ピアノ 処分 com 評判。 ピアノの処分方法5選|費用はいくら?料金無料の廃棄方法も

ピアノの処分方法5選|費用はいくら?料金無料の廃棄方法も

ピアノ 処分 com 評判

40年程前に購入したグランドピアノの買取を依頼しました。 目立つ傷はなく音も出るものの、調律は5,6年程前に行ったきりですので、売却できるか不安だったのですが、コマーシャルで知っていたこの業者に電話してみました。 ピアノのブランド・機種名・ペダルの本数等を伝え、傷はなく音も出ることを伝えると、その場で買い取り可能であることと査定額も伝えてくれました。 但し、運搬日に状態を確認して、カビや虫食いがあるような場合は買取できないものの、有料で引き取ることは可能とのことでした。 運搬日に業者が状態をチェックしたところ、問題なしとのことで、無事売却代金を受領しました。 養生を使って丁寧に運び出してくれましたので、家の壁や床に傷が付くこともありませんでした。 こんな古いピアノに値が付くとは思ってもみませんでしたので、この業者に依頼して良かったです。 事前に電話で型式、現状の状態を伝え、15万円で他社より高く買い取りますとの約束で、買取の約束した令和2年2月18日に買取に来ましたが、自動演奏確認し、電源装置を外しビアノを窓際に移動後、本部に電話後、消音機能の確認を忘れてたのか、その後確認しサイレント機能が壊れてるから8万円ですと始まり、電源装置を入れて確認して欲しいと話しても、何年もやっていて電源装置をは関係ないと言い始め、再度電源装置を入れてないと動作がしないと告げたが、それは関係ないと言って、持っていきました。 その後再度サイレント機能のやり方を確認したところ、電源装置をを介してサイレント機能が正常に動作する事をメーカーに確認。 タケモトへ電話したが、はやりサイレント機能は電源装置は関係ないと伝えてきてたので確認依頼すると、再度電話が来て、こちらの手違いでやはりサイレントは電源装置を入れる必要がありますと話してきたが、今度は自動演奏したときに確認してるから、サイレントは壊れていると話を変えてきて絶対に受け入れようとしません。 持ち帰ったピアノで確認してもサイレントは機能してないですと言い張ってくるので、どのようにを設定して動作確認してるか書くにすると、やり方が間違っていてこれで問題ないと引き下がらす、結局騙された形です。 問題は、全てを確認後、買取承諾の上、買い取り金を支払い契約が成立後、ピアノを動かし搬出するのが当たり前ですが、二人で来て自動演奏確認後電源装置を勝手に持ち運び、ピアノも窓際迄に動かした状態で、難癖を付けてきて、値引かれました。 妻が一人で対応した為、怖くてそれ以上言えなかったようです。 タケモトは合見積では高い金額提示し、引き取り時に難癖をつけ安く叩いてくる会社です。 皆さんも気をつけましょう。 消費者センターに助けてもらう予定です。

次の

アトラス(Atlas)ピアノってちゃんと売れるの?

ピアノ 処分 com 評判

ピアノ買取の悪徳業者にだまされかけた話 ピアノ買取をする場合、ほとんどの方が業者に依頼すると思います。 安心できる業者は当サイトで紹介している業者に、買取価格を一括で申し込みして、調べることができる無料査定がおすすめなのですが、実際にこのようなサービスを知らない方は 電話帳で調べたり近所の処分業者に依頼したりするのでかなりの確率で悪徳業者にひっかかることが多いです。 悪徳業者の特徴として、かなり軽い対応をすることが多いです。 例えば、適当な感じで「あ〜、高く買い取りますよ!」と信頼できない営業マンであったり、買い取りますよと言いながら、実際には引き取り料金、運送代などをむしり取る業者も。 挙句の果てには、訪問査定に来たと思ったら、ちょっとしたキズを見つけて「お客さん、これ買取できないわ。 だってキズあるでしょ・・・。 」という業者。 買取りできないけど、引き取り料金を払ってもらえれば今すぐ持って行きますよ。 と意味が分からないことを言い出す会社もあります。 注意しょうね! 関連記事: おすすめピアノ買取で評判の良い業者を選ぶコツ 当サイトの無料一括ピアノ買取りの場合、買取りすることが目的なのでこういう悪徳業者というのは一切排除しています。 ・・・というのも、業者登録するときに審査があるので過去に問題があった業者やお客様からのクレームが多い業者は登録できないので、悪徳な業者はいないわけです。 買取サイトを使うことで 安心してピアノ買取の無料査定をすることができます。 ピアノ買取の悪徳な業者に依頼して後で後悔したくない方は一度、無料で調べることができる一括査定サービスを活用してみてください。 友達や家族などの身内に聞かれたら必ずこのサービスを使うことを推薦します。

次の

電子ピアノの処分、廃棄、引き取りなら富士楽器

ピアノ 処分 com 評判

逆に引き取り処分料を取られる 避けたいピアノ買取業者 逆に引き取り処分料を取られる 避けたいピアノ買取業者「逆に引き取り処分料を取られる」について。 ピアノ買取100は、ピアノ買取の基礎知識をはじめ、買取時のポイント、Q&A、ピアノ買取業者選びのポイント、買取業者一覧などピアノ買取に関連する情報サイトです。 こういったピアノは処分に困ってしまいます。 家に置いておいても邪魔になるだけです。 ならば買取査定がゼロでもいいから持って行ってもらいたいと思うものです。 ところが、買取業者によっては買い取っても売れないようなピアノは引き取ってもらえないというのがほとんどです。 買取業者からすれば、買い取って修理をして再販してお金を儲けるという商売ですので、売れないピアノは修理する費用や維持費などがかかってしまいますから買取をしないのです。 そういう場合には廃棄処分料などを支払って処分するしかありません。 ですが、買い取り業者の中には、他では買取できないと言われたピアノでも引き取ってくれる業者があります。 その理由としては、販売ルートがしっかりしていて低コストで確実に売れるルートがあるからです。 また自社工場があれば修理にもそれほどお金がかかりませんから、修復可能であれば古くても引き取るという場合もあります。 ですが、中には悪徳業者もいます。 他では買取できないピアノでも引き取ります。 もしくは買い取りますと言っておいて、結果的には法外な引き取り処分料を請求されたり、買取価格と引き取り処分料で結果的にお金を支払う事になるのです。 もちろん、通常かかる引き取り料よりも高く請求され、その処分料で儲けようと思っている業者なのです。 見極めとしては、本当に無料で引き取るのか、他の手数料はかからないのかなどを最初によく確認しておかなければいけないです。 ピアノ買取についての基礎知識 ピアノ買取の際のポイント ピアノ買取に関するQ&A 避けたいピアノ買取業者 買取価格ダウン・買取不可になるケース ピアノ買取業者選びのポイント ピアノ買取業者の一覧 ピアノ買取業者 北海道 青森県 福島県 東京都 埼玉県 神奈川県 千葉県 茨城県 群馬県 長野県 愛知県 静岡県 大阪府 兵庫県 京都府 広島県 福岡県 長崎県 宮崎県 ピアノ買取100について ・ピアノ買取100は、ピアノ買取の提供を目的としています。 ピアノ買取のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。 ・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。 ピアノ買取100 ピアノ買取100は、ピアノ買取の基礎知識をはじめ、買取時のポイント、Q&A、ピアノ買取業者選びのポイント、買取業者一覧などピアノ買取に関連する情報サイトです。 Copyright C 2012-2016 All rights reserved.

次の