埼玉 りそな 銀行。 埼玉銀行

基準価額・ファンド一覧|投資信託|埼玉りそな銀行

埼玉 りそな 銀行

メガバンクに次いで大きな銀行である都市銀行です。 りそなと名前の付く銀行には「りそな銀行」と「埼玉りそな銀行」がありますが、これらは同じグループの別会社です。 26都道府県に店舗がある中でなぜ埼玉だけ別れているのでしょうか。 そもそもりそな誕生の流れとして、都市銀行である埼玉銀行と協和銀行が合併して協和埼玉銀行(あさひ銀行)となり、あさひ銀行が大和銀行と合併してりそなホールディングスが設立されました。 なぜ埼玉りそな銀行だけが別れたのか 埼玉だけが分離した要因として、諸説ありますが埼玉だけ経営状態が良かったので残した説、埼玉軽視による地元へのサービスが蔑ろにされる事を懸念して政財界が反対した説など様々ありますが、正確な理由は語られていないといいます。 実際、金融危機により2003年にりそなホールディングスに公的資金が注入され国有化された際にも埼玉りそな銀行だけは良好な経営状態を維持しており、この機会にりそなグループから独立するのではないか?と金融界やメディアなどで囁かれていました。 しかしりそなホールディングスはそれを許さず、結局埼玉りそな銀行は足を引っ張られた形で巻き添えとなりました。 その結果良好であった経営にも影響を与え現在まで続くことになります。 よく勘違いされますが、埼玉りそな銀行はりそな銀行の一部ではなくそれぞれが同じグループの独立した別会社なので対等の位置づけとなっています。 埼玉県内のりそなは全部埼玉りそな銀行なの? 埼玉だけが別銀行なので、埼玉県内のりそなは全て埼玉りそなかと思われるかもしれませんが、埼玉県内にもりそな銀行があります。 埼玉県内唯一のりそな銀行は、朝霞台支店の1店舗だけとなっておりそれ以外の126支店は埼玉りそな銀行の店舗となります。 これは都市銀行である性質上埼玉県内にも店舗を置かざるを得なかったためと言われています。 逆に埼玉りそな銀行は東京都内にも1店舗出店しています。 (東京支店は飯田橋駅か後楽園駅が最寄りの駅となっています) りそなグループの相互利用サービス 基本的なサービスは似通っており、お互いの窓口が利用可能、ATMが同じ手数料で利用でき、振込に関しても同条件で利用できる相互サービスを行っています。 なので別会社と言ってもユーザーからすればほとんど同じ銀行のような感覚で使えるので大きな障害はありません。 つまり、埼玉りそな銀行の口座を持っている人がりそな銀行の窓口で入出金や通帳繰越・再発行、口座解約や変更届などの諸手続きが行えるということです。 もちろんりそな銀行の口座を持っている人が埼玉りそな銀行の窓口を利用することも可能です。 りそな銀行327支店+埼玉りそな銀行127支店+近畿大阪銀行118支店=572支店が利用可能ということですね 埼玉県民ならメリットあり!? 都市銀行でありながら埼玉で地域密着型営業を展開している埼玉りそな銀行は、埼玉県民にとっては利用価値はありそうです。 まず埼玉県内における埼玉りそな銀行の支店数が126となっており、三菱UFJ銀行の26支店、三井住友銀行の16支店、みずほ銀行の25支店などメガバンクを遥かに凌ぎます。 さらに店舗外ATMが311箇所と多く、他行と比べて埼玉県民にとっての利便性が大きいと思われます。 また、住宅ローンにおいても埼玉県在住のファミリー層を対象としたローン金利が優遇される商品などがあるので埼玉県に住む方は一考の価値ありです。 金利の情報 いつでも出し入れでき、給与受取、公共料金の払込などが利用できる普通預金は一律0. 001%となっています。 一方、預金額300万円以下のスーパー定期、300万円以上のスーパー定期300、1000万円以上の自由金利型定期などの定期預金は他の都市銀行や地方銀行と同じく0. 01%と最低水準のものです。 金利が高い銀行が良いならネット銀行を使った方が良いでしょう。 りそな銀行のメリット 基本的に定期預金の金利は他のメガバンクや地方銀行などと同じで、0. 01%と最低水準になっています。 定期預金でお金を増やす目的でりそな銀行を使うのはオススメできないと言えます。 では他にメリットがあるか探してみましょう。 営業時間が長め 普通、銀行の窓口といえば15時に閉まってしまうものだというイメージがありますよね。 多くの銀行ではそのとおりです。 これは銀行法施行規則に銀行等の営業時間は午前9時から午後3時までと定められているためで、必要であれば延長することが出来るとされています。 なので延長しようと思えば出来るわけです。 りそなグループでは窓口の営業時間午後5時までとなっているので少し長めになっていますね。 ネット振込み手数料 りそな銀行には「マイゲート」というネットバンキングのシステムがあります。 マイゲートからりそなグループの銀行に振込を行う場合の手数料は何回でも無料です。 他行へのネット振込み手数料は216円かかります。 メガバンクのネット振込手数料が3万円以上で324円〜432円かかるので、それに比べればお得です。 また、毎月決められた条件を満たせば振込手数料が半額〜無料になりますが、資産に余裕がある人向けとなっており、手軽に手数料無料にしたい場合はネット銀行のほうが条件は簡単な場合が多いのでオススメです。 手数料優遇プログラム りそなクラブで所定の条件を満たすと優遇特典を受けることができます。 マイゲート マイゲートを使えば24時間365日いつでもどこでもパソコンやスマートフォンから各種手続きや明細の確認、振込や金融商品の購入などが行なえます。 そのため、仕事が忙しくて窓口に行けないサラリーマンなどにとっても非常に便利です。 また、窓口やATMでの手続きに比べて手数料が安く済みます。 りそなグループへの振込は無料となります。 ネットであるがゆえ、セキュリティには気を使っており万全な体制を整えています。 マイゲートにログインすることによりりそなクラブポイントが月5ポイントたまります。 インターネット通帳(TIMO) 通常の紙の通帳を廃止してインターネット上で取引明細をいつでも確認できるようになります。 紙がないので盗難・紛失の心配もなくなります。 申し込みによりりそなクラブポイントが月5ポイントたまります。 スポンサーリンク.

次の

埼玉りそな銀行の店舗・ATMの場所や営業時間を教えてください

埼玉 りそな 銀行

なお、一部のファンドについては現在販売を終了しております。 ただし、『One 日本株ダブル・ブルファンド』『One 日本株ダブル・ベアファンド』については、銀行営業日14:30迄となります。 <マイゲートでのお取引き>• 投資信託ご購入にあたってのご注意事項• 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標に係る変動や発行体の信用状況等の変化を原因として損失が生じ、元本を割込むおそれがあります。 投資資産の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うこととなります。 投資信託へのご投資では、商品ごとに定められた手数料等(お申込金額に対して最大3. 3%(税込)のお申込手数料(購入時手数料)、純資産総額に対して最大年2. 0%の信託財産留保額、その他運用に係る費用等の合計)をご負担いただきます。 手数料等の合計については、保有金額または保有期間等により異なるためあらかじめ記載することができません。 成功報酬は運用状況等により異なるためあらかじめ記載することができません。 (2019年10月1日現在)• 投資信託は預金でなく、預金保険の対象ではありません。 また当社を通じてご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。 投資信託の募集・申込等の取扱いは当社、設定・運用は投資信託委託会社が行います。 商品ごとに手数料等およびリスクは異なります。 詳細については、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および一体としてお渡しする「目論見書補完書面」を必ずご覧ください。 <マイゲートでのお取引き>• 個人のお客さまの場合、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引きとさせていただきます。 インターネット専用ファンドの取扱いは、マイゲート(インターネットバンキング)のみの受付となります。 インターネット専用ファンドについてのご注意はをご確認ください。 <通貨選択型投資信託についてのご注意事項>• 通貨選択型ファンドは他のファンドと比べて商品性が複雑なファンドです。 商品の仕組みをご理解の上、ご購入を検討してください。 仕組みについてはからご確認ください。 <NISA・つみたてNISA ご利用にあたって共通のご注意事項>• 日本にお住まいの20歳以上の個人の方(口座開設年の1月1日時点)が口座を開設できます。 埼玉りそな銀行ではNISA・つみたてNISA口座開設には、投資信託の口座開設が必要です。 NISA・つみたてNISA口座は全金融機関を通じて、同一年において一人一口座のみの開設となります(金融機関変更をした場合を除く)。 金融機関の変更を行い、複数の金融機関にNISA・つみたてNISA口座を開設したことになる場合でも、各年において1つのNISA・つみたてNISA口座でしか購入することができません。 NISA・つみたてNISA口座内の株式投資信託等を変更後の金融機関に移管することもできません。 なお、金融機関を変更しようとする年分の非課税投資枠で、すでに株式投資信託等を購入していた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。 埼玉りそな銀行でのNISA・つみたてNISA対象商品は株式投資信託のみです。 NISA・つみたてNISA口座は他の口座との損益通算、損失の繰越控除はできません。 NISA・つみたてNISA口座には非課税投資枠(NISAは年間120万円・つみたてNISAは年間40万円)が設定されており、株式投資信託等を一度売却した場合、その分の非課税投資枠を利用した再投資はできません。 NISA・つみたてNISA口座預り分から発生した収益分配金を再投資する場合も非課税枠を利用することとなります。 中長期投資のための制度であることから、短期間での売買(乗換え)を前提とした商品には適しません。 非課税となる投資枠の残額を翌年以降に繰り越すことはできません。 投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は従来より非課税であり、NISA・つみたてNISA口座での制度上のメリットは享受できません。 つみたてNISA制度とNISA制度は併用できません。 どちらかを選択する必要があります。 情報提供:時事通信社 本画面および本画面に含まれる情報(「本情報」)に関する著作権を含む一切の権利は、時事通信社またはその提供元(「情報源」)に帰属します。 本情報は、情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性および信頼性等を確認することは債務に含まれておらず、時事通信社および情報源は、原因の如何を問わず、本情報の過誤等について一切責任を負いません。 本情報の内容は予告なく変更される場合があります。 本情報の提供については、遅延・中断等があります。 本情報の蓄積・編集・加工等および本情報を方法の如何を問わず第三者へ提供することは、禁止します。

次の

ログイン 埼玉りそなマイゲート

埼玉 りそな 銀行

概要 [ ] および埼玉県内の大半の市町村のを受託し、通称「 サイギン」で県民に親しまれていた。 の源流である。 本店は(現:)に置かれ、今日では埼玉りそな銀行さいたま営業部とされている。 (旧:)沿いに所在した地銀時代の本店や前身の本店跡地には、現在、埼玉りそな銀行浦和中央支店(さいたま市浦和区)が立地し、同店の正面入口前の広場には兼が設置されている。 6月、成立したによって埼玉県は同法における計画区域に入った。 また4月に成立した(1965年6月改正)によって埼玉県内の主要部分は近郊整備地帯に含まれ、の中心部と位置づけられた。 これによって、かつて全国一の耕地率を誇っていた農業県であった埼玉にも変化が生じ 、である昭和40年代には県南部が東京のとして開発が進展し、人口が急増した。 こうした状況から肥沃なに目を付けたや他県に本拠を置く、が続々と埼玉県内に進出してきた。 埼玉銀行は、年々競合が激化する状況を踏まえ、首都圏における優位性の確保・経営体質の強化を図ることを目的に 、昭和30年代半ばから都市銀行移行を検討する部署を行内に設け、4月には都市銀行への転換が成就した。 また「本店の所在地は変更しない」、「地元優先の営業方針を貫く」、「行名は変更しない」を経営方針として掲げ、さらに通称を「サイギン」とし、を展開した。 そして、成長力のある埼玉県と西部で確固たる基盤を築き、当時の総店舗の内、約6割を埼玉県内に集中し展開するも 、東京都区内への浸透では苦戦を強いられていた。 4月、金融の自由化や国際化をにらみが合併によって誕生するなどの環境下 、同年、から都市銀行としては初めてとなる第3次を共同で構築し、さらに新商品開発にも共に取り組むなど気心の知れた仲であったに埼玉銀行から合併を打診。 翌1991年4月に対等合併。 として発足し、、に改称した。 この合併の直後には旧埼玉銀行時代における特有の不祥事が露見し、を賑わした。 沿革 [ ]• (18年)7月1日 - の一環でに本店を構える旧のと、が設立に深く関与した民営の、忍町(現在の)に本店を構える忍商業銀行、飯能銀行(本店:飯能町・現:)が大合併し、 埼玉銀行を設立。 同年から翌年にかけて埼玉県内に本店を置く、、を順次、統合した。 (昭和19年)5月 - 当局の勧奨により(のち)より、()における大半の店舗を譲り受ける。 (昭和30年)5月 - に上場。 (昭和44年)4月 - 地方銀行から都市銀行へ転換。 (昭和46年)3月 - 総預金残高が1兆円を超える。 (昭和52年)5月 - 本店を浦和市高砂から同市常盤(跡地)に新築移転。 (昭和48年)4月 - (埼玉)の花びらをモチーフにしたデザインの行章と「つながる心 ひろがる未来」がとして制定。 (元年)• 9月 - に上場。 10月 - 埼玉中央信用組合を買収。 (平成3年)• 4月1日 - に合併し解散。 協和銀行はに商号変更。 頭取は埼玉銀行、会長は協和銀行出身者のたすきがけ人事となる。 店舗網 [ ] 埼玉県内の中小銀行が集合する形で発足したため、店舗網は埼玉県内が中心であったが、南部・西部(川越・秩父)・北部(熊谷・深谷)で当時発展していた町に偏っていた。 1944年にに吸収合併された日本昼夜銀行の店舗(遡れば、前身のと前々身である青梅銀行・氷川銀行などの拠点)を中心に東京地域および埼玉県内の大半の店舗を譲り受けた。 これによって戦後のと埼玉県の発展を受けて規模が拡大することになり、近県の有力地銀であるやとは異なる道を歩むことになった。 1960年 - には支店(旧:武州銀行)を東京営業部に格上げしたことにより、事実上浦和との2本社制となり、・神奈川県・千葉県・栃木県・群馬県など首都圏各地や、自動車産業と関わりのある愛知県(名古屋)、・などに出店した。 なお、と同様、看板は本拠地である埼玉県内店舗では通称の「サイギン」表記、首都圏外の店舗の看板はほとんど銀行名であった。 その後、埼玉県のベッドタウン化の進展により、までに埼玉県内のほとんどの市町村で支店あるいは出張所を出店(・の沿線などではほぼ1駅につき1店舗存在した)。 (昭和55年)に開業を見据えた仙台支店や、バブル経済到来による取引(融資)拡大を狙いにの支店・支店など東京都心部にも多く出店するようになったが、店舗の3分の2は埼玉県内に所在した。 協和埼玉銀行発足時は太陽神戸三井銀行とほぼ同数の店舗であり、埼玉県内では銀行店舗数が最も多かった。 海外拠点はや、に支店や駐在員事務所を持つなど、下位ながら都市銀行としての業容を整えたが、あさひ銀行時代の(平成13年)にへ譲渡されている。 りそな銀行発足に伴いかつての埼玉銀行の店舗は、埼玉県内は埼玉りそな銀行・多摩地区はりそな銀行と改編されたが、埼玉県と多摩地区以外の店舗はあさひ銀行時代に多くが旧協和店に吸収整理されている。 同じ土地建物で存続している埼玉・東京以外の店舗は、群馬県のりそな銀行前橋支店(協和店は解体)、千葉県のりそな銀行津田沼支店など、ごく僅かである。 かつての東京営業部は、あさひ銀行東京中央支店を経て、現在はりそな銀行東京中央支店として存続(りそな銀行移行後に、所在地自体は八重洲から日本橋に移転)。 また、過剰なほどに展開した埼玉県内の有人出張所・代理店は2002年前半までにほとんどが母店・近隣支店に吸収され、クイックロビー(ATMコーナー)のみとして建物を存続するか、廃止となっている。 事件 [ ] ニセ夜間金庫事件 [ ] 詳細は「」を参照 に、春日部西口支店にニセの夜間金庫が設置される事件が発生した。 イメージキャラクター [ ] 1月1日から銀行のが解禁されるのにあわせ、それまでのに加え、のCM出演が話題になっていたも新たに抜擢され2人がCMおよび店頭ポスター等のイメージキャラクターとして起用されていた。 また協和埼玉銀行発足後には2人のほか、協和銀行のイメージキャラクターであったも加えた3人が個別あるいは一緒に訴求対象に応じたCM等に出演していた。 緒形拳 5月 -• 鷲尾いさ子 5月 - 著名な在籍者 [ ]• 市川千尋(経済学者、日本経済大学教授) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『日本地方金融史』p. 117• 118• 『日本地方金融史』p. 119• 『エコノミスト』p. 『エコノミスト』p. 「あさひ銀行誕生「前夜」 ビジネス・フロントワイド」『朝日新聞』埼玉版 1992年10月17日• 『埼玉銀行通史』p. 219• 『埼玉銀行通史』p. 245• 「銀行がCM解禁に向けタレント獲得競争」『朝日新聞』1990年5月13日• 「印象派競う銀行CM」『朝日新聞』夕刊 1991年2月20日• 『埼玉銀行通史』p. 131• 『埼玉銀行通史』p. 413 参考文献 [ ]• 『エコノミスト』1990年11月27日号• 埼玉銀行通史編纂室編 『埼玉銀行通史』あさひ銀行、1993年。 日経金融新聞編 地方金融史研究会著『日本地方金融史』日本経済新聞社、2003年。

次の