スリーパーズ 映画。 スリーパーズ の レビュー・評価・クチコミ・感想

【スリーパーズ】の動画(吹き替え)を無料フルで視聴できる方法と配信サービス紹介!

スリーパーズ 映画

この映画を未見の方へ: [ストーリーは最期まで表示されています] アメリカ、ペンシルベニア州ピッツバーグ。 このピッツバーグの治安を守るピッツバーグ市警に5代続く警察一族の刑事トム・ハーディがいた。 殺人課のトムは従兄弟であり相棒のジミー・テディロとともに連続女性絞殺事件を追っていた。 犯人の目星がつかない中でトムはジミーを容疑者に不当な暴力を振るったと証言をしてジミーは裁判で有罪になり刑務所に収監される事になった、しかしジミーは出廷しなかった為にまだ収監されていない。 パーティ参加の為にトムは父であるヴィンス・ハーディ刑事と車に乗ると追っていた連続殺人犯らしき男を見つけ追跡をするが父ヴィンスは殺されてしまった…。 足に怪我を負ったトムが聞いたのはジミーがオハイオ川に身を投げようとしているという事。 駆けつけるがジミーは川へと飛び込み川が急な流れの為に死体は上がらなかった。 父殺しの犯人が見つかり連続殺人もこの男の仕業となったがトムは犯人は警官だと考えていた。 名乗り出た目撃者が嘘をついて真犯人を庇ったのでは?警官の銃が使われた事などを伏せる警察に対して公の場でその発言をしたトムは殺人課を外され水上パトロールの任務をすることになった。 あれから2年後。 トムはリバー・パトロール警官として新しい相棒のジョー・クリスマンと川の安全を守っている。 ジョーは名前は男性的であるが女性刑事だ。 今までの相棒の刑事とは違いジョーはキビキビと動くし何か気に入るトム。 そんな中、再び女性が絞殺され…いや死因は拳銃による射殺…川に投げ込まれると言う事件が起きた。 その女性はトムの元恋人であった。 そして、2人、3人と次々とトムに関係した女性が殺されていって不審に思うトム。 警察は犯人は彼ではないかと査問会を開く。 そこで証言したのは実は内務捜査官だったジョーだった。 ジョー・クリスマンという名前は偽名であり本名をエミリー・ハーバーと言う。 彼女はトムのことを監視していたのだった。 身体の関係を持つまでに発展していたトムとジミーであったのだが…。 彼が容疑者と思しき人物に拳銃を突きつけていたところを止めに入ったジミーだったのに。 彼女はトムが一人で事件捜査をしていることを知って今回の一連の女性殺害事件にはトムは関係ないと思ったのだ。 トムは最初は腹立たしく感じたものの救ってくれたことについて感謝をする。 連続殺人事件は終わらない。 今度はトムの同僚の女性が殺されトムの住むハウスボートの真横に彼女が捨てられていた。 そして犯人の魔の手はジョーにも迫っており…。 トムは犯人がジョーの弟のダニーだと思い子供の時一緒に遊んだダニーの父ニック・テディロの別荘に行く。 結末・ラスト そこでトムはある男に気絶させられ目を覚ますと目の前にはなんとジミーがいた。 トムはダニーとジョーもろともイスに縛られていた。 恨みを晴らそうとジミーが銃を向けたところジミーとダニーの父でありトムの叔父であるニックが現れジミーとニックは銃を向けあう。 そこでジミーは事件の裏に隠された真相を話し始める。 2年前の連続殺人もジミーの仕業であってトムとトムの父ヴィンスに追跡を受けた時に捕まりそうになったがジミーの父ニックが現れてジミーを逃がした。 朦朧としているヴィンスは逃げる犯人が誰だか分からないが逃亡を阻止する為に拳銃を向けるがニックがヴィンスと揉み合いになり弾みでヴィンスが息絶えた…。 真相を知りながらニックは2年後の今の事件はトムがやったことだと思ってジミーを監視につけた。 ニックはジミーが生きていることは知らなかったのだ。 しかし事件が2年前と酷似していてしかもトムを犯人に仕立てようという思惑に気付きジミーが生きていると思って別荘にやって来た。 ニックはジミーを撃って事件解決…にはならず防弾チョッキを着ていたジミーに逆に撃たれてしまう。 怒ったダニーが兄ジミーに体当たりをして状況が揺らぐとトムは別荘の外に走り出しジミーがそのあとを追う! そこへ警官が来て立場は逆転!ジミーはボートに乗って川を逃げる。 トムは警察ボートでジミーを追いつめ彼を倒し父の墓へ報告するのだった。 その墓参りにはジョー…エミリー・ハーバーと彼女の4歳になる娘サラが付き添っていた。 父ヴィンス・ハーディが望んでいた孫の顔を見るという夢は叶えられた…。 「殺しのナイフ/ジャック・ザ・リッパー」のローディー・ヘリントンが描くミステリースリラーの主人公は負け犬、それは演じたのが彼だから…。 キャストを。 最近は助演の の作品を観ており、 ではポール・ニューマンの夢の中で無意味な激しいアクションを魅せる が面白かった。 またニコール・キッドマンとダスティン・ホフマンという素晴らしいキャストに恵まれた は より激しいニコールが観られるなぁ…と感心した。 ・偽名ジョー刑事を演じるのはドラマシリーズと映画「セックス・アンド・ザ・シティ」のサラ・ジェシカ・パーカー。 この人は目のまわりのメイクがスゴイよねぇ…。 主演の やティム・バートン監督のオールスター映画 など。 …サラ、toikunイチオシの女優オンリー映画 に出ても面白かったなぁ…。 なおカリコレ2016で彼女主演の が公開。 本作から約20年、シワは…ね。 ・真相を握っていたニックに扮するはアカデミー賞5部門に輝いた のデニス・ファリーナ。 他に なんていう当時のNBAスターが出演したバスケコメディなど。 ・トムの父親を演じて序盤で退場したのはジョン・マホーニー。 では大統領マイケル・ダグラスに刺客 チョット表現が違う? アネット・ベニングを向かわす環境保護団体の男。 他に極上スリラーの やオールスター俳優が声をあてたアニメ映画 など。 ・実は犯人のジミーにロバート・パストレリ。 イタリア系の役どころだがパストレリ本人もイタリア系アメリカ人。 ・トムだけじゃなくて映画を観る方も犯人だと思っちゃうダニーに性格俳優のトム・サイズモア。 では下積み時代で車イスの傷痍軍人。 ほか では主要な兵士の一人。 ・トムを敵視する刑事エディに故ブライオン・ジェームズ。 規模が大きい西部劇 など。 他に や など。 さて、前のー。 悪人である同僚の警察官を告発すると仲間から白い目で見られるというよく映画に出てくるシチュエーション。 実社会でもそうなのでは?と思ってしまう。 が のマクレーン張りのちょっとだらしない主人公を演じている。 サスペンスとしてけっこうハラハラするけど犯人のジミーが生きていたという展開は果たしてどうか。 最初、身を投げたときに死体が上がらなかったことから予想できると言えば出来なくはないだろうけど、ちょっとおかしいかなーって思う。 お父ちゃんも犯人だよねぇ!今回は展開を覚えていたとはいえチョット納得したかな。 ビックリしてオモシロかったから! 映画リンク [T's Theater]は Yahoo JAPANのカテゴリに 登録されています。 相互リンク 映画のデータベース 英語 膨大な映画のレビュー& データベースサイトです。 相互リンク 映画を沢山紹介しています。 相互リンク 新作映画情報サイト。 livedoor. ネタバレを含めてストーリーを 結末までわかりやすく解説しています。 T's Theater に掲載しているすべての文章の 無断転載、転用を禁止します。 はコチラから。 掲載している映画作品の製作年度、製作国、 アカデミー賞はに基づいています。 上映時間は劇場、DVD、ビデオ又はテレビでtoikunが見た実時間です。 DVDの場合エディションによって時間は異なります。 掲載している俳優の誕生名、誕生日、誕生地、アカデミー賞、 フィルモグラフィーはに基づいています。 このページの参照。。 改変内容:独自情報の追加。 、での商品のご購入は自己責任にてお願いいたします。 This page using Contents. Onori, and Elegant Themes. Most of them Licenses are regulated as CREATIVE COMMONS LICENSE. このページのコンテンツは 日本語です。 CREATIVE COMMONS LICENSE BY-SA.

次の

【スリーパーズ】の動画(吹き替え)を無料フルで視聴できる方法と配信サービス紹介!

スリーパーズ 映画

注目のレビュー:スリーパーズ• 2002-11-28 by ST シェイクスの愛読書として「モンテクリスト伯」がしばしば引きあいにだされるように、これは復讐のドラマである。 と同時に恵まれない家庭環境の子どもたちが家族以外の者たちによって愛情深く育てられていくという物語でもある。 子どもを殴り、病院おくりにした父親にボビー神父(デニーロ)が静かに言う。 「おまえの体重は何キロある?子どもは何キロだと?今度は俺が相手になろう」と。 この映画には復讐劇のみに終わ...... 3人がこのレビューに共感したと評価しています。 2002-09-21 by いまや見る影もないけれど、当時ジェイソン・パトリックは『スピード2』の主役に大抜擢されてノリノリだったのだ(で、見事にコケた)。 そして言わずと知れたブラピに、その後もそこそこ活躍しているビリー・クラダップ。 私個人の評価はさておき(つまり嫌いなんだが)、売れっ子のミニー・ドライバー。 個人的にはブラピより断然いいと思っていた(しかしコケた)ブラッド・レンフロ。 これら若手だけでも相当の豪華キャ...... 2人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の

『スリーパーズ』華麗なる銀幕スターたちに関わる9つの裏話

スリーパーズ 映画

スリーパーズのあらすじ・作品解説 「スリーパーズ」は1996年に公開された同名小説を原作とするアメリカ映画である。 いたずらが原因で少年院に送られてしまったロレンツォ、マイケル、トミー、ジョンの四人は、看守のノークスからひどい性的虐待を受けて心に深い傷を負ってしまう。 四人はフットボールの試合中、日頃看守から受けた虐待によって募った怨みを晴らすためリーダー格であったリゾをゲームに誘い、殴り殺してしまう。 その四人がのちに成人して少年院を出ることになったが、トミーとジョンは偶然レストランで、かって虐待を受けていたノークスに遭遇して彼を射殺してしまう。 トミーとジョンは逮捕されてしまったが、検事になったマイケルは二人を無罪にしようと、新聞記者になったロレンツォは少年院で行われていたひどい虐待の数々を明らかにしようとする。 この映画の原作となった小説はノンフィクションだと言われていたが、裁判所は事実無根だと発表し、実話か否かの論争が巻き起こった。 スリーパーズの評価 総合評価 4. 00 4. 00 2件 少年の頃の復讐を ニューヨークの貧民街に家のある四人組。 それなりに皆で楽しくやっていました。 それがたまたまホットドック屋の持つホットドックスタンドにいたずらをしようとしたことが原因で、通りがかりの人に大怪我をさせてしまい少年院に収監される。 そこで看守たちに暴行を受け続けたことで運命が変わってしまった。 大人になってその中の二人が、たまたま街で会った看守を射殺してしまったことでかつての仲間が連携する。 彼らを助けようとし、また他の看守にも復讐しようと周到に計画が練られて実行されます。 本作は陰鬱な部分もありますが、見ているうちについ感情移入してしまう一作です。 結末は甘酸っぱいそこはかとない悲しさもありますが、スタンド・バイ・ミーなどとは異なる現代ニューヨークの病んだ部分も反映されているのかもしれません。

次の