モデル 英語。 スケール 1/50 高級クラシック帆ボート木製モデルキットサンフェリペ · 軍艦モデル英語説明書

映画のモデルとなった場所。は英語でどう言うの?

モデル 英語

乗用車の購入の上でのELMに基づく消費選択の一例。 精緻化見込みモデル(せいちかみこみモデル、: Elaboration Likelihood Method、略称 ELM) は、1986年にアメリカ・の者 ()と、同の者 ()が提唱した、説得に対する聞き手側の態度変容に関するに基づく人間の情報処理ルートのモデリングである。 このモデリングでは説得に対して情報を処理する上での思考ルートとして、 中心ルート思考(ちゅうおうルートしこう、: central route thinking)と 周辺ルート思考(しゅうへんルートしこう、: Peripheral route thinking)の2通りのルートを対比的に提示している。 中心ルート思考の過程においては、説得のプロセスは提示された情報の真のメリットを深い思考を伴って検討することによって成立する可能性が高い。 情報の受け手側によって議題に関する多くの認識が生成され、高いレベルでの情報の精緻化をしばしば伴う。 態度の変容の結果は比較的容易には変わり得ず、持続的かつ予測的であるとされる。 一方の周辺ルート思考では、説得のプロセスの成立は提示された情報に関する肯定的または否定的な手がかりとの受け手側の個人的な関連、或いは提示された情報のメリットに関しての比較的単純な推論に起因するとされる。 周辺ルートを経由して受け手側が得るその情報に関する手がかりは、一般に情報そのものの論理的品質とは無関係である。 これらの手がかりには情報そのものではなくその情報のソースに関しての信頼性や魅力、またはその情報の制作品質などの要因も含まれる。 情報の精緻化が生じる可能性は、提示された情報を評価する個人の動機および能力によって決定される。 概要 [ ] 精緻化見込みモデル(以下:ELM)は、人間の ()に関する一般的なモデルの1つである。 ELMの提唱者であるリチャード・E・ペティとジョン・T・カシオッポは、元々は「説得力のあるコミュニケーションの有効性の基礎となる基本原理を整理、分類、理解するための枠組み」としてこの理論を提唱したと述べている。 人間の心理学的な ()と説得の関連性については、の祖とも言えると ()の研究において、その中心的なトピックとして研究対象に取り上げられた。 オールポートは心理学的態度について「社会心理学において最も特徴的で不可欠な概念」と説明し、1930年代から1970年代までの研究のほとんどを心理学的態度と説得の研究に費やした。 しかしながらペティとカシオッポは、受け手側の態度が変化する上での周囲の状況による影響の大きさに対して、心理学的態度と説得についての研究者が大きな問題に直面している事態を認識することとなった。 この問題に気付いたペティとカシオッポは、説得による態度変容の持続性の違いを説明する試みとして精緻化見込みモデルを提唱した。 脚注 [ ]• Petty, Richard E. ; Cacioppo, John T. 1986. Communication and persuasion: central and peripheral routes to attitude change. Berlin, Germany:. Kruglanski, Arie W. ; Van Lange, Paul A. 2012. Handbook of theories of social psychology. London, England: Sage. 224—245• Petty, Richard E; Cacioppo, John T 1984. Advances in Consumer Research 11: 668. Advances in Experimental Social Psychology London, England: 19: 124—129. Miller, Katherine 2005. Theories of message processing. New York City:. 129. Allport, Gordon 1935. A Handbook of Social Psychology: 789—844. Ajzen, Icek; Fishbein, Martin 1977. Psychological Bulletin 84 5 : 888—918. Fazio, Russell H; Zanna, Mark P 1981. Direct experience and attitude-behavior consistency. 161—202. Sherman, Steve J; Fazio, Russell H; Herr, Paul M 1983. Journal of Experimental Social Psychology 19 4 : 323—340. Petty, Richard E; Cacioppo, John T 1986. Advances in Experimental Social Psychology: 124—125. 外部リンク [ ] この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

スケール 1/50 高級クラシック帆ボート木製モデルキットサンフェリペ · 軍艦モデル英語説明書

モデル 英語

乗用車の購入の上でのELMに基づく消費選択の一例。 精緻化見込みモデル(せいちかみこみモデル、: Elaboration Likelihood Method、略称 ELM) は、1986年にアメリカ・の者 ()と、同の者 ()が提唱した、説得に対する聞き手側の態度変容に関するに基づく人間の情報処理ルートのモデリングである。 このモデリングでは説得に対して情報を処理する上での思考ルートとして、 中心ルート思考(ちゅうおうルートしこう、: central route thinking)と 周辺ルート思考(しゅうへんルートしこう、: Peripheral route thinking)の2通りのルートを対比的に提示している。 中心ルート思考の過程においては、説得のプロセスは提示された情報の真のメリットを深い思考を伴って検討することによって成立する可能性が高い。 情報の受け手側によって議題に関する多くの認識が生成され、高いレベルでの情報の精緻化をしばしば伴う。 態度の変容の結果は比較的容易には変わり得ず、持続的かつ予測的であるとされる。 一方の周辺ルート思考では、説得のプロセスの成立は提示された情報に関する肯定的または否定的な手がかりとの受け手側の個人的な関連、或いは提示された情報のメリットに関しての比較的単純な推論に起因するとされる。 周辺ルートを経由して受け手側が得るその情報に関する手がかりは、一般に情報そのものの論理的品質とは無関係である。 これらの手がかりには情報そのものではなくその情報のソースに関しての信頼性や魅力、またはその情報の制作品質などの要因も含まれる。 情報の精緻化が生じる可能性は、提示された情報を評価する個人の動機および能力によって決定される。 概要 [ ] 精緻化見込みモデル(以下:ELM)は、人間の ()に関する一般的なモデルの1つである。 ELMの提唱者であるリチャード・E・ペティとジョン・T・カシオッポは、元々は「説得力のあるコミュニケーションの有効性の基礎となる基本原理を整理、分類、理解するための枠組み」としてこの理論を提唱したと述べている。 人間の心理学的な ()と説得の関連性については、の祖とも言えると ()の研究において、その中心的なトピックとして研究対象に取り上げられた。 オールポートは心理学的態度について「社会心理学において最も特徴的で不可欠な概念」と説明し、1930年代から1970年代までの研究のほとんどを心理学的態度と説得の研究に費やした。 しかしながらペティとカシオッポは、受け手側の態度が変化する上での周囲の状況による影響の大きさに対して、心理学的態度と説得についての研究者が大きな問題に直面している事態を認識することとなった。 この問題に気付いたペティとカシオッポは、説得による態度変容の持続性の違いを説明する試みとして精緻化見込みモデルを提唱した。 脚注 [ ]• Petty, Richard E. ; Cacioppo, John T. 1986. Communication and persuasion: central and peripheral routes to attitude change. Berlin, Germany:. Kruglanski, Arie W. ; Van Lange, Paul A. 2012. Handbook of theories of social psychology. London, England: Sage. 224—245• Petty, Richard E; Cacioppo, John T 1984. Advances in Consumer Research 11: 668. Advances in Experimental Social Psychology London, England: 19: 124—129. Miller, Katherine 2005. Theories of message processing. New York City:. 129. Allport, Gordon 1935. A Handbook of Social Psychology: 789—844. Ajzen, Icek; Fishbein, Martin 1977. Psychological Bulletin 84 5 : 888—918. Fazio, Russell H; Zanna, Mark P 1981. Direct experience and attitude-behavior consistency. 161—202. Sherman, Steve J; Fazio, Russell H; Herr, Paul M 1983. Journal of Experimental Social Psychology 19 4 : 323—340. Petty, Richard E; Cacioppo, John T 1986. Advances in Experimental Social Psychology: 124—125. 外部リンク [ ] この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

映画のモデルとなった場所。は英語でどう言うの?

モデル 英語

何年型かを聞くフレーズは非常にシンプル 「この車は何年型のモデルですか?」この日本語を英訳しようとする場合、 この車= this car 何年= how many years と前から順番に英語にしようとして、一つのフレーズにできずに悩んでしまうと思う人もいると思います。 しかし、 「この車は何年型のモデルですか?」を英語で表現するとき、もっとシンプルに考えると簡単に表現できます。 何年型のモデルかを聞きたい場合、その車の製造された年数が知りたいので、 how oldが使えます。 how oldは、相手に年齢を聞くときに使う表現ですね。 車の製造された年が知りたいので、 How old is this car? と、シンプルに表現することで、その車が何年式のモデルなのかどうかという情報を聞くことができます。 車を買う場面では、何年式か聞くシーンは意外と多いです。 実際に、アメリカなどで車を買う機会があるときは、何年式のクルマなのかをきちんと確かめてみてください。 車に関する記事はこちらもおすすめ。 その他海外で車を買う時に使える英語フレーズ 実際に車を買うときには、年式以外にも機能やデザインなど、事前に確認したい情報がたくさんありますよね。 ここでは、車を買う時に使える英語表現を紹介します。 装備を確認する質問項目 この車の装備を教えてください。 How is it equipped? カーナビは付属していますか? Does the car has a navigation system? 中古車を買う時に確認しておきたい項目 タバコの跡はありますか? (以前の所有者が車内で喫煙していた形跡はありますか?) Are there any sign of smoking? この車のコンデジションを教えてください。 走行距離は何マイルですか? How many miles has it been driven? 駆動方式を確認するフレーズ この車は四輪駆動ですか? Is the vehicle 4 Wheel Drive? この車は前輪駆動、後輪駆動どちらですか? This is car FF or FR? 駆動方式は雪が多い地域に住む人にとっては気になるポイントですよね。 きちんと確認しておきましょう。 まとめ 外国という慣れない環境で車を買う機会は少ないと思います。 そんな中、車の販売店でいきなり質問したい項目を英語にしようとすると焦ってしまうかもしれません。 しかし、 「この車は何年型のモデルですか?」を英語で表現する場合、シンプルに考えれば簡単に表現できることがわかりました。 その他のフレーズも、一度確認をしておけば簡単なフレーズばかりです。 海外で車を買う時は、聞きたいことを英語でどのように言うかわからないから聞けなかったということがないようにしたいですよね。 特に自分が譲れない条件は、もれなく確認ができるよう質問項目を準備しましょう。 動画でおさらい 車を買う時に聞こう「この車は何年型のモデル?」を英語で。 カンタン英会話を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

次の