クリーピーナッツ 略。 【DJの世界大会DMCで優勝した日本人】DJ松永ってどんな人?激ヤバエピソードも

DJ松永

クリーピーナッツ 略

「クリープ・ショー」を聴いて感じたことは、3つあります。 「ロックバンドっぽさ」、「フリースタイルの延長」、「の最高峰」の3点です。 松永 たまに言われますね。 でも正直その自覚はまったくないんです。 R-指定 めちゃめちゃヒップホップしてるつもりですからね。 松永 でもサウンドやキャラクター、ライブのスタイルも、ほかのヒップホップアーティストと被らないことをできているのかなとは思います。 音楽ナタリーのインタビューで以上のように答えているけれど、「」で主役を食う存在を列挙した最後に「ロックフェスでのナッツ」という一節を置いているので、ロックフェスでの立ち位置は意識しているはずです。 '17に出演したは「フジからフジ」と出演後に音源で言及しましたが、'18に出演する5lackや'18に出演するが音源でフェス出演に向けての意気込みを作品に落とすことは想像できません。 トラックやテンポもロックバンド寄りと感じたので、をDOTAMAの所属するFINAL と同じ箱に入れました。 ほぼほぼロック界隈専門のライターである兵庫慎司さんが「」にレビューを寄稿し、繰り返しきいてもいるそうですし。 2つめ「フリースタイルの延長」と3つめ「の最高峰」は関連しています。 良くも悪くも、R-指定が「クリープ・ショー」で披露したものは「」の延長にあると感じました。 良く言えば一貫性があるってことで、悪く言えばパターンがないってこと。 「」でに白旗を挙げさせた「見た目だけカッコつけた【】 でもハートはチキン FAKE佐村河内 Shall we 死のダンス 」。 「」はが名古屋のシーンを代表しているからで、「」は「Shall We ダンス」の主演俳優というように、連想と引用がR-指定の持ち味です。 R-指定は、と定義されている物をあらゆる面から引用し、サンプリングしています。 そのスタイルがそのまま「クリープ・ショー」でも実演されていました。 中年の私が気づけたのもあったし、見抜けない要素もたくさんあるだろうから「の最高峰」であるなぁと感じました。 「めちゃめちゃヒップホップしてるつもりです」とはいえ、R-指定のヒップホップは過去の日本のヒップホップを咀嚼したR-指定なりのヒップホップであって、海外のヒップホップからの参照点はありません。 恐らくR-指定は海外のヒップホップはほとんど聴いていないだろうし、ネタ元は日本のであるから、日本のロックシーンとの親和性が産まれているとも言えます。 (追記:「Rさん結構USも聞いてますよ」というコメントが来た。 を引用しているから聞いてないことはないだろうけど、ここ数年のものも聞いているんだろうか?) 気付いた元ネタの一例を以下に挙げます。 詞の内容は、「やってやんぜ」という意気込んでいるものが多いです。 1)手練手管 2)ぬえの鳴く夜は > Half man Half amazing Naz「It Ain't Hard to Tell」 「」収録)。 元は「 is like the Afrocentric Asian, half-man, half-amazing」 3) >田岡の不安要素 「」でと対戦したの監督が「田岡茂一」。 決勝ブロックで湘北と対戦するにあたり、湘北の不安要素を挙げます。 「湘北には不安要素がいくつもある。 今はまだそれが表面化していないだけだ」 「湘北の不安要素その1はファウル・トラブルだ!! 」 「湘北の不安要素その4!! 素人・桜木!! 」 >明るい未来?暗い未来?/俺が森山なら後者/なんざ来る訳ねぇじゃん/各駅停車 Let's Go 「」「」両方とも、の主演映画(2011年、2012年公開)。 4)紙様 テレビドラマ「新・」主題歌ということもあり、お金をテーマにしている 「ヒデぇ男(英世)」「一応(一葉)」「行き違い(諭吉が良い)」と紙幣の肖像の面々も登場させている。 5)Stray Dogs 6)新・合法的トビ方ノススメ 7)俺から退屈を奪わないでくれ 8)かいこ 「かいこ」とは「懐古」のことか。 ガムのキャンペーンソングなので「味の残ってるガム」「深くまで味が染み込んで」とある。 9)トレンチコートマフィア 2014年に「DJ松永 feat. 地方在住ならともかく、大阪・梅田の繁華街にアクセスできるのにイオン、、タウカンやピコを選んでしまうってどういうことだ?という疑惑がなくもない。 他に選択肢があるなかで本当にイオンやでタウカンやピコの服を買っていたとしたら、R-指定がいまだにを引きずるのも理解できる。 >間違っても証言のインストでフリースタイルとかすんなよ 、DJ YAS、GAMAによって結成された。 そのが、、、といった当時のオールスターをフィーチャリングした楽曲が「証言」。 11)月に遠吠え 12)スポットライト >使えない奴らトレンチコートマフィア/か?所詮脇役か? 「トレンチコートマフィア」は9曲目「トレンチコートマフィア」のことで、「」「脇役」はインディーでリリースした「(16年1月)」「(17年2月)」のことです。 「MONSTER VISION」の詞で「フリースタイル・ダンジョン」で自分に勝った焚巻やKOPERU、崇勲らの名前を挙げたように、R-指定には自分に注目してくれるファンへのサービス精神があります。 R-指定や「クリープ・ショー」のことを考えると、「Modern Times」との違いが明確になりました。 「クリープ・ショー」の元ネタが以上のようにわかる一方で、「Modern Times」はアメコミや、映画からの引用が多かったため、何のことだかさっぱりわかりませんでした。 チミチャンガとか。 R-指定が中学デビュー、できなかったことのを抱えている一方で、は一般人を名乗りながらも飄々としています。 学年で一番人気のあの娘と 冴えない男子代表のな私が 放課後屋上で遊んだりとか 今 おもえば結構だったよな (略) 30近くなっていざ会ってみたら 尖ったあいつは心身共に丸くなり 無口なあいつは成功して小金持ちに ヤサグレてた飛行少女の女子とも 共通の趣味で話が進んだり 「Les Aventuriers feat. 」 先日Abema TV「 水曜 The NIGHT」に持ち込んだ「あんた あの娘(韻)の何なのさ」という韻(ライム)をどのように扱っているかをチャート分けする企画。 そこでや5lackは挙げられていませんでした。 忘れたのか、意識して外したのか。 「」の中では「ロックフェスの」とあるだけから、誰が主演男優賞だと特定せず、チャレンジャーとして挑んでいるという位置づけなのでしょう。 とはいえR-指定の客演仕事は最近の「MONSTER VISION」をはじめとして晋平太やKEN THE 390、ACEとフリースタイルバトル関係の相手のみで数も多くないし、こういった面でも「」のことを意識しているんじゃないのかなぁと思った次第。 tabun-hayai.

次の

Creepy Nuts「たりないふたり」

クリーピーナッツ 略

「クリープ・ショー」を聴いて感じたことは、3つあります。 「ロックバンドっぽさ」、「フリースタイルの延長」、「の最高峰」の3点です。 松永 たまに言われますね。 でも正直その自覚はまったくないんです。 R-指定 めちゃめちゃヒップホップしてるつもりですからね。 松永 でもサウンドやキャラクター、ライブのスタイルも、ほかのヒップホップアーティストと被らないことをできているのかなとは思います。 音楽ナタリーのインタビューで以上のように答えているけれど、「」で主役を食う存在を列挙した最後に「ロックフェスでのナッツ」という一節を置いているので、ロックフェスでの立ち位置は意識しているはずです。 '17に出演したは「フジからフジ」と出演後に音源で言及しましたが、'18に出演する5lackや'18に出演するが音源でフェス出演に向けての意気込みを作品に落とすことは想像できません。 トラックやテンポもロックバンド寄りと感じたので、をDOTAMAの所属するFINAL と同じ箱に入れました。 ほぼほぼロック界隈専門のライターである兵庫慎司さんが「」にレビューを寄稿し、繰り返しきいてもいるそうですし。 2つめ「フリースタイルの延長」と3つめ「の最高峰」は関連しています。 良くも悪くも、R-指定が「クリープ・ショー」で披露したものは「」の延長にあると感じました。 良く言えば一貫性があるってことで、悪く言えばパターンがないってこと。 「」でに白旗を挙げさせた「見た目だけカッコつけた【】 でもハートはチキン FAKE佐村河内 Shall we 死のダンス 」。 「」はが名古屋のシーンを代表しているからで、「」は「Shall We ダンス」の主演俳優というように、連想と引用がR-指定の持ち味です。 R-指定は、と定義されている物をあらゆる面から引用し、サンプリングしています。 そのスタイルがそのまま「クリープ・ショー」でも実演されていました。 中年の私が気づけたのもあったし、見抜けない要素もたくさんあるだろうから「の最高峰」であるなぁと感じました。 「めちゃめちゃヒップホップしてるつもりです」とはいえ、R-指定のヒップホップは過去の日本のヒップホップを咀嚼したR-指定なりのヒップホップであって、海外のヒップホップからの参照点はありません。 恐らくR-指定は海外のヒップホップはほとんど聴いていないだろうし、ネタ元は日本のであるから、日本のロックシーンとの親和性が産まれているとも言えます。 (追記:「Rさん結構USも聞いてますよ」というコメントが来た。 を引用しているから聞いてないことはないだろうけど、ここ数年のものも聞いているんだろうか?) 気付いた元ネタの一例を以下に挙げます。 詞の内容は、「やってやんぜ」という意気込んでいるものが多いです。 1)手練手管 2)ぬえの鳴く夜は > Half man Half amazing Naz「It Ain't Hard to Tell」 「」収録)。 元は「 is like the Afrocentric Asian, half-man, half-amazing」 3) >田岡の不安要素 「」でと対戦したの監督が「田岡茂一」。 決勝ブロックで湘北と対戦するにあたり、湘北の不安要素を挙げます。 「湘北には不安要素がいくつもある。 今はまだそれが表面化していないだけだ」 「湘北の不安要素その1はファウル・トラブルだ!! 」 「湘北の不安要素その4!! 素人・桜木!! 」 >明るい未来?暗い未来?/俺が森山なら後者/なんざ来る訳ねぇじゃん/各駅停車 Let's Go 「」「」両方とも、の主演映画(2011年、2012年公開)。 4)紙様 テレビドラマ「新・」主題歌ということもあり、お金をテーマにしている 「ヒデぇ男(英世)」「一応(一葉)」「行き違い(諭吉が良い)」と紙幣の肖像の面々も登場させている。 5)Stray Dogs 6)新・合法的トビ方ノススメ 7)俺から退屈を奪わないでくれ 8)かいこ 「かいこ」とは「懐古」のことか。 ガムのキャンペーンソングなので「味の残ってるガム」「深くまで味が染み込んで」とある。 9)トレンチコートマフィア 2014年に「DJ松永 feat. 地方在住ならともかく、大阪・梅田の繁華街にアクセスできるのにイオン、、タウカンやピコを選んでしまうってどういうことだ?という疑惑がなくもない。 他に選択肢があるなかで本当にイオンやでタウカンやピコの服を買っていたとしたら、R-指定がいまだにを引きずるのも理解できる。 >間違っても証言のインストでフリースタイルとかすんなよ 、DJ YAS、GAMAによって結成された。 そのが、、、といった当時のオールスターをフィーチャリングした楽曲が「証言」。 11)月に遠吠え 12)スポットライト >使えない奴らトレンチコートマフィア/か?所詮脇役か? 「トレンチコートマフィア」は9曲目「トレンチコートマフィア」のことで、「」「脇役」はインディーでリリースした「(16年1月)」「(17年2月)」のことです。 「MONSTER VISION」の詞で「フリースタイル・ダンジョン」で自分に勝った焚巻やKOPERU、崇勲らの名前を挙げたように、R-指定には自分に注目してくれるファンへのサービス精神があります。 R-指定や「クリープ・ショー」のことを考えると、「Modern Times」との違いが明確になりました。 「クリープ・ショー」の元ネタが以上のようにわかる一方で、「Modern Times」はアメコミや、映画からの引用が多かったため、何のことだかさっぱりわかりませんでした。 チミチャンガとか。 R-指定が中学デビュー、できなかったことのを抱えている一方で、は一般人を名乗りながらも飄々としています。 学年で一番人気のあの娘と 冴えない男子代表のな私が 放課後屋上で遊んだりとか 今 おもえば結構だったよな (略) 30近くなっていざ会ってみたら 尖ったあいつは心身共に丸くなり 無口なあいつは成功して小金持ちに ヤサグレてた飛行少女の女子とも 共通の趣味で話が進んだり 「Les Aventuriers feat. 」 先日Abema TV「 水曜 The NIGHT」に持ち込んだ「あんた あの娘(韻)の何なのさ」という韻(ライム)をどのように扱っているかをチャート分けする企画。 そこでや5lackは挙げられていませんでした。 忘れたのか、意識して外したのか。 「」の中では「ロックフェスの」とあるだけから、誰が主演男優賞だと特定せず、チャレンジャーとして挑んでいるという位置づけなのでしょう。 とはいえR-指定の客演仕事は最近の「MONSTER VISION」をはじめとして晋平太やKEN THE 390、ACEとフリースタイルバトル関係の相手のみで数も多くないし、こういった面でも「」のことを意識しているんじゃないのかなぁと思った次第。 tabun-hayai.

次の

春木開は何者か学歴や資産や吸入も調査!キャバ王に彼女はいる?

クリーピーナッツ 略

こんにちは、瞑るです。 僕の好きなHIPHOP界隈で最近大きな話題となったニュースについて書きたいと思います。 この世界大会に優勝し世界一になった日本人その名も「DJ松永」 DJ松永は Creepy Nuts クリーピーナッツ という1MC1DJのHIPHOPユニットの一人です。 今回はこのDJ松永という男とDJの世界大会DMCとは?について記事を書きます 目次• ちなみにCreepy Nuts は日本語訳すると「奇妙な金玉」 外人に「お前らのユニット名クレイジーすぎるだろ」と言われたエピソードを本人たちは気に入ってるそうです。 現在は毎週火曜日:深夜3時~4時30分に「オールナイトニッポン0」火曜パーソナリティーもしています。 なぜ僕がこの二人を知ってるのかというのも、このクリーピーナッツのラジオを聞いているリスナーの一人だからです。 そこで今回のDJ世界大会に行くまでの経緯を追っていました。 ラジオ内で今までに「進撃の巨人に出たい」と叫んだら、作者がちょうどラジオを聴いていて本当に進撃の巨人の無垢の巨人としてCreepy Nuts二人らしき巨人が登場したり、「菅田将暉と曲をやりたい」と叫べば実際に曲を作ることになったり、「DMCの日本大会優勝します」とDJ松永が叫べば本当に日本大会を優勝したりしました。 ラジオ内で DJ松永が叫べば願いが叶うというジンクスがありましたが、今回もそれで世界大会に優勝したわけです。 松永あんたすげぇよ DJの世界大会「DMC」ってどんな大会? その前に説明しておきたいことがあります。 そもそもDJとは、クラブで曲と曲を滑らかにつないで場を盛り上げるクラブDJと、ターンテーブルと呼ばれる2つのレコードをこすって出るノイズ音などで演奏するDJの2種類に分かれます。 この大会に出るDJは後者の方で、楽曲制作をしているDJは少なくただ大会用のDJスキルだけを1年間磨いている猛者ばかりが出る大会です。 なので正直大会映像を見ても、何がすごいのかが説明するのが非常に難しいのです。 DMCとは「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP FINALS 2019」の略で、 1985年から開催されているDJの世界最大の大会です。 種目は「シングル部門」のルーティーンと呼ばれる6分間の演目を披露するのと、 今回DJ松永が優勝した「バトル部門」の2つがあります。 DJでバトル?どうやってすんの?と思いの方もいるでしょう。 簡単に言うと DJのバトルとはカードゲームのようなものです。 相手が出してきたカードに対して自分はどのカードを切れば、場が盛り上がって勝てるのかということです。 そしてそのカードには音楽と共に「 声ネタ」という人の声の音も入れて演奏するので、 相手が自分をディスって来た声ネタに対して、アンサーとなる声ネタの入ったカードを切るとうまく噛み合って盛り上がるといった具合です。 他にも単純にいわゆるチュクチュクや効果音でのリズムキープ力、 体の動きを使った演奏のテクニックをアピールして、戦いあうわけです。 中学時代にHIP HOPクルーRHYMESTER(ライムスター)の影響を受けてHIP HOPにハマります。 高校一年生の時にDJ機器ターンテーブルを購入し、すぐに退学し音楽活動に専念する。 その後、ラッパー「R-指定」とユニットを組み現在に至る。 DJ松永はCreepy Nuts というヒップホップユニットのDJ担当。 楽曲制作もしておりトラックメーカーという一面もあります。 ターンテーブルを買ってすぐに高校退学という選択をとるのは、普通ではできないしすごいですよね。 あとターンテーブルも数万するほど高価な機材なので、よく買うに至ったなと思います。 その意気込みもあってDJスキルも非常に高く今回優勝という実績を残せたわけですね。 オードリーのラジオにゲストとして登場した際も、若林の「オールナイトニッポン1部のどの枠を狙っている?」という質問に「 んーAKB枠でw」と答えオードリーに「おいオードリーでいいだろ!」と突っ込まれたり「 タレントでDJやってる人ってお金ないのかな?」と素人同然のブレーキの効かないクレージーな発言を連発したりしています。 DJ松永の暴走っぷりでオードリーも爆笑しつつもタジタジでした。 DJ松永を象徴するエピソードとして、 友達との遊びの最中でも自分が帰りたかったらすぐに帰るや、ライブの待ち時間に相方の「R-指定」が喫煙所に行ってしまったので1人になってしまい自分の居場所がなくなってしまったので、 光の入らない物置のようなところで3時間ほど待機していた、という話があります。 スマホの光で誰かに気づかれたくないので何も持って行かず待機していたそうです。 彼女いない歴=年齢 そして特筆すべき点は、この29歳DJ松永は彼女いない歴=年齢 つまり、 童貞です。 世間一般にDJと聞けば、クラブでチャラついている陽キャのイメージが強いですがDJ松永は真反対でDJ界隈の中でも異質な存在です。 というのも「初めて付き合った人と結婚したい」という 女子中学生のような考えや、「言葉遣いが悪くなくて、悪口を言わなくて、綺麗で、かわいくて、やっぱビビビがないとね」と自分をないがしろにして女性に求める条件がとても高いです。 (笑) このように恋愛に関しての幻想を抱いているので彼女ができないようです。 普通の芸人ならキャラづくりやおもしろ話としてワザと言ってそうですが、このブレーキの効かないDJ松永が言うとリアル感があり真面目に言ってそうで、またそこが面白さを倍増させてくれます。 大会に出た理由 DJ松永は数年ぶりに今大会に出場したわけですが、その理由は数年前の大会では中途半端な成績のままCreepy Nutsの活動をしていました。 ですが、心の底で大会の未練とモヤモヤ感をずっと抱いたまま、まるで呪いのように付きまとってきたのでそれを払しょくするために出場したそうです。 優勝すると特に自分たちの活動に大きなプラスになるかといわれるとそうではないですが、自分自身の為に戦うと本人がゴットタンプロデューサー佐久間さんのラジオでそう語っていました。 こういう熱い部分もあるんですね。 ただラジオでふざけてるだけの人じゃなかったんだ。 DJ松永の性格 以上のエピソードから分かる通り、 性格は自意識過剰で対人関係が苦手だったりといわゆる内向的で陰キャな部分があります。 でも、その内に秘める日々の鬱憤や独特な主張がこの男の面白さにつながっています。 どちらかといえば僕らと同じ属性の人間なので、そこに親近感が湧き共感する部分が多いです。 そして、人間としての熱い部分も持ち合わせていて、DJに関して常にスキルを高めている 努力家でもあります。 ゴットタンの佐久間P曰く「松永はラジオスターだ」という通り、ラジオとの相性がとてもいいこの男の今後に目が離せません。 最後に やっぱり好きなものを書くと、いつもより書きすぎてしまうな。 今度からも自分の好きなものを思う存分記事にしようと思います。 あとDJ松永はTwitterでエゴサーチするのが趣味らしいので、この記事にもいつかは見に来てくれるかもしれません。 その時の為にDJ松永氏に今一度言っておきたいことがある。 もうすでに散々言われただろうけど、 DMC優勝おめでとうございます!! R-指定と同じ大会3連覇がんばってね!!!!! Instagram更新しました.

次の