られたものです。 例えばお菓子や消しゴム1個とっても、プラントで作られています。 つまり、何か物を作るにはプラントが必要不可欠と言えますね。 プラント業界とは、このような製造工場に関わる業界のことで、プラントエンジニアとは「プラントを作り、維持・メンテナンスする仕事」に携わる技術者のことを言います。 マイホームに例えると、家の間取り設計から施工、メンテまでを行うハウスメーカーのような役割です。 もちろん、プラントの設計からメンテまでを一括して行うプラントメーカーもあれば、建設のみ、保守のみ等、ある工程に特化した施工会社と、さまざまな企業があります。 プラント業界の仕事内容 プラント内には、設計から製造、品質検査、稼動確認、稼働後のメンテナンスなど、実にさまざまな工程や業務があり、その種類も多岐に渡ります。 もちろんこれらの工程を1人でこなすことは不可能で、それぞれの工程で専門知識とスキルを持ったエンジニアが必要とされています。 また、例えばプラントを設計するにあたっても、製鉄所とお菓子工場では、生産の仕組みや製造方法などが全く違いますし、施工管理という業務ひとつとっても、建築土木や電機設備等の業界とは違うスケールの大きさが魅力でもあります。 プラントを作る仕事が大前提ではありますが、プラント業界の業種は実に多種多様ですので、実際の企業の求人情報などをよく確認してから転職・就職することをおすすめします。 プラント業界の現状 プラントの建設は、国内では産業が成熟しており、建設数にも限りがあるので、プラントメーカーでは海外の受注も重要視しています。 海外ではアジアや中東といった新興国が主な取引先となっていますが、世界情勢との関係がかなり深く、2015年9月の現在では海外のプラント建設のプロジェクトが獲得しづらい状況となっています (中東は紛争の影響により建設しづらい状態となっていますが、ベトナムやインドネシアなどでは受注は比較的好調と言われています)。 日本国内においては、維持や改修など、既存のプラントのメンテナンス業務がメインとなっていますが、景気回復に伴い、プラント設備の増強に乗り出す企業もあるようです。 求人動向や今後のプラント業界について 現在、人材に関しては、プラントエンジニアの不足が課題視されています。 これはバブル崩壊後、お金をかけた大規模なプロジェクトを行う企業が少なかったため、あまり経験値のない層がマネージャークラスの立場になったことから、 それ以降の人材が育っていないという実情が一因としてあるようです。 このような背景から、特に40歳~50歳代の経験豊富な人材が求められています。 前出ではメンテナンス業務がメインとありましたが、プラント設備増強でますます求人動向が活発になる可能性もあります。 人口の減少に伴い生産量の減少が見込まれ、将来の国内での産業需要は頭打ちとも言われていますが、今後は現在の工場を維持するよりも、省エネ・生産性の高い工場が求められるようになります。 また、世の中には新技術・新エネルギー、等が生まれるごとに(例えば過去を見ると「LED」や「液晶」等)プラント建設のニーズが出てくるので、その節目で業界ではエンジニア需要が高まります。 こういった背景もあり、一概に「海外での受注が不調」「生産量の減少」といった要素で将来をネガティブに見る必要もなく、今後も活躍できる業種と言えるでしょう。 スキルアップを目指し、他企業へ正社員として転職するエンジニアもいれば、プラントエンジニアリング業界で経験を積み重ねた後、さまざまなプロジェクトに参加できるメリットのある派遣として働くスタイルを取るエンジニアもおり、働き方も多様化しています。 上記の内容を参考にしていただき、プラント業界のお仕事や転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。 お仕事をお探しの方へ トライアローでは、スキルや条件のみならず、キャリアプランを共に考え、皆様のご希望や適正に合ったお仕事のご紹介を行っております。 プラントエンジニアとして大きなプロジェクトに参加したい方はもちろん、他業種からのスキルチェンジをしたい方なども歓迎です。

次の

エンジニア求人 紹介・技術者派遣の紹介なら|不二エンタープライズ

プラントエンジニア 求人

転職を考える皆さんにお届けしているトライアローラボコラム企画ですが、 今回は「プラント業界の仕事内容と今後」と題しお送りします。 みなさんはプラント業界のエンジニアと言えば、どんな仕事をイメージするでしょうか。 一言にプラント業界と言っても、製造物によってさまざまな種類があり、作るものによって設備なども違います。 また世間では「製造業界は頭打ちになっている」とも言われていますが、本当にそうなのでしょうか? 今回はプラント業界の仕事内容と今後についてご紹介したいと思います。 プラント業界とはどういったものか? 私たちが普段身の回りで使っているモノは、そのほとんどが製造工場(プラント)で作られたものです。 例えばお菓子や消しゴム1個とっても、プラントで作られています。 つまり、何か物を作るにはプラントが必要不可欠と言えますね。 プラント業界とは、このような製造工場に関わる業界のことで、プラントエンジニアとは「プラントを作り、維持・メンテナンスする仕事」に携わる技術者のことを言います。 マイホームに例えると、家の間取り設計から施工、メンテまでを行うハウスメーカーのような役割です。 もちろん、プラントの設計からメンテまでを一括して行うプラントメーカーもあれば、建設のみ、保守のみ等、ある工程に特化した施工会社と、さまざまな企業があります。 プラント業界の仕事内容 プラント内には、設計から製造、品質検査、稼動確認、稼働後のメンテナンスなど、実にさまざまな工程や業務があり、その種類も多岐に渡ります。 もちろんこれらの工程を1人でこなすことは不可能で、それぞれの工程で専門知識とスキルを持ったエンジニアが必要とされています。 また、例えばプラントを設計するにあたっても、製鉄所とお菓子工場では、生産の仕組みや製造方法などが全く違いますし、施工管理という業務ひとつとっても、建築土木や電機設備等の業界とは違うスケールの大きさが魅力でもあります。 プラントを作る仕事が大前提ではありますが、プラント業界の業種は実に多種多様ですので、実際の企業の求人情報などをよく確認してから転職・就職することをおすすめします。 プラント業界の現状 プラントの建設は、国内では産業が成熟しており、建設数にも限りがあるので、プラントメーカーでは海外の受注も重要視しています。 海外ではアジアや中東といった新興国が主な取引先となっていますが、世界情勢との関係がかなり深く、2015年9月の現在では海外のプラント建設のプロジェクトが獲得しづらい状況となっています (中東は紛争の影響により建設しづらい状態となっていますが、ベトナムやインドネシアなどでは受注は比較的好調と言われています)。 日本国内においては、維持や改修など、既存のプラントのメンテナンス業務がメインとなっていますが、景気回復に伴い、プラント設備の増強に乗り出す企業もあるようです。 求人動向や今後のプラント業界について 現在、人材に関しては、プラントエンジニアの不足が課題視されています。 これはバブル崩壊後、お金をかけた大規模なプロジェクトを行う企業が少なかったため、あまり経験値のない層がマネージャークラスの立場になったことから、 それ以降の人材が育っていないという実情が一因としてあるようです。 このような背景から、特に40歳~50歳代の経験豊富な人材が求められています。 前出ではメンテナンス業務がメインとありましたが、プラント設備増強でますます求人動向が活発になる可能性もあります。 人口の減少に伴い生産量の減少が見込まれ、将来の国内での産業需要は頭打ちとも言われていますが、今後は現在の工場を維持するよりも、省エネ・生産性の高い工場が求められるようになります。 また、世の中には新技術・新エネルギー、等が生まれるごとに(例えば過去を見ると「LED」や「液晶」等)プラント建設のニーズが出てくるので、その節目で業界ではエンジニア需要が高まります。 こういった背景もあり、一概に「海外での受注が不調」「生産量の減少」といった要素で将来をネガティブに見る必要もなく、今後も活躍できる業種と言えるでしょう。 スキルアップを目指し、他企業へ正社員として転職するエンジニアもいれば、プラントエンジニアリング業界で経験を積み重ねた後、さまざまなプロジェクトに参加できるメリットのある派遣として働くスタイルを取るエンジニアもおり、働き方も多様化しています。 上記の内容を参考にしていただき、プラント業界のお仕事や転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。 お仕事をお探しの方へ トライアローでは、スキルや条件のみならず、キャリアプランを共に考え、皆様のご希望や適正に合ったお仕事のご紹介を行っております。 プラントエンジニアとして大きなプロジェクトに参加したい方はもちろん、他業種からのスキルチェンジをしたい方なども歓迎です。

次の

プラントエンジニアの仕事内容と業界の今後。求人動向は?

プラントエンジニア 求人

現在、予算規模50〜200億円程度大型建設プロジェクトや、30〜50億円の製造ライン構築プロジェクトが進んでおり、ご経歴やご希望に応じたプロジェクト1つの領域の責任者として業務にあたっていただきます。 また、研究設備の購入及び実験室の改装工事の仕様設計・施工業務も弊部で担当しており、その業務を担当して頂くこともございます。 製造プロセスを構築する研究所と協働し、製造ラインを構築し、将来を見据えた自動化プロセスの構築を推進していきます。 研究開発へのあくなき挑戦を通じて、未だ治療満足度が低い疾患領域において、革新的で有用性の高い新薬を継続的に生み出し世界中に届けることで、病気と闘う患者一人ひとりの力になることを目指しています。 「アステラスビジネススクール」には、入社から一定期間で徹底的な成長を支援する教養課程プログラムと、プロフェッショナル人材を育成するための専門課程プログラムがあります。 <ダイバーシティの推進>国・地域・組織の枠を超えた多様な個性を受け入れ、互いに尊重し認め合うことで組織力を高めています。 さらに子育て支援として、時短・在宅勤務制度の導入、産休・育休中社員の自己啓発の他、男性の子育て休暇取得を推奨しています。 月給は固定手当を含めた表記です。 (2018年) 補足事項 この求人は採用企業からdodaがお預かりしている求人情報です。 (1)ご応募には転職支援サービスへのご登録が必要です。 (2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。 (3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。 (4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当するdodaの案件担当から行います。 あらかじめご了承ください。 アステラスの存在意義は、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献すること」であり、アステラスの使命は「企業価値の持続的向上」にあります。 そして、アステラスの行動規範である信条は「高い倫理観」、「顧客志向」、「創造性発揮」、「競争の視点」の4つです。 アステラスは、これらの信条に共鳴し実践する人材の集団であり続けたいと考えています。

次の