ドン ファン 映画。 映画『ドンファン』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

映画「ドンファン 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ドン ファン 映画

現代のN. に現れた、伝説の伊達男ドンファンを名乗る正体不明の青年の華麗な恋の遍歴を描いた、奇想天外なラヴロマン。 『クリエイター』(V)など数々の作品を手掛けた脚本家が、自らの脚本で監督デビューを果たした。 製作は「フランケンシュタイン 1994 」の、、の共同。 撮影は、美術は。 ロック、オペラ、マリアッチと多彩な要素を盛り込んだ音楽は「未来世紀ブラジル」などので、主題歌はの『リアリー・ラヴド・ウーマン』。 主演は「エド・ウッド」の、「1492 コロンブス」の、「アリゾナ・ドリーム」に続いてデップと共演した。 「マンボ・キングス わが心のマリア」の、「IP5」の、「F/X2 イリュージョンの逆転」のらが脇を固めている。 映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 引退を間近に控えた優秀な精神科医ジャック(マーロン・ブランド)の元に、ビルの屋上から飛び下り自殺を図ろうとした青年(ジョニー・デップ)が引き渡された。 本名も住所も過去も分からず、仮面とマントと剣まで携えて時代錯誤も甚だしい青年は「私の名はドンファン・デマルコ。 愛の貴公子」と語り、不思議な愛の遍歴を語り始めた。 メキシコで生まれた彼は、尼僧も恋するほどの美貌の持ち主。 16歳で初めて恋したドンナ・フリア(タリサ・ソト)は人妻で、彼女の浮気を知った夫は、復讐のためドンファンの母ドンナ・イネス(レイチェル・ティコティン)との不倫を言いふらす。 母の名誉を守るため、父は決闘を申し込み、相手の剣に倒れた。 とっさに父の仇を剣で突き殺したドンファンは、わが身の恥を隠すため仮面をつけ、人前では決して外さないと誓う。 悲しんだ母は、修道院に入った。 彼が21歳で命を絶とうとしたのは、初めて心から愛した女性ドンナ・アナを失ったからだ。 故郷を去った彼はアラビアへと渡り、奴隷として買われた王妃の寵愛を受けたばかりか、1500人のハーレムの女たちから数々の愛のテクニックを教え込まれた。 青年の物語にいつしか引き込まれていたジャックは、彼の言葉に刺激を受け、長年連れ添った妻マリリンへの忘れかけた愛を取り戻した。 セラピー半ばの日。 警察から、青年の素性がクイーンズ地区に住むジョニー・デマルコであることを聞かされたジャックは青年の祖母を訪ねるが、ピンナップガールに恋した青年の夢物語にすぎないことを知り、愕然となる。 だが、連絡を受けた母親は彼の言葉どおり尼僧姿で現れ、「あなたの真実は、あなたの心の中にあります」とジャックに告げた。 再び青年の物語は続く。 彼は漂着した島でドンナ・アナ(ジェラルディン・ペラス)と激しい恋に落ちた。 だが、自分がドンファンの1502人目の女性であることを知った彼女は嘆き悲しみ、姿を消してしまった。 ジャックは彼の話を信じたが、周囲はそうはいかず、ついに青年は審問会にかけられることに。 当日、青年は審問官に、クイーンズで生まれ、ピンナップガールに失恋した過去を語り、退院を許可された。 やはりドンナ・アナはいた。 ジャックとマリアンは、かつてのように情熱的にダンスに興じるのだった。

次の

映画『ドンファン』主演:ジョニー・デップ 脚本・監督:ジェレミー・レヴィン : マイケルと読書と、、

ドン ファン 映画

ドンファンの紹介:1995年アメリカ映画。 自分の事をドンファンと呼び、1000人以上の女性と関係を持ったいう若者が、飛び降り自殺をしようとしていました。 説得に向かったのは精神科医のジャックでした。 自殺を止め、自分の病院に入院させたジャックがドンファンの話を聞くうち、自分がドンファンに引き込まれていくのがわかり…という内容の、マーロン・ブランドとジョニー・デップの共演するコメディロマンス映画です。 監督:ジェレミー・レビン 出演者:マーロン・ブランド(ジャック・ミックラー)、ジョニー・デップ(ドンファン・デマルコ)、フェイ・ダナウェイ(マリリン・ミックラー)、ジェラルディン・ペラス(ドンナ・アナ)、ボブ・デイシー(ポール院長)、タリサ・ソト(ドンナ・フリア)ほか 目次• ドンファンのネタバレあらすじ:起 ドンファン・デマルコ(ジョニー・デップ)は1000人以上の女性を愛した21歳の若者。 ただその前に、レストランで彼氏を待つ美女に声をかけ、話術とそぶりで魅了したドンファンは、その美女とベッドインし、愛を捧げたのち、別れを告げ、大きな広告看板の上から飛び降り自殺しようとしていました。 中世の騎士のスタイルで仮面をつけたドンファンを見て、精神科医のジャック(マーロン・ブランド)が説得に送られました。 ジャックは自分を同じ中世のドン・オクタビオと名乗り、ドンファンと同じ目線で話しました。 するとドンファンは死ぬのをやめ、ジャックの勤める病院に送られました。 病院のミーティングで、虚言症で妄想癖があるドンファンに対し、院長のポールはビルを主治医にしようとしますが、10日後に退社するジャックが「自分がやりたい」と申し出ました。 しかしポールは「退社後の事を考えろ」とビルに任せました。 しかしビルはドンファンの話術とそぶりに洗脳されたようになり、対応できなくなりました。 そしてドンファンは「オクタビオを呼べ」と言い、ジャックが主治医になりました。 そのジャックはドンファンと話した日から、自宅で妄想にふけるようになり、妻のマリリンの言葉も耳に入らなくなっていました。 ドンファンのネタバレあらすじ:承 ドンファンは薬を飲めと言うジャックに対し、「自分の話を信じたら飲もう」と言い、自分の生い立ちを話し始めました。 製薬会社の営業をする父がメキシコの田舎に渡り、母を見て一目ぼれしました。 二人は一日中踊り結婚し、その後ドンファンが生まれました。 乳児期のドンファンは母の裸体を見つめていました。 少年時代も女の子にしか興味がなく、12歳で近所の女性の下着姿を見て興奮を覚えました。 真剣に話を聞くジャックはドンファンに呑み込まれるように引き込まれました。 気が付くとドンファンの周りはナースが集まり、病院側は大男のロッコを世話役にあてました。 しかしロッコもドンファンの手玉にとられ、やがていなくなりました。 翌日もドンファンの話は続きました。 16歳になった時、父から剣を習い、23歳の人妻のフリア(タリサ・ソト)を家庭教師につけてもらいました。 ドンファンはフリアに魅了され、いつも見つめていました。 夫は50歳で、自宅を空ける日が多かった為、二人は愛し合うようになり、ドンファンはフリアの家に入りびたりでした。 しかし突然帰ってきた夫に見つかり、ドンファンは逃げ出しました。 フリアの夫はドンファンの母との不倫話の噂を自分で広げ、ドンファンの父親との決闘に発展しました。 父が気を抜いた時、剣で刺され殺されました。 するとドンファンが剣を抜き、戦い始めました。 母が「二人とも失いたくない」と叫ぶと、ドンファンはフリアの夫を殺しました。 夫が死んだことでで母は修道女になり、ドンファンは中東へと売られました。 これを期にドンファンは仮面をつけるようになったと言いました。 ドンファンのネタバレあらすじ:転 ジャックは話の裏付けをとるため、ドンファンの祖母に会いました。 するとアメリカで生まれ育ち、メキシコには行っていないし、母の浮気が原因で父が事故死し、責任を感じた母が修道女になったと言いました。 ドンファンのフラれたアナという女性は、ポスターのモデルの女性だという事もわかりました。 その話をドンファンにすると、それで退院できるなら、その通りの話をしようと言いました。 ドンファンの話は続きました。 中東では、複数の妻を持つ国王の王妃がSEX相手にドンファンを買っていたのでした。 フリアしか愛せないと思っていたドンファンは、王妃とのSEXで別の愛を知りました。 そして1500人の女性のいるハーレムに案内され、すべての女性を愛しました。 自宅に帰ったジャックは、妻のマリリンの体を求めるようになりました。 ドンファンの母が病院にやって来ました。 ジャックがドンファンの話は本当かを確認すると、母は「本当だ」と言いました。 中東を船で離れたドンファンは台風に遭い、遭難してエロス島に流れ着きました。 ここにいたのが17歳のアナでした。 お互い一目ぼれして結婚の約束をし、ドンファンがいなくなってもここでずっと待っていると言いました。 お互い初体験だと思ったアナでしたが、ドンファンが正直に1502人の女性と経験したことを話すと、アナは怒っていなくなりました。 ドンファンの結末 そして、アナにフラれたドンファンは死のうと思ったのでした。 ジャックはドンファンに、母親とフリアの夫の不倫話の真偽を聞きました。 するとドンファンは怒り、「母は浮気はしていない」と言い切りました。 するとジャックは「話を信じる」と言いました。 そしてドンファンはジャックの差し出す薬を飲みました。 病院勤務が最終日になった前夜、ジャックはマリリンに「旅に出よう」と言いました。 マリリンは「ずっと家にいたい」と言いました。 しかしドンファンの影響を受けたジャックは、マリリンに心の声で話しました。 二人は若い頃のように楽しく燃え上がりました。 勤務最終日に、ドンファンの最終判断をする審議官との面談がありました。 ポール、ビル、ジャックが見守る中、ドンファンは筋書き通り、祖母の話した言葉をそのまま審議官に告げました。 つまり父は母の浮気が原因で事故死、母は責任を感じ修道女になり、ドンファンはポスターの女性に恋し、電話番号を聞きつけ電話するも断られた事でフラれたと思い、死のうとした…という作り話を述べました。 すると審議官は「ドンファンは正常だ」と言い、「退院しなさい」と言いました。 そしてドンファンの話を信じたジャックはマリリンとドンファンを連れ、飛行機でエロス島に向かいました。 ドンファンを一人にすると、ビーチに向かって歩きはじめました。 するとアナが待っていました。 ドンファンの話は本当だったのでした。 この二人を見たジャックとマリリンは、恋人同士のようにはしゃぎ、抱き合うのでした。 以上、映画「ドンファン」のあらすじと結末でした。

次の

映画『ドンファン』主演:ジョニー・デップ 脚本・監督:ジェレミー・レヴィン : マイケルと読書と、、

ドン ファン 映画

現代のN. に現れた、伝説の伊達男ドンファンを名乗る正体不明の青年の華麗な恋の遍歴を描いた、奇想天外なラヴロマン。 『クリエイター』(V)など数々の作品を手掛けた脚本家が、自らの脚本で監督デビューを果たした。 製作は「フランケンシュタイン 1994 」の、、の共同。 撮影は、美術は。 ロック、オペラ、マリアッチと多彩な要素を盛り込んだ音楽は「未来世紀ブラジル」などので、主題歌はの『リアリー・ラヴド・ウーマン』。 主演は「エド・ウッド」の、「1492 コロンブス」の、「アリゾナ・ドリーム」に続いてデップと共演した。 「マンボ・キングス わが心のマリア」の、「IP5」の、「F/X2 イリュージョンの逆転」のらが脇を固めている。 映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 引退を間近に控えた優秀な精神科医ジャック(マーロン・ブランド)の元に、ビルの屋上から飛び下り自殺を図ろうとした青年(ジョニー・デップ)が引き渡された。 本名も住所も過去も分からず、仮面とマントと剣まで携えて時代錯誤も甚だしい青年は「私の名はドンファン・デマルコ。 愛の貴公子」と語り、不思議な愛の遍歴を語り始めた。 メキシコで生まれた彼は、尼僧も恋するほどの美貌の持ち主。 16歳で初めて恋したドンナ・フリア(タリサ・ソト)は人妻で、彼女の浮気を知った夫は、復讐のためドンファンの母ドンナ・イネス(レイチェル・ティコティン)との不倫を言いふらす。 母の名誉を守るため、父は決闘を申し込み、相手の剣に倒れた。 とっさに父の仇を剣で突き殺したドンファンは、わが身の恥を隠すため仮面をつけ、人前では決して外さないと誓う。 悲しんだ母は、修道院に入った。 彼が21歳で命を絶とうとしたのは、初めて心から愛した女性ドンナ・アナを失ったからだ。 故郷を去った彼はアラビアへと渡り、奴隷として買われた王妃の寵愛を受けたばかりか、1500人のハーレムの女たちから数々の愛のテクニックを教え込まれた。 青年の物語にいつしか引き込まれていたジャックは、彼の言葉に刺激を受け、長年連れ添った妻マリリンへの忘れかけた愛を取り戻した。 セラピー半ばの日。 警察から、青年の素性がクイーンズ地区に住むジョニー・デマルコであることを聞かされたジャックは青年の祖母を訪ねるが、ピンナップガールに恋した青年の夢物語にすぎないことを知り、愕然となる。 だが、連絡を受けた母親は彼の言葉どおり尼僧姿で現れ、「あなたの真実は、あなたの心の中にあります」とジャックに告げた。 再び青年の物語は続く。 彼は漂着した島でドンナ・アナ(ジェラルディン・ペラス)と激しい恋に落ちた。 だが、自分がドンファンの1502人目の女性であることを知った彼女は嘆き悲しみ、姿を消してしまった。 ジャックは彼の話を信じたが、周囲はそうはいかず、ついに青年は審問会にかけられることに。 当日、青年は審問官に、クイーンズで生まれ、ピンナップガールに失恋した過去を語り、退院を許可された。 やはりドンナ・アナはいた。 ジャックとマリアンは、かつてのように情熱的にダンスに興じるのだった。

次の