郵便 どれくらい で 届く。 郵便の速達で届く日数は?土日の取り扱いはどうなるの!?

普通郵便の発送から届くまでの時間は?

郵便 どれくらい で 届く

定形外郵便が届く日数の目安は2日〜3日程度かかります 定形外郵便は、普通郵便になりますので 相手に届くまでに通常、 2日〜3日程度かかります。 同じ県内や都内など近郊であれば翌日に届きます。 ただし、天気による道路事情や航空状況でお届けは多少、送れることがありますので余裕をみて発送した方がよいです。 九州、北海道などかなり遠方になると5日程度かかったことがありました。 何かの理由で遅くても1週間以内には届きます。 定形外郵便は、平日の月曜から土曜日まで通常配達されます。 日曜日と祝日は通常、配達がお休みになりますので日数が遅れます。 関連記事: 郵便局の公式ページに「」というものがありますので参考にはなります。 金曜日に定形外郵便を発送した場合の日数 金曜日に郵便局窓口から定形外郵便を出した場合は、近い地域で土曜日の午後配達に届く予定です。 何らかの事情で遅れる場合でも月曜日には届く予定となります。 週末をまたぐ場合、日曜日は配達がお休みなので月曜配達になります。 もし、月曜日は祝日の場合は、翌日の火曜日配達となります。 コンビニポストから出した定形外郵便の日数 コンビニローソンには、店内に郵便ポストが設置されています。 規定の送料分の切手を貼ってポストの間口に入る大きさであれば定形外郵便を出すことができます。 厚さが薄い郵便物が対象となります。 ローソンの郵便ポストの集荷は、基本的には1日2回は来ますのでお届け日数は、通常の目安と同じで大丈夫です。 街の郵便ポストに投函した場合と同じ感覚で大丈夫です。 定形外郵便が遅い!届かない時にできること 予定のお届け日数が過ぎても定形外郵便が届かない時は、何か原因があります。 そこで事前に想定できる遅くなる原因と対策方法をご説明します。 すでに発送されたと連絡があるのに届いていない時も以下の2点を確認してみて下さい。 1.郵便受けに 不在票が入っていないか?ポスティングチラシなどに埋もれて不在票に気が付かない場合もあります。 2.家族で住んでいる場合、留守中に家族が受け取っている場合もあります。 私の経験でよくあった事例となります。 郵便受けに入らない荷物は、届くのが遅くなる 定形外郵便は、縦横高さの合計が90cm以内で1辺が60cmまでの大きさで重さ4kg以内の荷物が発送できます。 しかし、相手の郵便受けに入らない大きさだと投函ができませんので配達員が直接、在宅している家族の方に渡しに行きます。 それでも留守の場合は、郵便局に一旦、持ち帰ります。 その際に郵便受けには、 不在票が入ります。 そして、後日、受取人が都合の良い日に再配達希望をするか郵便局窓口まで取りに行くかを選択して受け取ります。 このような状況になりますと 当初の予定よりも受取が遅くなりますので大きいサイズの定形外郵便を発送した場合は、受取人に教えておくと親切だと思います。 本当に届いていない時は郵便局に調査依頼をする 定形外郵便で発送して 1週間経過しても届いていない場合は、不着事故の可能性が高いです。 私の経験は、郵便物が集配中に行方不明になったか、何かの理由で郵便局で止まっているかなど考えられます。 その場合は、速やかに郵便局に連絡をして「事故調査依頼」をしましょう。 以前は、電話連絡で対応してくれたのですが現在は、郵便局窓口に行って専用の依頼書を書いて提出しなければなりません。 ヤフオクやメルカリで定形外郵便を利用した場合は、出品者側が調査依頼をします。 関連記事>> お近くの郵便局に行って「郵便物等事故申告受付票」という用紙をもらって記入します。 この時に発送日や発送した郵便局名など書きますので発送時のレシート(領収書)があると役立ちます。 申告書には、受取側の住所なども書きますので事前に了承を得ておきましょう。 早ければ翌日以降に担当者から連絡がきます。 定形外郵便の日数についてまとめ 定形外郵便で発送された荷物は、通常は2、3日で届くという認識でOKです。 私も過去に数百個の定形外郵便を出してきましたがかなり遅れたのは、数える程度です。 ほとんどの場合、問題なく届きます。 【定形外郵便の関連記事】 ・ ・ ・.

次の

定形外郵便の配達日数は何日くらいかかるのか?遅い場合の対応方法は?

郵便 どれくらい で 届く

標準日数は、国際小包の差出日(日本時間)から配達日(現地時間)までの標準となる日数を、各国からの通報に基づき算出したもので、お出しになられた日を含んでいません。 この表に書かれている数字は、配達に要する「標準日数」であり、配達日数そのものを確約するものではありません。 標準日数は、国際小包の差出日(日本時間)から配達日(現地時間)までの標準となる日数を、各国からの通報に基づき算出したもので、お出しになられた日を含んでいません。 引き受け・輸送・配達期間に土・日・休日が含まれる場合、航空保安のための追加的な検査があった場合、航空機の遅延・欠航などが発生した場合などは、さらに日数がかかります。 国際小包(SAL便)は、航空機の空きスペースを利用して名あて国まで輸送いたします。 充分な空きスペースがなかった場合、さらに日数がかかるため、標準日数についても1週間程度の幅があります。 内容品の価格および郵便料金の額の合計が、22ユーロ(企業差出人のインターネットショッピング)および45ユーロ(個人間の輸入)を超える場合は、スペインでの通関に2週間以上の日数を要する可能性があります。 ラベルにはできる限り、詳細な記載(商品名、受取人欄への電話番号や電子メールアドレス等)をしていただくようお願いします。 現地側での迅速な通関のために、詳細な商品名、価格、郵便料金の情報が必要との情報があることから、あらかじめ受取人様へ連絡を取っていただくことをお勧めいたします。 9 2〜3週間 デンマーク 4 2週間前後 ドイツ 5 2週間前後 ハンガリー 7 2週間前後 フィンランド 5 2〜3週間 フランス 8 2週間前後 ベルギー 6 2週間前後 ポーランド 8 2週間前後 ロシア 9 2週間前後 アフリカ エジプト 9 2週間前後 ガーナ 9 取り扱いなし 南米 アルゼンチン 7 2〜3週間 ブラジル 9 3週間前後 ペルー 6 2〜3週間.

次の

郵便の速達で届く日数は?土日の取り扱いはどうなるの!?

郵便 どれくらい で 届く

スポンサーリンク ハガキの普通郵便で届く日数の目安 ハガキを郵便ポストに出す場合 基本的には普通郵便として扱われます。 そして、普通郵便の場合 相手に届く日数は翌日~翌々日が一般的です。 差し出したエリアと届け先のエリアが近ければ翌日に届きます。 しかし、差し出したエリアと届け先のエリアが 遠距離になれば翌々日になってしまうのです。 また、 普通郵便は日曜日・祝日は配達業務を行なっていません。 そのため、ハガキを普通郵便で出した場合 届くまで3日・4日かかってしまうケースもあるのです。 ハガキを普通郵便で出せば 基本的には翌日もしくは翌々日に届きますが 日曜日・祝日が重なれば届く日数は 3日・4日ほどかかる可能性があるので注意してください。 ハガキの速達郵便で届く日数の目安 ハガキは速達郵便でも出すことができます。 ハガキの表面部分の右上部分に 赤い線を引いて速達分の切手を貼れば ポストに投函しても速達郵便として扱ってくれます。 速達の場合も、届く日数は 基本的に翌日~翌々日です。 ただし、普通郵便よりも翌日に届くエリアが広くなったり 翌日の中でも午前中に届くようになったりします。 一般的には、速達郵便にすることで 半日~1日ほど早い日数で 届けることができるとされています。 しかも、速達郵便にすることで 日曜日・祝日も関係なく配達してくれるのです。 そのため、速達郵便は日曜日・祝日が重なっても 届く日数が延びることはなく 基本的に翌日もしくは翌々日に届くのです。 ハガキの届く日数の調べ方! ハガキの届く日数の調べ方は 郵便局のWebサイトから可能で 郵便局のWebサイト内にある を利用することでハガキの届く日数を調べることができます。 使い方は簡単で同ページの 「1.差出元の郵便番号」 「2.あて先の郵便番号」を正しく入力し 「検索開始」をクリックするだけです。 クリックすると郵便物の種類別の お届け日数が表示されるため ここからハガキのお届け日数をチェックすればいいのです。 ハガキの届く日数を調べたい場合には 郵便局のWebサイトを上手に利用してみてください。 ハガキの届く日数とポスト投函の注意点! ポストに投函した普通郵便のハガキは 翌日もしくは翌々日に届けられるのが一般的です。 しかし、ポストに投函する時間によっては もう1日必要なケースがあります。 実は、郵便局の窓口で 午後の差し出しと扱われるのは17時までとなっています。 17時を超えた場合翌日の午前扱いとなるのです。 そのため、ポストに投函した後に 集荷される時間によっては 翌日扱いになる可能性があります。 これを避けるためには ポストの集荷時間をチェックしておくか 郵便局の窓口でハガキを差し出すのがおすすめです。 スポンサーリンク まとめ ハガキを普通郵便として出した場合 基本的に翌日・翌々日に届きます。 しかし、日曜日・祝日は配達業務を行なっていないため 日曜日・祝日が重なれば3日・4日かかるケースもあるのです。 また、速達郵便にした場合も基本的に 翌日・翌々日に届きますが 日曜日・祝日も配達業務を行なっているので安心です。 さらに、基本的に速達郵便にすることで 半日~1日ほど届く日数が短縮されるとされています。 急ぎのハガキは速達郵便にするのがおすすめです。 今はインターネットが発達しているため e-mailが一般的になっていますが こうしたはがきを使った情報の伝達方法は 新鮮さがあっていいものですよね。 今回の情報を元に 届けたい日に合わせて郵送しましょう。 また、こちらでは郵便に関する 様々な情報をまとめていますので参考にしてください!.

次の