ランサーズ 手数料。 クラウドワークスとランサーズ、どっちが稼げる?手数料や使い方を徹底比較! | ロハスの離婚

システム手数料は幾らですか?(クライアント向け)

ランサーズ 手数料

WEBライターの椿れもんです。 私は、京都に生まれ育ち、今もずっと京都に住んでいます。 7月に入ると、京都の街は「祇園祭」一色となります。 「コンコンチキチン、コンチキチン」 お囃子があちこちから聞こえ、浴衣姿でそぞろ歩きする人がグンと増える季節です。 そんなお祭りムードが漂う京都の街を、着慣れないスーツに身を包んだ学生さんが、蒸し暑さに顔を歪めながら、スマホを片手にキョロキョロしながら歩く姿もよく見かけます。 まさに、就活真っただ中といった様子。 国内最大級のクラウドソーシングサービスのランサーズが、 「 採用やめよう」と題したプロジェクトをスタートさせ、学生の就職活動が解禁となる2019年6月1日の 日本経済新聞に一面広告を掲載したことで、大きな話題となりました。 また、6月21日からはCM放映も始まり、これまでランサーズやクラウドソーシングをよく知らなかった人、フリーランスに興味を持っていなかった人へも訴求力が高まっています。 今回は、今、世間の注目が集まっているランサーズの気になる手数料のことなども含め、実際にランサーズを使ってお仕事をさせていただいている私が感じる「光と闇」について、正直にお話ししたいと思います。 お蔭様で、6月は これまでで最高額となる報酬をランサーズで得ることができました。 複数の仕事を掛け持ちしていますが、ランサーズでの収入割合がついに最大となりました。 もちろん、登録してすぐにいきなり、何の苦労もなく多くの報酬を得られたわけではありません。 WEBライター養成講座に2ヶ月間通い、全くの初心者が稼げるようになるためのポイントを、過不足なく教えていただきました。 そこで教わったことを 素直に実践し続けたという、この事実がなければ、結果は大きく違っていたはずです。 養成講座に通った私が言うのもなんですが、通わなければ始められないわけではありません。 プロフィール登録は、後からいくらでも加筆修正できるので、ひとまず始めるというだけであれば、ものの数分で登録できます。 そして、「タスク」と呼ばれる種類の仕事であれば、募集期間内に条件に合う人が早い者勝ちで作業に取り掛かって納品をし、仕上がりに問題がないとクライアントさんから承認されれば、メッセージ等の個別のやり取りがないままに報酬を得ることが可能。 例えば、電話で話すのが苦手、外出はできない事情があるといった人でも大丈夫です。 とてもざっくりと文字化してみましたので、 「たったこれだけのこと?」と思われるかもしれません。 でも、一見すると簡単そうなことを、全くの初心者が闇雲に頑張ろうとしても、空回りして疲労感だけが残る可能性大。 上手に次のステップへと進んでいくコツがわからなければ、目の前の1つ1つのことに取り組む意義がわからなくて、心が折れてしまいます。 私が養成講座に通った理由は、 早く確実に結果を出せるコツが知りたかったのと、受講後のアフターフォローも魅力的だったからです。 通って大正解だったと思っています。 場所や時間の 自由度が高いので、副業として取り組む人にとっても、都合の良い仕組みだと言えます。 私自身も、複数の仕事を掛け持ちしている兼業ライターなので、 執筆のゴールデンタイムは主に深夜・早朝です。 夜勤で他の仕事をしている時間中にも、ランサーズで受注している仕事をせっせとこなしています。 こんなに都合の良い働き方ができるクラウドソーシングは、とても魅力的です。 ライティングの仕事をメインにしながら、過去の職歴を活かして全く違うジャンルの仕事を受注することも、もちろん可能。 日本最大級のプラットホームがあるからこそ、登録していなければ出合うことができない幅広い案件に巡り合えるのです。 ちなみに、私が継続的にお仕事をいただいているクライアントさんは、北は北海道から南は沖縄まで日本全国にいらっしゃり、業種も多岐にわたっています。 WEB上でのやり取りだけで完結するお仕事とはいえ、やはり人間どうしのご縁はありがたいものです。 クライアントさんとのコミュニケーションからの学びも多く、それも プライスレスな楽しみのひとつだと私は感じています。 得意・不得意に関係なく、最低限しなければならない事務処理がありますが、ランサーズでは、個別にそうした書面を作成しなくても、1ヶ月に2回の締日があり、 半月分の報 酬が指定口座に振り込まれます。 また、納品したのに報酬が支払われないといったリスクを回避するために、「仮払い」の仕組みが用意されているのです。 クライアントは、ランサーズにまず仮払いを行います。 その確認を取れるまでは、実際の作業に着手しないというルールがあるのです。 報酬を確実に得られるという 安心感は、何物にも代えがたいありがたさがあると実感しています。 そして、請求に関わる事務処理が苦手な人にとっては、わざわざ経理を外注する必要もなく、とても助かるシステムです。 得意な人にとっては、時間の節約になるので、こちらもメリットとなるでしょう。 光と闇が背中合わせになっているとも言えますね。 逆にがむしゃらに頑張りすぎると、24時間いつでも仕事が頭から離れなくなる 「自家ブラック」のリスクもあります。 つまり、「クライアントから支払われた報酬は、その全額を自分が受け取れるわけではない」ということを意味しています。 事務所を通さないこと自体は当事者間の問題ですが、裏社会との接点を持ってしまったことで、深刻な問題に発展してしまったわけです。 クラウドソーシングにおいても、クライアントさんからプラットホームを通さない「直接取引」を持ち掛けてこられるケースがあります。 「手数料を引かれずに済むから、その方があなたの得でしょ?」 という悪魔のささやきです。 ランサーズに関して言うと、直接取引は 規約違反に該当します。 実は私も、何度か持ち掛けられた経験があります。 私はWEBライター講座受講中に、直接取引に応じるリスクについて、講師の先生から何度も繰り返し教えていただいていましたので、もちろんきっぱりとお断りしました。 ついつい、直接取引の誘惑に応じてしまいそうになる人がいることもわかります。 でも、よく考えてみてほしいのです。 プラットホームを通さないということは、何か当事者間でトラブルが発生したとしても、誰も守ってくれないことを意味します。 ゆえに、 「性善説」のマインドで仕事ができるのです。 もし、規約違反のリスクを負って、直接取引に応じて大量に納品をしたのに、クライアントが報酬を支払ってくれなかったとしたら、どうなるでしょうか? タダ働きで報酬はゼロ、さらに規約違反が発覚してペナルティを受けることになれば、規約を守って取引している他の案件のクライアントさんの仕事も全て失うことになります。 せっかく、地道にコツコツと積み上げてきた信用と実績も、水の泡。 悔やんでも悔やみきれず、どれだけ泣いても自業自得。 誰も助けてくれません。 目先の手数料を惜しんで、悪魔のささやきに応じるなんて、まさに 「百害あって一利なし」なのです。 規約を守って受注している限り、何か困ったことがあった場合は、ランサーズ事務局に相談・問い合わせをすれば、親身にサポートしてもらえます。 私は、直接取引に関すること以外でも、何度か事務局に問い合わせて対応してもらったことがあります。 まとめ 百害あって一利なしの、大きすぎるリスクを負ってまで直接取引をしなくても、手数料を気持ちよく払ってもなお十分な報酬が手元に残るよう、これからも地道に努力を続けて、 しっかり稼げば良いだけ。 今の私は、ハッキリと言い切れます。 これからクラウドソーシングを始める方にも、既に始めている方にも、この記事が、何か少しでもヒントになれば嬉しく思います。

次の

クラウドワークスとランサーズ、どっちが稼げる?手数料や使い方を徹底比較! | ロハスの離婚

ランサーズ 手数料

「クライアントの合計支払い金額(税込)」• 「ランサー手取り(税込)」 ランサーズでは消費税込みで支払われるので、税抜表記の金額は見なくてOKです。 たとえば、以下の画像では赤い囲みの部分だけ見ましょう。 結局いくら振り込まれるのかがみなさん気になっていると思うので、「ランサー手取り(税込)」を見れば、契約完了後に振り込まれる金額がわかります。 税抜の金額も表示されますが、結局振り込まれるのは税込の金額です。 なお、クライアントが実際に支払う全額が「クライアントの合計支払い金額(税込)」でわかります。 ランサーズでは 5〜20%のシステム利用料が発生し、本来システム手数料はランサー側の負担となっています。 ランサーズの適用手数料は以下の表のとおりです。 つまり、計算式は以下のようになります。 税込や税抜って何? 続いて、ランサーズの税金について解説していきます。 ランサーズの税込や税抜という表示にまどわされ、実際の報酬額がわからなくなっている人はぼくだけじゃないはず。 結論からいえば、この税は消費税のことで、あなたの年間売り上げが1,000万円未満なら消費税の計算は省いて問題ありません。 利益は単純に契約金額に対して手数料を差し引いたものと考えてOKです。 たとえば、上記のとおり契約金額が180,000円の場合のランサー手取りが152,000円だとすると、これは消費税込みの値段です。 ただし法律では、年間の売り上げが1,000万円未満の事業所に対しては消費税の納税が免除される決まりがあります。 つまり、年間の売り上げが1,000万円に満たない事業主なら消費税を納める必要がないので、消費税込み(上記の例なら152,000円)の報酬が受けられるというわけです。 とはいえ、消費税をランサーズがまとめて納めてくれるわけではないので、とりあえずは消費税込みの報酬金額がランサー手取りとして支払われます。 ランサーズのシステム手数料を実際に計算してみる 実際にぼくの過去の報酬で計算してみます。 こちらは支払い総額が150,000円(手数料・税込)のプロジェクトです。 システム手数料は以下の計算式のとおり25,000円です。 ですから、この場合のぼくの利益は125,000円となります。 以下の画像は実際にクライアントから頂いた報酬額(150,000円)と、それと同時にシステム手数料(25,000円)がランサーズに差し引かれたときのものです。 このように、振り込まれる金額はシステム手数料が差し引かれた税込の報酬金額となります。 「手数料・税」の表記について 最後に、ランサーズ報酬の手数料や税に関する表記について紹介していきます。 クライアントの募集ページを確認するとき、よく 「手数料・税別」というような表記を目にすることがあります。 以下の依頼タイトルでは 「税&手数料別」と表記されています。 これは「クライアントが消費税と手数料を別で支払います」という意味なので、ランサー側がシステム手数料を負担する必要がないということです。 そして、このプロジェクトの契約金額は8,100円(手数料・税込)となります。 このように、クライアント側にシステム手数料や消費税を負担してもらうといった方法もあり、提案時に「手数料・税別」と表記すれば報酬金額を丸々利益にすることができます。 まとめ ここまで難しい計算式を説明しましたが、簡単にいえば 「税込の契約金額に手数料を引いた金額があなたの報酬額です。 消費税は計算しなくてOK!」です。 そして、今回説明した概要をまとめると以下のとおりです。

次の

システム手数料は幾らですか?(クライアント向け)

ランサーズ 手数料

「クライアントの合計支払い金額(税込)」• 「ランサー手取り(税込)」 ランサーズでは消費税込みで支払われるので、税抜表記の金額は見なくてOKです。 たとえば、以下の画像では赤い囲みの部分だけ見ましょう。 結局いくら振り込まれるのかがみなさん気になっていると思うので、「ランサー手取り(税込)」を見れば、契約完了後に振り込まれる金額がわかります。 税抜の金額も表示されますが、結局振り込まれるのは税込の金額です。 なお、クライアントが実際に支払う全額が「クライアントの合計支払い金額(税込)」でわかります。 ランサーズでは 5〜20%のシステム利用料が発生し、本来システム手数料はランサー側の負担となっています。 ランサーズの適用手数料は以下の表のとおりです。 つまり、計算式は以下のようになります。 税込や税抜って何? 続いて、ランサーズの税金について解説していきます。 ランサーズの税込や税抜という表示にまどわされ、実際の報酬額がわからなくなっている人はぼくだけじゃないはず。 結論からいえば、この税は消費税のことで、あなたの年間売り上げが1,000万円未満なら消費税の計算は省いて問題ありません。 利益は単純に契約金額に対して手数料を差し引いたものと考えてOKです。 たとえば、上記のとおり契約金額が180,000円の場合のランサー手取りが152,000円だとすると、これは消費税込みの値段です。 ただし法律では、年間の売り上げが1,000万円未満の事業所に対しては消費税の納税が免除される決まりがあります。 つまり、年間の売り上げが1,000万円に満たない事業主なら消費税を納める必要がないので、消費税込み(上記の例なら152,000円)の報酬が受けられるというわけです。 とはいえ、消費税をランサーズがまとめて納めてくれるわけではないので、とりあえずは消費税込みの報酬金額がランサー手取りとして支払われます。 ランサーズのシステム手数料を実際に計算してみる 実際にぼくの過去の報酬で計算してみます。 こちらは支払い総額が150,000円(手数料・税込)のプロジェクトです。 システム手数料は以下の計算式のとおり25,000円です。 ですから、この場合のぼくの利益は125,000円となります。 以下の画像は実際にクライアントから頂いた報酬額(150,000円)と、それと同時にシステム手数料(25,000円)がランサーズに差し引かれたときのものです。 このように、振り込まれる金額はシステム手数料が差し引かれた税込の報酬金額となります。 「手数料・税」の表記について 最後に、ランサーズ報酬の手数料や税に関する表記について紹介していきます。 クライアントの募集ページを確認するとき、よく 「手数料・税別」というような表記を目にすることがあります。 以下の依頼タイトルでは 「税&手数料別」と表記されています。 これは「クライアントが消費税と手数料を別で支払います」という意味なので、ランサー側がシステム手数料を負担する必要がないということです。 そして、このプロジェクトの契約金額は8,100円(手数料・税込)となります。 このように、クライアント側にシステム手数料や消費税を負担してもらうといった方法もあり、提案時に「手数料・税別」と表記すれば報酬金額を丸々利益にすることができます。 まとめ ここまで難しい計算式を説明しましたが、簡単にいえば 「税込の契約金額に手数料を引いた金額があなたの報酬額です。 消費税は計算しなくてOK!」です。 そして、今回説明した概要をまとめると以下のとおりです。

次の