望月衣塑子 夫。 東京新聞の望月衣塑子記者、ドキュメント映画が好評で菅官房長官の選挙区から出馬が現実味|日刊サイゾー

罵倒されても外せと言われても、望月衣塑子記者が質問を続ける理由

望月衣塑子 夫

望月衣塑子 1975年、東京都生まれ。 東京・中日新聞社会部記者。 慶応義塾大学法学部卒業後、東京新聞に入社。 千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材する。 2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の報道をスクープし、自民党と医療業界の利権構造の闇を暴く。 経済部記者などを経て、現在は社会部遊軍記者。 防衛省の武器輸出政策、軍学共同などをメインに取材。 著書に 角川新書 、 共著、あけび書房 、』(角川新書)。 二児の母。 ただ私の体験を書いた原案そのままではなく、より広い観客に訴えられる、娯楽性のあるフィクションにしたいと。 私と、前川喜平さん(元文部科学省事務次官)、マーティン・ファークラーさん(元ニューヨーク・タイムズ東京支局長)、南彰さん(朝日新聞記者・新聞労連委員長)の4人の対談も撮影したんですよ。 実在の人間がリアルな政治問題を批判する場面が入ることで、映画と現実がクロスする感じになっています」 東都新聞記者・吉岡エリカを演じるのは今最も注目される韓国女優のひとりシム・ウンギョン。 正義と組織に葛藤する若き官僚・杉浦拓海を演じるのは、主演作が続く松坂桃李。 例えば5月に起きた自動車事故での保育園の会見。 私も記者になって最初の仕事が遺族取材で、なぜこんなことをと思った経験があるので、その気持ちはわかります。 そのバランスの悪さが、メディア不信の根源にあるようにも思います。 「それは私も憤りを感じるところで。 望月さんは続けます。 「例えば今の官房長官の定例記者会見って、長官側の要望もあり、質問が事前に官邸側に渡っていることが多いと聞きます。 自民党でも後藤田正晴官房長官の時はまずしていなかったと聞きますが、たぶん菅さんは質疑が苦手で、その場でしどろもどろになったりしたくないんだと思うんです。 それは官房長官に限らず、首相の会見も同じ。 もちろん記者はそうはしたくないけれど、求められてしまえばなかなか抗えない。 海外では記者がダイレクトに質問をぶつけるのが当たり前で、あのトランプ大統領ですら、例えばシンガポールで行われた米朝首脳会談では、単独で1時間ぶら下がり(記者が大統領を囲む)会見をやる。 記者も政治家もそれでいいというありようは、本当によくない。 用意された答弁だけ、形だけで、何も聞けないし、何もチェックできないですから」 実は、メゲたりすることもあるそうです。 特に菅官房長官が国会で望月さんを罵倒し騒ぎになっている時は、あまりに腹が立って食事が喉を通らなかったのだとか。 でもしばらくすると応援してくれる人が沢山出てきて。 市民団体の方たちが官邸に抗議声明を出したり、直接抗議してくれたり、朝日新聞や共同通信の記者が会見で追及してくれたり。 もちろん私の至らない点や反省すべき点もありますが、私の権力への向き合い方について、正面から文句をいう人は少なくなってきたと感じています。 主演は韓国映画界の至宝 シム・ウンギョンと、人気実力ともNo. 1俳優 松坂桃李。

次の

望月衣塑子のカップ画像が激ヤバ!頭おかしいけどかわいい?夫・体重は?

望月衣塑子 夫

望月衣塑子の経歴や高校 望月衣塑子(もちづき いそこ)さんは、 1975年生まれです。 出身地は東京都です。 大学卒業後に、 東京新聞社に入社しました。 記者として、 千葉県警、 神奈川県警、 埼玉県警などや東京地検特捜部を 担当しました。 2004年には、 日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑を スクープしました! いわゆる「日歯連闇献金事件」です。 日本医師会の会長から 自民党幹部が1億円の献金を受取り、 領収書も出さず、 収支報告書に記載しなかった という疑惑です。 この事件により、 政治資金規正法が改正されました。 政治資金団体に関する寄附については 原則銀行や郵便振込み等で行うことが義務化された。 また2009年に足利事件の再審開始も スクープしました。 誤認逮捕による冤罪事件の再審。 真犯人は捕まっていない。 スクープできるのって、 昔は運がいいのだと思ってましたけど、 結局はそれまでの積み重ねで勘が働くのだと思います。 要するに努力の賜物なのではないかと思います。 スポンサーリンク 望月衣塑子は記者の鑑? そして、2017年には、菅義偉官房長官の記者会見で、菅官房長官がきちんと答えてくれるまで食い下がる記者として有名になっています。 記者の鑑として、評判なんですよね。 望月さんは、 社会部の記者なので、 菅官房長官の記者会見に出席する 政治部の記者とは、 注目する部分が違うのだそうです。 また、 政治部の記者の方達は、 菅さんと付き合いも長かったりして、 質問を畳み掛けることに ためらいもあるようです。 望月さんには、 そういったことがないので、 質問をし続けることができます。 一部の記者には、 望月さんの諦めない質問の仕方に 疑問を呈する人もいます。 自分のした質問に、 答えてくれるまで、 質問することが、 記者としての資質不足とは 思わないのですけど。 どうなのでしょうか? 望月衣塑子の夫や子供 望月衣塑子さんには、 2人の子供がいます。 息子さんだそうです。 望月さんの趣味は、 「子供と遊ぶこと」です。 忙しい時間の中で、 子供と遊ぶことで、 また新たな活力を得られるということなのでしょうね。 ところで、 望月さんの夫については、 なぜか情報を見つけられませんでした。 シングルマザーってことはないですよね。 一般の会社勤めの方なら、 あまり表に出てきたくないでしょうから、 望月さんもおはなしにならないのかもしれないですね。 望月衣塑子はかわいい 望月衣塑子さんは、 かわいいと話題になっています。 望月さんがかわいいかって?? 40過ぎた女性に言う言葉かわからないですが、 かわいいですね〜 きれいな方だし、 偏っていない方だからなのではないかと思います。 かわいい印象の方だからこそ、 ぐいぐい質問しても、 そんなに悪者にされないのでしょう。 かわいいと得ですね。 使わない手はないですね!.

次の

罵倒されても外せと言われても、望月衣塑子記者が質問を続ける理由

望月衣塑子 夫

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。 2018年11月28日に首相官邸にて行われた官房長官の記者会見で、東京新聞の 望月衣塑子(いそこ)記者が放った発言に注目が集まっています。 産経新聞などによると、以下のように報じています。 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は28日午後の記者会見で、外国人労働者の受け入れ拡大に向け在留資格を創設する出入国管理法改正案について質問した東京新聞の望月衣塑子記者に「全く事実と違うことの質問はすべきでない」と語気を強めて苦言を呈した。 望月記者は、27日の衆院法務委員会や衆院本会議での改正案採決について 「実質13時間という短い審議で強行に採決が行われた」と主張。 菅氏は 「強行採決なんか、やっていない」と反論した。 自民、公明両党に加え日本維新の会も賛成に回ったことを念頭に置いたとみられる。 望月記者は次に 「財界の要望ありきで採決が行われ、労働者の視点での議論が行われず、国会が軽視されているという批判が出ている」と発言し、菅氏は「大変申し訳ないが、誰がそう言っているのか」と反問した。 改正案の衆院通過を報じた28日付朝刊の新聞記事のうち、東京と朝日は「採決強行」、毎日は「採決を強行」との見出しをつけていた。 実は望月衣塑子記者をめぐっては、以前にも幾度となくネットで炎上をしてきました。 事実誤認とも思われるような発言や質問が多い記者ということでよく話題に上る望月衣塑子記者について取り上げます。 画像あり! 望月衣塑子がかわいいも頭おかしいと話題 望月衣塑子氏が記者として活動を始めた当初、女性記者のなかでも『かわいい』と話題になることもありました。 しかし、数年前から記者としての発言や質問が波紋を呼ぶようになり、ネットでは幾度となく炎上してきました。 冒頭に取り上げたように、今回は強行採決ということを決めつけるかのような質問で、その内容はもはや質問というよりもただの政府批判。 また、以前も同様、菅官房長官に対して 北朝鮮の要望に応えるように主張するような趣旨の発言をしていました。 このとき、北朝鮮のミサイルによる威嚇が活発化している状態であり、政治的、外交的に北朝鮮に譲歩すべきだというような発言をしていたのです。 これを機に、ネットで望月氏をたたく声は一気に増えることになりました。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 タイトルだけで誰のことか分かる記事だね。 今の野党が政権を取っていた頃、彼らもまたこれだけ批判している強行採決とやらを何度もやっていましたよね。 その頃、この記者は同じように当時の与党に詰め寄って責め立てていたのでしょうか? この方の質問や姿勢の目的は、本来の仕事とは違う所にあるように思うのですが…。 またイソコか 菅さんもあんなの相手にしなくちゃいけなくて大変ですね 今回の件はもうちょい考えてほしいけど、強行採決の定義って何だろう?野党はどうしたら、採決しても強行と言わなくなるのかな?今の野党は廃案にすべきと思う法案が廃案にならなければ、妥協、修正にも応じない。 与党の数が多い以上、最終的に採決すれば大抵は通過する。 だったら、廃案を目指しつつも、少しは妥協して明らかにおかしいところを冷静に修正を求めるべきじゃないのか。 0か100かみたいなことしかしないから、支持率も上がらないし、与党にも無視される。 強行採決っていっても多数決だからね。 与党が強硬採決したって批判してるけど、なぜ野党なのか考えた方が良い。 多数決の意味も。 活動家が自分の心情を述べてることに他の記者達は納得しているのだろうか?良い大学出て、新聞記者になって、こんな茶番劇を見ていて彼等は幸せなんだろうか。 自浄作用のない組織は崩壊すべきだと思う。 もう新聞の時代じゃないのかな。 記者会見では批判じゃなく取材をしましょう。 自分の意見は記事にまとめましょう。 本末転倒です。 経歴や夫の詳細 北朝鮮擁護とも取れるような発言を首相官邸でしたことによって、 『彼女は北朝鮮のスパイなのでは?』というような噂も一部で広がりました。 これはあくまでも噂であって、ネットユーザーが面白半分で言っていることです。 彼女の実際の経歴については以下のとおり。 1975年、東京都出身。 慶應義塾大学法学部卒。 東京新聞記者。 千葉、埼玉など各県警担当、東京地検特捜部担当を歴任。 社会部でセクハラ問題、武器輸出、軍学共同、森友・加計問題などを取材。 著書に『武器輸出と日本企業』、自らの四半世紀を綴った『新聞記者』など。 ただ、夫に関する情報についてはほとんど公開されているものはなく、名前すら明確な情報はありません。

次の