大型肉食恐竜型ハンター。 syamu「大型肉食恐竜型ハンターは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。 」

大型肉食恐竜型ハンターの文章はどう添削すればええんかな

大型肉食恐竜型ハンター

同博物館によると、シャムラプトルは、福井県勝山市で見つかった 「フクイラプトル」と同じグループの「カルカロドントサウルス類」に含まれる。 頭骨など、見つかった22点の特徴を解析した結果、 同類の中で最も原始的な恐竜と位置付けられたという。 同博物館の服部創紀研究員は「カルカロドントサウルス類の 起源を解明する上で重要だ」と話している。 02 ID:TrKgkseOM. 95 ID:MyRiYLUW0. 85 ID:oL5ZVThu0. 51 ID:ITU7Dr9V0. 44 ID:oL5ZVThu0. 89 ID:2KHLhWRZ0. 03 ID:bZUAJVxS0. 75 ID:3yEkVjlG0. net 大型肉食恐竜型ハンターは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。 まるで獲物の邪魔するなと言われているようで、攻撃を止めて戸惑う小型獣型ハンター。 小型獣型ハンターは大型肉食恐竜型のハンターに牙を向けて威嚇したり、吠えて威嚇している。 大型肉食恐竜型ハンターはぶるぶると頭を振って小型獣型ハンターを片足で踏み潰す。 大型肉食恐竜型ハンターに踏み潰された小型獣型ハンターは頭を上げて吠え、頭が地面に突く。 小型獣型ハンターの紅い眼が点滅して消え、小型獣型ハンターからばちばちと火花が散っている。 大型肉食恐竜型ハンターがオレに襲い掛かろうとしている小型獣型ハンターを銜えて放り投げ、口の中の砲口が伸びてキャノン砲で小型獣型ハンターを撃つ。 小型獣型ハンターが空中で身体を起こすのも虚しく空中爆発する。 大型肉食恐竜型ハンターは尻尾で小型獣型ハンターを薙ぎ払い、口の中の砲口からキャノン砲で小型獣型ハンターを撃っている。 小型獣型ハンターが大型肉食恐竜型ハンターと戦っている。 28 ID:0RnkG9VnM. net シャムラプトルは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。 まるで獲物の邪魔するなと言われているようで、攻撃を止めて戸惑う小型獣型ハンター。 小型獣型ハンターはシャムラプトルに牙を向けて威嚇したり、吠えて威嚇している。 シャムラプトルはぶるぶると頭を振って小型獣型ハンターを片足で踏み潰す。 シャムラプトルに踏み潰された小型獣型ハンターは頭を上げて吠え、頭が地面に突く。 小型獣型ハンターの紅い眼が点滅して消え、小型獣型ハンターからばちばちと火花が散っている。 シャムラプトルがオレに襲い掛かろうとしている小型獣型ハンターを銜えて放り投げ、口の中の砲口が伸びてキャノン砲で小型獣型ハンターを撃つ。 小型獣型ハンターが空中で身体を起こすのも虚しく空中爆発する。 シャムラプトルは尻尾で小型獣型ハンターを薙ぎ払い、口の中の砲口からキャノン砲で小型獣型ハンターを撃っている。 小型獣型ハンターがシャムラプトルと戦っている。 05 ID:hI4EnGOy0. 07 ID:H14bQLeZa. 71 ID:IDHfHi2Aa. net あれだけ復活を熱望されたのに、いざ復活してみたらヒドイもんだったな 誰も得しなかったよな 総レス数 16 5 KB.

次の

ゾッ帝 パティシエ修行編

大型肉食恐竜型ハンター

小説家志望です。 評価お願いします。 誹謗中傷は辞めてください 大型肉食恐竜型ハンターは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。 まるで獲物の邪魔するなと言われているようで、攻撃を止めて戸惑う小型獣型ハンター。 小型獣型ハンターは大型肉食恐竜型のハンターに牙を向けて威嚇したり、吠えて威嚇している。 大型肉食恐竜型ハンターはぶるぶると頭を振って小型獣型ハンターを片足で踏み潰す。 大型肉食恐竜型ハンターに踏み潰された小型獣型ハンターは頭を上げて吠え、頭が地面に突く。 小型獣型ハンターの紅い眼が点滅して消え、小型獣型ハンターからばちばちと火花が散っている。 大型肉食恐竜型ハンターがオレに襲い掛かろうとしている小型獣型ハンターを銜えて放り投げ、口の中の砲口が伸びてキャノン砲で小型獣型ハンターを撃つ。 小型獣型ハンターが空中で身体を起こすのも虚しく空中爆発する。 大型肉食恐竜型ハンターは尻尾で小型獣型ハンターを薙ぎ払い、口の中の砲口からキャノン砲で小型獣型ハンターを撃っている。 小型獣型ハンターが大型肉食恐竜型ハンターと戦っている。 強烈なフラッシュバックとともに、誰のものともしれない思考が脳裏を過ぎった。 それは間違いなく自分自身の考えである筈なのに、えも言われぬ不気味な既視感に脳を全て乗っ取られてしまったような感覚が全身を包み込む。 自分の見ている風景を別の誰かに実況されているような悪寒。 「おい! 聞いておるのか!」 ふと意識が引き戻される。 ディーネがこちらを振り向きながら口を開いているが、その言葉が頭に入って来ない。 霞んでいた視界が徐々に開けていく。 暴君竜は別の小型ハンターを標的に定めているようだったが、それに追随するように現れた大小様々のハンターは、四方からオレたちを取り囲むようにして砲撃を続けていた。 暴君竜が現れてから今に至るまでの記憶が欠落しているような気がする。 いつの間に大量のハンターが現れたのだろうか…… 「これは……」 あまりにも唐突な記憶の欠如に、間の抜けた声を吐いてしまう。 「何を呆けておる! 負ぶされとは言わんから、の背に触れておれ。 娘を追うのじゃろう?」 「あ、あぁ!」 そうだ……今は少女を助けることが最優先だ。 ふらつく体を抑えながら、オレはディーネの背中に触れる。 オレが背中に触れたことを確認すると、ディーネは人間の形を捨てるように龍へと姿を変えていく。 角が生え、尾が生え、その皮膚は鱗となり、小さなそれらは大きな災いへと変貌を遂げて、一つの巨大な生命を形作った。 あまりに硬い鱗の感触に、思わず息を呑む。 荘厳かつ壮美な生命を前にしては機械仕掛けの体躯しか持たないハンターなど、取るに足らない虫けら同然のようだと思った。 健気にもこちらに向けて攻撃を続けるハンターたちを一瞥すると、ディーネは何をするでもなくただ羽ばたいた。 飛び上がると同時に木々は倒れ、周囲にいたハンターの殆どは吹き飛ぶ。 こんな生物に狙われてはどんな大国であれど為す術なく蹂躙される他ないと感じるほどの圧倒的な力を前に、吠え猛るハンターは暴君竜を残すのみとなった。 どれほど圧倒的な力を前にしても逃亡は許されず、ただ誰かに仕組まれた本能のままに敵を排除し続けることを生存理由とするハンターの限界。 ディーネが哀れに思うのも無理はないのかもしれない。 暴君竜の紅く鋭い眼からはレーザーが放たれ、口内からは巨大な火砲。 体の至るところに備え付けられた銃火器も全てが火を噴く。 しかし考えうる限りの最大火力を用いたのであろう一斉射撃もディーネの堅牢な鱗を貫くことはできず、発射音だけが空しく響いた.

次の

文章力って何?読みやすい小説にするために!

大型肉食恐竜型ハンター

20台のOLです。 私の書いた小説の評価をお願いします。 大型肉食恐竜型ハンターは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。 まるで獲物の邪魔するなと言われているようで、攻撃を止めて戸惑う小型獣型ハンター。 小型獣型ハンターは大型肉食恐竜型のハンターに牙を向けて威嚇したり、吠えて威嚇している。 大型肉食恐竜型ハンターはぶるぶると頭を振って小型獣型ハンターを片足で踏み潰す。 大型肉食恐竜型ハンターに踏み潰された小型獣型ハンターは頭を上げて吠え、頭が地面に突く。 小型獣型ハンターの紅い眼が点滅して消え、小型獣型ハンターからばちばちと火花が散っている。 大型肉食恐竜型ハンターがオレに襲い掛かろうとしている小型獣型ハンターを銜えて放り投げ、口の中の砲口が伸びてキャノン砲で小型獣型ハンターを撃つ。 小型獣型ハンターが空中で身体を起こすのも虚しく空中爆発する。 大型肉食恐竜型ハンターは尻尾で小型獣型ハンターを薙ぎ払い、口の中の砲口からキャノン砲で小型獣型ハンターを撃っている。 小型獣型ハンターが大型肉食恐竜型ハンターと戦っている。

次の