アイビス ペイント クリッピング。 「アイビスペイントX」スマホやタブレットで使える無料ペイントアプリ

【ibisPaint】アイビスペイントイラストメイキング | cue

アイビス ペイント クリッピング

厚塗りとは? 絵を描く技法のひとつで、油絵のように色の透けない不透明度の高い絵の具で筆のタッチを活かしながら描く方法です。 重厚感のあるイラストに仕上げることができます。 厚塗り以外の塗り方も以下の記事で詳しく解説しています! 1. キャンバスの作成・基本的な使い方 キャンバスの作成 アイビスペイントを起動します。 キャンバスサイズの選択シートが表示されます。 線画 キャンバス上に、好きなペン・ブラシで下描きを描くか、または紙に描いたアナログの線画を写真で撮った画像などを取り込みます。 1 大まかに形をとる まずは全体の大きさやバランスが把握できるように、大きく形をとりましょう。 特にスマートフォン スマホ 、タブレットの場合は画面が小さく、細部を描くときに拡大するため全体を見ながら描くことができません。 細部ばかりを見ながら描いていくとどうしても構図やデッサンが狂ってしまうため、はじめにしっかり決めておくことが大切です。 2 線画を描く 厚塗りの場合は、線画を消しながら色を塗るため、他の技法のように線自体をきれいに描いておく必要はありません。 1 で形を取った線を参考に、色を塗り重ねるときに迷わない程度に描き込んでおきます。 で描いた大まかな輪郭を頼りに、そのまま、または2本の指でピンチイン・ピンチアウトで表示を拡大縮小したり、回転させたりして描きやすい角度にしながらもう線を描き足していきます。 画像を読み込むと自動的に「線画抽出」が表示されるので、案内に沿って操作します。 下塗り 1. で描いた線画の上から直接色を塗っていってもよいのですが、今回はあえて「下塗り」をします。 下塗りすることで、後の細かい描き込みをする工程で色が拾いやすくなり、効率的に色塗りを進めることができます。 1 色塗りのベース(下地)をつくる 下描きのレイヤーの下に新規レイヤーを追加します。 追加したレイヤーに、濃いめの色(色は何色でもかまいません)でキャラクター全体を塗ります。 はじめに下地を塗っておくことで、塗り残しを防ぐことができます。 2 配色の準備 レイヤーのクリッピング 下地ができたら、下地レイヤーの上に新規レイヤーを追加します。 下図のように、新規レイヤーを線画と下地レイヤーの間になるよう重ね順を調整し、「クリッピング」ボタンをタップして適用します。 また、色をはみ出さないように塗る方法、クリッピングの方法については以下の記事をご覧ください。 3 配色を決める 頭の中で大体の配色を決め、下部メインツールバーの「カラー」から色を選択して、クリッピングしたレイヤーに大まかに色を塗っていきます。 肌、髪、目、制服などにベースの色を塗り、配色ができました。 4 影を塗る:簡単な影色の付け方 再び下部ツールバーの「レイヤー」に戻ります。 配色レイヤーの上に新規レイヤーを追加してクリッピングをオンにし、影を塗っていきます。 上の画像を見て「肌の影を青色で塗るの?」と驚いた方がもいるかもしれませんが、レイヤーのブレンドモード 合成モード を変更することで、肌だけでなく服や髪も同じ青色でなじませることができます。 影をつけるときは暗い色を選択して塗っておいて、後から調整すると簡単に影がつけられますよ! 影のレイヤーの不透明度を40%に変更し、ブレンドモードを「焼き込みカラー」に変更して調整します。 「焼き込み」カラーに変更すると、肌の影がピンク色になり血色がよく見えます。 塗る色やブレンドモードは人や作風によって異なります。 いろいろ試して、自分にあった設定を見つけましょう。 ブレンドモード 合成モード について詳しくは、以下の記事をご覧ください。 先ほどと同じレイヤー、同じ色で、大体のところに影を入れていきます。 これで下塗りができました。 レイヤーの統合 だいたいの影がつけられたら、下部ツールバーの「レイヤー」を開きます。 下地にクリッピングしたレイヤーを、「レイヤーの結合」で一枚ずつ下のレイヤーと結合していきます。 最後に、線画レイヤーと下地も結合して、すべてのレイヤーを結合します。 描き込み 結合したレイヤーに直接描き込んでいきます。 描き込みで使用する色は、「クイックスポイト」機能で塗りたい場所の近くの暗い色や明るい色を取ります。 すでに描画されているところから色を取ると厚塗りで塗り重ねていくときになじませやすいです。 ブラシの種類は「ペン フェード) を使用しています。 POINT 「クイックスポイト」の使い方 ブラシツールを選択した状態で色を取りたいところをタップし、長押しするとタップした部分の色を拾えます。 あとはひたすら、下描きの線にかぶせるように描き込んでいきます。 色は、下部ツールバーの「カラー」で調整するか、または目や服の色から取る方法もあります。 顔など、細かい部分を描くときには、表示サイズを拡大して、描きやすい角度に細かく回転させながら描いていきます。 厚塗りの場合は、基本的に線画を前面に出さず陰影や色の変化で形を見せていきますが、メリハリを出したい部分や強調したいところは、部分的に上から線を描き足してもいいでしょう。 顔 身体 目 自分で納得がいくところまで描き込めたら…完成です! スマートフォン スマホ やタブレットでお絵かきをしていて、塗り方や印刷用で描く場合のイラストサイズなど、イラストやマンガの描き方でわからないことがあれば「CLIP STUDIO ASK」に聞いてみましょう。 パソコンでイラストを描いている熟練者さんから良いアドバイスがもらえるかもしれません。 アイビスペイントは、定番お絵かきソフトCLIP STUDIO PAINT クリップスタジオ と連携しているため、スマートフォン スマホ やタブレットで描いたイラストをレイヤー構成やブレンドモードを維持したまま続けてパソコンで作業ができます。

次の

クリッピングを使うとはみ出さずに色を塗れるからスゴく便利だよ

アイビス ペイント クリッピング

スポンサーリンク アイビスペイントのレイヤーってどんな意味があるの? デジタルで絵を描く時に欠かせないのがレイヤー機能です。 これを活用することで、アナログで描くよりとてもカンタンに絵を仕上げられますよ。 ガラス板でも、プラスチック板でもかまいません。 その透明な板に絵を描くと、 絵が描いてある部分以外は透けて下が見える状態ですよね。 その板の上に、もう一枚透明な板を重ねて絵を描いたら、どうなると思いますか? そうです。 上の板の絵が描いてある部分以外には、下の板の絵が透けて見えていますよね。 板の順番を反対にすれば、上に来る絵が変わって、下の板の絵は上の絵と重ならない部分だけが見える状態になります。 この 透明な板の役割がレイヤーなんです。 例えば、レイヤーを2つ作ってみます。 上から順番に、 線画レイヤー 色塗りレイヤー としておくと、どんなに乱暴に色塗りをしても、線画は常に前面に表示されているので、 消えることはありません。 (クリックで再生) このレイヤーを使えば、背景、線画、色塗り、文字入れなどを分けて描くことができ、それぞれに干渉しないので好きなだけ描き直したり、位置を変えたりなどの編集ができるようになります。 活用すれば、より「楽」に絵が描けるんですよ! そして、レイヤーを使うときに便利な機能は他にもあります。 これを覚えると非常に便利なので早速使ってみましょう。 クリッピングとは? レイヤーが2つ以上ある時、上にある方のレイヤーを下のレイヤーにクリッピングすることができます。 その状態で上のレイヤーに絵を描くと、 下のレイヤーに絵が描いてある部分だけに描かれて、そこからはみ出すことはありません。 これを利用して、影や服の模様などを描くと便利ですね。 例えば、肌の色だけを塗ったレイヤーの上に新規レイヤーを作りクリッピングして影を塗るとか。 これなら他の部分にはみ出さないし、失敗しても影レイヤーだけを描き直せるのでオススメです。 不透明度ロックとは? これは、選択したレイヤーの不透明度(少しでも絵が描いてあるところ)をロックして、 その部分にだけ絵を描けるようにする機能です。 逆に 何も描いていない透明な場所には描画ができないようになります。 クリッピングと似たような感じですが、こちらは 同じレイヤーの中で描くので、失敗したらやり直したいという場合には不向きです。 なので、例えば「線画の色を変えたい場合」などにはオススメですね。 線画レイヤーの不透明度をロックして、サイズ大きめにしたお好きな色のブラシでざーっとなぞれば、簡単に色を変えることができます。 もちろん、部分部分で線の色を変えることもできますしね。 これをタップすると、乗算やスクリーンなど、たくさんの項目が出てきますよね。 これってどういう意味なんでしょうか? このブレンドモードを変更すると、今までのように描いたものがそのまま表示されるのではなく、 ちょっと違った効果が出ます。 例えば、肌色を塗った後、上にレイヤーを作ってその肌色のまま普通に塗っても、同じ色ですからわかりませんよね? そこで、上のレイヤーを乗算または焼き込みカラーにして、同じように塗ってみてください。 どうですか? 影のように暗い色になりましたよね。 逆に、スクリーンや覆い焼きにすると、薄い色や白になると思います。 ちょっとわかりにくいですが、 この画像 の星の部分のブレンドモードを変えてみた画像がこちらです。 色によって見え方がまた違ってくるので参考になるかわかりませんが、こんな感じでそれぞれ違います。 どんな場面で利用するのかは人によると思いますが、例を上げるなら、• 簡単に影を付けたいときは乗算か焼き込み• 簡単にハイライトを入れたい時はスクリーンか覆い焼き• 光っている感じを出したい時は加算・発光 といった感じでしょうか。 色々試してみて、自分なりの使い方を見つけてみてください。 まとめ どうでしょう、少しはレイヤーについてわかりましたでしょうか。 レイヤーというのは透明な板で、パーツごとに分けて重ねることで1枚の絵として完成します。 これを利用すると、背景と人物を分けて描くことができたり、一つの失敗が作品全体の失敗にならず描き直せるので、とっても便利ですね。 ただ、 絶対にレイヤーを使わなきゃいけないという事はありません。 厚塗りをされる方なんかは、1枚のレイヤーだけで描かれますしね。 難しかったら最初は「線」と「色塗り」の二つに分けるだけでもいいと思います。 使いながら追々慣れていけばいいんじゃないでしょうか。

次の

【ibisPaint】アイビスペイントイラストメイキング | cue

アイビス ペイント クリッピング

スポンサーリンク アイビスペイントで線画の色を変える方法 アイビスで線画の色を変える方法って、実は一つじゃなくて、何通りかあるんですよ。 これだけでは、まだよく分からないと思うので、手順をご説明しますね。 1.レイヤーのメニューを開いて、線画のあるレイヤーを選択します。 2.レイヤーメニュー下の「不透明度ロック」という鍵のマークをタップします。 ここまで出来たら、レイヤーのメニューを閉じましょう。 閉じる前に別のレイヤーを選んでしまわないように注意! 3.線画の上から、線画にしたい色を塗っていきます。 線画が潰れて塗られてしまうのでビックリしてしまうかもしれませんが、手を離すとパッと線画の部分以外の色は消えてしまうので大丈夫です! 4.完成! どうですか?この手順は非常にシンプルでわかりやすい線画色変更の仕方です。 「不透明度ロック」をすると、 何も描かれていない透明な部分には、色が乗らなくなる(描けなくなる)ので、線画の部分だけに色を付けることができるんですね。 全体を同じ色にザッと塗るには簡単で良いですよ! パーツごとに違う色にしたい(髪は髪、肌は肌に近い色の線画にしたい等)場合、この方法でも出来るのですが、後から「やっぱ肌の線の色ちょっと違うな」なんて思ったときに、また細々塗らなきゃいけないので少し手間がかかります。 ここの「後からの再調整」がしやすいのは、3番目に紹介する方法ですので、線画の塗り分けがしたいなら3番まで進んでみてくださいね。 選択したらメニューを閉じましょう。 2.ツールのメニューから「フィルター」を選択します。 下部メニュー左から2番目の、ペンや消しゴムになっている部分をタップしてメニューを表示させます。 右列上から2番目の「FX」というマークがフィルターです。 3.フィルターメニューから「線画色変更」を選択します。 フィルターを選ぶと、ずらっとメニューが出てきます。 上から5番目にある 「線画色変更」をタップしましょう。 4.線画の色を決める。 線画色変更を選択すると、右下に 「色相」「彩度」「明るさ」の三つのスライダーが出てきます。 これを動かして、あなたが線画の色にしたい色に調整していきましょう。 最初は思い通りの色を作るのが難しいかもしれませんが、いろいろ動かして試してみると感覚がつかめてくると思いますよ。 5.完成! ちょうど良い色になったら、緑色のチェックマークをタップして決定しましょう。 これで線画の色を変えることができました。 この方法は、「線画の色を変えたいけど、何色がいいかな?」と決まった色がないときにオススメです。 スライダーを動かして様々な色を試すことができるので、絵に合った色を見つけやすいです。 上の二つに比べて、「塗り分けがしやすい」「後から再調整しやすい」という利点があります。 私はこの方法をよく使っています。 1. レイヤーのメニューを開いて、線画のあるレイヤーの上に新規レイヤーを作成します。 線画レイヤーの上に作るのが重要ですので、もし下に出来てしまったら、レイヤーの画像の部分をスワイプして上に持っていってください。 2.新規レイヤーを選択した状態で「クリッピング」を選択します。 新しく作ったレイヤーを選択したら、レイヤーメニューの左下あたりにある 「クリッピング」という文字と下矢印が書いてある部分をタップします。 そうすると、クリッピングの文字や矢印が青く変わって、レイヤーの横にも下向きの矢印が表示されます。 これで、このレイヤーは線画のレイヤーにクリッピングされた状態になりました。 3.クリッピングしたレイヤーに色を塗っていく。 レイヤーメニューを閉じて、今作った「クリッピングしたレイヤー」に、線画にしたい色を塗っていきます。 この塗り方だと、最初から線の部分にだけ色がつきますので、細かい塗り分けもしやすいですね。 4.パーツごとに色を変える場合は、それぞれ新規レイヤーを作って塗っていく。 全体を同じ色に変えるだけなら、3までの手順で完成です。 もし、「髪」「肌」「洋服」など、塗った色に合わせて線画の色を部分的に変えていきたい場合は、2~3の手順をパーツごとに繰り返していきましょう。 このように、パーツごとに線画の色を変えたい&後から微調整したくなるかも…という場合はこの「クリッピング」を使った方法がオススメです! アイビスペイントで線画の色を変える簡単な方法まとめ いかがでしたか?アイビスでの線画の色変更は、試してみたら意外と簡単ですよね。

次の