咳 止め 薬。 咳に効く市販薬は?ドラッグストアの咳止め薬の選び方 [薬] All About

花粉症で咳のみが止まらないときの薬と対策!妊婦に安心な漢方は?

咳 止め 薬

五虎湯(ごことう) 五虎湯はこんな咳に 五虎湯は 咳が出始めてから1日~3日の初期のころに飲むと効果的です。 強い咳で、のどから気管支が熱をもっているようなとき。 顔を赤くしてせきこむような症状のときにおススメです。 五虎湯は何が入っているの? 漢方名に 五とあるように、5つの生薬からなっています。 麻黄(まおう)• 杏仁(きょうにん)• 甘草(かんぞう)• 石膏(せっこう)• 桑白皮(そうはくひ) の5つになります。 麻黄はこの漢方の核となるもので、痰を出し、気管支をひろげ呼吸を楽にします。 葛根湯など風邪薬には欠かせない生薬です。 杏仁はアンズの種。 杏仁豆腐の杏仁ですね!咳を止めてくれる働きがあります。 甘草は「甘い草」と書く通り、とても甘い薬草。 のどの痛みを和らげ炎症をおさえる働きがあります。 石膏はみなさんご存知ですか?鉱物ですが持った時にひんやりする感じはありますね。 身体のなかでもそのはたらきを期待して使います。 身体のこもってしまった 熱をさまし潤す働きがあります。 桑白皮はクワの根っこの皮。 咳や喘息をしずめるはたらきがあります。 この5つの生薬で、 せきや 気管支喘息に効果を発揮します。 五虎湯を買うならどれが良い? クラシエさんの満量処方シリーズがおすすめです。 このシリーズは風邪薬がラインナップされています。 ドラッグストアの漢方薬は病院で処方されるものと違って、成分が少なめになっています。 満量処方と書いてあるものは、医療用と同じ量の成分が入っています。 風邪などの急性期、早く治したい場合は満量処方を選びましょう。 竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう) 竹茹温胆湯はこんな咳に 「竹」からはじまる漢方名ですが、その名のとおり「竹の皮」が入っていている漢方薬。 風邪になり熱などのひどい症状はおさまっても 咳だけ残るときはありませんか? 具体的には 風邪をひいてから3日目以降になります。 とくに夜になると咳が出てきてしまい眠れない。 ストレスが重なっていて咳が出てしまう。 そんなときに飲んでみてください。 私はこの漢方薬が大好きです。 大学生のころ、夜の咳が1か月以上とまらず上手く眠れなかったときがあります。 そのときに病院の咳止め、気管支喘息のパッチではとまらず、他の漢方薬も効かなかったとき、こちらの漢方薬をのんだら落ち着きました。 私にとってのお守りのような漢方薬ですね。 常備しています。 竹茹温胆湯を買うならどれが良い? 竹茹温胆湯がドラッグストアに登場したのは2011年のこと。 比較的最近です。 それまでは医療用しかなかったのですが、クラシエさんが発売してくれました。 佐藤製薬さんも発売していますが、成分の量をみるとクラシエさんがおすすめです。 ただメーカーによって製法が違いますので、あくまでもエキス量は目安として見て頂ければと思います。

次の

鎮咳去痰薬

咳 止め 薬

咳がひどくて市販の咳止め薬を買いたいけれど、どんな薬を選べばいいのか分からない…。 こんな風に悩んでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 最近では色々な咳止め薬がありますし、色々なサイトで様々な薬がおすすめされているので、正直どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、 医療に携わっている僕自身が徹底リサーチした「本当におすすめ出来る市販薬」をランキング形式でご紹介します! この記事を読めば、どの市販薬を選べばいいのか丸わかり!とまでは言いませんが、選ぶ際の参考になることはお約束します。 市販薬を選ぶ時に大切になる、咳が出る原因と、正しく咳を止めるために知っておきたいポイントも合わせてお話していますので、まずはこちらに目を通した上でランキングをご覧ください。 Sponsored Link そもそも咳が出る原因 咳が出る原因には色々なものが考えられますが、結局のところ主な原因は3つに絞ることが出来ます。 喉の炎症が原因で起こる咳(風邪、喉の使いすぎなど)• 気管支が狭くなって起こる咳(軽度のぜんそく、気管支炎など)• その他の病気で起こる咳(肺がん、肺結核など) ようするに、 咳が出る理由は喉、気管支、その他の3つに原因が大別されるということを覚えておいてもらえればOKです。 このうち、 咳止め薬が効果的なのは、喉と気管支が原因となって起こる咳ですね。 日常的に起こる大抵の咳はこちらのタイプになります。 咳止めの市販薬には、咳を起こす中枢に直接効くもの、気管支を広げてくれるものなどが多いので、こういった咳には薬が効きやすいと言えるでしょう。 一方、 その他の原因で起こる咳については、大抵は咳止めを飲んでいても治りません。 難しい病気が多く、自然治癒しにくいですからね。 つまり、もしあなたが今、咳止めが効かないことで悩んでいるのであれば、その原因は基本的にたった2つしかありません。 薬が自分の咳の原因に合っていない• 市販の薬では治せないその他の病気による咳 そのため、 まずはこの記事を参考に自分に合った薬を使い、その上で効果がなければ病院を受診するという考えで薬を使うようにすると良いでしょう。 咳が出る原因となっている部位は、大きく分けて喉、気管支、その他の3つ!原因に合わせた薬を使わないと、あまり効果が期待できない点に注意しましょう! Sponsored Link 自分に合った咳止めを選ぶためのポイント2つ 上でもお話した通り、咳止めを選ぶ際には、自分の原因に合った咳止めを選ぶ必要があります。 ただ、「そう言われてもよく分からない!」という方も多いと思いますので、ここでは咳止めを選ぶ時に確認しておきたい2つのポイントをお話しておきましょう。 自分の咳が痰がらみかどうかをチェックする まず確認しておきたいのは、「咳と合わせて痰も出ているかどうか?」ですね。 これを確認しておくことで、気管支が原因で起こる咳なのか、もしくはそれ以外の咳なのかを大まかに判別することが出来ます。 まず、 咳だけでなく痰もひどいという場合は、気管支が原因となって起こる咳である可能性が高いです。 というのも、痰は気管支から分泌されるものだからですね。 「痰が多い=気管支にも炎症が起こっている」と解釈できるわけです。 一方で、 痰がない、あるいは軽く痰が出る程度であれば、ひとまずは喉が原因の咳であると考えておきましょう。 その他の原因で起こっている咳の可能性もあるのですが、大抵は風邪などによる喉由来の咳ですからね。 咳止め薬の種類を理解しておく 自分の症状と合わせて、咳止め薬の種類について理解しておくことも大切になります。 というのも、咳止め薬には大きく分けて以下の3つの種類があるためですね。 咳そのものを中枢から抑える薬• 炎症で狭くなっている気管支を広げる薬• 痰を出しやすくする薬 例えば、喉からくる咳であれば咳を抑える薬で対処、気管支からくる咳であれば気管支を広げる薬で対処をしていく必要があります。 また、痰が辛い場合には、痰を出しやすくする薬で楽になることがとても多いですよ。 自分の症状に合った薬を選ばないと、「薬が効かない!」なんてことになりかねません。 次でご紹介する咳止めの市販薬ランキングをチェックして、あなたに合った薬を選ぶようにしてください。 痰が多いなら気管支、痰が少ないなら喉が原因の可能性大!これを踏まえて自分に合った薬を選びましょう! Sponsored Link 咳止めに本当におすすめの市販薬ランキング ではここからは、医療職の僕が直接選んだ咳止めに本当におすすめ出来る市販薬を、ランキング形式でご紹介したいと思います。 ただ、上でもお話している通り、 大事なのはランキングではなく、自分に合った薬を選ぶことです。 以下では、それぞれの市販薬の効果を分かりやすく書いておきますので、それを参考に自分に合った薬を選んでいくと良いでしょう。 第5位:ミルコデ錠A ミルコデ錠Aは、 長引く咳や痰、症状のひどい咳などに効果を発揮する薬です。 特に、ゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音をともなう場合には効果的と言えるでしょう。 ぜんそく用に作られた薬で、主に気管支を広げる成分が多く含まれているのが特徴ですね。 また、ねばついた痰の切れを良くする漢方も配合されています。 気管支が原因となる咳と痰の両方に効く薬というイメージで良いでしょう。 非常に効果の強い薬ですが、その効果の強さゆえに、薬剤師に相談しないと購入できないことになっています。 いわゆる「第一類医薬品」と呼ばれる種類ですね。 ただ、Amazonや楽天であれば、ネット上で質問に答えるだけで購入することが出来ます。 薬局などに行くのが面倒な方は、以下のリンクからAmazonや楽天で購入をすると良いでしょう。 第3位:エスエスブロン錠 エスエスブロン錠は、簡単に言ってしまえば 苦しい咳の症状全般に効く薬ですね。 エスエス製薬が昔から出している薬なので、見たことのある方も多いのではないかと思います。 咳を中枢から止める成分や気管支を広げる成分、アレルギー性の咳を止める成分などがバランスよく含まれているのが特徴ですね。 一応痰を出しやすくする効果もありますが、他の痰切れをよくする薬と比べると成分量は控えめと言えるでしょう。 また、バランスの良い薬ではあるものの、成分量だけを見ると他の薬に少し劣ります。 つまり、他の薬に比べると多少効果が弱い分、副作用も出にくい薬と言えますね。 その分、 他に比べてコストパフォーマンスが良い薬になっているので、値段と効果のバランスを重視する方はこちらの購入がおすすめですよ。 第2位:新エスエスブロン錠エース 新エスエスブロン錠エースは、 痰のからむ苦しい咳にとても効果的な市販薬です。 先ほどご紹介したエスエスブロンの兄弟のような薬で、会社も同じエスエス製薬ですね。 一見するとエスエスブロンとよく似た薬なのですが、こちらには 痰に効果的な成分が多く配合されているのが特徴になります。 つまり、痰をともなう咳を良くするのに効果的な薬と言えますね。 また、咳を止める作用や気管支を広げる作用、アレルギーによる咳を抑える作用などもあります。 これらはエスエスブロンにもある効果ですので、 痰にも効く分、エスエスブロンの上位互換とも言える薬と考えて良いでしょう。 ただ、値段は普通のエスエスブロンに比べると少し高めになっています。 そのため、 咳だけでなく痰もひどい場合にはこちらの薬を、そうでなければ普通のエスエスブロンを、といった形で選ぶようにすると良いでしょう。 第1位:アネトン咳止め錠 アネトン咳止め錠は、 様々な原因で起こる咳や痰にオールマイティに効く薬です。 喉が原因で起こる咳と気管支が原因で起こる咳のどちらにも対応しており、痰の切れも良くしてくれるという、とても使いやすい薬となっています。 しかも、アネトン咳止め錠には、 咳を中枢から止める成分がとても多く含まれているという特徴があるんです! 反射的に出る咳を元から抑えてくれる作用がありますので、咳止めの効果は他に比べても強い薬と言えるでしょう。 また、痰を出しやすくする生薬もかなり多く配合されていますので、痰がある時にも安心して使うことが出来ますよ。 気管支を広げる成分やアレルギー性の咳を抑える成分についても、他の薬と同等の量が配合されています。 ただ、 効果が良い分、他の薬と比べて値段が少し高くなってしまうのがデメリットですね。 そのため、値段よりも効果を重視したい場合、今すぐに咳を止めたいという場合などに、こちらの薬を選ぶと良いでしょう。 まとめ 今回は、咳止めに本当におすすめ出来る市販薬についてお話してきました。 最後にもう一度、ご紹介した薬のポイントをおさらいしておきましょう。 長引く咳や痰には「ミルコデ錠A」• 喉の痛みをともなう咳や痰には「ベンザブロック咳止め錠」• 大抵の咳の症状に効くコスパの良い薬なら「エスエスブロン錠」• 咳だけでなく痰もひどい時は「新エスエスブロン錠エース」• 値段よりも効果重視ならオールマイティな「アネトン咳止め錠」 大ざっぱに言えばこのような形ですね。 自分に合った薬を選ぶことで、「薬が効かなかった!」ということが少なくなるかと思いますよ。 ただ、薬の成分には体との相性もありますので、時には合わないということもあるでしょう。 そういった場合は、上に書いた中から自分に合った別の薬を試してみるようにしてください。 また、 もしいくつか薬を試してもなかなか治らない、あるいは症状が悪化していくと言う場合には、病院を受診するようにしましょう。 自然に治る病気であれば咳止めを使っておけば良いのですが、治らないのであれば病気である可能性は高いと言えます。 特に、3週間以上咳が続いているという場合には、必ず一度、以下の記事を参考に病院を受診してみてくださいね。

次の

夜ひどくなる止まらない子供の咳!おすすめの市販薬5選

咳 止め 薬

風邪を引いて咳が止まらない時の薬 発熱やのどの痛み、鼻水など、咳以外にも風邪の症状が出ている時、「とりあえず風邪薬を飲んでみよう」という方は多いかもしれませんが、風邪薬を飲んですぐに良くなった経験がある方は少ないのではないでしょうか。 風邪という病気そのものは風邪薬を飲んでみたところで根本的に治せるものではないので、基本的には薬を飲まずに安静にしていれば治ってしまいます。 ただ、咳や鼻づまりなどの症状がつらい場合、一時的に出ている症状を抑えて体をラクにするために薬を飲むということはあります。 風邪の時に服用する薬には、「熱を下げる」「鼻水を止める」「咳を鎮める」成分がバランスよく配合された総合感冒薬のほか、咳を鎮めて痰を出やすくする鎮咳去痰薬(咳止め薬)、熱を下げる解熱鎮痛薬などがあります。 ドラッグストアで購入の際は、薬剤師に相談するか、薬のパッケージで成分をよく確認しましょう。 咳止め薬のパッケージには「せき・たんに」など、咳止め薬であることが一目でわかるようにはっきり書いてあります。 風邪以外の原因が疑われる時 鼻水や発熱は治まってきたのに、咳だけが長引いている時は、気管支炎など呼吸器系の病気にかかっている疑いがあります。 2-1.急性気管支炎 風邪を引いた後、風邪で弱った気道や気管支の粘膜が炎症を起こし、急性気管支炎になることは多いです。 急性気管支炎も風邪と同じく、病気そのものを治す薬はありません。 健康な大人なら1~2週間で自然に治ることも多いのですが、咳がつらい時は咳止め薬を服用して症状を鎮めると少しラクになります。 () 2-2.気管支炎以外の呼吸器感染症 百日咳、マイコプラズマ肺炎、アトピー咳嗽などの病気でも咳が長く続きます。 これらの病気が疑われる時は、市販の薬で症状を抑えるのは止めて、すぐに病院を受診してください。 百日咳にかかると、コンコンという咳が立て続けに出た後、ヒューと息を吸い込むような咳がでます。 子どもの頃に予防接種を受けた人も、大人になるとワクチンの効果が薄れてしまい、百日咳にかかることがあります。 治療には抗菌薬が必要となります。 マイコプラズマ肺炎は、子どもや30代までの若い世代に多い軽症の肺炎です。 乾いた咳がしつこく続き、鼻水や痰はあまり出ません。 こちらも治療には抗菌薬が必要となります。 また、女性ホルモンの関係で症状が出るため、中年の女性に多く見られます。 エアコンの風やおしゃべりなど、ちょっとした刺激で咳が出ることが1カ月以上続いたら、アトピー咳嗽の疑いがあります。 治療は抗ヒスタミン薬が中心となります。 2-3.喘息・咳喘息・COPD 喘息・咳喘息・COPDなど、細菌やウイルスによる感染症とは違う病気が原因で咳が続くことがあります。 これらの病気が疑われる場合は、市販薬で症状を抑えるのは止めて、すぐに呼吸器内科を受診してください。 喘息になると咳が続くほか、息をする時に「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」という音がします。 喘息の前段階と考えられている咳喘息では「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」と言う音はしませんが、喘息の治療に用いる気管支拡張薬を服用すると呼吸がラクになります。 気管支拡張薬は医師が処方する薬なので、定期的な受診が必要です。 () COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、タバコを吸う習慣がある人に多い病気です。 痰のからんだ咳が続くほか、階段を昇る時や体を動かした時に息切れがします。 () 3. 使ってはいけない薬・やってはいけない服用法 3-1.「コデイン」は小児には使わない 2019年12月より、12歳未満の小児に「コデイン」という成分を与えることは禁忌となりました。 特に乳幼児は、気管や気管支がまだ細くてやわらかいため、大人より呼吸困難が起こりやすくなります。 12歳未満の小児に咳止め薬を与える場合は、医師や薬剤師に相談するか、薬のパッケージや製薬会社のホームページなどで成分を確認し、「リン酸コデイン」「リン酸ジヒドロコデイン」が含まれているものは与えないでください。 3-2.咳止め薬と他の薬を同時に使わない 咳止め薬と総合感冒薬を一緒に飲むことは止めてください。 総合感冒薬の中にも咳止め成分が入っているので、両方を一緒に飲むと、咳止め成分を摂り過ぎることとなってしまいます。 また、葛根湯などの漢方薬にも咳止め成分が入っていることがあるので、やはり咳止め薬と一緒に飲むことはしないでください。 咳止め薬と別の薬を一緒に服用すると、薬の成分同士が反応して思わぬ副作用が出ることがあります。 また、糖尿病や前立腺肥大症の方は、風邪薬や咳止め薬を飲むと尿が出にくくなることがあります。 持病のある方や妊娠・授乳中の方は、咳止め薬を服用する前に主治医や薬剤師に相談しましょう。 咳止め薬が効かないからといって、自己判断で量を増やしたり、飲む回数を増やしたりすることは絶対にしないでください。 上記で述べた通り、咳の原因はさまざまなので、本来の原因と合っていない薬を飲み続けていると、効かないだけでなく病状が悪化してしまう恐れがあるからです。 おわりに 風邪を引いた時に咳が出るのは、体の中からウイルスなどの異物を排除しようとする自然な反応なので、数日程度であれば薬を飲まずに様子をみましょう。 咳止め薬を飲むのは、「眠れない」「苦しい」「つらい」時に、一時的に症状を抑え、体の負担を軽くするためだと認識しましょう。 風邪や気管支炎の咳は、2週間程度で治まるのが普通です。 2週間以上咳が続くときは、別の病気である可能性が高いです。 その場合、市販の薬では解決しないので、まずは呼吸器内科のある病院を受診しましょう。

次の