宝石 の 国 80。 なぜフォスは先生こと金剛を祈らせる(起動させる)ことができたのか?宝石の国を考察する【宝石の国10巻】

【宝石の国:82話】最新話のネタバレ|フォスの記憶に隠された謎とは|漫画サイコー!

宝石 の 国 80

宝石の国【第79話】220年のネタバレ 宝石の国【第79話】220年 微笑み外を眺めるイエローダイヤモンド。 イエローダイヤモンドは外へ飛び降り、落下の衝撃で砕けました。 それを発見した月人と仲間達がイエローダイヤモンドを回収し、元の姿へ戻します。 仲間達に見守られ目覚めたイエローダイヤモンドは自分が月人だと思い込んでいました。 実はフォスフォフィライトが砕かれた前回から、220年の時が経っていたことが読者に知らされます。 月人の生活に馴染んでいく宝石達の中でイエローダイヤモンドだけがそれに馴染めず心を病み、自分が月人だから飛べるのだと思い込むようになったのでした。 宝石が月人になれる方法はないのかと思い付きます。 その中で過去に月人によって攫われ、砕かれて砂にされた宝石達を元の姿に戻す研究が停止されていることが読者に知らされます。 その研究の中で得られた成果を宝石が月人になる研究に使えないかと思い付きます。 カンゴームは月人の王エクメアに研究をすることの許可を強請り、最初は許可を渋っていたエクメアはカンゴームが自分に隠れて研究をする可能性を考え、それなら見えるところで研究した方がいいと許可を出しました。 地球では宝石達が冬の支度をしています。 月人の攻撃がなくなったので今年は冬の当番はなく、金剛だけが冬に起きていることとなりました。 金剛は、220年の間にみんなが忘れたフォスフォフィライトを集め、修理します。 フォスフォフィライトは元の姿に戻る前に起き上がり、金剛に祈るように願います。 もう疲れたのだと言うフォスフォフィライトに、金剛は祈りました。 途中で祈りをやめようとする金剛の手を掴み「祈れ」とフォスフォフィライトは叫びます。 スポンサーリンク 宝石の国【第79話】220年の感想 前回、フォスフォフィライトがバラバラにされ、埋められたシーンから220年経っていると思わずにラストのイエローダイヤモンドの微笑みを見たので今回時間経過にとても驚きました。 宝石達が月人と暮らし、技術や知識を手に入れていることも、フォスフォフィライトの願いであった砕かれた宝石の復元が停止していることも驚きです。 フォスフォフィライトがいない間にそんなことになっていたのかと無情さを感じました。 エクメアとカンゴームが月人と宝石でありながら人間の夫婦らしい付き合いをしているのは嬉しいです。 金剛がみんなに隠れてフォスフォフィライトを復元していたことにも驚きました。 復元しきれずボロボロのフォスフォフィライトは不気味で、「疲れ果てました」と言う言葉からの「祈れ!」と言う恫喝に次の話がどうなるのかハラハラしています。 今回の話を簡単にまとめると、 ・イエローダイヤモンドが飛び降りた後、実は220年も経っていた ・イエローダイヤモンドは、心を病んでいる ・宝石達が月人になろうと研究を始める ・地球は冬で宝石は冬眠し、冬当番はなし ・金剛がフォスフォフィライトを復活させ、フォスフォフィライトが起き上がり金剛に祈るように迫る という感じです。 復元しきれずボロボロのフォスフォフィライトは不気味で、「疲れ果てました」と言う言葉からの「祈れ!」と言う恫喝に次の話がどうなるのかハラハラしています。 次号は休載となっているので、続きが気になってしょうがないです! 長々と読んで頂き、ありがとうございました。 続きはこちら!

次の

宝石の国 82話 : 備忘録

宝石 の 国 80

【宝石の国:82話】最新話ネタバレ 前回、金剛の停止で無になれなかった月人。 土産として自分の体の一部を差し出したパパラチア。 そして、何者かによって回収されるフォス。 そんなシーンで終わりを迎えました。 救われたフォス エクメアとカンゴームが見ていたのは、フォスに入れた眼球からの視界。 そこに映し出されていたのは、回収にきたゴーシェとセミでした。 こんな映像を見たカンゴームはこれでよいのかとエクメアに問います。 自然な成り行きであるとエクメアは言いますが、ろくな説明もされてないカンゴームにとっては追求したいですよね。 一方、回収にきたゴーシェは変わり果てたフォスを見てなんでこうなってしまったか、とちょっと呆れた様子。 セミは涙を流しながら様子を伺いいます。 エクメアの結婚式以来の再会がこんなところでとなってしまったゴーシェとセミ。 ゴーシェは結婚式後姿を消していたが、たまたま入った建物にいた月人たちと仲良くなり、そこで過ごしていたことを伝えると、セミはゴーシェのコミュ力に感心します。 まあ、こんな感じの性格だから月人たちとも仲良くなれたのでしょうね。 そんな話をしていると、もう少しでエクメアたちの元に到着するという合図が。 なんて言われるか、ゴーシェは少し楽観的に、セミは笑みを浮かべながらわからないと開き直ってます。 月へと到着 月に到着するとエクメアや宝石たちのお出迎え。 変わり果てたフォスの姿を見て、宝石たちは驚き唖然としています。 あんな粉々になったフォスを見たら、痛いのかはわかりませんが痛々しさがありますもんね。 エクメアは回収後に捨ておいてくれと頼んだことについてその言葉に変更がないかフォスに確認。 それに対しフォスは金剛に体を組み立ててもらったことでまだ愛されているのだと確信したようです。 邪魔が入らなければ金剛は必ず自分のために祈っただろうと言うフォスの確信ぶりはすうごいですね。 そんな話をするフォスの体は蜂の巣のような体へと変貌します。 さらには網目状に伸ばした体でエクメアと宝石たちを包囲し、自分の邪魔をするすべての宝石たちを粉にしてから次に臨むと言います。 ここにいる宝石たちにとって、自分が対象でなくても恐怖を覚える発言ですね。 交渉 すぐにでも向かうというフォスに対しエクメアはフォスから伸びてきた液状の手を握り許可をだしました。 許可はだしましたが、とても冷めた目つきでありちょっと不穏に感じます。 今までエクメアの服の中に隠れていたカンゴーム。 その様子を覗いていたのですが、この騒動でカンゴームが抱いていた白いモコモコが目を覚ましました。 ちっちゃモコモコした生物はカンゴームの腕から飛び出すと、フォスのもとに駆け寄るのです。 すると、いきなり大きくなってフォスを潰してしまいました。 突然のことに驚きを隠せません。 実はこの生物、4巻に登場した金剛に『しろ』と呼ばれていた犬でありました。 カンゴームのボディでもあるようで、カンゴームは大きい姿は久しぶりの再会のようですね。 粉々になってしまったフォスですが、エクメアはバルバタに修復を依頼します。 特にこの二百年の記憶は大切に扱うようにとお願いして。 そんなエクメアは相変わらず表情が読めず、淡々としています。 最新話や最新巻の画バレはこのサービスで読めます 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊アフタヌーン最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 解約も1ヶ月以内なら利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 200年でフォスがだいぶおかしくなってしまいました。 狂気ともとれるこの叫びがなんだかとても切なくなりますね。 しかし、最初の方で成り行きだと発したエクメアにとって、フォスのこの様は想定内だったのでしょうね。 そしてまたもや粉々にされてしまったフォスですが、エクメアは修復を望んでいるので、まだ何かしらの利用価値があるということなのでしょうかね。 フォスの200年の記憶というのが鍵となるようです。 フォスの記憶に何が隠されているのか、とても気になるところですね!.

次の

【漫画】宝石の国10巻の続き80話以降を無料で読む方法

宝石 の 国 80

こちらの記事では 2019年7月25日に発売された 宝石の国の最新話80話のネタバレや感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 宝石の国の最新話『80話』のネタバレ 金剛に祈るよう迫る 先生が祈れば月人は無に帰し、宝石たちは救われる。 そのためにフォスなりに力をつくしてきました。 金剛によって復元されたフォスは 途中で祈りを止めてしまう金剛に再度祈るように迫ります。 金剛にフォスが飛びつくと、 金剛は驚いたような顔でじっとフォスを見つめます。 液状化している手で金剛の手に重ねると、光が強く輝くのです。 再起動した金剛 その頃、 エクメアとカンゴームは ふたりでティータイムを過ごしていました。 すると周りの床の形が変化して、 カンゴームは来たかと大声で言いました。 それはフォスが組み立てられ、金剛が再起動した合図でした。 同時にエクメアもフォスフォフィライトが組み立てられて、 金剛が再起動したことが分かったようです。 新しい人間という認知の定着に成功したみたいです。 エクメアはまだ驚いているカンゴームに手を差し出して、 おいで一緒に行こうと誘いました。 ソファで眠っていたバルバタのところにも何かが落ちてきて、 まじかと頭をかいています。 カンゴームの手を引いて連れてきたところは指令室のようで、 巨大なディスプレイのようなものがあり、 唖然としている金剛のドアップがうつされています。 エクメアの部下の月人は 不安定ですと告げました。 しかしエクメアは 不安定にしては長いと反論します。 また報告が入り、 フォスフォライトが金剛の合掌形を押さえつけていますが、金剛は抵抗してないとのこと。 その報告を聞いてエクメアは 幸運だと言います。 一方フォスは金剛に飛びついたまま、 祈れ、機械、僕のためにと迫り動きません。 徐々に顔も溶けてきているのか 原形をとどめておらず、 お前さえいなければと金剛を呪っているようにも見えます。 120分が経過、 ラインは安定して超えていると報告が上がると 国民への告知の準備をとエクメアが告げます。 それぞれの最期の時 エクメアが月中にアナウンスします。 「金剛の起動を確認した、 こののち発動した場合、月への影響到達は21分後」 「皆、速やかに、家に帰りなさい」と告げました。 エクメアのアナウンスを聞き、 ダイヤモンドはコンサート中だったので、 21分ならあと5曲は行けると最期までコンサートを楽しんでもらう事にしました。 アレキのところには、 たくさんの人が押し寄せてきてさいごに アレキのご飯が食べたいと言い、 アレキもそれに答えます。 アメシストは研究の途中だったので、 帰っても誰もいないというバルバタに先生のナポリタンを食べたいとリクエストしました。 みんながそれぞれに最期の時を過ごす中、 カンゴームは震えていました。 エクメアに大丈夫だよと言われても、 カンゴームは巨大な金剛の前で怒っています。 無へ エクメアはくっついていれば 一緒に行けるというカンゴームの予想は半分当たっていたと冷静に言いました。 正確には、金剛は壊れてしまっていて力の制御ができなくなってしまったため、 一度祈れば人間を祖とするものは全て無へと向かうのです。 つまり月人・宝石・アドミラビリスの3族は確実に同時に無となります。 それこそが金剛がかたくなに祈らない理由であり、 同時に宝石への執着が、 彼になけなしの自我を発生させた故障の原因でもあるのです。 それを聞いて、カンゴームは膝から崩れ落ち、 バカとエクメアを大きな声で怒鳴りました。 エクメアをゆすっても笑っているばかりです。 カンゴーム達鉱物生命体は、 どこまでも純粋で優しく、この世で最も美しい生物だ。 あの機械の金剛にすら宝石のための楽園を作るというかなわない夢を見させた。 民のために残酷を繰り返すエクメアでも 金剛が狂った気持ちはわかるんだと消え入りそうに微笑みます。 みんなが家に帰ってしまい誰もいない外で、つまんないと言いながら、 スケボーから空に向かって大ジャンプをする誰かがいました。 何をしたいのか、だれと過ごすのか。 何を食べるのか、最期の時は近づきつつある。 宝石の国の最新話80話や最新刊を無料で読む方法って? 以上が宝石の国のネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 宝石の国の最新話『80話』の感想と考察 エクメアのアナウンスがあってもみんなそれぞれ慌てず騒がず時を過ごしています。 金剛はなんとか再起動しましたが、 カンゴームのおかげで動いているようなものです。 このまま本当に無になってしまうのでしょうか。 そもそも無とは何かと思ってしまいます。 死んでしまうという事でしょうか、滅亡するという事でしょうか。 そうならばみんなこんなに穏やかに最期の時を迎えることが出来るはずがない と思ってしまいます。 もともと人間とは寿命も違うため… そしてバラバラになって埋められていても カンゴームのように復活したりもするので概念も違うのだと思います。 あの機械の金剛にすら宝石のための楽園を作る というかなわない夢を見させたと言い、 残酷を繰り返すエクメアもその気持ちがわかるという宝石。 人間にとっての宝石も魅入られるとか、 いわくつきのものもあるくらい愛されています。 どこまでも純粋で優しく、この世で 最も美しい生物なのでしょうか。 まとめ ここまで宝石の国の最新話80話のネタバレや感想、考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダで宝石の国の最新話や最新刊を読んでみてください。

次の