パン 薄力粉 強力粉。 パン作り 強力粉と薄力粉の違い 薄力粉を使う場合はどんな時?

薄力粉でパン作り!薄力粉のみのレシピと薄力粉&強力粉の割合別仕上がり

パン 薄力粉 強力粉

小麦粉の種類 小麦粉は、「薄力粉」「中力粉」「強力粉」に分類されるのが一般的です。 これは、小麦粉のに含まれるタンパク質の含有量の多さで分類されています。 最もタンパク質が多く含まれているのが「強力粉」です。 一番少ないのが「薄力粉」、その中間が「中力粉」です。 強力粉はパン作りに、薄力粉はお菓子作りに使用されることが多いです。 小麦タンパク質は、粘り気を出しますので、お菓子のように粘り気を出したくない場合は薄力粉を使用します。 グルテンの力が強い強力粉 強力粉は、「強」という字が使われています。 何が強いのかというと、それはグルテンの力が強いことを表しています。 グルテンの力が強いということは、粘り気や弾力に富んでいるということです。 グルテンの元は、小麦中に含まれるタンパク質です。 小麦タンパクが水と結合してグルテンと呼ばれる粘り気と弾力のあるゴムのような性質を作り出しています。 グルテンは、膜となりイーストが出す炭酸ガスをパン生地中に保持します。 また、グルテンの粘りで材料をひとまとめにします。 弾力があるので形を自由に変えることが出来ます。 このような特性から、パン作りには強力粉が使用されることが多いのです。 スポンサーリンク 約11%以上の小麦タンパクが必要 パン作りには、小麦タンパクがどのくらい必要かというと、約11%以上含まれている物が適しています。 強力粉の種類によって、タンパク質の量は違っていますので、粉を選ぶ時にはタンパク質の量をチェックしておきましょう。 タンパク質の多い強力粉で作るパンの方が、ふんわりとボリュームのあるパンを作ることが出来ます。 国産小麦と外国産小麦の違い 小麦粉には、国産の物と外国産の物があります。 外国産は、主にアメリカ・カナダの小麦が多いです。 外国産の小麦は、国産小麦に比べてタンパク質の多い傾向にあります。 外国産の小麦で作ったパンは、ふんわりと軽く仕上がり、国産小麦で作ったパンは、しっかりして重いパンに仕上がります。 最近は、しっとりモチモチしたパンに人気があり国産小麦で作ったパンも非常に人気があります。 小麦粉を変えることで、様々な種類のパンを作ることが出来るのです。 ただし、国産でも外国産でもタンパク質の量については例外もあります。 小麦粉には必ずタンパク質の量が記載されていますので、そちらを参考にして選ぶとよいでしょう。 小麦粉によって水分量が変わる パン作りに使う小麦によって、レシピの水の量は変わってきます。 小麦粉によって、水を吸う量が違うからです。 小麦粉の種類を変えるとパン生地がベタベタしたり、固くなったりと生地は変化します。 粉を変えるだけで、ベトベトで全くまとまらないということもあります。 購入する時に、どのくらいの水を入れるとよいのか記載してくれているお店もありますが、全てではありません。 今までと違う小麦粉を使う場合は、水の量を1割ほど少なくします。 生地を捏ねてみて、固いようであれば少しずつ(5gずつくらい)水を追加し、生地がしっかりと伸びるまで水を追加して調整していきます。 水が多いと生地が扱いにくくなってしまいますので、粉を変えた時には注意が必要です。 米粉は小麦グルテンを含まない 米粉で作ったパンは、モチモチしていてとても美味しいです。 しかし、 米粉には小麦グルテンは含まれていません。 パン屋で販売されている物は、小麦グルテンを添加しているか、特殊な作り方で米粉パンを作っていることがほとんどです。 米粉で作るパンには、知識と技術が必要です。 強力粉を米粉に代用して作ることは出来ませんので、購入する際には注意してくださいね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしたか?パン作りに強力粉を使用する理由はおわかりいただけましたでしょうか。 パン作りになれてくると、強力粉の違いもわかってくるのですが、パン作りを始めたばかり、またはこれから始めようと思っておられる方にとっては、小麦粉だったら何でもいいのでは?と思ってしまうかもしれません。 薄力粉で作るパンなどもありますが、作り方が違ってきますので通常は強力粉をしようします。 様々な強力粉があり、味も風味も違います。 お好みの強力粉を見つけてみるのも楽しいですよ。

次の

薄力粉でパン作り!薄力粉のみのレシピと薄力粉&強力粉の割合別仕上がり

パン 薄力粉 強力粉

私は8年かけてフランスパンが焼けるようになりました。。。 と言うのもパンの勉強は初級のみ通ったことがありフランスパンは 自分で研究してここ最近やっと焼けるようになりました。 フランスパンを作るとき普通のパンと同じような時間でグルテンが出来るほどこねてはいけません~~。 パンを作る基本でイーストは小さじ1とかいう 計り方は絶対だめです!きちんとはかりで計る方がよいです。 私の家は0. 1gから出来ますが。 基本最低フランスパンを焼くのに250度あれば何とかフランスパンは 焼けます。 フランスパン生地を作るとき1度オートリーズをしてパンチを1時間の間に3回位ほど入れていきます。 これとても大事です!パンチを入れないと フランスパン生地は出来ません。 それと気泡をつぶしてしまっていると書かれていますが気泡つぶしてしまったらつまったフランスパンになってしまいます。 外側の気泡はつぶしても 良いですが中の気泡は出来るだけつぶしてはいけません。 クープナイフもあるほうが良いですが垂直に入れてはいけません。 少し斜めに入れます。 それほど深く入れなくてもクープは開きますが成型のときゆるかったり するとクープは開かないですね。 私のフランスパンまだまだですが。 頑張ってください~ フランスパン作れるようになるのはとても難しいです。 でも焼きたてのフランスパン家で食べれるの最高です! またフランスパンを焼くとき蒸気も必用です。 なければ霧吹きをするもしくはタルトストーンで(オーブン壊れるので注意です!!) 冷蔵発酵8時間で作ると上手においしく焼けます~ 高橋雅子さんのゆっくり冷蔵発酵とかの本もおススメです!.

次の

パン作りにおすすめの小麦粉人気ランキング10選【食パン・フランスパンにも!】

パン 薄力粉 強力粉

スポンサードリンク 強力粉と薄力粉を混ぜるとどうなるのか? 強力粉と薄力粉を混ぜてパンを作ると、 強力粉だけで作るよりも軽いパンに仕上がります。 強力粉だけでパンを作ると、 グルテンが多いので弾力のあるパンに仕上がります。 薄力粉だけで作ると、 こちらはグルテンが少ないので少し固めのパンになります。 パンは、強力粉が多いほどふんわり膨らんで柔らかく仕上がり、 薄力粉が多いほど膨らみが小さく少し固めな感じになります。 ケーキや菓子などは、イースト菌で発酵させないので、 強力粉を使うと固くなり薄力粉を使うと柔らかく仕上がります。 小麦粉は「小麦たんぱく」の含有量が多ければ多いほど、 こねた時にグルテンがたくさん出来て弾力のある生地になります。 小麦たんぱくの量は薄力粉は少なく、 強力粉は多く含んでいます。 強力粉だけで作ったパン生地は グルテンがたくさん出来ることで伸びが良くなり、 イースト菌が出すガスを含んでふわっと大きく膨らみます。 強力粉でケーキの生地を作るとグルテンがたくさん出来るので、 膨らみにくく焼き上がりが固くなります。 薄力粉だけでパン生地を作ると、グルテンが出来にくく生地の伸び良くないので、 イースト菌が出すガスをうまく含みきれずガスが抜けてしまいます。 なので、膨らみの少ないどっしりしたパンが出来上がります。 薄力粉だけでケーキの生地を作ると、グルテンも粘りもあまり出ないので、 膨らみやすく焼き上がりも柔らかく出来上がります。 スポンサードリンク パンを作る際の薄力粉と強力粉の比率について 食パンの場合は 強力粉:薄力粉の割合が 「1:1」で作る と 外側はパリっとしていて、中はちょうど良い感じにモチっとした 感じに出来上がりました。 けっこう、しっかりした噛みごたえがありました。 おいしかったですよ。 菓子パンの場合は 強力粉:薄力粉の割合が 「7:3」「6:4」くらいで作る と ほどよく、ふんわりした食感になりました。 バターロールなど、 あまりふわふわしすぎず、サックリ噛み切れるほうが良い場合は 強力粉:薄力粉の割合が 「8:2」くらいで作ると 良いと思います。 また、食感の違いはバターの量などでも違ってくると思います。 <簡単>薄力粉だけで作るパン (10個分) 【材料】 薄力粉 カップ2 ベーキングパウダー 小さじ2 バター 20g カッテージチーズ 100g 牛乳 60cc レーズン 60g 【作り方】 (1)薄力粉とベーキングパウダーをボウルに入れてよく混ぜ合わせます。 (2)柔らかくしたバターをちぎって加えます。 粉の中でバターを手でこすりあわせて細かくします。 (2)カッテージチーズ、牛乳、レーズンの順に加え、その都度よく混ぜ合わせます。 (3)よくこねたら、ひと固まりにしてラップに包んで30分冷蔵庫で休ませます。 (4)30cmくらいの円形に伸ばし、放射線状に10等分にします。 一度丸めて長方形に伸ばし縦半分に切ります。 縦半分に切った2本をねじって合わせます。 (5)180度に予熱しておいたオーブンで12分焼いて出来上がりです。 (オーブンにより違うので時間は調節してくださいね) ベーキングパウダーを使用するので発酵いらずで簡単に出来ますよ。 しっとりとしていて、おいしいですよ。 まとめ どのくらいの食感に仕上げたいかで、 強力粉と薄力粉の割合を変えて使うと良いと思います。 ふんわり膨らんだ柔らかいパンを作る時は強力粉を使い、 膨らみすぎず歯ごたえのあるパンを作るときは 薄力粉の割合を増やすと良いでしょう。 参考になれば嬉しいです。

次の