沢尻エリカ x。 沢尻エリカ 次の逮捕者は誰?大物女優X・MとタレントKはあの人しかいない・・・|LDs

女優Xは誰?沢尻エリカから芋づる式?次は誰なのか?芸能界激震!

沢尻エリカ x

11月26日発売の「フラッシュ」が、法律違反の薬物所持によって逮捕された沢尻エリカ容疑者と、過去に深い関係だった元モデル・A子の証言を掲載した。 A子によると、沢尻は18歳の頃から薬物に手を染めていたという。 「沢尻は今回の逮捕で『10年以上前から』法律違反の薬物を『使っていた』と供述していますが、彼女のことを昔からよく知る友人・A子によれば、『彼女は10年どころか、18歳のころには薬物中毒』だったそう。 それから2人はすぐに意気投合し、一緒に薬物を楽しんでいたそうです」(芸能記者) その後、沢尻とXは週に4日会うほど親密になり、薬物が体にまわると、周囲の友人の目を気にすることなく、いちゃつき出したという。 これにはさすがのA子も「(クスリで夜の営みに)耽る姿を見るのは、さすがに耐えられなかった」と、部屋を出たと語っている。 そんな中、今回の報道によって、ドラマファンからは悲鳴があがっているようだ。 「18歳で薬物中毒ということは、沢尻の出世作となったテレビドラマ『1リットルの涙』(05年、フジテレビ系)の出演前から、すでに手を出していたということになる。 このドラマは、多くの人の涙を誘った感動作であるため、ドラマファンからは『「1リットルの涙」の頃から、すでにヤク中だったのなら本当にショック』『あのドラマを見て泣いた涙を返して!』『あんな清純そうで天使にしか見えなかったのに…。 女は怖い』と、衝撃を受けたといったコメントが相次いでいます」(テレビ誌記者) 大河ドラマの降板問題でも世間を騒がせている沢尻を巡っては、11月26日には、東京地裁が沢尻の勾留期限を12月6日まで10日間延長することを認め、同日、知人でファッションデザイナーの横川直樹容疑者が、沢尻とともに法律違反の薬物を所持していた疑いで警視庁に逮捕されている。 様々に波紋が広がる「沢尻の逮捕」によって、過去のドラマファンの思い出も壊されてしまったようだ。

次の

【後輩モデル暴露】男性アイドルXは誰?名前は?沢尻エリカの薬物仲間

沢尻エリカ x

本誌で証言しているのは、元モデルのA子さん(30)という方。 2004年当時15歳だったA子さんは、あるタレント事務所に所属していて、そこで出会ったのが当時18歳の沢尻さんだったそう。 沢尻さんは後輩たちからの憧れの的だったものの、とても面倒見がよく、A子さんも一緒にカラオケに行ったり、プリクラを撮ったり、ディズニーランドに遊びに行くなど可愛がってもらったといいます。 そんなある日、仲良くなったA子さんに心を許したのか、沢尻さんは「最近、薬物を始めたばかりなんだ」といきなり告白。 その後はA子さんの前で堂々と薬物を使用するようになったそうで… [以下引用] 「10年どころか、彼女は18歳のころには薬物中毒でした。 細いタバコのようにして、大麻を吸っていました。 当時、流行していた『脱法ハーブ』にも手を出していましたね。 クスリをやると瞳孔が開いて、目が赤くなる。 ろれつもまわらなくなって、突然泣いたり、怒ったりすることもありました」 そんな沢尻は、一緒に薬物をキメられる仲間を探していたという。 「 Xくんとは以前から知り合いで、やんちゃなタイプでした。 彼は大麻に限らず、コカイン、覚醒剤、MDMAにも手を出していました」 A子さんの紹介で出会った2人は、すぐに意気投合する。 「それ以来、私と、私の友達の女のコと、Xくんとエリカ先輩の4人で遊ぶようになりました。 エリカ先輩とXくんは、エリカ先輩の部屋で、しょっちゅう薬物に手を出していました。 臭いし、2人が目の前で肉体関係に及ぶ姿を見るのは、さすがに耐えられなかったですから」 沢尻とXは、多いときで週に4回は会っていたという。 「そのうち彼はエリカ先輩に本気になり、『つき合ってほしい』と告白したけど、振られていました。 「2005年のドラマ『1リットルの涙』が話題になって、エリカ先輩は忙しくなり、私もXくんも、先輩とは疎遠になりました。 今回の逮捕には、正直驚いています。 まだクスリをやり続けていたんですね……」 今回本誌は、Xに取材を申し込んだが、回答はなかった。 [FALSH] うーむ、これはショッキング… 日本の男性アイドルといったら、ジャニーズしかいません。 そして、沢尻さんと同世代で2004年前後に人気が出始めたとなると、NEWSやKAT-TUNのメンバーが思い浮かびます。 まあ、FALSH記事で名前が判明することはありませんが、現在も活躍中となれば過去とはいえ芸能生活を脅かすほどの大スクープになることは間違いありません。 ただ一点、気になるのは、引用記事中に「Xに取材を申し込んだが…」と書いてある点。 これ、X本人に取材依頼したというのなら、現役ジャニタレではないですよね? 今もジャニーズに所属しているのなら「Xの所属事務所に取材を…」と書くはず。 そうなると、Xは現在、個人事務所に所属している可能性が高いです。 今回報じられた人物の名前は全て伏せられていますが、これだけ広い人脈を築ける能力があるわけですから、紹介した後輩タレント、そして人気アイドルもひょっとしたら相当有名かもしれませんよ。 で、ここまではよくある話なのですが、実は この供述を元に作られた「警察が次に狙っている芸能人リスト」なるものが、テレビ局にまで漏れ伝わってきているんだとか。 そして、 キー局では制作サイドの管理職がそのリストを共有していて、「名前のある芸能人を絶対に使うな」という指示を現場に出しているといいます。 となると、いきなりテレビから消えた芸能人は怪しいということになりますね。 ちょっと気をつけて見たいと思いますが… 正直、そんな捜査の超極秘事項が漏れてくるというのは、にわかには信じられません。 なので、本命は「リストに載っていない人物」のような気もします。

次の

沢尻エリカがMDMAをやめられなかった理由…元中毒者が語る壮絶体験「超わがままに」

沢尻エリカ x

沢尻エリカMDMA所持で逮捕 こちらが沢尻エリカさんの逮捕を伝える記事の内容です。 東京都内の自宅で合成麻薬「MDMA」を所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は16日、女優の沢尻エリカ容疑者(33)を麻薬取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。 同課によると、沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と容疑を認めている。 同課はMDMAの入手経路などを詳しく調べる。 逮捕容疑は16日、都内の自宅でMDMAを所持した疑い。 同課が同日午前、沢尻容疑者の自宅を家宅捜索したところ、居室の棚のアクセサリーボックスにカプセル状のMDMA2錠が見つかった。 同日午後に緊急逮捕した。 沢尻エリカさんは15日夜渋谷のクラブを訪れており、帰宅後に警察より職務質問を受け家宅捜索。 自宅にて違法薬物が発見されそのまま逮捕となってしまいました。 女優X・モデルYは誰?【週刊実話】薬物で逮捕 沢尻エリカさんの逮捕を受け、週刊実話が 沢尻エリカさん以外の2人の30代女優の薬物使用を捜査しているとの記事を出しました。 こちらが2019年11月16日の週刊実話の記事の内容です。 東京都内の自宅で合成麻薬MDMAを所持したとして、警視庁が16日、麻薬取締法違反容疑で女優の沢尻エリカ容疑者 33 を逮捕したニュースがかけめぐり、芸能界に衝撃が走った。 今年3月には、テクノバンド・電気グルーヴのピエール瀧 52 が大麻で逮捕された。 「瀧は麻取が逮捕したが、このところ麻取の捕物が目立った。 警視庁はなんとかやり返したかったが沢尻容疑者を逮捕。 そして、沢尻以外に2人の30代の女優の名前があがっている。 1人は沢尻の親友で派手な夜遊びで知られ、もう1人はぶっ飛んだ言動で一時期疑惑があった」と全国紙社会部記者は話したと週刊実話は報じた。 引用 11月16日 続報としてこんな記事も出ています。 「警視庁としては、芋づる式に芸能人をあげる千載一遇のチャンス。 そのため、沢尻容疑者に対しては連日、厳しい取調が行われているようで、 沢尻容疑者は親交がある女優・Xとモデル・Yも自分とキメまくっていたことを洗いざらいぶちまけたようです」 芸能記者 Xに関してはすでにクラブ内でのハジけっぷりの動画が拡散。 Yは沢尻容疑者と夏フェス会場を訪れた様子をインスタグラムに掲載していたが、沢尻容疑者の逮捕後に削除。 しかし、すっかり親密な関係はバレバレだ。 「ついに逮捕説も流れ始めたため、XとYの仕事の関係先は慌てふためいているようです。 沢尻容疑者の勾留期限は6日までですが、その後、大きな動きがありそうです」 同 沢尻容疑絡みで何人の逮捕者が出るかが注目される。 引用 12月2日 二つの記事の内容を合わせると、沢尻エリカさんの友人である 女優X・モデルY2人に薬物使用の疑いがあるというものです。 捜査線上に浮上しているのは誰になるのでしょうか。 女優X・モデルYは誰?【週刊実話】薬物で沢尻エリカの次に逮捕される友人は沢尻会? 沢尻エリカさんと言えば沢尻を慕うグループ「沢尻会」が有名です。 沢尻会は度々メンバーが入れ変わっています。 上野樹里• 中川翔子• 堀北真希• 香椎由宇• 若槻千夏• 佐々木希• 奈々緒• 広瀬アリス• 前田敦子• シャーロット・ケイト・フォックス• 黒木華• 池田エライザ• 木南晴夏 交友関係が広い沢尻エリカさん、30代の女優といっても大勢いますね…。 誰が逮捕されても衝撃が大きいメンバーばかりです。 今後さらなる逮捕者が出てしまうのでしょうか。 また新しい情報が入り次第追記いたします。

次の