金色 のち ひさ き 鳥 の かたち し て 銀杏 ちる なり 夕日 の 岡 に。 【願わくは花の下にて春死なんその如月の望月の頃】徹底解説!!意味や表現技法・句切れなど

美しい日本語の世界5

金色 のち ひさ き 鳥 の かたち し て 銀杏 ちる なり 夕日 の 岡 に

昨日は銀杏の落ち葉散り敷く道を銀輪散歩し、黄色の世界を堪能致しましたが、「銀杏」で思い浮かぶ短歌と俳句は・・と思い返すも意外に浮かんでは来ない。 金色の ちひさき鳥の かたちして 銀杏ちるなり 夕日の岡に(与謝野晶子) と 鐘つけば 銀杏ちるなり 建長寺 (夏目漱石) 位なものでしょうか。 (大阪城公園の銀杏) 考えてみれば、銀杏は万葉集には登場しない。 古今集や新古今集には登場するのかどうか、調べてはいないので知らないが、古歌とはあまり馴染まないのが「いてふ」のようでありますな。 何でも、銀杏は中国原産で我が国には平安時代から鎌倉時代にかけて入って来たとされているようです。 源実朝が殺されたのは鶴岡八幡宮の銀杏の大木の陰に隠れ潜んでいた公暁によってでありますから、鎌倉時代には銀杏の大木が存在する状況であったことになる(笑)。 藤原定家は知っていたが大伴家持は知らなかった。 それが銀杏でありますな。 万葉で「もみぢ」と言えば「黄葉」と書くのが一般的で「紅葉」と書くのは1首あるのみとのこと。 奈良時代に銀杏の木が普通に見られる状況であったら、大伴家持もきっと「銀杏」の歌を詠んだに違いないと思うのですが、残念です(笑)。 しぐれたる のちの晴れ間を いざ行かな もみついてふの 葉の照るも見む (偐家持) (本歌) この雪の 消残る時に いざ行かな 山橘の 実の照るも見む (大伴家持 万葉集巻19-4226) (同上) (同上) 街路樹に最も多く採用されているのが銀杏の木であるらしい。 大阪の御堂筋がまさにそれですな。 それかあらぬか銀杏は大阪府の木でもあり、大阪大学の木でもある。 そして八尾市(大阪府)の木も銀杏だそうな。 (同上) (同上) (同上).

次の

富野小学校のイチョウ

金色 のち ひさ き 鳥 の かたち し て 銀杏 ちる なり 夕日 の 岡 に

p-13 金色 ( こんじき ) の ちひさき 鳥 ( とり ) の かたちして 銀 ( いて ) 杏 ( ふ ) ちるなり 夕日の 岡 ( おか ) に 【作 者】 与 ( よ ) 謝 ( さ ) 野 ( の ) 晶子 ( あきこ ) 【歌 意】 イチョウの葉は、まるで金色の小さい鳥が舞うように、散っていくことよ、夕日の光に照らされて輝く岡に。 普通 「公孫樹」 と書く。 「銀杏」 と書くのは、もともとは種を指したのに基づく。 【鑑 賞】 晩秋の黄昏時、イチョウの葉が散っていく光景を、鮮明な色彩と映像間隔でとらえた歌である。 まずこの歌の面白さは、 「金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちる」 という比喩表現にある。 扇形のイチョウの葉が風に吹かれて、あちらこちらへと漂うさまが、まるで金色の小さな鳥が飛び交わっているかのようだという。 晶子の豊かな想像力によって生み出されたこの比喩から、イチョウの葉が枯葉であるにもかかわらず、自ら意志をもって舞っているかのような躍動感が感じられる。 また、黄色に色づいた葉が、夕日に染まった岡を背景に散っていくという情景も鮮やかで、一枚の絵画を見ているような美しさがある。 この歌では、自然を写生しようとしたわけではないが、対象を耽美的な精神でとらえることで、より自然の実相に迫るものとなっている。 さらに、上の句に 「金」 下の句に 「銀」 という語を配し、文字上でも華やかな印象を与えるものとなっている。 鳥に見立てられたイチョウの葉と 「夕日の岡」 という雄大な光景を対比的に用いることで、葉の小ささを印象づけ、それが散ってゆく姿に対する、はかなさを際立たせている点も見過ごせない。 【補 説】 この歌は、明治三十八年 1805 の 「明星」 一月号の 「春の夢」 に発表され、同年敢行の第四歌集 『恋衣』 山川登美子、茅野雅子との合同歌集 に収められた 同年二月号の 「明星」 の中で、星下郊人 生田長江 は、この歌を評して 「女史が奔放限りなきファンタジアの力に驚嘆するばかりでなく、亦何となく女王の御前に導かれて行きでもするかのような、一種おごそかな感じが起こる」 と述べている。 後年、晶子はこの歌の五句目 「夕日の岡に」 を 「岡の夕日に」 と改めている。 【作者略歴】 明治十一年 1878 大阪府生まれ、昭和十七年 1942 没、享年六十四歳。 明治三十三年 1900 「明星」 に歌を発表し始め、翌年、歌集 『乱れ髪』 を出版し、与謝野鉄幹と結婚する。 歌集 『乱れ髪』 は、青春の情熱を歌い上げ、浪漫主義運動の中心となる。 歌集には 『恋衣』、『白桜集』 昭和十七年 など多数ある外、『源氏物語』 をはじめとする古典の現代語訳や評論などもある。 日本女子大学付属中学校非常勤講師 壬生 里巳.

次の

「金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の岡に」の作者は誰か。また、その歌が載っている本を探し...

金色 のち ひさ き 鳥 の かたち し て 銀杏 ちる なり 夕日 の 岡 に

風に吹かれてひらひらと花びらが舞い落ちる満開の桜を見ると、いつもは心の中にしまってある懐かしい出来事が、ふいに思い出されます。 さまざまな感傷を呼び起こす桜の花は、今も昔も多くの歌人に愛され、和歌のモチーフとして非常に人気があります。 今回は、桜と旅を愛する歌人として人気の高い西行の歌 「願わくは花の下にて春死なんその如月の望月の頃」をご紹介します。 願わくは 花の下にて 春死なん その如月の 望月の頃 釈迦の入滅の日は昨日2月15日。 平安時代の歌人・西行法師は、出来ることなら同じ日の、桜の花の下で死にたいと願い 旧暦なので実際は3月中旬 、実際亡くなったのは2月16日。 つまり今日。 ちなみに今日は新月。 — 嘯月庵 shogetsuan 本記事では、 「願わくは花の下にて春死なんその如月の望月の頃」の意味や表現技法・句切れ・作者について徹底解説し、鑑賞していきます。 願わくは 花の下にて 春死なん その如月の 望月の頃 読み方:ねがわくは はなのしたにて はるしなん そのきさらぎの もちづきのころ 作者と出典 この歌の作者は 「西行(さいぎょう)」です。 旅に生きた歌人・漂泊の歌人として知られ、旅の中での感興・自然への愛着が、さまざまな歌に詠まれています。 (西行法師 出典:Wikipedia) この歌の出典は 『山家集』。 自然と人生を詠い、無常の世をいかに生きるかを問いかけている、西行の歌集。 成立年は不詳ですが、治承・寿永の乱 源平合戦 の最中か直後ではないかと言われています 治承 4年・ 1180年~元暦 2年・ 1185年。 現代語訳と意味 解釈 この歌を 現代語訳すると・・・ 「願うことには、春の満開の桜の下で死にたいものだ。 それも 釈迦が入滅したとされている 陰暦の2月 15日の満月の頃に」 という意味になります。 桜と月を愛した歌人・西行の本領が発揮された、情景を容易に思い浮かべることができる、桜を詠んだ和歌の名作のひとつです。 文法と語の解説• 「願わくは」 「願わ」は動詞「願ふ」の未然形、「く」は接尾語、「は」は係助詞。 「願わくは」で、「願うことには。 どうか」という意味。 「花の下にて」 「花」は「桜の花」のこと。 「の」は連体修飾格の格助詞。 「にて」は場所を表す格助詞。 「春死なん」 「死な」は動詞「死ぬ」の未然形。 「ん」は意志の助動詞「む」の終止形。 「その如月の望月のころ」 「如月」は「陰暦 2月」。 「の」は連体修飾格の格助詞。 「望月」は「満月」。 「の」は連体修飾格の格助詞。 「如月の満月」で「釈迦が入滅した陰暦 2月 15日の満月」を表します。 「願わくは花の下にて春死なんその如月の望月の頃」が詠まれた背景 西行は、秀郷流武家藤原氏の出自で、俗名・佐藤義清 さとう のりきよ 、武士として徳大寺家に仕えていました。 しかし 23歳で出家して円位を名乗り、後に西行とも称しました。 この歌が詠まれた年は不明ですが、 西行は享年 73歳、この歌はその約 10年前に詠まれたものだと言われています。 理想の死について詠ったこの歌に、どのような思いがこめられているのでしょうか?この歌を詠んだとき63歳だとすると、当時としては長寿といっても良い60歳を超えるほど生きた西行は 「もう思い残すことはない」という感慨をこめて、この歌を詠んだのかもしれません。 桜を愛した歌人として知られた西行が、満開の桜の下で死ぬことを望んだのは自然なことでしょう。 そして、僧として 陰暦2月15日の釈迦入滅の日に臨終を迎えたいと願う気持ちも、美しく詠み込まれています。 「願わくは花の下にて春死なんその如月の望月の頃」の鑑賞 西行が理想の死について美しく詠い上げたこの句には、 西行の強い思いがこめられています。 前半の「願わくは花の下にて春死なん」。 「願わくは」は、願望や希望の表現を伴って、ひたすら強く願うという意味を表す言葉です。 「春死なん」つまり「春に死にたい」。 美しく簡潔な表現ですが「春の満開の桜の下で死にたいと、強く強く願っています」という西行の思いがこめられているのです。 後半の「その如月の望月の頃」は、「釈迦入滅の日、陰暦 2月 15日」を表しています。 出家の身であればこそ、お釈迦様の亡くなられた日に臨終を迎えたい、という思いもとても強かったのでしょう。 実際、この歌の通りに、西行は 2月 15日を 1日過ぎた 2月 16日に亡くなっています。 このことを知った上でもう一度この句を読み返すと、さらに胸に迫るものがあります。 もしも願いがあるならば、よこしまな気持ちを持たず、 ただひたすらに強くまっすぐに願えばかなえられるのだということを、この歌が示してくれているように思います。 「願わくは花の下にて春死なんその如月の望月の頃」のあれこれ 望月の頃は、現在の「3月の後半」を指す 「花の下」は「桜の花の下」を意味します。 しかし「如月 2月 」に咲く花は、梅ではないのかという疑問がわいてきます。 2月といっても陰暦の 2月なので、現代の 2月とは季節が少しずれます。 さらに「望月の頃」なので「陰暦 2月 15日」。 今の暦では 3月の後半にあたります。 まさに桜が満開の時期ですね。 西行が愛した桜は「山桜」 私たちが桜と聞いて一番に思い浮かべるのはソメイヨシノですが、 西行が愛した桜は、ソメイヨシノではなく、山桜です。 ソメイヨシノは、江戸末期から明治初期に、東京の染井にある植木屋さんが作った新種の桜です。 西行の願いは叶った 「満開の桜の下で、お釈迦様が亡くなられたその日に生涯を閉じたい」と願った西行。 その強い願いがかなえられ、実際、 西行は 73歳のとき、文治 6年 1190年 2月 16日 釈迦入滅の日の翌日 にこの世を去っています。 その生きざまが藤原定家や慈円の感動と共感を呼び、当時名声を博しました。 作者「西行」を簡単にご紹介! (西行 出典:Wikipedia) 武士の家に生まれ育ち、武士として徳大寺家に仕えたが、若くして出家し、諸国をめぐる漂泊の旅に出た、旅と自然を愛した歌人・西行。 秀郷流武家藤原氏の出自で、俗名・佐藤義清 さとう のりきよ。 徳大寺家に仕え、鳥羽上皇の北面武士としても奉仕していたことが記録に残っており、武士として非常に優秀な人物であったことがうかがえます。 23歳で出家して円位を名乗り、後に西行とも称しました。 出家後は、各地に草庵を営み、全国を旅しながら多くの和歌を残しました。 歌風は、率直質実を旨としながら、強い情感をてらうことなく表現しているのが特徴です。 隠棲趣味の和歌に、研ぎ澄まされた寂寥・閑寂の美を盛り込んだ抒情的な作品は、当時の歌壇に大きな影響を与えました。 山居や旅行のために歌壇とは一定の距離があったと見られていますが、同時代の歌人、藤原俊成や藤原定家に自らの歌の批評を乞うていたことが知られており、当時の歌壇の中心人物であったことは間違いありません。 後世に与えた影響は極めて大きく、旅の中にある歌人の代表的存在として名を残しました。 のちの宗祇、松尾芭蕉の作風に大きな影響を与えたとされています。 「西行」のそのほかの作品 (和歌山県紀の川市の西行法師像 出典:).

次の