俺が来た。 俺多分異世界から来たんだけど、質問ある?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

#4 A組に俺が来た。4

俺が来た

誘拐と強制わいせつの疑いで逮捕された男はSNSに「彼女がいないので最近、寂しい」と書き込んでいた。 家族とも疎遠、友達もいない……、誰にも相手にされない男が目をつけたのは抵抗しなそうな障害者だった。 SNSの自己紹介欄にそう書き込んでいた男が9月5日、わいせつ目的誘拐、強制わいせつの疑いで逮捕された。 東京・世田谷区の土木業、神山秀和容疑者(46)。 「パトカーに乗せられる男性を見ました。 白髪の混じった短髪で、ちょっとうなだれたような感じでした。 おとなしく(警察官に)従っていました」(近くの女性住民) 神山容疑者は7月4日午後4時ごろ、世田谷区内の路上で女性(20代)に「俺んち来ない?」と声をかけ、築27年の自宅アパートに無理やり連れ込み服を脱がせて身体を触るなどわいせつな行為をした。 昨年11月に路上で被害者を見かけたときに好意を持ち、今年5月に同じ場所で見かけた際、神山容疑者は声をかけた。 その会話から、女性に知的障害があることに気づいたという。 犯行当日、女性を待ち伏せし、声をかけた。 「行きません」と拒絶した女性の肩を無理やり抱き、8畳ワンルームの部屋に連れ込み、犯行に及んだ。 最初から、知的障害のあるその女性を狙った犯罪で、 「彼女に対する気持ちを抑えきれなくなった。 知的障害があるから正常な判断ができず、家に来てくれると思った」 そう供述しているという。 障害者、障害児に対する性暴力の実態について調査、撲滅を啓発するNPO法人「しあわせなみだ」の理事長、中野宏美氏は、 「内閣府の調査では、被害者の障害の有無にかかわらず、性暴力の8割が顔見知りによる加害です。 今回の事件でも、加害者は被害女性に何度か声をかけ、性暴力を完遂できるか見定め、実行したと考えられます」 と犯行に至るまでの計画性を読み解く。 さらに、 「 加害者が性暴力をふるうのは相手が従うだろうと判断するからです。 おとなしそう、支配できるから、ばれない、と考えます。 障害があっても抵抗されそうな人にはしません」 実際、神山容疑者の日常には、女性を物色していた形跡が数多く残されている。

次の

手越祐也、NEWSメンバー2人からまだ連絡来ず「俺から連絡するかな、さすがに」「増田さん痩せてたね。原因はまあ俺だよな……」 | ガジェット通信 GetNews

俺が来た

誘拐と強制わいせつの疑いで逮捕された男はSNSに「彼女がいないので最近、寂しい」と書き込んでいた。 家族とも疎遠、友達もいない……、誰にも相手にされない男が目をつけたのは抵抗しなそうな障害者だった。 SNSの自己紹介欄にそう書き込んでいた男が9月5日、わいせつ目的誘拐、強制わいせつの疑いで逮捕された。 東京・世田谷区の土木業、神山秀和容疑者(46)。 「パトカーに乗せられる男性を見ました。 白髪の混じった短髪で、ちょっとうなだれたような感じでした。 おとなしく(警察官に)従っていました」(近くの女性住民) 神山容疑者は7月4日午後4時ごろ、世田谷区内の路上で女性(20代)に「俺んち来ない?」と声をかけ、築27年の自宅アパートに無理やり連れ込み服を脱がせて身体を触るなどわいせつな行為をした。 昨年11月に路上で被害者を見かけたときに好意を持ち、今年5月に同じ場所で見かけた際、神山容疑者は声をかけた。 その会話から、女性に知的障害があることに気づいたという。 犯行当日、女性を待ち伏せし、声をかけた。 「行きません」と拒絶した女性の肩を無理やり抱き、8畳ワンルームの部屋に連れ込み、犯行に及んだ。 最初から、知的障害のあるその女性を狙った犯罪で、 「彼女に対する気持ちを抑えきれなくなった。 知的障害があるから正常な判断ができず、家に来てくれると思った」 そう供述しているという。 障害者、障害児に対する性暴力の実態について調査、撲滅を啓発するNPO法人「しあわせなみだ」の理事長、中野宏美氏は、 「内閣府の調査では、被害者の障害の有無にかかわらず、性暴力の8割が顔見知りによる加害です。 今回の事件でも、加害者は被害女性に何度か声をかけ、性暴力を完遂できるか見定め、実行したと考えられます」 と犯行に至るまでの計画性を読み解く。 さらに、 「 加害者が性暴力をふるうのは相手が従うだろうと判断するからです。 おとなしそう、支配できるから、ばれない、と考えます。 障害があっても抵抗されそうな人にはしません」 実際、神山容疑者の日常には、女性を物色していた形跡が数多く残されている。

次の

#4 A組に俺が来た。4

俺が来た

2020. 16 NEW 2020. 10 2020. 26 2020. 19 2020. 18 2020. 15 2020. 12 2020. 09 2020. 04 2020. 01 2020. 07 2020. 17 2020. 16 2020. 10 2020. 09 2020. 08 2020. 24 2020. 19 2020. 13 2020. 27 2020. 24 2020. 14 2020. 30 2020. 28 2020. 22 2020. 15 2020. 03 2019. 24 2019. 16 2019. 19 2019. 15 2019. 12 2019.

次の