日光アレルギー 顔。 日光アレルギーの症状が顔にでた場合の薬や対策 女性に多い原因は?

日光アレルギーの症状が出たら紫外線対策と治療方法を今すぐチェック!

日光アレルギー 顔

紫外線アレルギーの症状 画像出典: 紫外線アレルギーの症状としては次のようなものがあります。 蕁麻疹のことにつきましては次のページをご参照ください。 頭痛のことにつきましては次のページをご参照ください。 紫外線アレルギーの顔の症状 紫外線アレルギーは 顔が赤くなる他に、かゆくなることもあります。 目の症状は上記の通りですが、その他、 唇が赤く腫れあがったり、ヒリヒリした症状や水ぶくれになったりすることもあります。 アレルギー症状の1つにアトピー性皮膚炎や喘息があります。 これらに関する内容は次のページをご参照ください。 原因について 紫外線アレルギーの原因としては内的な要因と外的な要因の二つが考えられています。 内的な要因としては、 抗体量が一定量を超えるというものです。 紫外線アレルギーを起こす人は、体内の免疫が紫外線を悪いものと判断して、攻撃する為に抗体を作り、紫外線から体を守ろうとします。 この 抗体の量が一定量を超えた時に紫外線を浴びると、体内で炎症が起きてアレルギー症状が出るというものです。 もう一つの 外的な要因としては化粧品や日焼け止めです。 化粧品や日焼け止めに含まれる成分である 紫外線吸収剤(紫外線を吸収して、熱エネルギーに変えて外へ放出させようというもの)によって紫外線が肌に吸収されます。 この 吸収で化学反応が起き、細胞を損傷しまうので、様々なアレルギー反応が起こるというものです。 顔だけに紫外線アレルギーが発症する場合は化粧品や日焼け止めが原因となっている可能性が高いです。 紫外線吸収剤に関しては次のページをご参照下さい。 検査方法について 画像出典: 紫外線アレルギーの検査方法ですが、「光線過敏症検査」というものを行います。 紫外線に含まれる「UVB」や「UVA」という特別な光線を皮膚に浴びせ、反応をみます。 異常反応が出たら、パッチテストを行ったり、血液検査を行ったりします。 このような検査で、紫外線アレルギーかどうかを判断します。 紫外線アレルギーの検査でかかる 費用はだいたい4000円から5000円です。 代表的なアレルギー症状に花粉症があります。 花粉症に関する内容につきましては次のページをご参照ください。 対策について 紫外線アレルギーになると、なかなか治りにくいところがあります。 ですので、 アレルギーを起こさないようしっかり対策を取ることが大切です。 紫外線アレルギーの対策には次のようなものがあります。 グッズなどを使って日光を浴びないようにする 最も基本的な対策ですが、重要な対策です。 常にUVカット素材の長袖や長いパンツを着用し、帽子や手袋、日傘やサングラスといった グッズを活用して日光に当たらないようにします。 帽子については「UVケア」「UV加工」「UVカット」などの帽子をかぶると良いです。 日傘も「UVカット」のものを使った方が効果があります。 Sponsored Link 10時から14時の日差しのきつい時間帯や日差しのきつい日は外出を控えた方が良いです。 また 曇った日でも快晴の日の85%くらいの紫外線が降り注いでいますので、対策が必要です。 症状が重い方は、家の中でも窓に紫外線カットのフィルムを貼ったり、UVカットのカーテンを閉めたりするのは効果的です。 ちなみに気象庁から紫外線予測が出されていますので、チェックされると良いでしょう。 紫外線予測は次のサイトです。 日焼け止めクリームを塗る 日焼け止めクリームの成分には「紫外線吸収剤」を含んでいるものと、「紫外線散乱剤」を含んでいるもの、それから両方含んでいるものがあります。 「紫外線吸収剤」というのは紫外線を吸収して、熱エネルギーに変えて外へ放出させ、皮膚に紫外線が届かないようにしようというものですが、先に記載していますように、 このような化学反応が紫外線アレルギーの原因になっているかもしれませんので、避けた方が無難かもしれません。 一方の、「紫外線散乱剤」は酸化チタンの無機粉末などを使って紫外線を散乱させたり反射させたりするもので、 化学反応は起こらないことから皮膚への負担も少ないとされています。 従いまして、紫外線アレルギーの方にはこちらのタイプがおすすめかと思います。 紫外線に効果のある食品を食べる 紫外線に効果のある栄養素は、ビタミンC、B群、D、パントテン酸です。 ビタミンC・・・赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、アセロラ、パセリなど ビタミンB群・・豚肉、うなぎ蒲焼、レバー(鳥・豚)、さんま、さば、豆類など ビタミンD・・・うなぎ蒲焼、鮭、さんま パントテン酸・・うなぎ蒲焼、レバー(鳥、豚、牛)、卵、たらこ、納豆 紫外線対策レシピにつきまして、次のサイトを参考にしてみて下さい。 注意点は冷やしすぎないことです。 その他の紫外線に関する内容につきましては次のページをご参照ください。 病院の受診について まず紫外線アレルギーを病院で診てもらう場合、何科に行くのが良いかということですが、皮膚科が良いでしょう。 皮膚科を受診し検査を行います。 5~9月頃は紫外線だけではなく熱中症にも注意する必要があります。 熱中症に関する内容は次のページをご参照ください。 治療薬について 検査で紫外線アレルギーと診断されると、次のような薬が処方されます。 ただ薬で治すということではなく、 症状を緩和させるというものになります。 それほど効果は期待できないようです。 市販されている薬の多くはこのタイプですが、逆に薬剤によってアレルギー反応をひきおこすこともあるので、医師の判断なく、この薬を使うのは避けた方がいいです。 副作用が懸念される薬ではありますが、正しい使い方をすれば、ほとんど副作用の心配はないとされていますので、使う際は医師にしっかり使用法を確認されると良いでしょう。 紫外線アレルギーは治るの? 多くの日本人を苦しめているアレルギーですが、このアレルギーはいわば体質と呼べるものであるため、一生付き合っていかねばらなないと諦めている人も多いでしょう。 紫外線アレルギーもアレルギーの一種なのでどうしようもないという気持ちが出てしまうものなのです。 しかし、アレルギーの状態によっては原因を追及することで治療を行うことも可能という見解もあります。 たとえば、 内服薬が原因だった場合は別の薬を処方するようにすれば良いとか、何らかの病気によって紫外線アレルギーが出るというケースもありますので、その場合はそちらの治療を行うことで治ることも考えられます。 しかし、治すことがなかなかに難しいのがアレルギーなので、根気よく向き合っていく必要があるケースが多いと言えるでしょう。 症状を抑えることはできますが、完治させることは難しいというのが基本的な考え方かと思います。 最後に 紫外線アレルギーには皮膚や目の他、頭痛など全身に現れる症状があります。 原因としては、体内の抗体量が一定の量を超えるという内的な要因と化粧品や日焼け止めなどによる外的な要因があります。 対策としては【グッズなどを使って日光を浴びないようにする】【「紫外線吸収剤」の入っていない日焼け止めクリームを塗る】【紫外線に効果のある食品を食べる】【冷やす】などがあります。 治療薬には非ステロイド消炎剤とステロイド消炎剤がありますが、ステロイド消炎剤の方が効果は高いです。 正しく使わない場合、副作用の懸念がありますので、医師の指導をしっかり守って使用されると良いでしょう。 カテゴリー•

次の

日光アレルギー?ぶつぶつが出てかゆい原因は?完治はするの?

日光アレルギー 顔

日光アレルギーとは 太陽光アレルギー、日光アレルギー、紫外線アレルギー、光線過敏症、日光蕁麻疹など。 (正式名称は光線過敏と言うようです。 ) 様々な名称で呼ばれていますが、ようするに 太陽の光が原因で起こるアレルギー反応というものがあるのです。 光線過敏が起こる原因は紫外線が大部分を占めており(可視光線が原因の場合もある)太陽光によって引き起こされる免疫システムの反応で起こるため「日光アレルギー」とも呼ばれています。 光線過敏症の原因 さらに細かく原因を分類していくと• 遺伝性(色素性乾皮症)• 代謝異常(ポルフィリン症)• アレルギー性(光接触皮膚炎、光線過敏症薬疹、日光じん麻疹)• 原因不明(多形日光疹、種痘様水泡症) 以上の4つが考えられます。 またそれぞれ小児期・青年期・中高年期など発症時期によって症状の出方も異なります。 1.小児期にかかるものは一見してわかりやすく、見た目がひどい日焼けの状態や赤く腫れあがった状態になるため、すぐに皮膚科専門医を受診することをおすすめします。 紫外線を防御しないまま放置していると、しみがどんどん増え最悪皮膚癌が出ることがあります。 2.青年期の場合は紫外線そのものにアレルギー反応を起こしているわけではなく、紫外線や可視光線により皮膚内にアレルゲンができることで、それに対してアレルギー反応を起こしているのです。 主に発疹やみみず腫れのように赤く腫れる特徴があり、朝と昼に抗ヒスタミン薬を飲んで予防するのが一般的です。 また多形日光疹と日光蕁麻疹は光線過敏症で最もよく見られるもので、私も多形日光疹によるアレルギー反応が当時出ました。 3.中高年期では薬が原因でアレルギーの発症が引き起こされることが多くなります。 というのも、この年代は色々な内服薬や外用薬を使う機会が増えてくるため、中には光線過敏症を生じさせるものがあるからです。 湿布薬や降圧剤もアレルギーを引き起こす原因となる可能性があるため、使用の際は十分注意して使用するよう気を付けましょうとのことでした。 だいたい光線過敏症のことを知っていただいたところで、当時の私の多形日光疹の発症~完治までをご覧いただければと思います。 日光に当たると腕にブツブツの発疹が発症 10年以上前の話になりますが、中学2年生のときに事は起こりました。 家から歩いて40分のところにある中学校へ向かっていたのですが、そのとき5月の下旬だったこともあり日差しもまぁまぁ強くて、軽く汗をかく感じだったんですね。 「あっついなーでももうそろそろ着くなー」とのんきに考えていた私の身に、突如として異変が表れました。 両腕に赤いぶつぶつが一気に出てきたのです。 なんの前触れもなく、本当にいきなり「ブワァァァ」って勢いで。 ちょうどそのとき衣替えしたばかりで制服も半そでだったのですが、二の腕から指の先まですべてに発疹が出ていました。 手首までとかではなく、本当に指の先まで。 直径1cmほどで均等に隙間なく発疹でうめつくされていました。 (すっごいきもちわるかったですね・・・) もう5分も歩けば学校という距離だったので、急いで校内に駆け込んで、自分の教室に入り自分の机につっぷしていました。 腕が痒すぎて頭がおかしくなりそうだったからです。 もうとにかく痒いんですよ。 しかも何が原因かもまったくわからないから、ただただじっとしているしかなす術がないんです。 下手にかいてさらに広がったらと思うと恐怖でしかありませんでした。 そんな私を心配して、友達が皆から見えないような位置に立っていてくれていたのですが、まぁ本当にどうしようもなく痒いし痛いし怖いし。 おまけにあと10分もしないうちに授業が始まろうとしていたため、痒さをどうにか鎮めながら「一体どうすればいいの!?」と軽くパニックになっていました。 (保健室に行くという考えが浮かばなかった) が、その10分の間にまた突如として 発疹がすべて消えたのです。 みんなから変な目で見られる、どうしよう・・・!なんて考えて泣きそうになっていたのに、あまりに突然発疹も痒みも治まってしまったため、別の意味でちょっとパニックになりました。 なんのこっちゃ理解できず、でもとりあえず訳のわからない症状はひとまず治まったので、その日は普通に授業を受けて普通に家に帰りました。 ところが次の日、 まったく同じ状況でまったく同じ症状が出てしまいまいました。 まさか2日も同じ目にあわされるとは思っていなかった私は、昨日同様めっちゃくちゃ焦ったのですが、1日目と同じように突然発症し突然治まったのでした。 さすがに2日も続くと親も私も「これは異常事態だわ」と考え、ちょっと離れたところにある大きめの総合病院へ行って診てもらうことに。 スポンサーリンク 日光アレルギーにいきなりなる 大きめの総合病院と言っても細かい科があるわけではなかったので、アレルギー科とかがあればよかったのですが、そこは普通の内科に行って診てもらう流れになりました。 というかその当時はそれがアレルギー反応かどうかもわかっていませんでした。 生まれつきアトピーが結構ひどかったということや、思春期まっさかりで生理も始まっていたということもあって、 「アトピーがホルモンかなんかの影響で超悪化した感じ?」という認識でした。 ですが内科へ行って血液検査も終わって、内科の先生に触診してもらった結果。 「あなたは日光アレルギーですね」と診断されました。 当時はネットがそれほど普及していませんでしたし、周りにそんな症状を持っている知り合いもいなかったため、聞いたときは頭に「?」しか浮かびませんでしたね。 だって日光って!日光にアレルギーって!それもう外出歩けないってこと!? という感じで、先生の話をまじめに聞きつつ心の中はプチパニックでした。 アトピーや喘息持ちというだけでも大変だったのに、この上さらに日光アレルギーって・・・と、結構絶望のどん底へ突き落された感がすごかったのですが。 そのまま話を聞いていたら、どうやら日光アレルギーの中でもあんまり大した部類ではないようだなという印象でした。 多形日光疹 私がなったアレルギーは 多形日光疹というもので、光線過敏症の中でも最もよく見られる症状のひとつでした。 (原因は不明) なんでもこれにかかりやすい人の特徴というのが、• 10代~30代の若い女性• 北方の気候の出身であまり日にあたる機会のない人 ということで、ドンピシャだったんですね。 症状も春先の晴れた日に腕まくりをしたときなどに、粟粒~豆粒くらいのかゆみをともなう赤いブツブツが腕などによく出る(顔に出ることは比較的少ない)ということで、まさにこれ!ってくらい当てはまってました。 日光にあたってから30分から数時間で出現というのもまさにその通りでした。 で、このあと薬を処方されたのですが、次の日には治まりました(汗) 日光アレルギーはすぐ治った いやほんとに、えっ?って言ってる間に治ったと言ってもいいくらい、すぐ治りました。 そもそも血液検査も触診もなんだか全然深刻な感じでもなく、さらーっと診て 「あーじゃあお薬出しときますからー」みたいな、もっとちゃんと診てくれないの?という感じでした。 私が処方してもらった薬は「 アレジオン」というものだったのですが、確か1日2粒飲めばいいとかだったと思います。 この薬の効果や効能ですが、アレルギー、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹などに対して効果が期待できるものだそうで、言うてそんな効果あるか?と半信半疑でした。 そうするとあれだけブワァァッ!と出ていた発疹が、 一切出なかったのです。 たった何粒か飲んだだけで治まるなんて信じられなくて、3日目は授業中そわそわしっぱなしでした。 いつ症状が出てくるのかわかりませんでしたからね。 ところが3日目も終わり4日目になっても症状は一切出てこず、5日目には薬を飲むことを早々に止め(この自己判断は普通はダメですね。 汗)、それでもその後に光線過敏症が出ることは二度とありませんでした。 あまりにあっけなかった多形日光疹でしたが、症状が出たときは 「あ、人生終わったわ。 」と思ってしまったくらいショックだったので、薬を飲んだだけで治まって本当によかったです。 ちなみに一般的には湿疹に対しては薬剤を塗って治していくようなのですが、私はもともとアトピーだったのもあってステロイド系の塗り薬を使うことができなかったため、飲み薬での処方になりました。 日光アレルギーまとめ 自分が日光アレルギーにかかった時から治るまでの経緯をお話させていただきました。 腕にぶつぶつが出たくらいで病院へ行っていいのかな?と、ついつい自己流で治そうとしてしまう人もいるかもしれません。 ですがわたしが早く治せた一番の理由は、当時すぐに病院へ行って診てもらったからだと思っています。 自分では「これくらいのこと」と思ってしまうかもしれませんが、治療は早いにこしたことはありません。 自分の身体に異変が起こった時は、先延ばしにせずきちんと病院で検査してもらってくださいね。

次の

日光アレルギー?ぶつぶつが出てかゆい原因は?完治はするの?

日光アレルギー 顔

太陽に当たってすぐ肌が黒くなるような急激な変化は与えないものの、弾力性の低下やシミ・しわの発生に大きく関わるもの。 またオゾン層を通り抜けやすいため、UV-Bの20倍もの量が常に地上に降り注ぎ、肌に蓄積的なダメージを与えています。 雲や窓ガラスでもさえぎることが難しいので、曇りの日や室内でも対策が必要。 強いエネルギーで肌表面の細胞やDNAを傷つけ、皮膚ガンなどの原因にも。 ただしUV-Aと異なりオゾン層や雲で多くは遮られており、地上に到達する量は多くはありません。 直射日光を避けることである程度防御することができます。 基本的にはオゾン層によって吸収されるので地表まで届くことはありません。 ですが近年オゾン層の破壊が進み、危険性が懸念されています。 紫外線に当たった皮膚の部分に以下のような症状が現れます。 症状の強さや現れる期間は人によって差があり、日光に当たっていない部分に現れることもあります。 潰れてしまうとさらに痛みが増し回復に時間がかかります。 皮膚に現れる症状は、露出しやすい箇所、うっかり日焼け止めを忘れてしまいがちな箇所、他の成分の影響を受けやすい箇所など、出やすい部位があります。 また体質的に、体の一部分にのみアレルギーが起きることも。 顔に日焼け止めを塗っているのに症状が現れる場合は、次の項で詳しく述べますが、その日焼け止めや化粧品に原因がある可能性もあります。 また腕の内側は比較的紫外線は浴びにくいのですが、皮膚が柔らかいため症状が出ることもあります。 首の後ろやデコルテは、頬よりも2倍以上の紫外線を受けているとも言われますから、対策を行わなければ症状が出やすいです。 また手を洗う度にせっかくの日焼け止めも流れ落ちてしまい無防備な素肌になるため、アレルギーを引き起こしやすいでしょう。 皮膚に何らかの化学物質が付着している状態で日光を浴びることによりさまざまな症状が現れることを、「光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)」と言います。 化粧品のほか、香水などが原因になることも。 この光接触皮膚炎は、化学物質に紫外線が当たって活性酸素が発生することで皮膚を損傷する「光毒性」と、紫外線に当たった皮膚でアレルゲンが作られることで免疫反応により症状が現れる「光アレルギー性」の2種類。 光毒性は紫外線を浴びてすぐに症状が出るのに対して、光アレルギー性は一度紫外線を浴びただけではアレルギー反応が起きず、発症まで時間がかかることがあるのが特徴ですが、紫外線を浴びてすぐに発症しない場合、「紫外線アレルギーだと疑わず発見が遅れる」ということも起こりがちです。 原因となる薬にはさまざまなものが多数ありますが、最近はチアジド系の降圧利尿薬配合の降圧剤の服用による光線過敏型薬疹(こうせんかびんがたやくしん)が頻発しています。 日焼け止めは朝一度塗れば大丈夫というものではなく、汗や摩擦で落ちてしまうため2〜3時間おきにこまめに塗りなおす必要があります。 またムラにならないように少しずつ塗っていきましょう。 そして、日焼け止め選びも重要。 肌のことを考えると、紫外線吸収剤・散乱剤不使用のものか、ノンケミカルのものがオススメ。 日焼け止めにおける「ノンケミカル」とは、紫外線散乱剤のみを使用していて、前に述べた肌に負担の大きい紫外線吸収剤を使っていないものを指します。 ただし紫外線吸収剤を使っていても、最近は安全性の高いものを導入したアイテムもあり、一概に「ダメ」とは言えません。 紫外線散乱剤は自然由来の原料が多く低刺激ですが、そのほかにも石油系界面活性剤や無鉱物油、防腐剤、香料などが肌に負担になることもあるので、購入前によく成分をチェックしましょう。 検査を受け紫外線アレルギーであると判明したら、原因ごとに適切な治療を行なっていきます。 化粧品や金属などが影響している場合も使用を中止し、触れることも避けます。 体の中からかゆみなどの症状を抑えてくれるもの。 引っかくことがなくなるため、症状の悪化を防ぐことができます。 また症状によってはステロイド剤の塗り薬を使用することもあります。 使用する際は医師の指示をきちんと守りましょう。

次の