トリ メチロール プロパン。 職場のあんぜんサイト:化学物質:トリメチロールプロパントリアクリレート

3

トリ メチロール プロパン

CAS番号. 比重 密度 : 1. 176 蒸気密度: 4. 溶解性: H 2O: 0. 10 Predicted 外見 : Flakes 色: White PH: 6. 化粧品の成分用途 保湿. 湿潤剤、溶剤 化学的特性 Trimethylolpropane is a Colorless, hygroscopic crystals. Soluble in water and alcohol. Combustible. The three primary hydroxyl groups undergo the normal OH group reactions. 使用 Conditioning agent, manufacture of varnishes, alkyd resins, synthetic drying oils, urethane foams and coatings, silicone lubricant oils, lactone plasticizers, textile finishes, surfactants, epoxidation products. 使用 Large quantities of trimethylolpropane and its ethoxylated derivatives are used as precursors for urethanes and polyester resins. The resulting lacquers are characterized by excellent resistance to alkali, detergents, and water, combined with outstanding impact resistance and flexibility, as well as excellent clearness and clearness retention. Reaction products with fatty acids C5 —C10 are components of synthetic lubricants. A strongly growing market will be the use of these blended polyol esters in chlorine-free, purely fluorocarbon based refrigerant systems. Powder and high-solids coatings represent a strong potential market for TMP, because it contributes to low viscosity. TMP acrylates are used as reactive diluents in UV-cured systems for inks and coatings, and TMP allyl ethers in unsaturated polyesters. Chemical Synthesis Trimethylolpropane is made by the base-catalyzed aldol addition of butyraldehyde with formaldehyde followed by Cannizzaro reaction of the intermediate 2,2-bis hydroxymethyl butanal with additional formaldehyde and at least a stoichiometric quantity of base. 純化方法 Crystallise it from acetone and ether and it distils at high vacuum. [Beilstein 1 III 2349. ] トリメチロールプロパン 上流と下流の製品情報 原材料• 77-99-6• 1,1,1-Tris hydroxymethyL• butane-1,1,1-triol• 2-ethyl-2-hydroxymethyl-3-propanediol• 3-Propanediol,2-ethyl-2- hydroxymethyl -1• Butanol, 2,2-bis hydroxymethyl -• Ethriol• Ethyltrimethylolmethane• Etriol• Ettriol• Hexaglycerine• Methanol, propanetriyl tris-• Propane, 1,1,1-tris hydroxymethyl -• TMP Alcohol• tmp alcohol• tmp[alcohol]• Tri hydroxymethyl propane• 1,1,1-N-Tris hydoxymethyl propane• Trimethylol propane• 2,2-Bis hydroxymethyl -1-butanol 2-Ethyl-2-hydroxymethyl-1,3-propanediol Hexaglycerol 1,1,1-Tris hydroxymethyl propane• 2-ETHYL-2- HYDROXYMETHYL -1,3-PROPANEDIO• TMP, TriMethylol propane• 1,1,1-Tris hydroxyMethyl propane TMP• 1,1,1-Tris hydroxymethyl propane dist. 2-Ethyl-2- hydroxymethyl -1,3-propanediol for synthesis• HEXAGLYCEROL• 2,2'-DIHYDROXYMETHYL-1-BUTANOL• 2,2-BIS HYDROXYMETHYL -1-BUTANOL• 2-ETHYL-2- HYDROXYMETHYL -1,3-PROPANEDIOL• トリメチロールプロパン• 2- ヒドロキシメチル -2-エチル-1,3-プロパンジオール• 1,1,1-プロパントリイルトリスメタノール• 2-エチル-2- ヒドロキシメチル プロパン-1,3-ジオール• 2,2-ビス ヒドロキシメチル -1-ブタノール• 2-エチル-2-ヒドロキシメチル-1,3-プロパンジオール• 1,1,1-トリス ヒドロキシメチル プロパン• 2,2-ジ ヒドロキシメチル -1-ブタノール• 2-エチル-2-ヒドロキシメチルプロパン-1,3-ジオール• 1,1',1''-プロピリジントリメタノール• 2,2-ビス ヒドロキシメチル ブタン-1-オール• 1,1,1-プロパントリイルトリス メタノール• 1,1,1-プロパントリメタノール• 2-エチル-2- ヒドロキシメチル -1,3-プロパンジオール• プロパン-1,1,1-トリメタノール• プロピリジントリスメタノール• エチルメチリジントリスメタノール• プロピリジントリメタノール• 1,1,1トリス(ヒドロキシメチル)プロパン•

次の

トリメチロールプロパン

トリ メチロール プロパン

【要約】 【課題】 実質的に蟻酸塩を副生することなく、容易に且つ効率よく高収率で、高品質なトリメチロールアルカンを製造する方法を提供すること。 蟻酸第三級アミン塩を分解して得られた第三級アミンは回収して、トリメチロールアルカンの製造に再使用する。 【請求項2】 副生の蟻酸第三級アミン塩の分解で得られた第三級アミンをトリメチロールアルカンの製造に再使用することを特徴とする請求項1記載のトリメチロールアルカンの製造方法。 【請求項3】 第三級アミンがトリエチルアミンである請求項1又は2記載のトリメチロールアルカンの製造方法。 【請求項4】 貴金属触媒がパラジウム触媒である請求項1、2又は3記載のトリメチロールアルカンの製造方法。 トリメチロールアルカンはアルキッド樹脂、ポリウレタン樹脂、(不)飽和ポリエステル樹脂、合成潤滑油、界面活性剤、反応性モノマー等の原料として有用である。 この方法では、蟻酸アルカリ金属又はアルカリ土類金属塩が副生する。 トリメチロールアルカンはその蟻酸塩による触媒的熱分解を受けるので、トリメチロールアルカンにおいて通常の単離精製方法である蒸留を行うにあたっては、その触媒的熱分解によるトリメチロールアルカンの収率の低下をさけるためにトリメチロールアルカンと蟻酸アルカリ金属又はアルカリ土類金属塩との分離が充分なものでなければならない。 このためにその分離操作が煩雑なものとなる。 【0003】この製造方法を改良した方法として、アルカリ金属又はアルカリ土類金属の水酸化物を第三級アミン及び水に代えてトリメチロールアルカンを製造する方法(西ドイツ特許1952738号)が提案されている。 この第三級アミンを用いる方法は、副生の蟻酸塩がトリメチロールアルカンに対して触媒的熱分解作用のない蟻酸第三級アミン塩であり、トリメチロールアルカンの熱分解が抑制できる。 この方法は蟻酸第三級アミン塩とトリメチロールアルカンとの沸点差を利用して蟻酸第三級アミン塩を分離除去するものである。 【0004】 【発明が解決しようとする課題】しかしながら、この改良方法には次のような欠点がある。 即ち、蟻酸第三級アミン塩とトリメチロールアルカンとの沸点差を利用した両者の分離の際に、蟻酸第三級アミン塩の熱解離により生成する蟻酸とトリメチロールアルカンとが反応してトリメチロールアルカンの蟻酸エステルが生成する。 その結果としてトリメチロールアルカンの収率が低下する。 【0006】さらに、反応終了後の反応混合物を貴金属触媒下に加熱して蟻酸第三級アミン塩を分解し、次いで蒸留すればその分解生成物である第三級アミンが回収でき、それをトリメチロールアルカン製造に再使用できることを見出し本発明に至った。 【0008】このように、本発明の方法は、蟻酸第三級アミン塩を反応終了後分離する必要がないのであるから、蟻酸塩の分離の点から見て、実質上蟻酸塩を副生しないトリメチロールアルカンを製造する方法である。 【0010】本発明のアルドール縮合反応及び交叉カニツアロ反応そして本発明の蟻酸第三級アミン塩分解反応をそれぞれ反応式で示すと以下の通りである。 【0015】ホルムアルデヒドは通常5〜50重量%水溶液が用いられ、好ましくはメタノール含有量が1重量%以下の5〜50重量%ホルマリン(即ちホルムアルデヒド水溶液)が用いられる。 これらは一種または二種以上使用することができる。 特に本発明の第三級アミンとして反応系への循環、再使用の点からトリエチルアミンが好ましい。 ホルムアルデヒドのモル比を上記範囲以上で用いると第三級アミンの回収が困難となるので好ましくない。 また第三級アミンのモル比を上記範囲以上で用いてもトリメチロールアルカンの収率は向上せずかえって中和に要する酸のコスト負担及び第三級アミンの回収に時間を要するので好ましくない。 【0021】また本発明で用いる貴金属触媒としてはルテニウム触媒、ロジウム触媒、パラジウム触媒、オスミウム触媒、イットリウム触媒、白金触媒などが挙げられ、その中でも特にパラジウム触媒が好ましい。 これらは一種または二種以上使用することができる。 【0022】貴金属触媒は一般にカーボン、アルミナ、シリカ等の担体に貴金属が0.5重量%〜10重量%坦持されたものが使用される。 その使用形態は粉末状、粒状、或いはペレット状である。 反応終了後の反応混合物についての貴金属触媒存在下での加熱処理方法は懸濁法又は固定床法が用いられる。 【0023】貴金属触媒の使用量は得られる反応終了後の反応混合物中の蟻酸第三級アミン塩の蟻酸分(HCOOH)100重量%に対し貴金属として1〜15重量%の範囲である。 【0024】次に本発明の好ましい一実施態様について説明する。 酸化銅触媒は、反応液に対し0.5〜5重量%、好ましくは1〜3重量%使用する。 酸化銅触媒による処理後、過剰の第三級アミンを蟻酸で中和し、減圧下で反応液からメタノール及び水を留去し、次いで貴金属触媒を添加し反応液中に存在する蟻酸第三級アミン塩を常圧もしくは加圧下に加熱して第三級アミン、水素及び二酸化炭素に分解し第三級アミンを水との共沸混合物として留去、回収する。 得られる第三級アミンと水の混合物は該反応系に循環し、再使用する。 【0025】 【実施例】以下、実施例により説明するが、これらは例示的なものであり、本発明はこれらに限定されるものではない。 反応液をろ過して酸化銅触媒を除き、蟻酸14.0gを添加してpHを5に調整した。 pH調整した反応液4388.2gを18.66kPa(140mmHg)の減圧下でまずメタノール17.7gと水350gを留去し、さらに33.32kPa(250mmHg)の減圧下に水740gを留去した。 その後5%パラジウム/カーボン粉末を濾別し、得られた濾液を常圧下に蒸留してトリエチルアミンと水を共沸留去し、トリエチルアミン355g(3.51モル)と水2800gとの混合液を回収した。 次いで残留物364.5gを0.4kPa(3mmHg)の減圧下で蒸留しトリメチロールプロパン304g(2.27モル)を得た。 分離されたトリエチルアミンを使用し、反応のスケールを1/2にした以外は実施例1と同様にしてトリメチロールプロパンの製造を行った。 その結果、トリメチロールプロパン150g(1.12モル)を得た。 その結果、トリメチロールプロパン115g(0.86モル)を得た。 蟻酸第三級アミン塩の分解により第三級アミンを回収、及びトリメチロールアルカンの製造での再使用が可能であるから、従来公知の製造方法に比較して多大なメリットが期待でき本発明のトリメチロールアルカンの製造方法は極めて有利な工業的製造方法である。 トリメチロールアルカンの製造方法• 当サイトではIPDL(特許電子図書館)の公報のデータを著作権法32条1項に基づき公表された著作物として引用しております、 収集に関しては慎重に行っておりますが、もし掲載内容に関し異議がございましたらください、速やかに情報を削除させていただきます。

次の

当栄ケミカル

トリ メチロール プロパン

CAS 4420-74-0, molar mass 196. H317: アレルギー性皮膚反応を起こすおそれ H411: 長期継続的影響によって水生生物に毒性。 注意書き P262: 眼,皮膚,衣類につけないこと。 P273: 環境への放出を避けること。 P280: 保護手袋を着用すること。 注意喚起語 警告 RTECS TZ7800000 保管分類 10 - 13 他の液体および固体 WGK WGK 3 非常に水を危険にする 廃棄について 6 Sulfides and sulfites as well as other reducing substances, inorganic cyanides and isonitriles: Stir into sodium hypochlorite solution Cat. 105614 and, if necessary, leave to react for several days. Caution: some substances may show a violent reaction! Draw off any toxic or flammable gases that may be formed. Excess oxidant should be neutralized with sodium thiosulfate Cat. 106513. Container D or E. 皮膚接触による感作を起こすことがある。 水生生物に有毒であり、水中環境に長期の悪影響を及ぼすことがある。 S フレーズ S 24-37-61 皮膚との接触を避ける。 適切な手袋を着用すること。 環境中への放出を避ける。 特別指示または安全データシートを参照すること。 055 - 1. 057 Identity IR passes test.

次の