ニュース ウォッチ 9 有馬。 ニュースウオッチ9

ニュースウオッチ9

ニュース ウォッチ 9 有馬

ニュースチェック11から引き続き桑子真帆さんとのコンビでNHKの夜を盛り上げてくれることになりました! 記者としても活躍してこられた有馬嘉男さんがNHKの顔になります。 さて彼はどのような経歴をたどってこられたのでしょうか? 今回はそんな有馬嘉男さんににスポットを当てて見たいと思います。 有馬嘉男のプロフィール 経歴 や大学 新キャスター・桑子真帆がブログを初更新。 NHK内での経歴がすごくて、記者を経て海外でのNHKの支局長になっておられます。 ドイツのフランクフルトやシンガポールなど海外経験だけでも相当なものです。 そして気になる出身大学ですが、京都大学を出ておられます。 京都大学を出て、NHKでも世界を駆け巡っている姿はかっこいいですよね。 実際の有馬嘉男さんもダンディーな男前ですよ。 有馬嘉男の年収は? ちょっと気になるのが他人の年収ですが、有馬嘉男さんはいったいどれくらいの年収があるのでしょうか? NHKでは職員の給料や年俸がある程度開示されています。 大体、大卒30歳の年収は550万円くらい。 しかし管理職などになってくると給料体系が年俸制になってきます。 大卒モデル年収では、30歳で547万円、35歳で685万円 27年度 です。 管理職については年俸制となっており、27年度の基本年俸は、954. 4万円(D1(課長クラス))、1,230. 4万円(D5(部長クラス))、1,491万円(D8(局長クラス))などとなっています。 有馬嘉男さんは海外で支局長を経験された逸材です。 しかもこれからNHKの顔となる人なので、年収で1400万以上はもらっていてもおかしくはないでしょう。 有馬嘉男さんがもし民放のキャスターならもっともらえていたかもしれませんが…。 スポンサードリンク 有馬嘉男の父って? 有馬嘉男さんのお父さんは実は有名なお坊さんでありました。 有馬実成 ありまじつじょう という方で曹洞宗の僧侶としてがんばりながらボランティア活動などをされていたのです。 またNGO活動も積極にされていて「NGO JANIC」の創設にも尽力されました。 現在はNGOやNPOなどの活動はいたるところで見ることが出来ますが、有馬実成さんは何十年も前からこういった活動をされてきました。 64歳で亡くなられはしましたが、その後のボランティア活動に与えた影響は非常に大きいです。 有馬嘉男の出演番組 2016年4月からは「ニュースチェック11」にキャスターとして有馬嘉男さんは出演されてこられましたが、他にもNHKでは番組を持っておられました。 その代表がBSの国際報道です。 タイトルは国際報道2014、2015、2016と毎年変わっていますが、平日夜10時から始まる番組でBSながらファンも多い番組です。 海外のニュースが分かりやすいと私の回りでも見ている人は多いですよ。 2017年4月からはNHKの9時台の顔に有馬嘉男さんがなられることに決まりました。 桑子真帆さんと共に9時台にお引越しという感じでしょうか? NHKでいうとニュースウオッチ9と言えばNHKの看板番組です。 ということは、11時台の有馬嘉男さんと桑子真帆さんのコンビが相当人気があったという事がうかがえます。 個人的には就寝する前の11時台にあの二人のニュースを見ながら床につくというのがスタイルだっただけにちょっと寂しくもなります。 ただ9時台に移ったという事でこれまで、有馬嘉男さんを知らなかった人も、きっと目にされると思います。 もっともっと人気が出そうな気がしますね。 スポンサードリンク まとめ いかがでしたでしょうか? 今回はNHKキャスターの有馬嘉男さんを紹介しました。 2016年にニュースチェックイレブンが始まってから有馬嘉男さんの人気はうなぎのぼりです。 しかも2017年はニュースウオッチ9ですよ! 個人的にはあのおしゃれな感じがものすごく好きですね~。 しかもメガネもイケてます。 また普通のアナウンサーには見られない親しみやすさも感じます。 ただ、それはニュースチェック11のスタジオの雰囲気がそうさせていたのかもしれませんね。 2017年の4月からのニュースウオッチ9はどういった雰囲気になるのでしょうか?ぜひともニュースチェック11の雰囲気をそのまま持ってきてほしいです。 またニュースウオッチ9では一橋忠之アナウンサーがスポーツを担当されることになっています。 有馬嘉男さんとのかけあいも楽しみです。 きっとお茶の間でも受け入れられるのではないでしょうか?あのダンディーさを見ればファンになる人も多いでしょう。

次の

NHK有馬キャスター「上を向いて歩こう」聴き感涙

ニュース ウォッチ 9 有馬

— 2019年12月月27日午前5時23分PST 和久田アナが降板するとしたら、後任は早朝のニュースを担当されている林田理沙アナか、同じくブラタモリの近江友里恵アナ辺りかな…なんて思っていました(願望交じりです)。 個人的には、声が良くてとても聞きやすい池田伸子アナもいいな~と。 ちなみに、高瀬耕造アナ(44)と、ジャーナリストの有馬嘉男キャスター(54)は続投のようです。 関連記事: 追記:13日に正式発表がありました。 1日の締めくくりのニュースを担当する和久田アナは、「これまで以上に、そのニュースの焦点は何か、今日お届けすべきメッセージは何か。 一つひとつのニュースの肝の部分まで深掘りして伝えたい。 キャスターとしての色もにじませていけるといい」と意気込みを語ったそうです。 また、ブラタモリの林田アナは4月から首都圏ネットワークを担当されるということで、新しく浅野里香アナがブラタモリの担当になります。 関連記事: 和久田麻由子アナは東大卒の才色兼備!結婚や旦那さんは? 和久田麻由子(わくだまゆこ)アナは1988年生まれ。 神奈川県出身。 親の仕事の関係で、2~5歳までアメリカテキサス州で過ごし、私立女子学院高等学校を経て東京大学経済学部へ。 すごい学歴ですね。 中学~高校では英語の演劇部に所属。 高校生のころはミュージカル俳優に憧れていたんだそうです。 大学時代は男子ラクロス部のマネージャーに。 きっと憧れのマドンナだったでしょうね~。 就活は、マスコミ業界に絞っていたわけではなく金融からメーカーまで幅広く考えていたそうですが、企業が「社会に果たす役割は何なのか」を考えた時、社会の中での存在意義を実感できるNHKを選んだと語っています。 2011年NHK入局。 岡山放送局を経て2014年東京アナウンス室に移動。 出産のため降板となったNHKのエース・鈴木菜穂子アナの後任として、2015年3月から「NHKニュースおはよう日本」の平日キャスターに抜擢されます(その前は土日の担当でした)。 「ターウィンが来た!」のナレーションをされることもありますね。 昨年は、紅白歌合戦総合司会にも抜擢されました。 局内では、桑子アナが有力という予想だったそうです。 私生活では2019年3月に結婚を発表。 8月31日に行われた結婚式の2次会をフライデーされています。 報道によると、お相手は三菱商事に務める一般男性で、箱根駅伝の元スター選手(早稲田大の猪俣英希さん)なんだそうです。 現在は海外赴任のようですね。 お二人とも忙しそう…。 スポンサーリンク NHK和久田麻由子アナ「ニュースウォッチ9」移動にネットでの反響は? 和久田・高瀬アナのコンビは人気で移動を惜しむ声が多いですが、年数を考えるとこのままずっとという訳にはいかないでしょうね。 最初は誰と組んでも違和感がある気がしますが、すぐに見慣れるのではないでしょうか。 「おはよう日本、高瀬さんは残留するのか。 だとすると桑子さんが高瀬さんの「ボケ」をどう処理するかが見ものだな。 和久田さんは時にやさしく、時に戸惑いながらもさらっと流し、絶妙なコンビだった。 」 「おはよう日本は夜のニュースの登竜門としての位置づけであったはず。 和久田アナの異動は順当だと思うが、桑子アナが何故朝に? 朝の番組をワイドショー的にしたいのかね? 桑子より若手にチャンスをあげてほしいと思うけどね。 」 「NHKがどう考えているのか知らないが、 夜よりは朝一番のニュースの方が大事。 ここから一日が始まる。 自分の中では朝の番組が筆頭。 この入れ替えはありえない。 」 「和久田アナ・高瀬アナのコンビが多くの視聴者に支持されているのを分かっていての人事なのでしょうかね? 希望としては、おはよう日本はこのまま2人に託し、 ニュースウォッチ9は桑子さんから井上あさひアナを戻す。 桑子さんは新しいバラエティを担当してもらう。 それか和久田・高瀬アナ両方ともニュースウォッチ9に移す、かな。 」 「NW9の女性アナウンサーはメイン・キャスターの生徒みたいなコメントを強要されているように感じられ嫌いなニュース番組。 和久田アナウンサーの素敵なところがつぶされませんように……。 yahoo. 近年では、井上あさひアナが人気でしたが、和久田アナもしっくりはまりそうです。 朝のニュースは明るい雰囲気が合っていましたが、夜は落ち着いた感じになると思うので違った面が見られそうですね。 東大卒の学歴を持つ才色兼備の和久田アナ。 NHKでもトップアナと言われる和久田アナの今後の活躍に期待です。

次の

ニュースウオッチ9

ニュース ウォッチ 9 有馬

アナウンサーと有馬さん、密着して並んで座る二人(「ニュースチェック11」では、机を挟んで、向き合っていた)のアップで番組スタート。 番組リニューアルの目玉の一つ「そもそも解説」では、パネルを多用して、有馬さんが、難解なニュースを、わかりやすく解説していた。 「そもそも解説」は、これまでの「ニュー9」とは違う、親しみやすさが演出できていて良いと思う、ただ、今日はちょっと長かった気もするので、今後、柔軟に対応して、名物コーナーに育て上げてほしい。 速報 ロシア 地下鉄の駅構内で爆発音 10人余りけが人の情報 ニュースこの1本「政治」、「テロ等準備剤」法案6日審議入りで合意。 ニュースこの1本「社会」、人女児殺害「犯人捕まえて」。 特集 春 社会への第一歩、新人も企業も新たなスタート、新入社員 私の決意、保里アナウンサーのリポート、私が新人だったころ・・・有馬・桑子キャスターは。 アナウンサーと有馬さんの新人時代の映像が流れる、アナウンサーは長野時代のの映像。 アナウンサーから新社会人へのメッセージ。 桑子「この時(7年前の入局時)の私のように、新人・新入社員の皆さんも、頑張るぞって意気込みで今、溢れているかと思うんですが、皆さんよりちょっと年上の先輩から言える事としますと、三歩進んで二歩下がるぐらいの気持ちがいいんじゃないかなと思うんですけれども」 有馬「さんですか?」 桑子「まさにその通りですね、でも本当に、少し時間が経つと、あ、こんなに自分進んできたんだって思う瞬間は必ず来ると思うんです」 ニュースこの1本「都政」、市場「あり方戦略本部」どうなる?初会合。 ニュースこの1本「経済」、「」2期連続大企業製造業で改善。 特集 新年度 変わる暮らし、弁当店 苦渋の値上げ、値上げも 値下げも、アナウンサーが、値上げの例として、お弁当や、オリーブオイル、ティッシュペーパー、タイヤの模型を持ち出して、ニュースを解説した。 気象情報。 気象情報は、の斉田さんとアナウンサーで進行。 桜の映像を見て、アナウンサーが「うわぁ、綺麗ですね、ほんとに」と素直な感想、斉田さんは、今まで見た事がないような、和やかな表情。 気象情報マスコットキャラ「」の登場は無し、降板か。 気象情報からスポーツへコーナーが変わるときに、退場するの斉田さんと、入場するスポーツの一橋アナウンサーがハイタッチ。 スポーツ。 使用済み携帯電話を金メダルにリサイクルの話題で、アナウンサーは「私、けっこう貢献できる気がします」と発言。 番組終わり、アナウンサーが「続いては、プラスです」で噛む、こういうところがアナウンサーらしい。 アナウンサーと有馬さんのコンビによる新生「ニュー9」は、スタジオセットも一新、画面から受ける印象は、昨年度と比べて、明るく活気に満ちていて、好印象。 今日は番組前半、有馬さんの方に、やや固さが見られたが、キャスター二人の新人時代の映像が流れたあたりからリラックスしてきて、「ニュースチェック11」から培った、二人の息の合ったやりとりが見られて、一安心。 番組途中、ロシア地下鉄の爆発事故の速報が入るが、アナウンサーは、落ち着いて対応、本当に安定感が出てきたと思う。 「ニュー9」キャスター初日のアナウンサーの衣装は純白のジャケット、メイクと髪型は「ニュースチェック11」と比べて、グッと大人びた感じ。 初日の放送を見て、アナウンサーらしさは、十分に発揮されており、「さすがのアナウンサーも、ニュー9では萎縮してしまうのではないか?」との私の不安を、見事に払拭してくれた。 「ニュー9」という「伝統」が、どんなに枠に嵌めようとしても、アナウンサーの魅力は、収まりきらない。 東京に異動して、1年目は「」「」、2年目には「ニュースチェック11」、そして3年目にして「ニュー9」という異例のスピードで、のニュースの顔になったアナウンサー。 アナウンサーが舵を取る新生「ニュー9」の航海が始まった。 有馬さんという心強いパートナーと共に、のニュース番組に、新しい風を吹き込んでくれることだろう。 アナウンサーのファンとして、新たな挑戦を、楽しみに見守りたい。 <おすすめ関連記事> <おすすめ過去記事> mu-mu-360.

次の