血祭りにあげてやる。 西の洞窟|ドラゴンクエスト7 完全攻略(3DS/iOS/Android版対応)

瞬、お前から血祭りにあげてやる!(by 一輝)

血祭りにあげてやる

西の洞窟 アントリアさまから さずかったこのチカラで キサマらを血祭りにあげてやる。 ふきだまりの町の西にある洞窟。 地上の牢獄から脱出するための唯一の道と言われています。 内部は通路が複雑に入り組み、毒の沼地を通らなければならないところもあります。 また、出口付近には凶悪なモンスターが巣くっています。 訪れるタイミング• でフーラルが加入した後• でザジがさらわれた後 入手アイテム• 攻略ポイント フーラル加入後に攻略可能 ふきだまりの町でフーラルが加入する前にこの洞窟へ入った場合、出口付近まで進むことはできますが、そこにいるボス2体に勝つことはできず、確実に全滅してしまいます。 この時点ではイベントは進まないので、必ずフーラルが加入してからこの洞窟を訪れること。 各フロアの進み方 洞窟内に宝箱は1つもないので、どのフロアでも最短距離で階段を目指しましょう。 1F: 北の階段が正解 階段が2つありますが、早くたどり着ける階段は上がっても行き止まりです。 毒の沼地を渡り、最も北にある階段を上がる必要があります。 2F: 曲がりくねった道を進む 坂道を上がっていき、北の大きな池の近くにある階段を目指します。 3F: 北西の階段が正解 大きなフロアに階段がいくつもあります。 正解は北西の大きな毒の沼地の向こうにある下り階段だけであり、それ以外の階段は意味がありません。 正解の階段を下った後は一本道で4Fまで進めます。 4F: フーラルの作戦 通路の途中まで進むと、ボス2体の手前でフーラルが作戦を実行します。 自分1人に任せてほしいというフーラルの考えとは……。 その後、イノップ&ゴンズと戦闘になり、スイフー戦の時と同様、主人公たちは圧倒的な力に押されて全滅してしまいます。 所持金は減らず、へ戻されます。 ボス戦なしで出口へ ふきだまりの町でさらわれたザジを助けるため、再びこの洞窟を訪れた時には、イノップとゴンズの姿はなく、ボス戦なしで出口まで進めます。 出口前でカシムとネリスの会話を聞いた後、へ出ます。

次の

ブロリー「血祭りにあげてやる!」加賀「やめてちょうだい」

血祭りにあげてやる

インスト• 透過・合成用• 打ち込み• ゲームミュージック• ゲーム• キャラクター• ポップ• 3D・CG• テクスチャ• VOCALOID• MIDI• ロック• 乗り物• カラオケ• 手描き• エレクトロニカ• オーケストラ• 生演奏• テクノ• オリジナルキャラクター• モノクロ• アンビエント• ジングル• クラシック• ボーカル• テキスト• バラード• 食べ物• ジャズ• アニメ調• アニソン• J-POP• ドット絵• アイキャッチ• トランス• メタル• ヒップポップ• オルゴール• フォーク• カントリー• アイドル• 吹奏楽• 水彩画• AOR• ぬりえ•

次の

#2 【たすけて】血祭りにあげてやる【僕の天使が】2

血祭りにあげてやる

概要 CV: 『』に登場するキャラクター。 から登場。 にある出身の。 同じ惑星出身のの妹分。 の小柄な女戦士でへそ出しの赤い服と黒のを着用している。 薄いを持ち、の特性上、尻尾は生えていない。 気弱で引っ込み思案な性格をしており、サイヤ人でありながら普段はあまり戦闘を好まない。 しかしその体内には恐るべき潜在能力を秘めており、その力が全て解放されるとの中でも特殊な、となり暴れまわる。 普段のしおらしい姿からは予測出来ない様な、はち切れんばかりの筋肉と巨体を持つようになり、ものすごい力を発揮する。 カリフラからは可愛い妹分としてに大事にされていてケールも彼女を姐さんと呼び慕っている。 カリフラへの思いは強く、他の人が彼女と仲良くしているだけでやきもちを焼いてしまう。 その為、出会って間もないのにカリフラとの距離が近いには少し嫉妬心を持っている。 キャラクターの特徴としては同作品のアニメオリジナル作品に登場する・をオマージュしたかの様な要素が多く、その事から一部のファンからなどの名称で呼ばれている。 外見的にもほぼ同じと言って良いが、悟空たちはその姿を初めて見た反応をしており、ブロリーの事は知らない設定になっている。 これはより前までの劇場版は全てとされている影響で、次章「」で、が出来てきた際も、悟空達は同様の態度をとっている。 名前の由来はの原種の野菜「ケール」から。 形態・戦闘力 通常時 平常時のケール。 気弱で引っ込み思案な性格をしており戦闘をあまり好まない。 薄いを持つが、超サイヤ人に変身すると肌の色が薄くなる。 DBのキャラでは珍しく唇が赤く描かれ、超サイヤ人に変身してもそれは維持される。 サイヤ人であるため、ある程度の戦闘能力は持っているものの、戦闘力はあまり高くなく、パンチやエネルギー波の威力は低い。 だがその身体の中には高い潜在能力を秘めており、超サイヤ人へと変身するとその力が大きく発揮される。 黄緑色のオーラを発し、その姿は時のと瓜二つ。 全身の筋肉が肥大化、身長も大幅に伸び、眼は白目を向いた状態になる。 髪型や髪色もブロリーと同じ黄緑色で逆立ったものになるが、後ろ髪だけ少しデザインが異なり、四方八方に逆立っているブロリーに対し、ケールの後ろ髪はその多くが上向きに逆立った状態となっている。 戦闘力はのやのを圧倒するレベルで、油断したの悟空を掴み投げ飛ばす姿も見られた。 耐久力も大幅に上昇し、超サイヤ人ブルー悟空のの中を平然と突き進んでいた。 また性格も狂暴なものへと豹変し、狙った相手を倒すために暴れまわる。 強大なパワーアップ故ケール自身もこの力を制御しきれておらず、作中では体内から湯気を発したり何十発ものエネルギー弾を暴発させる様子が度々見られた。 アニメ本編では正式名称は出てきておらずからは「本来のサイヤ人そのものかもしれん」、などからは「暴走」と呼ばれている。 アプリ「ドッカンバトル」では「ケール 暴走 」、ACゲーム「」では「暴走」「制御不能なサイヤ人」、BDBOX購入特典の「SETTING ART BOOK」では「 暴走 」と解説されている。 一方で「」での公式設定画を使った解説では「この見た目はあの伝説の超サイヤ人!? とされ、アニメ114話の次回予告では悟空がこの形態を「伝説の超サイヤ人」と(しれっと)呼び、ブロリーと同様の形態として扱われている。 漫画版では「伝説のサイヤ人」とそれに近い名前で形容されている。 通常時より少し筋肉質な体形になるが、暴走状態程は大きくならない。 髪やオーラの色は黄緑色だったものが少し薄くなり黄色が強くなる。 達との戦いでいつまでもカリフラに守られてばかりの自分への怒りで初変身。 その時点ではまだ完全にはコントロール出来ておらず、フルパワーを出した際には度々暴走状態の伝説の超サイヤ人になっていた。 だが悟空と再戦中に再び暴走した際に、カリフラからの熱い呼びかけで涙を流し、理性を取り戻し完全にコントロールが可能になった。 戦闘力は覚醒当初の時点では暴走状態より多少劣るような描写であったが、完全にコントロール可能になってからは暴走状態以上に気が膨れ上がったとされている。 超サイヤ人2の悟空をカリフラと共に追い込んだが、彼がの力を解放すると二人掛かりでも圧倒されていた。 こちらも作中では正式名称は出てきておらず、更に公式でも形態名がはっきりとしていない。 作中では「あのパワー(暴走時)を完全にコントロールした」姿と語られ、BDBOX購入特典のSETTING ART BOOKでは超サイヤ人と解説されている。 アプリ「」ではに分類されているが、作中で超サイヤ人2特有のスパークを発していたシーンは、いずれもカリフラと手を取り合いながら気を高めたシーンで、手を放し、カリフラが1人で気を高めた際にはスパークを放っているが、ケールの場合はそういった描写はなくただ緑色のオーラを放っているだけであった。 活躍 第89話でカリフラの舎弟達に紛れ初登場。 突如、自分達のアジトに乗り込んできたキャベに驚いていた。 その後、キャベの指導を受け超サイヤ人をなる特訓をしていたカリフラを陰から覗いていたが、カリフラにはばれておりケールも「力の大会」に参加する為、超サイヤ人に変身する特訓をすることになる。 当初はカリフラの様には上手くいかず苦戦するが、カリフラと親しそうにするキャベに嫉妬し、さらに怒るためにわざとキャベから浴びた罵声や、上手くいかずカリフラの邪魔になる自分への怒りで超サイヤ人へ覚醒。 しかし、覚醒した超サイヤ人は普通の超サイヤ人ではなく、の様なであった。 そして、覚醒のきっかけとなったキャベにを宣言し暴走を始める。 キャベとの戦いでは超サイヤ人のキャベ相手に優位に立ち、エネルギー弾でとどめをさそうとするがに覚醒したカリフラにそれを弾かれ、最後はカリフラがキャベにはひっかからないと宣言し、さらに彼女に実力を認められて、その嬉しさからか変身を解き笑みを浮かべ気絶した。 力の大会では当初変身のコツが分からず力を発揮することが出来なかった為、のメチオープやナパパに狙われてしまう。 しかしカリフラと悟空の戦いの中で一人超サイヤ人になれない自分に疎外感を感じ、さらにカリフラが戦いに夢中で自分を顧みてくれなくなったため、「自分から姐さんを取った」悟空への怒りで再び変身して暴走。 今度は悟空相手に襲い掛かった。 悟空との戦いでは超サイヤ人2の悟空の攻撃を圧倒し、少し本気を出した超サイヤ人ブルーのかめはめ波すら突っ切り悟空を掴み持ち上げる。 しかし自らの力を制御しきれていない為、体内から湯気を発し息切れ。 今度は掴んだ悟空を投げ捨て何十発ものエネルギー弾を暴発させた。 その力で武舞台を破壊し対戦相手の殺害を懸念されたが、突如として現れたののエネルギー波で元に戻り気絶し、やカリフラに連れられ一度身を引いた。 その後カリフラに連れられた先で再び悟空と対面し、今度はプライド・トルーパーズのカーセラル率いる5人組に狙われ共闘することになる。 その中でケールは超能力を使うココットと対決し、彼女の特殊技「ココットゾーン」の中に閉じ込められ、さらに「ココットゾーンMAX」にてカリフラと二人で、プライド・トルーパーズのメンバー4人がいる巨大なドームの中に閉じ込められてしまう。 そんな中自分を守る為、攻撃を受け続けるカリフラを見たケールは自分への怒りで今度は通常の超サイヤ人へと覚醒し「ココットゾーン」を打ち破る。 さらに、暴走状態のコントロールも一時的に可能となり、カーセラル達とのエネルギー波の撃ち合いにて、に変身したカリフラとの協力技で彼らを打ち破った。 撃破後は暴走状態をコントロールした状態で悟空の前に現れ、一瞬微笑むも疲労で気絶。 カリフラに背負られて去っていった。 悟空の元を去っていた後は体力を回復させるためカリフラと共に岩陰に隠れ、ヒットとやジレンとの領域に達した悟空の戦いを観察する。 そして休憩に入ってから約15分程経つと、ある程度体力が回復しキャベ達と共にジレンと戦うヒットの援護に入ろうとする。 しかしヒットからは自分達にしか出来ない事をするべきだと指示され身を引き、さらにその後カリフラとケールを狙ってきたのモンナの相手も、まだ体力を温存しておくべきだとキャベに指示されそれを代わられる。 その後、体力が完全に回復するとカリフラと共にになるべく超サイヤ人2の悟空相手に戦いを挑み、息の合ったコンビネーションを見せる。 だが徐々に悟空に動きを読まれていき、さらに超サイヤ人3の力を目の当たりにすると、自身も更に強くなるべく再びフルパワーを解放する。 だが、やはりまだ力を完全にはコントロールしきれておらず再び暴走状態に陥ってしまう。 そしてパワーアップに喜び、手を差し伸べてきたカリフラに手を出そうとするが、カリフラは理性を無くすまで自分の為に力を搾り出してくれた事を称え、自身の隣で一緒に闘えるのはケールだけだと伝える。 するとケールは涙を流しながら緑色の気の渦に囲まれ、それが解けると、遂に力のコントロールに成功した。 コントロール成功後は再びカリフラとの連携攻撃で超サイヤ人2の悟空を攻撃。 悟空のでカリフラの攻撃が外れた際には悟空の顔面を掴み吹き飛ばす。 だがその攻撃でと向き合っていたのカトペスラが吹き飛ばされフリーザの注意を引いてしまう。 そしてサイヤ人は自らの玩具と発言したフリーザとぶつかりそうになるが、悟空が間に入った事で衝突することはなく、悟空との戦いを続行。 その後超サイヤ人2のパワーに引き続きまで破ったケール達だったが、それを受けて悟空がの力を解放すると形勢が逆転。 再び追い詰められていき、に似た悟空の二発の追尾型エネルギー波によりカリフラが負傷。 そのまま助けに入ったケールもろとも、悟空はとどめとしてかめはめ波を放つ。 だがかめはめ波によって砕けた武舞台の破片から謎の緑の光が発光し一人の戦士が姿を現す。 それは大会前にとフワから託されたで合体したケールとカリフラの姿であった。 自らの事をと名乗るその戦士は、ノーマル状態でありながら超サイヤ人ゴッドの悟空でも目で追えないスピードと図り切れない戦闘力を見せる。 悟空が超サイヤ人ブルーに変身してもなお互角に渡り合う力を見せ、の力を解放されると押される様子も見せたが一瞬の隙をつき悟空の首筋に大ダメージを与えダウンを奪う。 だが悟空がケフラの気に触発され再度身勝手の極意に覚醒すると形勢は一変。 ケフラも悟空に触発されどんどんと力を上げていったが身勝手の極意の前には敵わず至近距離でを放たれ場外となった。 場外と共にポタラの時間制限きて合体は解除され、分離した状態で観客席へと転送された。 また同時にかめはめ波の勢いでフワのポタラも破壊されている。 観客席ではシャンパとフワに負けてしまった事を謝罪していた。 その後、第6宇宙チームの中では最後の脱落者となったサオネルとピリナの身を案じる中、全王の手により第6宇宙ごと消滅した。 その後、大会終了後MVPとなった17号の「消えてしまった全ての宇宙を復活させる」という願いによりシャンパの宮殿にて蘇り、カリフラと共に生き返った喜びを分かち合った。 そしてカリフラの命により同じく生き返ったキャベと3人で大会内では届かなかった超サイヤ人3を目指すことを決意した。 漫画版での活躍 漫画版『超』でも登場。 アニメ版とはやや異なり、性格は気弱というよりクール。 のからの攻撃を見もせずに反撃して脱落させたり、ゴールデンフリーザに不意打ちしたりと、通常時でもかなりの実力者として描かれている。 力の大会が始まるまで超サイヤ人に変身せずにおり、その理由はカリフラを尊敬するあまり、彼女が絶対的な存在でなければならないと考え、そのカリフラよりも自分が強くなってしまったことに引け目を感じていたため。 そしてカリフラ とキャベ を痛めつけていたフリーザに対し、「あねさんを脅かす存在はあたしが消す」という怒りで変身するも、初めて解放した己の莫大な力に理性を飲み込まれ暴走。 のやに、第4宇宙のと、のなどを次々に脱落させた上、合体したのすらも単独で撃破する。 しかも完全に理性のコントロールを失ったケールは、味方であるや、、キャベにまで攻撃を加えてしまう。 しかし、攻撃を見切られた上に体力の消費も重なり、ののチームワークには苦戦を強いられる。 ところが、カリフラが試合前にから金になりそうだとこっそり掠め取っていたポタラが見つかり、シャンパの指示を受けたキャベが捨て身でポタラをつけたことで、ケフラへと合体する。 ゲームでの活躍 第6弾で初登場。 レアリティはUR。 暴走状態になれる「制御不能のサイヤ人」のCAAチェンジを持つ。 変身するとブロリー同様、連携攻撃に参加できなくなる代わりにパワーが3倍になり、エナジーに関係なく必殺技が発動できるようになる。 また、アビリティ「潜在能力の目覚め」は、チェンジに成功していると、戦闘力バトル終了時、気力を回復し、敵のガード・ダメージ軽減効果を無視して攻撃できる。 ちなみにミッションやデッキの選択次第ではブロリーと対決・共闘することも可能である。 超サイヤ人2と共に実装。 暴走状態の名義は『ケール(暴走)』で、「超サイヤ人」が入っていないことからもわかるように、 超サイヤ人として扱われていない。 属性は正義側を示す『超属性』で、カリフラが属しているカテゴリ「ピチピチギャル」にはさすがに属していない。 性能はフェス限定版のと似たような感じで、非フェスキャラでありながら最終的な最大火力はフェス版のをも超える。 ただしなぜか超サイヤ人扱いではないので、超サイヤ人たちとパーティを組むとリンクスキル(隣り合ったキャラ同士が同じリンクを持っていると発動するスキル効果)の繋がりが悪くなるため、リンクの面ではに分が大きくある。 後に通常時やの状態も実装されている。 余談 制作秘話 原作者・先生の脚本、監修で知られる「超」だがケールの場合は少し異なりその誕生のきっかけになったのはによるものである。 スタッフ達によるシナリオ会議の際「ブロリーって人気だよね」という話が上がり、そこからブロリーと似た新キャラを出す事になりブロリーそのままだと面白くない為、彼を女の子にしたケールが生まれたのだという。 そしてその設定画を見た鳥山先生もそのノリに協賛し、同時に新たなサイヤ人としてカリフラをデザインし、結果ケールとカリフラという2人のペアが生まれることになった。 ブロリー要素 超サイヤ人化した姿は見るからにブロリーそのものだが行動もブロリーと似ている。 超サイヤ人に覚醒した直後、キャベを指差し「まずお前からにあげてやる!」と言い放ちその後も「気が高まる。 あふれる!」などブロリーと同じ発言をしており、さらに戦闘面でもキャベをに吹き飛ばしたり、に似た技を使用するなどの行動が見られた。 また力の大会でも悟空のかめはめ波を物ともせず悟空を掴み上げる、上空(と言っても舞空術使用不可なので瓦礫を盛り上げて登ったのだが)から四方八方に気弾を放つなど、ブロリー映画の各シーンを元にした描写がありと言わんばかりの演出が見られた。 ただケールはブロリーとは違いを「孫悟空」と認識しているので悟空に襲ってくる際は「カカロット!」呼びではなく「孫悟空!」叫びで襲ってくる。 なお、アニメでは彼女とカリフラが合体したが、ゲームでは悟空とブロリーはを使ってしている。 関連イラスト.

次の