格安スマホ 電話 帳。 「OCN モバイル ONE」にMNP。ガラケーからの電話帳や写真の移行

格安スマホへのデータ移行が「できるもの」と「できないもの」

格安スマホ 電話 帳

Android端末には連絡先データが2種類ある 近頃では格安SIMと格安スマホのセット購入ができるMVNOが増えてきました。 MVNOは大手キャリアより月額料金が安いというメリットがあります。 そんな格安SIMと格安スマホのセット購入後に困るのが「電話帳の移行」です。 電話帳に何も連絡先がないのでは困ってしまい、スムーズに電話帳の移行を完了させたいところです。 今回はAndroid端末においての電話帳移行について説明をしていきます。 Android端末には「本体に保存された連絡先データ」と「Googleアカウントに紐付けされた連絡先データ」があります。 それぞれ異なる移行方法となるため、自分の端末の連絡先データがどちらなのか確認する必要があります。 確認は連絡先データの編集画面に表示されます。 端末によって表示が異なりますが、「Googleアカウントに紐付けされた連絡先データ」の場合は、Googleのアイコンと、紐付けされたGoogleアカウントが表示されます。 「本体に保存された連絡先データ」は本体と記載されたり、docomoのマークであったりと大手キャリアによって異なります。 本体に保存された連絡先データの場合 本体に保存された連絡先データの場合、とても簡単にできる方法がエクスポート・インポートです。 microSDカードが必要になりますが、今まで使っていたスマートフォンでSDカードに電話帳データを保存し、新しいスマートフォンにSDカードを差して移行するという流れになります。 連絡先エクスポート 今までのスマートフォンにmicroSDカードを差し込んだら電源を入れ、「連絡先」のアプリを起動します。 ここではmicroSDカードを選択してください。 これでmicroSDカードへのエクスポートが完了です。 連絡先インポート 連絡先エクスポート完了後は、連絡先インポートを行います。 連絡先エクスポートを行ったmicroSDカードを移行したいスマートフォンに差し込んだら電源を入れ、連絡先アプリを起動します。 きちんとインポートされたかどうか確認してください。 Googleアカウントのアドレス帳を利用 microSDカードがなくても、Googleアカウントのアドレス帳に保存してあれば移行ができます。 「連絡先を同期」という項目にチェックが入っているか確認してください。 チェックが入っていないときはチェックを入れます。 移行先のスマートフォンでも連絡先を同期にチェックを入れておきます。 これで今までの連絡先はそのまま引き継がれます。 Androidを使う場合は基本的にGoogleアカウントが必要になっているため、同期させておくことで新しいスマートフォンでもめんどうな移行作業をすることなく使うことが可能です。 クラウドストレージを利用 クラウドストレージとは、クラウド上 インターネット上 にデータ保存するサービスのことをいいます。 インターネット環境さえあれば、さまざまな端末でデータの共有が行え、端末内部の容量を節約したいときにも便利なサービスです。 クラウドストレージサービスで有名なのがDropboxで、大手企業でも使用されている信頼性の高いサービスです。 そのためデータ喪失のリスクは低くなっています。 パスワードがなければアクセスできないため、第三者にデータを見られてしまう心配が少ないです。 Dropboxには、連絡先バックアップDropbox版というアプリがあり、電話帳の移行が簡単に行えます。 インストール後にアカウントを作成し、バックアップを選択するだけで電話帳のバックアップが完了します。 リストアを選択すれば電話帳のインポートが完了します。 今まで使っていたスマートフォンが壊れてしまっても、バックアップがあれば新しいスマートフォンにすぐインポートすることが可能です。 大手キャリアやMVNOのサービスを利用 大手キャリアのサービス 大手キャリアでは電話帳お預かりサービスがあります。 水没や故障など、アクシデント時の対応用として提供しているサービスです。 電話帳お預かりサービスは電話帳の移行にも応用することが可能です。 まずは電話帳を大手キャリアのお預かりセンターにバックアップしておきます。 バックアップ後はお預かりセンターから新しいスマートフォンに復元することが可能です。 電話帳の自動バックアップに対応している大手キャリアもあり、頻繁に電話帳の編集を行う方でも手間がかかりません。 ただし、電話帳お預かりサービスを利用するには加入が必要です。 MVNOのサービス 中には電話帳移行サービスを提供するMVNOがあります。 今までのスマートフォンをMVNOに発送すると、MVNOのスタッフが代わりに電話帳の移行を行い、電話帳の移行完了済みの格安スマホが自宅に届きます。 電話帳の移行が必要だけど方法が分からない方向けのサービスです。 ほかにも、出張設定を行うMVNOもあり、スマートフォンを発送したり預けるといったことがありません。 ただし、格安SIMと格安スマホのセット購入者が対象のサービスのため、格安SIMだけの購入では利用できません。 また、電話帳移行サービスには1万円ほど料金がかかります。 まとめ 格安スマホにしたからといって、電話帳の移行は決してむずかしくなく、自分で簡単に行えることがわかりました。 この記事を読んで、格安スマホを買うか躊躇していた人の後押しになれば幸いです。 おすすめのMVNO• 人気記事を読む 今が旬!おすすめ記事 カテゴリー• c 忍法 格安SIM術 2016.

次の

【ガラケー編】格安スマホへ電話帳・写真のデータを移行する方法

格安スマホ 電話 帳

お知らせ 2020年4月より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。 月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。 現在、 1年間無料キャンペーン中。 体験談を詳細にレビューしています。 この記事では、誰でも簡単にできる電話帳・連絡先データの移行方法をご紹介。 面倒くさがり屋な方でも数分で移行作業が完了しますよ。 格安スマホに電話帳を移行するには? 格安スマホへ機種変更する場合、電話帳を移す必要があります。 誰でもできる簡単な電話帳の移行方法は以下の3つです。 Googleアカウント(Gmail)• microSDカード• JSバックアップ 1-1. Android、iPhone間でも移行可能。 Googleアカウントは最も簡単な移行手段となります。 Gmailに電話帳や連絡先データを保存している方もGoogleアカウントを使用することで簡単にデータ移行が可能です。 1-2. やり方は、外部メモリのmicroSDに電話帳データを保存して、新しい端末に移行します。 注意点として、機種変更する新端末にmicroSDカードスロットが付いているかどうか事前に確認しておきましょう。 1-3. JSバックアップはアプリを使用するので、microSDカードスロットが付いていないiPhoneでもデータ移行ができます。 それぞれの電話帳データの移行方法は、次の項から詳しく説明していきます。 格安スマホに電話帳データを移行する方法 ここから、具体的な電話帳データの移行方法を解説していきます。 2-1. Googleアカウント 電話帳データがGoogleアカウントに紐付いている場合は、旧端末と新端末で同じGoogleアカウントを使用することで簡単にデータ移行できます。 Android、iOSなど異なるOS間でも移行可能です。 上手く移行できない場合は、新端末側でGoogleアカウントの同期がOFFになっていないか確かめてみましょう。 Googleアカウントを使ったデータ移行では電話帳の他に、• Chrome• Gmail• Google Fitデータ• Google Play Music• Google Playムービー• Googleフォト• アプリデータ• カレンダー• ドライブ• ユーザー情報 を移行することができます。 2-2. microSDカード 端末本体に電話帳、連絡先データが保存されている場合はmicroSDカードを使ってデータ移行を行います。 vcfにエクスポート」をタップ 5 保存先に「SDカード」を選択してタップ 以上で連絡先データをmicroSDに移動することができました。 vcfからインポート」をタップ 以上で、microSDに保存した連絡先データを新端末へ移行できました。 microSDが認識しない場合 microSDをスマホに挿しても反応しない場合は、電話帳が入った. vcfファイルを「」に保存しましょう。 新端末でもクラウドストレージ経由で. vcfファイルをダウンロードすれば、電話帳データが移行できます。 2-3. JSバックアップ JSバックアップはiOS、Android、PCの3つのプラットフォームに対応。 iPhoneとAndroid間でも電話帳データを移行させることができます。 ここでは、旧端末にiPhone、新端末にAndroidを使って手順を説明します。 すべてOKにして問題ありません。 4 「かんたんデータ移行」をタップ 5 「移行元スマホからデータを取り出す」をタップ 6 「無料プラン」をタップ 7 「取り込み時に必要なパスワード」を設定する 新端末側でデータを取り出す際に必要なパスワードを設定します。 8 パスワードを設定できたら「データ取り出すスタート」をタップ 9 QRコードを保存 QRコードが表示されるので、メールやスクリーンショットで保存しておきましょう。 4 「取り込み時に必要なパスワード」を入力 旧端末で設定したパスワードを入力します。 5 「データ取り込みスタート」をタップ 以上で、JSバックアップを使った電話帳データの移行は完了です。 JSバックアップは電話帳データの他に、ブックマークリストや通話履歴、アプリ一覧も移行できます。 その他の移行方法 ここまで紹介してきた電話帳の移行手段以外にもいくつか方法があります。 3-1. データお預かりサービス 大手キャリアが提供する電話帳お預かりサービスを利用して電話帳データを移行することができます。 ドコモ ドコモは「ケータイデータお預かりサービス」を提供。 旧端末がスマホの場合は、申込不要・利用料無料で利用することができます。 ガラケーの場合は、月額100円でサービスが利用可能です。 au 2015年夏モデル以降のスマホを使用しているauユーザーは「データお預かり」アプリを利用できます。 対象外の方は「auCloudアプリ」を使えば電話帳、連絡先のバックアップ、データ移行ができますよ。 ソフトバンク ソフトバンクの場合は、「あんしんバックアップ」に加入していれば無料でバックアップ、データ移行が可能です。 3-2. クラウドサービス 電話帳や連絡先データに限らず、画像や音楽など、さまざまなデータを一括で移行したい場合には、DropboxやGoogle Driveなどのクラウドサービスが便利です。 クラウドサービスを使って、電話帳データを移行する場合は、• vcfにエクスポート」をタップ• 保存先にクラウドアプリを選んでタップ 以上の流れで移行できます。 3-3. iTunes iPhone間で電話帳、連絡先データを移行するなら、iTunesを用いた方法が簡単かつ確実です。 さらに、iTunesを使えば画像や音楽などの大容量データもスムーズに移行することができます。 iTunesを使ってデータ移行する際は、PCが必要となります。 iTunesを使って、電話帳データを移行する場合は、• iPhoneをPCに接続• PCのiTunes上でiPhoneをバックアップ• 新しい端末でiTunesからバックアップを復元する• 電話帳データだけでなく、iPhone内の様々なデータが移行されますよ。 ガラケーから格安スマホに電話帳を移行する方法 ガラケーから格安スマホに電話帳、連絡先データを移行する場合は、• 赤外線を使って新端末にデータ送信• microSDカード のいずれかの方法が一般的です。 データ容量にもよりますが、手順さえ間違わなければどちらの方法でも数分で移行することができます。 この記事では、microSDカードでの移行手順について紹介します。 4-1. microSDでデータ移行する 手順 1 ガラケーの「電話帳」から「メニュー」を選択 2 「SDカードに保存」を選択 機種によっては「SDカードにエクスポート」と表示される場合があります。 3 格安スマホにSDカードを挿入 ガラケーからAndroidにSDカードを差し替えます。 以上で完了です。 4-2. 移行先の端末にmicroSDカードの挿入口がない場合 microSDスロットがない機種へ電話帳データを移行する場合は、データを一度PCに移してから新端末に引き継ぐ必要があります。 手順 1 SDカードとPCを接続 ガラケーからSDカードへのデータ移行が完了したら、カードリーダーなどでSDカードをPCに接続してください。 3 新端末にメールで添付 見つけたvcfファイルをメールで新端末に送信しましょう。 4 新端末でデータを引き継ぐ PCから送信したメールの添付ファイルを格安スマホで開き、「すべての連絡先を追加」をタップしましょう。 これで、ガラケーからmicroSDカードの挿入口が無い端末に電話帳や連絡先データを移行することができます。 まとめ いかがでしたか? 格安スマホに電話帳や連絡先を移行する方法はつかめましたか? 文章を読んでいると、面倒くさそうだな・・・と感じる方もいるかもしれません。 しかし、実際に手順通りに移行作業を行えば、どの方法でも5~10分程度で完了します。 Googleアカウントに電話帳データが紐付いている場合は、同期をONにするだけなので、1分で完了です。 格安スマホに乗り換えると毎月の通信費を大きく節約できます。 電話帳も簡単に移行できるので、ぜひ快適な格安スマホライフを送ってくださね。

次の

楽天モバイル:料金

格安スマホ 電話 帳

格安スマホへのデータ移行が「できるもの」と「できないもの」 格安スマホへのデータ移行が「できるもの」と「できないもの」 「 格安スマホ」という言葉もここ数年で聞き慣れたものになり、現在では、その数150社以上のあらゆるジャンルの業種が参入しています。 mobile ワイモバイル などテレビCMでもお馴染みなものもありますね。 そこで、もし自分が格安スマホに乗り換えや、機種変更するという時に気になるのが、「データの移行」ではないでしょうか? 電話帳はもちろんの事ですが、写真・音楽、アプリも挙げられますね。 基本的に自分で処理しないとならなくなるのですが、そこにはデータの移行が「できるもの」と「できないもの」があることは知っておく必要があります。 そこでここからは、 そもそも格安スマホとは何なのか、また、データ移行が「できるもの」と「できないもの」はどのようなデータの事をいっているのか、分かりやすく簡潔にご説明させていただきます。 そもそも「格安スマホ」とは何なのか? まず、「格安スマホ」について知らない方のために、分かりやすく表現すると、 「 格安スマホとは格安SIMを使うスマホのこと」です。 一般的に、格安SIMと格安SIM対応スマホをセット販売されているものを格安スマホと呼びますが、別々に購入することもできます。 スマートフォンは通常であれば、ドコモ、au、Softbankのショップなりで購入するのですが、最近では大手スーパーでもスマホを購入することができます。 しかも、上記3大キャリアの半額以下という料金の安さから注目を集めています。 そこで、その「格安SIM」と「格安SIM対応スマホ」についてご説明いたします。 「格安SIM」とは ドコモ、au、Softbankなどの携帯電話会社は、自社が所有している通信回線を使ってデータ通信を行いますが、自社では通信回線を持たずに携帯電話会社から通信回線を借りて、データ通信サービスを行っている事業者がいます。 その事業者のことを、一般的に MVNO(Mobile Virtual Network Operator「仮想移動体通信事業者」)と呼んでいます。 MVNOは、自社で通信回線を持たず、携帯キャリアから通信回線を借りて、独自にデータ通信サービスに付加価値を付け、割安な料金プランを設定してサービスを提供しています。 現在では前述の通り、プロバイダなどの通信事業者だけでなく、家電量販店、大手スーパーも参入しているのです。 そのMVNOが取り扱うSIMカードの事を「格安SIM」と呼んでいるのです。 「格安SIM対応スマホ」とは 格安SIM対応スマホとは、正式には「 SIMフリースマホ」と呼ばれるものです。 SIMフリーは、SIMカードを自由に入れ替えできる状態のことを指し、ドコモやau、Softbankなどの携帯キャリアのSIMカードは勿論、MVNOが販売している格安SIMを利用できます。 SIMフリーにすることで、携帯キャリアのように高い通信料金を払う必要がなくなるので、より安いデータ通信プラン・通話プランを選べるようになります。 ここまでの説明で「格安スマホ」のシステムなどある程度ご理解していただいたところで、乗り換えや機種変更した時にデータの移行ができるのか疑問が出てくるのではないでしょうか。 そこで次の項から、格安スマホにデータの移行ができるものと、できないものをご説明させていただきます。 格安スマホにデータ移行ができるものとは? 格安スマホへ乗り換えは勿論、機種変更の際に厄介なのがデータ移行の問題。 格安スマホを購入するにあたって、データや設定などきちんと移行できるのかということが良く分からず踏みとどまってしまう方も多いのではないでしょうか。 ですが、 通常の携帯キャリアへ乗り換え・機種変更するのと格安スマホにするではさほど差が無いことは先に申しておきます。 格安スマホへデータ移行ができるものとして、• 電話帳• 写真・音楽• LINE• アプリ• SNS のデータ移行は可能になっています。 また、それを大きく分けると、新しい格安スマホを使い始める前に準備しておくものと、使い始めてからでも対応できるものとに分かれます。 ここからは、各項目に分けてやり方を項目のみ簡単にご紹介いたします。 格安スマホを使い始める前に準備しておくこと 電話帳 無料でできるものから有料のものまで複数あり、どれでも移行が可能になっています。 Gmail iPhoneでもAndroidでも使えてメールアドレスも取得できるGmailを使うと簡単に電話帳を移行させることができます。 電話帳お預かりサービス 携帯キャリア(ドコモ、au、Softbank)でのサービスの一つで、電話帳を保存してくれるものがあります。 これは、電話帳の移行だけでなく、携帯電話の紛失・水没と言った万が一の際のためにも使われています。 ただし、サービスに加入していないと使えなので、事前に加入しているか確認しておきましょう。 microSDカード やり方は簡単で、microSDカードを現在使っているスマホに挿入し電話帳アプリを開き、メニューからエクスポートを探して電話帳データをmicroSDカードにエクスポートします。 その後、格安スマホにmicroSDカードを挿入し電話帳データをインポートすれば完了です。 クラウドサービス 一般的には「Dropbox」や「Google Drive」などが該当し、データをネット上に保管しておけるサービスのことです。 アクセスには、パスワードなどが必要なのでセキュリティ上の心配はありません。 このサービスを利用すれば、電話帳データをネット上に置いておき、新端末からアクセスして電話帳データを取り込むことが可能。 また、クラウドサービスは、一定のデータ容量までなら使用料が無料できる魅力があります。 データ移行アプリ 現在では、データ移行専用のアプリを使う事も増え、特に「JSバックアップ」が有名ですね。 JSバックアップをダウンロードし、電話帳のQRコードを作ることで電話帳データを移行させられます。 iPhoneからAndroidに移行するときでもAndroidからiPhoneに移行するときでも使えるアプリで簡単に行える方法です。 写真・音楽 写真・音楽のデータ移行は、前項の「microSDカード」を利用するのが最も便利です。 しかし、電話帳と比べるとデータ容量が膨大の量になります。 何回かに分けて移行する必要がある場合がありますの で注意しておきましょう。 移行前に現在のデータ容量を確認し、SDカードの容量から計算して、何回くらいで移行作業をする必要があるか認識しておきましょう。 LINE 最近では、LINEで友達や家族・恋人でグループ設定している人が非常に多く、「大事なトーク内容を残しておきたい」という方も多いでしょう。 基本的に、トーク、無料通話、スタンプの購入など、LINEの基本的な機能はどの端末でも問題なく使用でます。 乗り換え前と同じLINEのアカウントで利用するなら、購入した有料スタンプも引き継げます。 まずは今使っている端末で引継ぎの準備をします。 メールアドレスとパスワードを登録し、「設定」の2段階認証で「引継ぎ許可」を設定します。 保存したいトークを開き、Androidなら「トーク履歴をバックアップ」、iPhoneは「トーク履歴の送信」を選び、保存先を指定してデータを保管します。 次に、新端末にLINEをインストール・起動して、旧端末で設定したメールアドレス・パスワードでログインします。 PINコードの入力と、電話番号認証を済ませれば引継ぎが完了します。 アプリ こちらは、アプリによって引継ぎ方法が細かい部分で違ってきますので、各アプリの引継ぎ方法の説明を参照してください。 特にゲームアプリを引き継ぎしたい方も多いようですが、各アプリ共に「機種変コード」の発行をしているので、旧端末でコードを発行して、新端末にコードを入力すれば引継ぎしてくれると思います。 使い始めてからでも対応できるもの SNS 現在、利用者が多い 「Facebook」「Twitter」「Instagram」などについては、事前に移行の準備をしておく必要がありません。 新しく購入した格安スマホにSNSアプリをダウンロードして、旧端末で使っていたID・パスワードでログインするだけで通常通り使用することができます。 以上の様に、携帯キャリアのスマホから格安スマホへ乗り換えしても基本的な情報はデータ移行する事ができます。 やり方は携帯キャリアのスマホの乗り換え・機種変更と変わりなく、簡単に移行することができるのです。 格安スマホにデータ移行ができないものとは? 格安スマホの一番のメリットは、言うまでもなく月額料金の安さですよね。 しかし、格安スマホへ乗り換えるということは、これまで利用していた携帯キャリアとの契約を解約し、新しいMVNO業者と契約することになります。 そうすることで、前項でデータ移行できるものをご説明しましたが、できないものもあることは理解しておかなければなりません。 ここでは、どのようなものが移行できなくなるのかご説明させていただきます。 キャリアメールが使えなくなる 携帯キャリアでは、「・・・ docomo. jp、・・・@ezweb. jp」のようなキャリアメールを利用していた方が多いのではないでしょうか。 しかし、格安スマホを提供しているMVNO業者のほとんどは、このようなメールアドレスを提供していません。 そのため、格安スマホでメールを使用したい場合は、基本的にフリーメールを利用することになります。 Androidスマホを使っていた方なら既にGoogleアカウントを所有しているかと思うのでそのままGmailが利用できます。 また、Androidは初めてだという方も、PlayストアからアプリをダウンロードするためにはGoogleアカウントが必須なのでぜひ作っておきましょう。 格安スマホに変えるとキャリアメールは使えなくなってアドレスも変わってしまいますが、Gmailは特に設定する必要もなくすぐに使い始められるのでフリーメールとしてオススメです。 また、旧端末で利用していたamazonや楽天といった通販サイト、他にもポイントサービスなどの会員登録時に登録したのがキャリアメールであれば、全て変更しなければならなくなります。 携帯キャリアに貯まっていたポイントが無くなる 携帯キャリアの端末を使用していると毎月の利用料に応じてポイントが貯まっていきます。 その貯まったポイントで、様々なものに利用できますよね。 結論から言えば、携帯キャリアから格安スマホに乗り換えた場合、それまでに貯まっていたポイントが全て消滅してしまいます。 なので、格安スマホへ乗り換えをする際には、残っているポイントを確認して、商品やギフトカードなどに交換してから格安スマホに乗り換えをしましょう。 おサイフケータイが使えなくなる 現在、三大キャリアで販売されているスマホの大半はワンセグに対応しており、おサイフケータイを利用している方も多いかと思います。 しかし、格安ケータイの大半はワンセグに対応しておらず、おサイフケータイの機能を内蔵していないのが現状です。 そのため、これまでスマホでsuicaやnanacoなどおサイフケータイを利用している方は、格安スマホへ乗り換える際には使えなくなってしまうので、事前にサービスを解約するか、カードタイプに変更しておく必要があります。 キャリア決済に対応していない 基本的にMVNO業者ではキャリア決済に対応していません。 他の支払い方法に対応できるサービスなら他の方法で、キャリア決済にしか対応していなければそのサービスは諦めて解約するしかありません。 また、どうしてもキャリア決済を利用したいという方は、Y! mobileなら三大キャリアよりも安く、しかもキャリア決済に唯一対応しています。 mobileは、ソフトバンクのブランドという扱いのためMVNO業者というよりもキャリアに近い存在なので、料金を下げつつキャリア決済を利用できる唯一の格安スマホと言えるでしょう。 今まで携帯キャリアを利用していた方は、使えなくなる機能やポイントなど無くなってしまうものもあります。 格安スマホに乗り換えをお考えの際には、以上のような不具合が多少発生することは理解しておきましょう。 まとめ 格安スマホに乗り換えた場合のデータ移行については説明でしたが、ある程度はご理解していただけましたか? 電話帳、写真・音楽といった大事なデータや、LINEやアプリと言った現在社会の必需品までデータ移行することができます。 一部、メールやサービスに引継ぎできないものもありますが、代替えできるものもありますので、乗り換えを検討される際には確認しておきましょう。 結論、格安スマホにしても、今まで利用していたデータを移行できるという事は覚えておいてくださいね。 関連記事•

次の