大人 漢字ドリル おすすめ。 あの人気“漢字ドリル”の大人版「おとなうんこ漢字検定」にスマホで挑戦 例文は“日常のギュルギュルシーン”満載

おすすめ無料漢字アプリ一覧【12種類】│節約カルマ

大人 漢字ドリル おすすめ

トレーニングのコツとヒント (1)「計算」は速く解くことが大切。 答えが間違っていても、影響はありません。 「脳のトレーニング」としての計算は、できるだけ早く計算を解くことが大切で、計算の答えが正解かどうかは関係ありません。 正解の数に関係なく、計算をすらすら解くことが脳の活性化をうながすのです。 ただし、計算をしないで答えの数字だけを早く書くことは意味がありません。 (2)「音読」は意味を考えながら読まなくても構いません。 脳のトレーニングとしての音読は、できるかぎり速く声を出して読んでいただくことが大切です。 意味を持たない単なる文字が羅列された文を音読した場合でも、脳が活性化することがわかっています。 (3)トレーニングはマイペースで続けましょう。 脳のトレーニングは、継続して取り組むことが大切です。 一日に、何日か分をまとめて取り組んでも結構ですし、逆に、お疲れになったときには、トレーニングを休んでいただいてもかまいません。 ご自分のペースを保って、楽しみながら取り組みましょう。 (4)「前頭葉機能テスト」で、定期的にご自身の変化を確認しましょう。 「前頭葉機能テスト」やトレーニングの結果は、他の方と比べるためのものではなく、あくまでもご自身の過去の記録と現在を比較するためのものです。 「年代別の標準値」も、特に設定しておりません。 また、効果があらわれてくる時期には、個人差がありますので、楽しく気軽に取り組まれることをおすすめいたします。 (5)認知症改善のためには、「脳を鍛える学習療法ドリル」をおすすめします。 認知症高齢者の方にはこのシリーズではなく、「脳を鍛える学習療法ドリル」(2005年7月1日発行)をご利用になることをおすすめいたします。 「脳を鍛える大人のドリル」は、認知症の方にとって問題の難易度がやや高いため、学習療法に使用することはおすすめできません。

次の

【毎日継続できる】小学生用漢字ドリルのおすすめ6選|いちもくサン

大人 漢字ドリル おすすめ

社会人として最低限知っておきたい漢字900問を収録しました。 政治・経済用語から職場や文書作成で使うビジネス用語、さらに歳時・衣食住・人名など、実生活ですぐに役立つ使用頻度の高い問題ばかりです。 巻末には自身の得意・不得意分野が一目でわかる「総合診断表」付き。 現役社会人はもちろん就職活動中の方にもおすすめの一冊です。 ワープロやインターネット、ブログのほか、社会に出て就職すると、取引先へのメール、社内会議での資料作りなど、さまざまな場面で文字を「打つ」ことになるでしょう。 しかし、パソコンで文字を「打つ」ことの利便性を感じている反面、自身の漢字力の低下を痛感している人は少なくないはずです。 どれを使えばいいのか、パソコンはこれ以上候補を絞り込んではくれません。 ここからは自分自身の漢字力で解決しなくてはなりません。 社会人生活の中で、このような難しい言葉を目にするのも決して珍しくはないはずです。 このように、漢字力とは、「書き」や「読み」だけではなく、意味や使い方を含む、総合的な漢字知識全体を指しているのです。 一つは、「書いて覚える」こと、そしてもう一つが「系統立てて覚える」ことです。 「書いて覚える」ことは、単に反復練習をすればよい、ということではありません 「薔薇」と回書いてもダメですよ! 重要なのは、「漢字のつくりを思い出しながら、書いて覚える」ということ。 「思い出す」ということが、重要なファクターになるのです。 もう一つの「系統立てて覚える」は、つまり、別の言葉とリンクさせて覚えるという手段です。 よく見るものの、日常生活ではあまり見かけない漢字というものがあります。 よく使われている状況や分野を体系立てて覚えておくことも重要なのです。 出題している漢字は、学習したその日から実生活で使えるように、使用頻度の高いものを厳選しています。 また、シーン別にまとめて学習することで知識の体系化を助け、自分の得意分野、苦手分野をそれぞれ効果的に学習できます。 本書で得た知識で、あなたの社会人としての品格がアップするよう、切に願っております。

次の

あの人気“漢字ドリル”の大人版「おとなうんこ漢字検定」にスマホで挑戦 例文は“日常のギュルギュルシーン”満載

大人 漢字ドリル おすすめ

[本書のねらい] 漢字をさがす「漢字たどり」や、漢字の書き取りを行うことで脳を鍛えるドリルです。 最新の脳科学に基づいたトレーニングで、脳を若く健康に保ち、脳の働きを向上させることを目的に作られています。 [詳しい学習内容] トレーニングは60日分あり、1日分は表裏2ページです。 表面では、「今日の漢字」20字を表の中で探し出し、入口からゴールまでつなげていく「漢字たどり」を行います。 裏面では、漢字の書き取りを行います。 [本書の使いかた] 1日数分間のトレーニングを行います。 表面の「漢字たどり」は、時間をはかりながら、できる限り速くたどります。 裏面の漢字の書き取りは、時間を気にせずに取り組みます。 5回分のトレーニングを行うごとに、前頭葉機能検査を行って、脳の働き具合をチェックします。 巻末の「わたしの脳トレーニンググラフ」に、「漢字たどり」の所要時間や漢字の書き取り得点、前頭葉機能検査の結果を記録することで、自分の脳の変化を確認することができます。

次の