今 しばらく お待ち ください。 「今しばらく」の意味と使い方・例文

敬語『お待ち下さい』か『お待ち下さいませ』どっちがいい?

今 しばらく お待ち ください

「今しばらく」の意味と使い方 「今しばらく」は「今」という言葉と「しばらく」という言葉を組み合わせた言葉です。 「しばらく」は、「 すぐではないけれど、さほど時間がかからないさま」という意味合のある言葉です。 「しばらく」に「今」をつけて「今しばらく」とすることで、 さらにやや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用いる言葉となります。 したがって、 時間がかかってしまいそうな場合には使用することを避けるべき言葉です。 だいたい一週間くらいが目安をいえるでしょう。 例えば、「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われますよね。 「今しばらく」は「もう少し」と同じ意味ですが、「今しばらく」は丁寧な言い方なので、目上の人に対して使うことができます。 ただ、「今しばらく」を使用するときは、 相手に待機や保留を求める状況のことがほとんどです。 今しばらくお待ちください 今しばらくお待ちいただけますか 今しばらくお待ちいただけると幸いです 今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか というような言い回しで使用します。 また、それにより相手に迷惑をかけている可能性があるので、「今しばらく」を用いる際は「申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください」などとお詫びの言葉を付けるようすると印象がいいです。 例文 「乗っていた電車が事故の影響で止まってしまい、今しばらくは動きそうにない」 「資金不足で、今しばらくはこの計画もこれ以上は進められそうにない」 「今しばらくはこのまま隠れていて、脱走する機会をうかがうしかなさそうだ」 「ただいまダウンロード中です。 現在ウェブサイトのメンテナンスを行なっております。 終了予定は午後4時となっていますので、今しばらくお待ちください。 」 「只今確認してまいりますので、今しばらくおまちいただいてもよろしいでしょうか」 「少々」の意味と使い方 「少々」は「 すくないさま」「 わずかなこと」「少し」を意味します。 「少々不満があります」「塩を少々、胡椒を少々」などと使いますよね。 「少々」は主に、 ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 主に2分間〜3分間、長くても5分間をイメージする感じです。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 例えば、相手をほんの少しお待たせするという場合に「少々お待ち下さい」というように使用します。 「少々」は、 会話や接客用語など、「少々」は幅広く使われている言葉です。 例文 「少々苦労しましたが、なんとかすべての業務を終えることができました」 「家を購入するには少々貯金が足りないのではないですか」 「お休み日にはお酒を少々たしなみます」 「只今荷物をお持ちいたしますので、少々お待ちください」 「パンフレットをお持ちいたしますので少々お待ち下さい」 「すぐに確認してまいりますので少々お待ちいただいてもよろしいですか」.

次の

「今しばらくお待ちください」の使い方と例文 「少々」との違いは?

今 しばらく お待ち ください

「お待ちください」の意味と例文 「お待ちください」の意味は「待ってくれ」 「お待ちください」とは「待ってくれ」を意味する言葉です。 ビジネスシーンでは取引先や、上司などの目上の人へ使用されます。 例えば、「お調べいたしますので、少々お待ちください」という例文。 上記は、「調べるから少し待ってほしい」を意味しており、相手へ「待ってくれ」と伝える状況で使用できます。 「お待ちください」は丁寧語を使った言葉 「お待ちください」は丁寧語を使った敬語表現です。 「お待ち」の「お」は、丁寧な表現を表す「接頭語」の「御(お)」であり、「ください」は「くれ」を丁寧語で表した言葉となります。 「お待ちください」を使った例文• もうしばらくお待ちください• お待ちくださいますよう、お願いいたします• 丁寧に表現したとはいえ、目上の人へは「感じが悪い」「生意気だ」と捉えられることがあるため、使用は控えましょう。 「お待ちください」以外に「待ってほしいこと」を表す言葉には、「お待ちいただけますか?」や「お待ちいただけますようお願いいたします」などがあります。 目上であっても親しい間柄や、相手の受け取り方によって失礼ではない場合もあるため、相手と状況によって使い分けましょう。 「お待ちくださいませ」で表現を柔らかく 「お待ちください」の使い方の1つが「お待ちくださいませ」です。 「お待ちください」は命令形であるため失礼と捉えられることがあると説明しましたが、「ませ」を加えることで柔らかい表現となります。 丁寧な「お待ちくださいますようお願い申し上げます」 「お待ちください」を丁寧にした表現が「お待ちくださいますようお願い申し上げます」です。 「お待ちください」の後ろに「お願い申し上げます」を加えることで、丁寧に「待ってほしい」とお願いする表現になります。 ただ、丁寧な表現であるものの、「お待ちください」が命令形であることに変わりはありません。 失礼と捉えられる危険がある場合は、「お待ちください」を「お待ちいただく」に代えて、「お待ちいただけますよう、お願い申し上げます」へと言い換えてみましょう。 「お待ちください」のメールでの使い方 ビジネスメールで「お待ちください」は使用を控えた方がいい 「お待ちください」はメールでも使えますが、使用は控えた方がいい表現です。 メールや手紙などの書き言葉は、自分の声色や表情が伝わらない分、話し言葉よりも丁寧な表現を心がける必要があります。 「お待ちください」は命令形の言葉であり、「お待ちくださいませ」などの柔らかい表現を使用したとしても、与える印象が悪くなる可能性があります。 「お待ちいただけますようお願いいたします」や「お時間いただきたく存じます」を使用するようにしましょう。 「お待ちください」をメールで使う場合は「理由や返信期間」を記す メールで「お待ちください」を使用する場合、単に「お待ちください」と記すのは丁寧ではありません。 「待ってほしい理由」や「いつまでに返事をするか」を、「お待ちください」に加えましょう。 例えば、「現在、調査中のため今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。 調査結果に関しましては、明日の10時までにご連絡いたします」という例文。 上記のように「理由」と「返信期間」を記すことで、相手に丁寧な印象を与えるだけでなく、スムーズなやり取りが可能となります。 「お待ちください」への返信は簡潔に 「お待ちください」に対する返信は、簡潔になるよう心掛けましょう。 連絡を待ちわびる気持ちもあるでしょうが、なにかしらの理由から「待ってほしい」と言われているのですから、相手を焦らさないなめにも何度も連絡をするのは控えてください。 返信内容としては、「お返事いただきありがとうございます。 調査中とのこと、承知いたしました。 よろしくお願いします」のように、お礼と承諾の言葉を記しましょう。 「お待ちください」の英語表現 「お待ちください」は英語で「Just a moment」 「お待ちください」は英語で「Just a moment」と表します。 「moment」とは「一瞬」を意味する単語で、「少々お待ちください」と言いたい状況で使用できます。 また、「Please」を加えた「Just a moment, please」だと、より丁寧な表現になるため使用してみましょう。 英語のメールで「お待ちください」は「Would it be possible for~」 メールで使用できる「お待ちください」の英語表現は、「Would it be possible for~」が適しています。 「Would it be possible for~」は、とても丁寧に依頼をするときの表現であるため、メールでの使用に適しています。 たとえば、「Would it be possible for you to wait by next week? 」という例文。 上記の文章は「来週までお待ちいただけますか?」という意味になります。 まとめ 「お待ちください」とは「待ってくれ」を意味する言葉で、「お待ちくださいませ」や「お待ちくださいますようお願い申し上げます」などの使い方をします。 ビジネスシーンでも使用できる表現ですが、命令形であることから失礼と捉えられる場合があります。 とくに、メールなどの書き言葉では声色等が伝わらないため、「お待ちいただけますようお願いいたします」などに言い換えましょう。

次の

「今しばらく」の意味と敬語の使い方を解説!「少々」との違いも

今 しばらく お待ち ください

確信を持つために確認させていただきいたいです」 ・意訳「少々お待ちくださいませ。 他の回答者さんが言われているように、moment は「短時間」を表します。 ・I'd like to check it to be sure. would like to は「〜したい」の控えめな言い方で、フォーマルな場では want to より好まれます。 to be sure は上記の直訳のように「確信を持つために」です。 このように言うことにより、即答を避けて慎重になろうとしていることを伝えられます。 もちろん、元々あたふたしているのであれば、相手には「コイツ分かってないな」と思われてしまいますが、ちゃんと確認すると言っているので、誠意を示すことができます。 お役に立ちましたでしょうか。 In this situation, the person asking the question may or may not be happy to wait for a response. If it is a situation where it is quite reasonable to give a delayed response because, for example, you have to check some data or confer with someone first, then any of the above expressions is adequate. There are many instances where we are asked something and we have no clue of what the answer is. The sentences stated above can be used to ask the client to wait while you confirm the answer. Confirm: make sure something is correct, double check "Please wait I thank you for your patience" the first part is asking a person to wait, and thanking them for their patience is a way of acknowledging that they are in a difficult situation and have been waiting. Many people will appreciate the acknowledgement. "Hold on" is an informal way of telling someone to wait, this should only be used outside of a professional situation and if the person being told to wait has already been argumentative and short tempered. 少々お待ちください please wait one moment, please wait a moment あなたを支援する誰かを探している間、しばらくお待ちください。 Please wait one moment while I locate someone to assist you. 私はそれをすることができます、 私が情報を集める間、ちょっと待ってください。 I can do that, please wait a moment while I gather the information. マネージャーはすぐにあなたに会います。 彼が到着するまでしばらくお待ちください。 The manager will see you shortly, please wait a moment until he arrives.

次の