誹謗中傷 アカウント 削除。 木村花さんへの誹謗中傷 アカウント削除も証拠隠滅は不可能…名誉棄損罪や脅迫罪に 小川泰平氏が指摘

木村花さんへの誹謗中傷 アカウント削除も証拠隠滅は不可能→逃れようはないでしょう

誹謗中傷 アカウント 削除

22歳の若さで23日に死去した女子プロレス団体スターダムの看板選手、木村花さんの自宅から、遺書のような手書きメモが見つかっていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。 母親で元プロレスラーの響子さん(43)に宛てたもので「産んでくれてありがとう」などと書かれていた。 警視庁は木村さんが自殺を図ったとみて経緯を調べている。 ベッドの近くに置かれており、警視庁は有毒ガスを発生させて自殺をしたとみて、調べを進めている。 捜査関係者によると、木村さんは23日午前3時半ごろ、自宅内で心肺停止状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。 玄関ドアは施錠されていたという。 遺書のような手書きメモは、リビングで見つかった。 母の響子さんに向けては「ごめんなさい。 産んでくれてありがとう」などとつづられていたという。 メモは数枚見つかり、響子さんへのほか、周囲への感謝の気持ちが書かれていたという。 響子さんは24日夜にツイッターを更新し「木村花を応援してくれたかた、守ってあげれなくてごめんなさい。 あなたがつらいと花もつらいから。 どうか楽しく元気な花を心においてあげてください」とつづり、さらに「死者のプライバシーをどうか尊重してあげてください」と訴えた。 木村さんはフジテレビ系で放送し、ネットフリックスで配信されている恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演。 関係者によると、年明けごろからSNS上で、番組内での言動などを非難するような投稿がされていた。 それらの投稿に木村さんは悩み、響子さんに相談していた。 20日には「そうだよね。 顔も中身もブスでごめんね。 消えれるもんなら早く消えたいよ」「消えてなくなったら許してくれますか? 消えたらみんなに愛してもらえますか」などと書き込んでいた。 23日未明には「毎日100件近く率直な意見、傷ついたのは否定できなかったから。 死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が一番に思ってました」などと最後に投稿している。 木村さんに対し、誹謗(ひぼう)や中傷をSNSに書き込んでいたアカウントは、死去の後から続々と削除されている。 木村さんは「人のこともっと考えて暮らせよ」と憤り、男性の帽子をはたき落とした。 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• ボクシング [7月17日 20:53]• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 格闘技 [7月17日 19:00]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 7月場所の懸賞本数が大幅減少へ コロナで企業打撃 []• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 [7月17日 8:14]• 大相撲 [7月16日 18:37]• 大相撲 [7月16日 18:00]• 大相撲 [7月16日 8:54]• プロレス 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• ボクシング 井上尚弥のいとこ浩樹が引退表明「第2の人生を」 []• ボクシング [7月17日 20:53]• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]•

次の

木村花さんへの誹謗中傷 アカウント削除も証拠隠滅は不可能…名誉棄損罪や脅迫罪に 小川泰平氏が指摘/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

誹謗中傷 アカウント 削除

プロレスラーの木村花さん 22 が23日に死去した背景に、SNSで匿名の誹謗中傷を受けていたことが報じられている。 死因など詳細は調査中とされているが、ネット上の中傷が木村さんの死と関連していると指摘されていることを受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は24日、当サイトの取材に対し、アカウントを削除しても証拠隠滅は不可能であり、刑法上、名誉棄損罪や脅迫罪などに当たる可能性は否定できないと指摘。 一方で、弁護士費用など経費的に動きが取れない被害者がいるなどの問題点も明かした。 木村さんは動画配信サービス・ネットフリックスで配信中のリアリティ恋愛番組「テラスハウス」の最新シーズン「TOKYO 2019-2020」 昨年10月スタート に出演していた。 今年3月に配信された第38話で、共演している男性とプロレス用衣装の洗濯について口論する様子が流されて以降、木村さんのSNSには同番組関連とみられる、誹謗中傷と取れるメッセージが大量に寄せられた。 木村さんはインスタグラムで自身の手首を切ったとみられる画像とともに「毎日100件近く率直な意見。 傷ついたのは否定できなかったから。 死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました」と思いを吐露。 死の直前には「愛してる、楽しく長生きしてね。 ごめんね」「さようなら」と意味深なメッセージをつづっていた。 小川氏は「木村さんは番組において『ヒール役』であり、中傷した人たちにとってはストレス発散のはけ口だったのでしょうが、それにしても限度がある。 個人の人格を否定し、誹謗中傷する行為は刑法上、名誉棄損罪に当たり、言動によっては脅迫罪になることもあります」と指摘。 さらに「番組出演が仕事である場合、それ 中傷行為 によって放送や配信がストップしたり、プロレスラーである彼女が出場している興行ができなくなった場合は業務妨害になります。 また民事上の損害賠償を負うことにもなります」と付け加えた。 SNSで木村さんに対して「消えろ」などと匿名で誹謗中傷をしていた人たちが、木村さん死去の報道後、アカウントを消し始めている。 書き込んだ人たちにとって「証拠隠滅」となり、捜査の対象から免れるのだろうか。 小川氏は「いくらアカウントを削除しても、どういう者が、どのような内容を書いたかは、警察の捜査で裏付けされます」と、削除しても逃げきれないことを説明。 さらに「被害に遭った側は、書かれてある内容を証拠として保存することです。 スクリーンショットや、画面を写真で撮るなりして、その証拠を警察に届けること。 そして、削除依頼をすること。 直接、削除依頼することができればよいが、多くは弁護士に依頼することになるでしょう」としたうえで、「会社組織にしているユーチューバーなどのように『業』にしている人と違い、個人で情報発信している人には、弁護士に依頼することが経費的に難しい場合も多い。 ネット犯罪を専門とする弁護士への費用は最低でも数十万円になることもある。 その点も日本の社会問題になっている」と指摘した。 小川氏は「SNSは情報を共有することができ、良い面もあるが、その半面、直接、誹謗中傷されるなどのリスクがあります。 ネット社会では悪口が日常茶飯事になっていて、有名人には『有名税』だから我慢しろという声もありますが、ダイレクトメールに個人攻撃のメッセージを送る者もいる。 『みんなが書いているから自分も何を書いても大丈夫』と気持ちが大きくなってアピールの場になってる。 一度、SNSに誹謗中傷が書き込まれると、誹謗中傷が連鎖して歯止めがきかなくなることもよくある」と警鐘を鳴らした。 まいどなニュース.

次の

誹謗中傷にあたる言葉と批判との違い|誹謗中傷で問うことのできる罪

誹謗中傷 アカウント 削除

死因など詳細は調査中とされているが、ネット上の中傷が木村さんの死と関連していると指摘されていることを受け、 元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は24日、当サイトの取材に対し、アカウントを削除しても証拠隠滅は不可能であり、刑法上、名誉棄損罪や脅迫罪などに当たる可能性は否定できないと指摘。 一方で、弁護士費用など経費的に動きが取れない被害者がいるなどの問題点も明かした。 yahoo. SNSが原因で苦しんでいる人、SNSで誰かを傷つけてしまった事に気づいた人は、「SNSをやめる勇気」「SNSをやめることを視野に入れてみる」ことを考えてみてはどうでしょうか。 SNSが悪というより、SNSが手軽過ぎて自分の身の丈に合った使い方が出来ない人が多すぎて今回のような悲劇を生んでしまった。 これまでも表沙汰になっていないだけで苦しみを味わった人はたくさんいるはず。 番組の製作者を叩くことも、誹謗中傷した人をしらみ潰しに探して晒しあげにすることも結局は同じ事の繰り返しじゃないですか。 ネットの誹謗中傷をゼロにすることは不可能だと思います。 だからこそ、なるべく関わらない。 情報や交流を遮断することは勇気がいるかもしれないけど、自分や自分の大事な人が後にそういう状況に陥った時に、そういう選択肢も選べる、人にアドバイス出来れば、少しでも不幸な人を減らすきっかけになるのではと考えます。

次の