韓国 ドラマ 復讐 の カルテット。 韓国愛憎劇「復讐のカルテット」第51

復讐のカルテット

韓国 ドラマ 復讐 の カルテット

ドゥレは、子役出身のスター女優。 そんなドゥレは、周囲に迷惑をかけがちだが、いつも母親が守ってくれていた。 しかし、親愛なる母親がストーカーにより殺されてしまう。 ウニャンは、大手の秘書で一児の母親。 ある日、ウニャンの代わりに夫が子守をすることになるが… 夫が不倫相手の元へ行き、その間に家が火事になり、愛してやまない娘アルムを亡くしてしまう。 ダルヒは、見た目はお金持ちのようだが、幼いころから貧しい生活をしていた。 そんなダルヒは、アメリカに留学しメイクで有名人になった。 しかし、ダルヒを良く思わないセラに、泥棒扱いされ言い合いになる。 言い合いのさなか、セラの頭の上に花瓶落下し、意識不明になる。 驚いたダルヒは逃げるが、その様子を見ていた使用人から脅迫を受けるようになる。 同じ日に悲劇が起こった3人の女性。 そんな女性たちの友情と奮闘を描いたドラマ。 もし自分の娘も事故に巻き込まれて、娘を失ってしまうことを考えると、とても痛たまれない感じで観ていました。 自分も娘を亡くしたら、ウニャンのように、事故をした犯人を探し出したいと思いますが、さすがに傷心状態でウニャンのような行動は取れないだろなと思いました。 事故を起こしたダリは、観ていて「とても悪女だな」と思いました。 結果的には、ダリの思惑通りに上手いこといかないのですが、なんて最低なヤツだと観ていて腹が立ったなぁ…。 でもドゥレ、ハリ、ウニャン、三人の、同じ境遇で結ばれた友情に感動するところもたくさんありました。 ハラハラドキドキの展開がすごくて、どんどん引き込まれてしまいました。 イ・ジフンさんやチィ・ユヌさんなど若手俳優さんの熱演が光っていて、とても良かった!!オ・ユナさんの涙を流す演技がすごく印象的で素敵でした。 キム・ジュヒョンさんの安定した演技力で存在感がすごいですね。 ほんとに大切な人を失ってしまった時というのは、人はどんなことでもやってしまうんだろうと感じました。 同じ立場になったとしたら自分はどうするか考えさせられました。 復讐のカルテット(姉は生きている)-相関図・キャスト情報.

次の

復讐のカルテット あらすじ

韓国 ドラマ 復讐 の カルテット

復讐のカルテット-韓国ドラマ-あらすじ-最終回まで感想あり-全話一覧-全50話-初回視聴率 韓国 7. 彼女達の友情と成功のドラマです。 そしてドゥレは母親を追って、死にたい!と言い出して..。 ハリとウニャンは、ドゥレを慰めるのだった。 そしてドゥレが、皆でうちで暮らさない?と言い.... ドゥレ宅で生活することになったハリとウニャンとドゥレ! その後、3人は各々、最愛の人の死因の事実を暴露してていくのだが..。 「復讐のカルテット」のあらすじ、感想、相関図。 自分のことをいつも気にかけていてくれた娘思いの母がドゥレの熱狂的な追っかけのせいで亡くなってしまう。 小さい時父母が死んでしまい、姉妹で生きてきたハリ。 大好きな人と結婚するも、その夫も車との事故で命を失ってしまう。 大手会社で秘書として仕事していたウニャンは自身の体のこともあり、子供のアルムのことが大好きだったが、ある事故で子供が死んでしまう。 ダルヒはメイクアップアーティストとしてその名を知られるも、ある出来事の拍子でセラに重症を負わせてしまう。 ドゥレ声を掛けられ一緒に暮らすことになったハリたち。 それぞれが大切な人を失った真実を突き止めようとする。

次の

復讐のカルテット あらすじ

韓国 ドラマ 復讐 の カルテット

ドゥレは、子役出身のスター女優。 そんなドゥレは、周囲に迷惑をかけがちだが、いつも母親が守ってくれていた。 しかし、親愛なる母親がストーカーにより殺されてしまう。 ウニャンは、大手の秘書で一児の母親。 ある日、ウニャンの代わりに夫が子守をすることになるが… 夫が不倫相手の元へ行き、その間に家が火事になり、愛してやまない娘アルムを亡くしてしまう。 ダルヒは、見た目はお金持ちのようだが、幼いころから貧しい生活をしていた。 そんなダルヒは、アメリカに留学しメイクで有名人になった。 しかし、ダルヒを良く思わないセラに、泥棒扱いされ言い合いになる。 言い合いのさなか、セラの頭の上に花瓶落下し、意識不明になる。 驚いたダルヒは逃げるが、その様子を見ていた使用人から脅迫を受けるようになる。 同じ日に悲劇が起こった3人の女性。 そんな女性たちの友情と奮闘を描いたドラマ。 もし自分の娘も事故に巻き込まれて、娘を失ってしまうことを考えると、とても痛たまれない感じで観ていました。 自分も娘を亡くしたら、ウニャンのように、事故をした犯人を探し出したいと思いますが、さすがに傷心状態でウニャンのような行動は取れないだろなと思いました。 事故を起こしたダリは、観ていて「とても悪女だな」と思いました。 結果的には、ダリの思惑通りに上手いこといかないのですが、なんて最低なヤツだと観ていて腹が立ったなぁ…。 でもドゥレ、ハリ、ウニャン、三人の、同じ境遇で結ばれた友情に感動するところもたくさんありました。 ハラハラドキドキの展開がすごくて、どんどん引き込まれてしまいました。 イ・ジフンさんやチィ・ユヌさんなど若手俳優さんの熱演が光っていて、とても良かった!!オ・ユナさんの涙を流す演技がすごく印象的で素敵でした。 キム・ジュヒョンさんの安定した演技力で存在感がすごいですね。 ほんとに大切な人を失ってしまった時というのは、人はどんなことでもやってしまうんだろうと感じました。 同じ立場になったとしたら自分はどうするか考えさせられました。 復讐のカルテット(姉は生きている)-相関図・キャスト情報.

次の