農協 保険。 JA共済はペイオフの対象になるのでしょうか?

京都府農協健康保険組合

農協 保険

JA共済とは JA共済の特徴 JA共済は、全国共済農業協同組合連合会(以下JA共済連)と農協(以下JA)が共同で運営している組織です。 共済は組合員がお互いに助け合い万が一の時などに備えられる商品で、保障の面で考えれば保険と似た性質を持っています。 しかし、共済は助け合いを目的とした保障のシステムのため、JA共済も営利目的の団体ではありません。 また、保険商品を提供している保険会社では生命保険と損害保険のどちらか一方を扱っていることが多いですが、JA共済では、「ひと」「いえ」「くるま」の総合保障を提供しています。 農業従事者以外も加入可能 JAは、元々農業従事者が互いに助け合うことを目的として作られた組織です。 しかし、実際には非農業従事者もJA共済に加入することが可能です。 非農業従事者がJA共済を利用する場合は、出資金を出資して准組合員になる方法と、員外利用をする方法の二通りがあります。 JA共済のメリットとデメリットとは? JA共済と民間保険の違い JA共済と民間保険の違いは、営利目的であるかという点です。 例えば株式会社形式の民間保険の場合には、会社全体として利益を追求する必要があります。 また、株主の意向が会社の方針に影響を及ぼすことがあります。 一方、JA共済は非営利団体のため、事業方針は営利追求ではなく相互扶助となっています。 JA共済のメリット まず、JA共済は利益を追求する団体ではないため、保障に対して割安な掛け金で共済に加入できます。 できるだけ安い掛け金で保障を得たい人にはメリットと言えます。 二つ目のメリットは、JAは全国にあるため、もし転居しても転居先のJAで契約を引き継げたりサポートを得られるところです。 また、共済の加入や解約は基本的にJAの窓口で行う必要がありますが、フォルダー契約をすればインターネットで住所変更もできます。 JA共済のデメリット 一方、JA共済には以下のようなデメリットもあります。 一つ目は、助け合いを目的としているため、保障の金額や種類が少ないという点です。 前述の通り、JA共済は少額の共済掛金で加入することができますが保障金額を少なく抑えることの裏返しでもあります。 そのため自分に必要な保障額をしっかりと見極めた上で、共済を選ぶことが求められます。 二つ目は、契約や解約はJAの窓口に行って行わなければならないところです。 保険会社によっては、インターネットで加入できるところも多いため、JA共済の手続き方法はデメリットと思われる方もいるかもしれません。 ただし、JA共済には保険の専門員であるライフアドバイザーがおり、ライフアドバイザーを自宅に呼んで手続きすることも可能です。 JAの生命共済:「ひと」に関する保障 JA共済のひとに関する保障について説明します。 一生涯備えられる「終身共済」 終身共済は、一生涯に渡って保障が得られる商品です。 契約者に万が一があった場合には、共済金が支払われるため残された家族の生活を守ることができます。 掛け金は80歳で払込が終了になりますが、保障は一生涯継続されます。 死亡についての保障が生涯欲しい人に向いている商品です。 貯蓄しながら蓄えられる「養老生命共済」 「養老生命共済」は、貯蓄と保障を兼ね備えた満期のある商品です。 契約期間中には死亡などの万が一に備えることが可能で、満期を迎えれば所定の満期保険金を受け取ることができます。 支払った掛け金の一部は積み立てられていくため、契約の途中で解約した場合にも解約返戻金を受け取れることがあります。 毎月、あるいは毎年など決まったタイミング掛け金を払う必要があるため、貯蓄が苦手な人でも貯めやすい商品です。 子供の教育資金を蓄える「こども共済」 子供を育てる上で欠かせないものが、教育資金です。 「こども共済」は、掛け金を積み立てて教育資金に備えられる商品で、契約者に万が一のことがあった場合には掛け金が免除されるなどの保障もあります。 学資金の受け取りは、大学進学などのタイミングに合わせて受け取りが可能です。 養老生命共済と同様、貯蓄を苦手とする人に向いている商品です。 先進医療にも備えられる「医療共済」 医学の進歩に伴って、がんなどの治療に先進医療技術が使われるケースが増えてきました。 しかし先進医療には健康保険が医療保険が適用されないため、医療費が高額になることもあります。 JAの「医療共済」は、病気による入院や手術に備える商品ですが、先進医療が保障されるプランを選択すれば先進医療の治療費が保障されます。 先進医療を受けられるように保障を整備しておけば、病気を発症しても治療費の心配をすることなく治療できます。 JAの建物更生共済:「いえ」に関する保障 建物や家財を保障する「むてきプラス」 JAには、火災や地震から家を守る建物更生共済「むてきプラス」があります。 万が一火災や地震などで家に損害を受けた場合、共済金を受け取ることができます。 むてきプラスは貯蓄型の共済で、掛け捨てではありません。 一般的に地震などで家に被害が生じた場合には家財も損傷しているケースが多いですが、むてきプラスには家財専用のプランもあり家財にも備えることができます。 また、契約中の建物が損傷したことによりケガや死亡した場合には、共済金を受け取れることもあります。 JAの自動車共済::「くるま」に関する保障 車の事故に備える「クルマスター」 「クルマスター」は、他の損害保険会社が販売する自動車保険に当たる共済です。 自動車事故に遭った、もしくは事故を起こしてしまったと場合に保障を受けることが出来ます。 バッテリー上がりやインロックを起こした時などのロードサービスを受けることも可能です。 また、JA共済は国の保険である自賠責保険を自賠責共済として扱っています。 クルマスターと自賠責共済をセットで加入すると、クルマスターの掛け金が割引になります。 まとめ JA共済には、メリットがある一方でデメリットもあります。 共済や保険に加入する際には、それぞれのメリットやデメリットについて良く知り、自分のライフプランに合った保障を受けられる商品を選びましょう。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の

農協で保険に入れる?JA共済の特徴とメリット・デメリット総まとめ

農協 保険

【目次】• 火災保険にかかわる「契約者」「被保険者」「所有者」とは 最初に火災保険の契約にかかわる人について説明しておきます。 契約者……保険契約の当事者で契約をして保険料を支払う人です。 被保険者……火災保険の補償を受ける対象者になる人です。 火災保険(建物)では、 物件の所有者になり、契約時に指定しなければ契約者と同じ人になります。 補償を受ける人(被保険者)が所有者であるというのは、物件の所有と関係ない人が契約できたら、火災で全焼して保険金を貰った方がよくなってしまうからです。 契約者と被保険者が同一のこともあれば、そうでないこともあります。 建物が親と子(もしくは夫と妻など)の共有名義などの場合、被保険者はその親と子などの複数になります。 生命保険のように人にかかる保険では、一部の例外を除いて原則として被保険者は一人ですが、 火災保険ではこのように複数の人が被保険者になることがあります。 火災保険の契約者はあくまで一人でこの場合は親でも子でも構いません。 火災保険の契約や建物の所有者に関することは、これが前提です。 火災保険の通常の名義変更 どんな保険契約でも契約期間中に契約内容に変更が生じることがあります。 火災保険も同様で、住所変更や銀行引落口座の変更、保険目的の追加、増築などに伴う増額や逆に減額など様々です。 相続というと大げさに考える人もいますが、名義変更もそうした手続きのひとつにすぎません。 物件の所有者が変わり、被保険者の変更をすることを火災保険の手続き上は「権利譲渡」といいます。 名義変更(権利譲渡)は契約者死亡による相続のみで起こるわけではありません。 贈与など別な事由でも発生し、決して珍しい変更内容ではありません。 但し、相続による火災保険の名義変更(権利譲渡)は、契約者等が死亡していて契約者本人が自分で書類を作成することができない点が大きく違います。 名義変更していないと、事故で火災保険は支払われないの? 相続の発生時に火災保険の名義変更手続きをしていないと保険金は支払われないかというと、必ずしもそんなことはありません。 そもそも契約そのものに不備があるわけではないからです。 保険金は法定相続人には支払われます。 ただし、スピーディな支払いになるかというとやはり手続きが必要になるので、早めに手続きを済ませておく方がいいでしょう。 その他、火災保険契約が銀行引落の月払いになっていて、口座振替不能をそのままにしておくと一定期間後に契約が不払い解除になります。 口座振替不能の契約については保険会社もほったらかしにはしませんが、契約が解除されたら保険金が支払われることはありません。 遺産分割が済んで登記簿上の所有者が変わったら火災保険の被保険者(必要があれば契約者も)を変更する必要があるのです。 火災保険の契約者(被保険者)死亡での名義変更 相続での火災保険の名義変更の手続きは? 相続時の火災保険の名義変更は、どのように手続きすればいいのでしょうか。 一般的には「 火災保険契約内容変更届出書」に必要事項の記入等で処理は済みます。 この書類は火災保険のあらゆる契約内容を変更する際に使われます。 名義変更には比較的簡単にできるケースとそうでないケースがあります。 これは簡単なケースの場合です。 手続きが簡単かどうかは、火災保険契約が相続財産になるかどうかで変わってきます。 目安となる条件は、契約している火災保険契約がお金が貯まらない「掛捨型」であるか、お金が貯まるタイプの「積立型」などの火災保険かです。 相続時の積立型火災保険の名義変更手続き 積立型の火災保険の場合、積み立てられているお金があるため、これが相続財産にあたります。 名義変更をした場合、 契約が満期になれば満期返戻金が払い戻され、解約すれば解約返戻金が支払われるからです。 預貯金などのように相続財産として取り扱われるのでそれに応じた手続きが必要です。 相続発生に伴う積立型の火災保険の名義変更には原則、相続人の承諾が必要です。 相続人の数などによって必要な書類は変わってきますが、保険証券や印鑑証明書・実印、戸籍謄本、返戻金を受け取る場合、その人の本人確認書類等が必要になります。 身内が死亡していますから慌ただしいでしょうが、特に積立型の火災保険であれば早めに保険会社に連絡・相談しておきましょう。 いまは積立型の火災保険は主流ではありませんから、該当する人は少ないでしょうが覚えておいてください。 掛捨型の火災保険なら、相続発生時の名義変更手続きは簡単? 掛捨タイプの火災保険なら簡単な書面の手続きだけかというと、必ずしもそうとも言い切れないケースがあります。 具体的には 超長期で火災保険料を一括払いしているケースです。 2015年10月から火災保険は最長10年間までの契約に変わりましたが、それ以前は36年間契約することができました。 たいていは住宅ローンの返済期間に合わせるかたちで、何かあっても火災保険でローンの残債を精算できるようにしていました。 長期の火災保険の契約の保険料を一括払いしているということは、亡くなった人が将来の分も保険料を先払いしています。 つまり解約すれば解約返戻金が発生するのです。 手続きや処理が1年契約の月払いでの掛捨ての火災保険とは変わることがありますので注意してください。 必ず契約先の損害保険会社に必要な書類や手続きを確認するようにしてください。 【関連記事】•

次の

農協の医療保険であるJA共済とは?実は誰でも入れる医療保険だった!

農協 保険

JA(農業協同組合)とは JAとは、相互扶助の精神のもとに農家の営農と生活を守り高め、よりよい社会を築くことを目的に組織された協同組合です。 この目的のために、JAは営農や生活の指導をするほか、生産資材・生活資材の共同購入や農畜産物の共同販売、貯金の受け入れ、農業生産資金や生活資金の貸し付け、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置、あるいは万一の場合に備える共済等の事業や活動を行っています。 JAは農協のニックネーム JA(ジェイエー)という名前は、「農業協同組合」の英語表記の頭文字をとってつけられたニックネームです。 シンボルマークは緑のアルファベットのJとAを組み合わせたデザインで、どっしりとした大地と人と人のきずなのイメージを表したものです。 それまでの農業協同組合のマークは稲穂のデザインでしたが、農家だけではなく、みなさんといっしょに地域のくらしづくりをしていこうと、親しみやすい呼び名とマークを使うことになりました。 同じJAという名前ですが、総合JAと専門農協に区分されます。 総合JAとは貯金や資金貸付業務を行う信用事業、野菜や米など農畜産物を扱う販売事業、肥料・農薬・生活用品等を扱う購買事業、保険業務を行う共済事業などを兼営しているものを総称しています。 総合JAは名前の通りさまざまな事業を実施しています。 一般にJAと呼ばれるのは、ほとんどこの総合JAのことです。 一方、専門農協とは、酪農、果樹、園芸など作目別を中心としたJA組織です。 ヨーロッパの農協は専門農協が主流ですが、わが国は総合JAが中心を占めています。 この理由は、農家の経営規模が欧米と比べ小規模で、兼業所得と一体になった経営が行われているからです。 さらに、その経営も、例えば野菜だけの生産でなく、野菜と米など複合経営を営む農家が主体となっています。 このため、農家が生産するすべての品目や、貯金、共済にも対応できる総合的な体制が求められているのです。 なお、農林水産省の統計で使う総合農協には、「信用事業を営む専門農協」も含まれます。

次の