の どの つかえ。 逆流性食道炎で喉のつかえが?!風邪と間違えやすい症状とは?

胸やけ・胸のつかえはなぜ起こる?原因から考える対処法とは?

の どの つかえ

ストレスによる自律神経の乱れ 食道は口から入った物をぜん動運動によって胃に送り込みますが、心身のストレスがあると自律神経のバランスが崩れ、のどや食道の動きが悪くなって、のどのつかえ感を引き起こすことがあります。 胃酸の逆流 食べ物を一度にたくさん食べたり、脂肪分の多い食事をしたり、アルコール飲料を飲んだりすると、胃酸の逆流を防ぐ食道下部の筋肉がゆるみやすくなります。 胃酸は強い酸性を保っているため、逆流すると食道だけではなく、のどの粘膜に炎症が起き、自覚症状としてのどのつかえを感じるようになります。 ウイルスや細菌への感染 風邪やインフルエンザのウイルス、細菌に感染すると、のどの奥が炎症を起こして腫れ、異物感を感じることがあります。 また、食道の粘膜がウイルスやカビなどに感染すると、のどのつかえ感や胸やけなどがあらわれます。 疲れが溜まっていたり体力が低下しているときなどに感染しやすくなります。 アレルギーによる気管の炎症 のどのつかえはアレルギーによる気管の炎症によってもあらわれることがあります。 気管の炎症の原因の多くは、ハウスダストですが、なかでもダニに対するアレルギーがとくに多く、その他スギ花粉や卵、牛乳、そばなどの食べ物がアレルギーの原因となる場合もあります。 異物の誤飲 食道の入口部分など狭くなっているところに飲み込んだ物が引っかかり、のどがつかえてしまうことがあります。 乳幼児は玩具やボタン、ピーナッツなどを詰まらせてしまうことが多く、お年寄りでは義歯や魚の骨、大きめの錠剤やカプセル剤などを詰まらせることも少なくありません。 また、飲み込む力が低下するため、お餅がのどに詰まり、呼吸困難に至ることもあります。 のどのつかえ感をともなう疾患 神経性胃炎 仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となり、自律神経がバランスを崩して起こる胃炎です。 ストレスによって、自律神経がバランスを崩すと胃酸が過剰に分泌され、気分がふさぐ、のどがつかえる、胸やけがする、胃が痛むなどの症状を引き起こします。 この疾患・症状に関連する情報はこちら。 胃食道逆流症(GERD)、逆流性食道炎 胃食道逆流症は、増加傾向にある疾患で、暴飲暴食の習慣や加齢、肥満などが原因で胃酸や胃の内容物が逆流し、のどのつかえ感や胸やけを起こす疾患です。 胸やけは、とくに食後に起こりやすくなります。 肥満傾向にある人や、腰が曲がり背中が丸くなったお年寄りに多く見られます。 胃食道逆流症は食道の炎症がみられない疾患のことをいいますが、食道の炎症をともなう場合は逆流性食道炎といい、胃切除手術を行った人によくみられます。 咽頭炎 ウイルスや細菌などによってのどの粘膜に炎症を起こす急性咽頭炎は、のどの粘膜が赤く腫れ、のどのつかえ感の他に、のどの痛みや頭痛や発熱をともなう場合もあります。 急性咽頭炎を繰り返すと、慢性咽頭炎に進行することがあります。 強い痛みや発熱はなくなりますが、のどに異物感が続き、物を飲み込むときに痛みを感じることもあります。 扁桃炎 細菌感染により引き起こされる炎症で、のどの奥の扁桃が真っ赤に腫れあがり、悪化すると膿を持ちます。 さらに感染が広がると、首のリンパ腺に腫れや痛みが出ることもあります。 気管支喘息 アレルギーによる気管支の炎症や、アレルギーによって気道が過敏になって狭くなる症状があらわれると、息が苦しくなる発作を繰り返します。 喘息の発作時には、のどのつまる感じがあらわれ、次いでせき、たん、ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音(喘鳴・ぜいめい)、呼吸困難が続きます。 息を吸うときより吐き出すときの方が苦しくなるのが特徴です。 この疾患・症状に関連する情報はこちら。 うつ病 特別な疾患がないのに、だるさや疲れがとれず、気力が低下したり、落ち込んだりして興味や楽しい気持ちを失い、それを自分の力で回復するのが難しい状態に陥るのがうつ病です。 食欲の減退、睡眠障害、集中力の低下をはじめ、体の動きが鈍ったり、逆にイライラして焦る気持ちが強くなったり、疲れが激しくなるなど、心と体の双方に症状があらわれます。 日常生活でできる予防法 ストレスを発散し、健康的な生活を送る のどのつかえ感の原因となるストレスを溜め込まないことが大切です。 ゆっくり休息する時間をとり、十分な睡眠をとる。 そして自分に合った趣味を見つけるなどの工夫をして、ストレスと上手に付き合っていきましょう。 また、ウイルスや細菌に負けない抵抗力をつけるためにも、日頃からバランスの良い食事と適度な運動を心がけていきましょう。 胃酸の逆流を防ぐ 胃酸の逆流を防ぐためには、早食いや食べすぎをはじめ、ガードルなどの衣類の着用や、長時間にわたる前かがみの姿勢で腹部を強く圧迫することを避けましょう。 また、夜は脂肪の多い食事や過食を避け、アルコールや炭酸飲料は控えめにし、朝食をしっかりと食べることが大切です。 アレルギーの原因を避ける 喘息の発作を予防するには、掃除をこまめに行い、室内の花粉やハウスダストを減らすことが大切です。 ダニの繁殖を防ぐには、寝具をまめに干し、カーペットは敷くのをやめるか、時々丸洗いしましょう。 また、自分に食物アレルギーがないか、日頃から注意しておくことも必要です。 対処法 安静にしてうがいをする のどの粘膜が腫れているときは、安静にしてよくうがいをしましょう。 また、汚れた空気の環境を避け、タバコやお酒も控えます。 市販の薬を使う 風邪によるのどのつかえ感には、のどの痛みを中心に抑える風邪薬やせき、たんを取り除く薬、トローチ剤、細菌を殺菌するのどスプレーなどを使ってみましょう。 また、ストレスからくるのどのつかえ感などの胃腸の不具合には、神経性胃炎に効果的な漢方処方の胃腸薬を服用してみましょう。 病院で診察を受ける 食道に異物が詰まったときは、医療機関で緊急処置を受け、異物を取り除く必要があります。 扁桃炎の場合は1週間程度で治まるのが一般的です。 しかし、のどのつかえ感が長引くときは重い疾患が隠れている場合がありますので、主治医か耳鼻咽喉科、または消化器の専門医を受診しましょう。 検査をしても異常が見つからない場合は、早めに心療内科などの心の専門医を受診しましょう。 のどのつかえはストレス時代のつらい症状.

次の

胸やけ・胸のつかえはなぜ起こる?原因から考える対処法とは?

の どの つかえ

ストレスによる自律神経の乱れ 食道は口から入った物をぜん動運動によって胃に送り込みますが、心身のストレスがあると自律神経のバランスが崩れ、のどや食道の動きが悪くなって、のどのつかえ感を引き起こすことがあります。 胃酸の逆流 食べ物を一度にたくさん食べたり、脂肪分の多い食事をしたり、アルコール飲料を飲んだりすると、胃酸の逆流を防ぐ食道下部の筋肉がゆるみやすくなります。 胃酸は強い酸性を保っているため、逆流すると食道だけではなく、のどの粘膜に炎症が起き、自覚症状としてのどのつかえを感じるようになります。 ウイルスや細菌への感染 風邪やインフルエンザのウイルス、細菌に感染すると、のどの奥が炎症を起こして腫れ、異物感を感じることがあります。 また、食道の粘膜がウイルスやカビなどに感染すると、のどのつかえ感や胸やけなどがあらわれます。 疲れが溜まっていたり体力が低下しているときなどに感染しやすくなります。 アレルギーによる気管の炎症 のどのつかえはアレルギーによる気管の炎症によってもあらわれることがあります。 気管の炎症の原因の多くは、ハウスダストですが、なかでもダニに対するアレルギーがとくに多く、その他スギ花粉や卵、牛乳、そばなどの食べ物がアレルギーの原因となる場合もあります。 異物の誤飲 食道の入口部分など狭くなっているところに飲み込んだ物が引っかかり、のどがつかえてしまうことがあります。 乳幼児は玩具やボタン、ピーナッツなどを詰まらせてしまうことが多く、お年寄りでは義歯や魚の骨、大きめの錠剤やカプセル剤などを詰まらせることも少なくありません。 また、飲み込む力が低下するため、お餅がのどに詰まり、呼吸困難に至ることもあります。 のどのつかえ感をともなう疾患 神経性胃炎 仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となり、自律神経がバランスを崩して起こる胃炎です。 ストレスによって、自律神経がバランスを崩すと胃酸が過剰に分泌され、気分がふさぐ、のどがつかえる、胸やけがする、胃が痛むなどの症状を引き起こします。 この疾患・症状に関連する情報はこちら。 胃食道逆流症(GERD)、逆流性食道炎 胃食道逆流症は、増加傾向にある疾患で、暴飲暴食の習慣や加齢、肥満などが原因で胃酸や胃の内容物が逆流し、のどのつかえ感や胸やけを起こす疾患です。 胸やけは、とくに食後に起こりやすくなります。 肥満傾向にある人や、腰が曲がり背中が丸くなったお年寄りに多く見られます。 胃食道逆流症は食道の炎症がみられない疾患のことをいいますが、食道の炎症をともなう場合は逆流性食道炎といい、胃切除手術を行った人によくみられます。 咽頭炎 ウイルスや細菌などによってのどの粘膜に炎症を起こす急性咽頭炎は、のどの粘膜が赤く腫れ、のどのつかえ感の他に、のどの痛みや頭痛や発熱をともなう場合もあります。 急性咽頭炎を繰り返すと、慢性咽頭炎に進行することがあります。 強い痛みや発熱はなくなりますが、のどに異物感が続き、物を飲み込むときに痛みを感じることもあります。 扁桃炎 細菌感染により引き起こされる炎症で、のどの奥の扁桃が真っ赤に腫れあがり、悪化すると膿を持ちます。 さらに感染が広がると、首のリンパ腺に腫れや痛みが出ることもあります。 気管支喘息 アレルギーによる気管支の炎症や、アレルギーによって気道が過敏になって狭くなる症状があらわれると、息が苦しくなる発作を繰り返します。 喘息の発作時には、のどのつまる感じがあらわれ、次いでせき、たん、ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音(喘鳴・ぜいめい)、呼吸困難が続きます。 息を吸うときより吐き出すときの方が苦しくなるのが特徴です。 この疾患・症状に関連する情報はこちら。 うつ病 特別な疾患がないのに、だるさや疲れがとれず、気力が低下したり、落ち込んだりして興味や楽しい気持ちを失い、それを自分の力で回復するのが難しい状態に陥るのがうつ病です。 食欲の減退、睡眠障害、集中力の低下をはじめ、体の動きが鈍ったり、逆にイライラして焦る気持ちが強くなったり、疲れが激しくなるなど、心と体の双方に症状があらわれます。 日常生活でできる予防法 ストレスを発散し、健康的な生活を送る のどのつかえ感の原因となるストレスを溜め込まないことが大切です。 ゆっくり休息する時間をとり、十分な睡眠をとる。 そして自分に合った趣味を見つけるなどの工夫をして、ストレスと上手に付き合っていきましょう。 また、ウイルスや細菌に負けない抵抗力をつけるためにも、日頃からバランスの良い食事と適度な運動を心がけていきましょう。 胃酸の逆流を防ぐ 胃酸の逆流を防ぐためには、早食いや食べすぎをはじめ、ガードルなどの衣類の着用や、長時間にわたる前かがみの姿勢で腹部を強く圧迫することを避けましょう。 また、夜は脂肪の多い食事や過食を避け、アルコールや炭酸飲料は控えめにし、朝食をしっかりと食べることが大切です。 アレルギーの原因を避ける 喘息の発作を予防するには、掃除をこまめに行い、室内の花粉やハウスダストを減らすことが大切です。 ダニの繁殖を防ぐには、寝具をまめに干し、カーペットは敷くのをやめるか、時々丸洗いしましょう。 また、自分に食物アレルギーがないか、日頃から注意しておくことも必要です。 対処法 安静にしてうがいをする のどの粘膜が腫れているときは、安静にしてよくうがいをしましょう。 また、汚れた空気の環境を避け、タバコやお酒も控えます。 市販の薬を使う 風邪によるのどのつかえ感には、のどの痛みを中心に抑える風邪薬やせき、たんを取り除く薬、トローチ剤、細菌を殺菌するのどスプレーなどを使ってみましょう。 また、ストレスからくるのどのつかえ感などの胃腸の不具合には、神経性胃炎に効果的な漢方処方の胃腸薬を服用してみましょう。 病院で診察を受ける 食道に異物が詰まったときは、医療機関で緊急処置を受け、異物を取り除く必要があります。 扁桃炎の場合は1週間程度で治まるのが一般的です。 しかし、のどのつかえ感が長引くときは重い疾患が隠れている場合がありますので、主治医か耳鼻咽喉科、または消化器の専門医を受診しましょう。 検査をしても異常が見つからない場合は、早めに心療内科などの心の専門医を受診しましょう。 のどのつかえはストレス時代のつらい症状.

次の

のどのつかえ・つまり・違和感外来

の どの つかえ

もっと見る 近年、ストレスや生活習慣の変化によって、胃腸の病気が増えています。 逆流性食道炎もそのうちのひとつで、胃酸が関係しています。 胸やけがつらい、食道あたりがつかえる、口の中が酸っぱく感じるなどの経験はありませんか?それらは逆流性食道炎の症状のひとつです。 この記事では、逆流性食道炎の原因や検査、治療についてお伝えするとともに、逆流性食道炎を簡単にチェックできる項目を掲載しています。 逆流性食道炎の症状チェック まずは、逆流性食道炎の症状や、胃の内視鏡検査をうける目安について、解説します。 1.逆流性食道炎をチェック 自分の日常生活で起こる症状を振り返ってみましょう。 次の4つの項目からあてはまるものにチェックを入れてください。 2.胃の内視鏡検査をうける目安について 続いて、胃の内視鏡検査をうける目安について、チェックしてみましょう。 また、逆流性食道炎かも…との不安がある方は、次の9つの項目においてあてはまるものにチェックを入れてください。 1にも2にもチェックが入った場合は、すみやかに病院を受診し、検査を受けて下さい。 逆流性食道炎について 1.逆流性食道炎ってどんな病気? 逆流性食道炎は、胃や小腸などの消化液が食道に逆流して、それらの液が食道の粘膜に炎症を起こす病気です。 2.逆流性食道炎の3大症状は? 逆流性食道炎になると、おもに次の 3つの症状があらわれます。 ・胸やけ ・呑酸(どんさん) 何かの拍子に酸っぱい胃液が口やのどにまで逆流してくること ・のどのつかえ感 逆流性食道炎の原因 1.下部食道括約筋のゆるみ 逆流性食道炎の主な原因は、 逆流防止機能の低下です。 加齢による食道と胃の境目にある、下部食道括約筋のゆるみが原因でかかります。 一時的に、下部食道括約筋がゆるむことも たくさん食べたあとや、炭酸飲料を飲んだあとにげっぷが出ることがありますが、一時的に下部食道括約筋が緩むことで起こります。 これを「一過性下部食道括約筋」といいます。 胃に過剰に入ってしまった空気を口から出しているためで、問題はありません。 2.食道裂孔(しょくどうれっこう)ヘルニアがある また食道裂孔ヘルニアが原因で、逆流性食道炎が起こることもあります。 横隔膜には、食道が通る穴(食道裂孔)があり、食道括約筋が収縮することで胃から食道へ逆流することを防いでいます。 しかし、食道括約筋が収縮する場所と、横隔膜にあいた穴である食道裂孔の場所が何らかの理由でずれてしまうと、胃の上部が横隔膜の上に脱出した状態になります。 食道裂孔ヘルニアになると、収縮する場所が分散されるため、逆流を十分に防ぐことはできません。 高齢者に起こりやすい 食道裂孔ヘルニアは高齢者に起こりやすく、特に腰の曲がっている高齢の女性に多いといわれています。 加齢によって横隔膜の穴が拡がりやすくなってしまうことが原因と言われています。 その他、食道裂孔ヘルニアのリスク その他に、食道裂孔ヘルニアを引き起こすリスクとなるのは、次のような場合です。 胃の手術後• 食道運動の低下• 姿勢が悪くなることによる、腹圧(お腹にかかる力)の上昇• 喫煙 3.ストレス ストレスがたまっていると、食道粘膜が胃酸に反応しやすくなります。 そうなると、少しの胃液でも強い胸やけを起こすことがあります。 しっかりと睡眠をとる、ぬるめのお風呂にゆっくりつかる、ストレスを発散できる趣味をもつなど、ストレスと上手に付き合えるよう心がけましょう。 4.逆流性食道炎にかかりやすい人 次のような方は、逆流性食道炎にかかる可能性が高いといえます。 脂質の摂りすぎ 脂質を多く摂ることで、胃を刺激して胃酸の分泌量が増えてしまいます。 そのため、食道に逆流しやすい環境を作ることにつながります。 高齢 高齢になると、食道の逆流防止機能が衰えます。 背中が曲がっている 背筋が曲がっていると、お腹にかかる力(腹圧)が大きくなります。 そのため胃液が逆流しやすく、あおむけで寝た時に、胃の方が食道よりも高い位置になることから、逆流した胃酸は戻れず、食道に停滞してしまいます。 肥満 胃が脂肪に押され、胃酸の逆流が起こります。 胃の切除手術の後遺症 胃の切除後は、胃液や短銃などの消化液が食道に逆流しやすくなることがあります。 ピロリ菌の除菌治療を受けた人 ピロリ菌除菌後は、胃酸の分泌が活発になるため、逆流性食道炎にかかりやすくなります。 逆流性食道炎かも…と思ったときの対処法 1.何科を受診する? 消化器内科を受診し、必要に応じて内視鏡検査をうけましょう。 2.どんな検査? 問診 胸やけ、呑酸(酸っぱいものがこみあげてくる)といった逆流性食道炎の主な症状について詳しく質問します。 また、のどの違和感、胸のつかえ感、咳、声の症状、喘息の症状、胸痛、上腹部痛、胃の症状、鼻や耳の症状、虫歯などについても聞かれます。 これらはすべて逆流性食道炎の症状です。 内視鏡やX線など、各種検査 診断の決め手となるのは 内視鏡検査です。 内視鏡検査とは、小型のビデオカメラがついた管を口から挿入し、食道粘膜の様子をモニターに映し出し、肉眼で観察する検査です。 食道粘膜に炎症や傷があれば、確実に見つけることができるため、逆流性食道炎の診断を確定することができます。 その他に、以下の検査を行う場合もあります。 胸部や腹部のX線検査• 心電図検査• 血液検査• 尿検査 3. 胸やけを緩和する食事や生活習慣は? 避けた方がよい食品• 酸味のあるもの(みかんなど柑橘系果物やお酢など)• 刺激物(カレー、唐辛子など) 気をつけたい生活習慣• 食べ過ぎ、飲みすぎ• 前かがみの姿勢は避ける• 食後は横にならない• 眠る時は上体を高くして逆流を防ぐ 胸やけを感じたときの対処法 胸やけを感じたら、牛乳や水を飲んで、食道を洗い流しましょう。 また、唾液の分泌が活発になる「ガム」を噛むことで、逆流した胃酸を中和したり、食道を洗い流したりすることもできます。 まとめ 逆流性食道炎について、症状をチェックしてみていかがでしたか?高齢の女性はもちろん、最近では若者でも逆流性食道炎の方になる方が増えています。 これは、 ストレスの増加や食の欧米化が背景にあると考えられています。 たかが胸やけで「内視鏡検査を受けるのは大げさなのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、逆流性食道炎は再発しやすいため、 生活習慣の改善が不可欠です。 気になるようであれば一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

次の