ディープ ステート ヨーヨー。 ヨーヨースレ184

ディープステートがコロナ騒動を起こした理由│気になる情報

ディープ ステート ヨーヨー

新世界秩序の支配下 ディープステートは、どんな手段を使ってでも大統領の座から引きずり落とそうと企てています。 今年11月の大統領選挙は、最も恐ろしい日なのです。 当選しても落選しても危ない日なのです。 当選しなければ、ディープステートに主導権が奪われてしまいます。 当選したならば、20年周期の大統領にあたります。 それは何を意味するのでしょうか。 それは、暗殺か、暗殺未遂か、世界を揺るがす重大な事件が起きる年になるのです。 それ故に、どちらにしても、気を緩めるわけにはいきません。 でもなぜディープステートは、新型コロナウイルス騒動を引き起こしたのでしょうか。 要約して説明しますと、新世界秩序という言葉でディープステートは、世界中を支配下に入れようと躍起になっているのです。 中央銀行 昔は単純でした。 国に、お金を貸して、戦争を起こさせました。 その後、貸した金を返済させて、儲けるという単純な構図だったのです。 日本が日露戦争の開戦を決断するとき、貧乏国だった日本はユダヤ人から金を借りて戦争をはじめました。 そのユダヤ人とは、ロスチャイルドでした。 その返済に日本は、長年苦しむことになりました。 それでは、借金を返せなくなったらどうなるのでしょうか。 返せなくなった国に対しては、租借地や利権を手に入れることで借金を帳消しにしたのです。 利権の最たるものが中央銀行です。 つまり通貨発行権を手に入れて、国の金融政策をコントロールしてきました。 アメリカならFRB、日本なら日本銀行です。 そのような中央銀行は、政府とは違う独立した株式会社です。 それを牛耳っているのがディープステートなのです。 中央銀行の利益は、株主であるディープステートのもとへ流れて行きます。 中央銀行は、どのようにして利益をあげているのでしょうか。 国債や貸出資金から発生する利息収入です。 それを追加発行益と言います。 国債を発行すればするほどディープステートの懐にお金が入るようなのです。 株主のところにどんどんお金が入っいく仕組みです。 中央銀行を拒否した国々 中央銀行をつくらずに拒否した国がありました。 その国は、次の通りです。 北朝鮮、 イラン、 キューバ、 ハンガリー、 アイスランド、 ロシア、 中国、ベネズエラ、 アフガニスタン、 イラク、 パキスタン、 リビア、 スーダン、 シリア、 ところが、度重なる紛争や戦争で反ディープステート側の指導者は、殺害され、アフガニスタンでは、2003年に中央銀行が設立されました。 また2011年には、リビアとスーダンがロスチャイルドの支配になりました。 リビアの故カダフィ大佐は、中央銀行をつくらず、ヨーロッパ並の豊かな国をつくりました。 理想の国家だったのです。 例えば、カダフィ大佐の功績は次の事柄が挙げられます。 形式的とはいえ直接民主制の導入。 多民族国家でまとまらなかったリビアを長期的に安定化させた。 石油産業の国営化による収益で国民に厚い福祉。 教育・医療などが無料。 経済も含んだ統計指標で開発度がアフリカでトップクラス。 女性の教育を支援。 しかしながら、この事実は、世界に知らされることはありませんでした。 当時、リビアは徹底的に批判され、ならず者国家・テロリスト支援国家に指定されたのです。 その後、カダフィ大佐は理不尽にも殺害されてしまいました。 反ディープステート国家 一方、反ディープステートが成功した国もありました。 次の国家です。 2010年アイスランド• 2013年ハンガリー国民による銀行の制度を奪い返した奇跡。 2017プーチン大統領は、ロスチャイルドをロシアから追放。 現在中央銀行のない国は、北朝鮮、イラン、キューバ、ハンガリー、アイスランド、ロシア、中国、ベネズエラです。 通貨発行権を国に取り戻す 国債が満期になったら返済しなければなりません。 それは実に厄介な問題です。 ただ通貨発行権を国に取り戻せば、かなりの部分が解決します。 その通貨発行権を国に取り戻そうとした大統領が何人かいました。 次の通りです。 第3代ジェファーソン大統領• 第7代ジャクソン大統領• 第16代リンカーン大統領(1865年4月14日に暗殺された)• 第20代ガーフィールド大統領(1881年7月2日に暗殺された)• 第29代ハーディング大統領(1923年8月2日に心臓発作で死去した)• 第35代ケネディー大統領(1963年11月22日に暗殺された) 彼らは通過発行権を取り戻そうとしました。 例えば、ケネディー大統領は、1963年6月に通貨発行権を取り戻し、政府発行紙幣を流通させたのです。 しかし半年後には、暗殺され政府紙幣は即座に回収されてしまいました。 それ以後、通貨発行権を取り戻そうとする大統領は出てきていません。 ここに列記した大統領たちは皆、暗殺未遂か実際に暗殺されたかのどちらかでした。 これが先に述べた、20年周期に起きる恐ろしい出来事なのです。 その後、ディープステートは、世界銀行をつくりました。 当初、世界銀行は、国際復興開発銀(IVRD)のみを指していましたが、現在は1960年に設立された国際開発協会(IDA)と 国際通過基金(IMF) と共に第二次世界対戦後の金融秩序制度中心を担い、貧困削減と持続的成長の実現に向け、途上国政府に対し融資、技術協力、制作助言を提供しています。 これは、世界中の人々を借金によって奴隷化する仕組みなのです。 デジタル通貨 そこで現れたのがデジタル通貨です。 ビットコインや仮想通貨が次々と現れました。 それらは、ディープステートの妨害に遭ってなかなか流通しませんでした。 ところが中国が国をあげでデジタル人民元を世界中に流通しようとしました。 そのことが、ディープステートの逆鱗に触れたのです。 5Gの技術が、EU諸国で受け入れられ、デジタル人民元を流中させる土壌が完成したからです。 2020年がその本格導入の年になる予定でした。 ところが、新型コロナウイルス騒動で、デジタル人民元の話が頓挫しました。 しかも世界中が混乱すれば、政府はまた国債を発行して借金が膨れ上がります。 それはディープステートの懐が膨れ上がることを意味しているのです。 これが、ディープステートの目的です。 ディープステートの支配下にあるマスメディアが、こぞって新型コロナウイルスを煽るのも、その理由です。 世の中を混乱させたいだけなのです。 いずれにせよ、通貨が大きく変化することは間違いありません。 今は、中国共産党、トランプのナショナリズム、ディープステートのワンワールド、この三つ巴の状態です。 参考文献:Youtube: 3 なぜディープステートはコロナ騒動を起こしたのか? まとめ 新世界秩序のディープステートは、世界中を支配下に入れようとしている 中央銀行の利益は、株主であるディープステートのもとへ流れる 通貨発行権を取り戻し、政府発行紙幣を流通させたがケネディーは暗殺された 中国がデジタル人民元を流通しようとしたが、ディープステートの逆鱗に触れた Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の

ヨーヨーファクトリー・コンフュージョンとは (コンフュージョンとは) [単語記事]

ディープ ステート ヨーヨー

紹介ビデオ 準備中 この製品のコンセプト アメリカのメーカー、ワンドロップが作っているヨーヨー「Deep State(ディープステート)」のオマージュです。 ディープステートはエキスパート向けメタルヨーヨーの常識である「高性能・高回転・ローエッジ・バイメタル・よくまわる」ことから外れ、引き戻しで遊ぶことを前提としたメタルヨーヨーです。 私が、このヨーヨーの在り方とディープステートそのもののフィーリングを好きすぎたため、日本では品薄で大変入手困難ななか、それなりにカラーバリエーションを集めました。 ワンドロップとしては、あまりたくさん作るつもりがない様子。 そこで、ワンドロップに手紙を送ってコンタクトを取り、ワンドロップ独特の軸構造「サイドエフェクト」を使用する許可と、オマージュ品のOKをもらって製造と販売にこぎつけました。 上げ下げするだけもよし、高度なトリックを一発やって引き戻しで遊ぶもよし、のシンプルなヨーヨーです。 この製品のスペック 直径:56. 8mm 幅:30. 0mm 有効幅:25. 0mm 重量:40g~45g(色、素材によって変動) レスポンスシステム:YYFスリムサイズパッド ベアリング:Cサイズ ノーマル(硬めのオイルによるメンテナンスを推奨します。 ) 特徴・メンテナンス・使いこなし バリについて 熱溶解積層方式の3Dプリント造形過程の都合上、サポート材生成時に大小のバリや、樹脂冷却の時に歪みが生じます。 極力、バリが少ないもの、歪みが少ないものを選別して販売しております。 ちなみに、まともなものを20セット作るまで、失敗した造形品は下記の写真のとおりです。 きれいに作れる割合と、ダメなものができる割合は3:1くらいでしょうか。 製造業には「歩留り(ぶどまり)」という概念があります。 これは「製造上、どうしても出てしまう一定の不良品率」という意味で使われることのある言葉です。 切削、金型、真空注型など、加工の時点で出ることもあれば、組み立て工程や出荷工程の中で出てしまうこともあります。 製品Aを毎月100個作ったときに、必ず3個、販売できない不良品が出る時、3%の歩留まりがある、というような感じです。 3DEEPは、2018年5月末から6月上旬にかけて集中して3Dプリントしました。 歩留率でいえば、20%くらいでしょう。 3Dプリンター活用においても、普通の製造業と同じように捉えるべき現象が生じるという気付きをもたらしてくれたヨーヨーでもあります。 3Dデータの段階で、極力サポート材が立たず、バリが生じないように意識した設計をしています。 「プリントの失敗」という言葉の中には幅があるので、どういう状態が失敗なのか、という定義は非常に難しいです。 失敗とみなすポイント1:冷却時に発生した熱収縮でボディが歪んでいる 失敗とみなすポイント2:真上から目視して真円になっていない、回転させてブレが大きい 失敗とみなすポイント3:バリが大きい、サポート材がきれいに取れない 失敗とみなすポイント4:ベアリングが動きにくい、溝に落ちる 外周部のバリが気になる場合、ネイル用のコート材を塗布することで「バリ感」を少々抑えることができます。 サイドエフェクトについて サイドエフェクトを納める部分については、緩くなることと、ブレの原因になることが想定され、企画当初(2018年2月ごろ)かなりキツめに作っておりました。 しかしながら、通販のオマケ品としてこのテストプリントしたものを配布したところ「サイドエフェクトが入らない、無理に押し込むのか、自分で削らないといけないのか」というお問い合わせがありまして、少し余裕を持った設計にしたところ(2018年5月)、今度は「ゆるくて不安、固定ができない」という声を頂いております。 このあたりは設計時点での課題であり、3Dプリンター本体の設定での課題でもあります。 現行品(2018年6月~)は「少々ゆるい状態」になっております。 ゆるいなと感じる方や、サイドエフェクトを付けたり外したりしているうちにゆるくなってきたら、前述のネイル用コート剤か、木工用ボンドをボディ側に塗布することで多少改善します。 完全に乾燥してからサイドエフェクトを装着してください。 様々なサイドエフェクトを試していただきたいと思いますが、私個人のオススメはフラットキャップです。 ほどよく回転力がおさえられます。 ブラスは重いかな…。 サイドエフェクトをお持ちでない場合は、国内外のヨーヨーショップで購入することが可能ですが、在庫は少ないようです(2018年7月26日現在)。 yoyomaker.

次の

ディープステートは故意にコロナ騒ぎを起こした│気になる情報

ディープ ステート ヨーヨー

新世界秩序の支配下 ディープステートは、どんな手段を使ってでも大統領の座から引きずり落とそうと企てています。 今年11月の大統領選挙は、最も恐ろしい日なのです。 当選しても落選しても危ない日なのです。 当選しなければ、ディープステートに主導権が奪われてしまいます。 当選したならば、20年周期の大統領にあたります。 それは何を意味するのでしょうか。 それは、暗殺か、暗殺未遂か、世界を揺るがす重大な事件が起きる年になるのです。 それ故に、どちらにしても、気を緩めるわけにはいきません。 でもなぜディープステートは、新型コロナウイルス騒動を引き起こしたのでしょうか。 要約して説明しますと、新世界秩序という言葉でディープステートは、世界中を支配下に入れようと躍起になっているのです。 中央銀行 昔は単純でした。 国に、お金を貸して、戦争を起こさせました。 その後、貸した金を返済させて、儲けるという単純な構図だったのです。 日本が日露戦争の開戦を決断するとき、貧乏国だった日本はユダヤ人から金を借りて戦争をはじめました。 そのユダヤ人とは、ロスチャイルドでした。 その返済に日本は、長年苦しむことになりました。 それでは、借金を返せなくなったらどうなるのでしょうか。 返せなくなった国に対しては、租借地や利権を手に入れることで借金を帳消しにしたのです。 利権の最たるものが中央銀行です。 つまり通貨発行権を手に入れて、国の金融政策をコントロールしてきました。 アメリカならFRB、日本なら日本銀行です。 そのような中央銀行は、政府とは違う独立した株式会社です。 それを牛耳っているのがディープステートなのです。 中央銀行の利益は、株主であるディープステートのもとへ流れて行きます。 中央銀行は、どのようにして利益をあげているのでしょうか。 国債や貸出資金から発生する利息収入です。 それを追加発行益と言います。 国債を発行すればするほどディープステートの懐にお金が入るようなのです。 株主のところにどんどんお金が入っいく仕組みです。 中央銀行を拒否した国々 中央銀行をつくらずに拒否した国がありました。 その国は、次の通りです。 北朝鮮、 イラン、 キューバ、 ハンガリー、 アイスランド、 ロシア、 中国、ベネズエラ、 アフガニスタン、 イラク、 パキスタン、 リビア、 スーダン、 シリア、 ところが、度重なる紛争や戦争で反ディープステート側の指導者は、殺害され、アフガニスタンでは、2003年に中央銀行が設立されました。 また2011年には、リビアとスーダンがロスチャイルドの支配になりました。 リビアの故カダフィ大佐は、中央銀行をつくらず、ヨーロッパ並の豊かな国をつくりました。 理想の国家だったのです。 例えば、カダフィ大佐の功績は次の事柄が挙げられます。 形式的とはいえ直接民主制の導入。 多民族国家でまとまらなかったリビアを長期的に安定化させた。 石油産業の国営化による収益で国民に厚い福祉。 教育・医療などが無料。 経済も含んだ統計指標で開発度がアフリカでトップクラス。 女性の教育を支援。 しかしながら、この事実は、世界に知らされることはありませんでした。 当時、リビアは徹底的に批判され、ならず者国家・テロリスト支援国家に指定されたのです。 その後、カダフィ大佐は理不尽にも殺害されてしまいました。 反ディープステート国家 一方、反ディープステートが成功した国もありました。 次の国家です。 2010年アイスランド• 2013年ハンガリー国民による銀行の制度を奪い返した奇跡。 2017プーチン大統領は、ロスチャイルドをロシアから追放。 現在中央銀行のない国は、北朝鮮、イラン、キューバ、ハンガリー、アイスランド、ロシア、中国、ベネズエラです。 通貨発行権を国に取り戻す 国債が満期になったら返済しなければなりません。 それは実に厄介な問題です。 ただ通貨発行権を国に取り戻せば、かなりの部分が解決します。 その通貨発行権を国に取り戻そうとした大統領が何人かいました。 次の通りです。 第3代ジェファーソン大統領• 第7代ジャクソン大統領• 第16代リンカーン大統領(1865年4月14日に暗殺された)• 第20代ガーフィールド大統領(1881年7月2日に暗殺された)• 第29代ハーディング大統領(1923年8月2日に心臓発作で死去した)• 第35代ケネディー大統領(1963年11月22日に暗殺された) 彼らは通過発行権を取り戻そうとしました。 例えば、ケネディー大統領は、1963年6月に通貨発行権を取り戻し、政府発行紙幣を流通させたのです。 しかし半年後には、暗殺され政府紙幣は即座に回収されてしまいました。 それ以後、通貨発行権を取り戻そうとする大統領は出てきていません。 ここに列記した大統領たちは皆、暗殺未遂か実際に暗殺されたかのどちらかでした。 これが先に述べた、20年周期に起きる恐ろしい出来事なのです。 その後、ディープステートは、世界銀行をつくりました。 当初、世界銀行は、国際復興開発銀(IVRD)のみを指していましたが、現在は1960年に設立された国際開発協会(IDA)と 国際通過基金(IMF) と共に第二次世界対戦後の金融秩序制度中心を担い、貧困削減と持続的成長の実現に向け、途上国政府に対し融資、技術協力、制作助言を提供しています。 これは、世界中の人々を借金によって奴隷化する仕組みなのです。 デジタル通貨 そこで現れたのがデジタル通貨です。 ビットコインや仮想通貨が次々と現れました。 それらは、ディープステートの妨害に遭ってなかなか流通しませんでした。 ところが中国が国をあげでデジタル人民元を世界中に流通しようとしました。 そのことが、ディープステートの逆鱗に触れたのです。 5Gの技術が、EU諸国で受け入れられ、デジタル人民元を流中させる土壌が完成したからです。 2020年がその本格導入の年になる予定でした。 ところが、新型コロナウイルス騒動で、デジタル人民元の話が頓挫しました。 しかも世界中が混乱すれば、政府はまた国債を発行して借金が膨れ上がります。 それはディープステートの懐が膨れ上がることを意味しているのです。 これが、ディープステートの目的です。 ディープステートの支配下にあるマスメディアが、こぞって新型コロナウイルスを煽るのも、その理由です。 世の中を混乱させたいだけなのです。 いずれにせよ、通貨が大きく変化することは間違いありません。 今は、中国共産党、トランプのナショナリズム、ディープステートのワンワールド、この三つ巴の状態です。 参考文献:Youtube: 3 なぜディープステートはコロナ騒動を起こしたのか? まとめ 新世界秩序のディープステートは、世界中を支配下に入れようとしている 中央銀行の利益は、株主であるディープステートのもとへ流れる 通貨発行権を取り戻し、政府発行紙幣を流通させたがケネディーは暗殺された 中国がデジタル人民元を流通しようとしたが、ディープステートの逆鱗に触れた Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の