ウィーン リング アンサンブル。 ウィーン・リング·アンサンブル

ウィーン・リング・アンサンブル/ウィーンの森の物語

ウィーン リング アンサンブル

2016年8月までウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名コンサートマスターとして同団を率いたライナー・キュッヒルを中心に、ヴァイオリン2名、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、ホルン各1名にクラリネット2名の9名編成で、ウィーン・フィルの腕利きの主要メンバーたちである。 ウィーン情緒の香り高いシュトラウス・ファミリーやツィーラー、ランナーたちのワルツ、ポルカの演奏は、ウィーンに寄せる彼らの愛情と誇りを痛感させ、聴く者をこの上ない幸福感で満たしてくれる。 ウィーン楽友協会での年末恒例のコンサート・シリーズでは、1999年以降、ウィーン・リング・アンサンブルの演奏会が毎年ブラームスザールで行われ、地元ウィーン子の絶賛を集めている。 2002年夏には、ルツェルン・フェスティバルに招待された。 日本へは1991年に初来日し、引き続き1993年以降毎年のように来日。 ウィーンでの「ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート」に出演後、すぐに日本へ駆けつけてニューイヤー・コンサートを行い、本場の響きと香りをそっくり日本のファンに届けている。 1998年には長野オリンピック文化・芸術祭参加公演に選ばれ、現地で2回の演奏会を行った。 その他、度重なるテレビ放映、CDで、日本でもすっかりおなじみの存在である。 2018年は28回目の来日となる。 ウィーン国立音楽大学でフランツ・サモヒル教授に師事。 21歳でウィーン・フィルのコンサートマスターに就任し、2016年8月まで45年にわたり同団を率いた。 1982年よりウィーン国立音楽大学教授。 1973年オーストリア文部省よりモーツァルト解釈賞を受賞。 ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団(キュッヒル弦楽四重奏団)の活動に対して、1978年「ウィーンの笛時計賞」を受賞。 1985年ザルツブルク州知事より金功労賞を受賞。 1988年オーストリア芸術名誉勲章を、1994年にはオーストリア共和国功労勲章大章を、2010年には日本で旭日中綬章を受章。 ダニエル・フロシャウアー ヴァイオリン Daniel Froschauer, Violin ウィーン生まれ。 ニューヨークのジュリアード音楽院に留学した後、ウィーン国立音楽大学でアルフレッド・シュタール、アルフレッド・アルテンブルガー両教授に師事。 ピンカス・ズーカーマンにも学んでいる。 1990年にミュージカル・アメリカの「ヤング・アーティスト賞」を、また1997年にパリのピエール・ランティエ国際コンクールを受賞。 ソリストとしても活躍し、ザルツブルク・モーツァルテウム管、ケルンWDR響などと共演している。 1998年よりウィーン・フィルとウィーン国立歌劇場管の第一ヴァイオリン奏者を務め、2004年からはセクションのリーダーとなる。 ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団(キュッヒル弦楽四重奏団)メンバー。 ハインリヒ・コル(ヴィオラ) Heinrich Koll, Viola ウィーン生まれ。 ウィーン国立音楽大学でエディット・シュタインバウアー教授とフランツ・サモヒル教授にヴァイオリンとヴィオラを師事。 1976年から1979年にわたりウィーン交響楽団のソロ・ヴィオラ奏者、1980年からはウィーン・フィルのソロ・ヴィオラ奏者を務めている。 ソリストとして室内楽奏者としてオーストリア内外でコンサートを重ねている。 ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団(キュッヒル弦楽四重奏団)メンバー。 オーストリア・ユース・フィルの指導も行っている。 ロベルト・ナジ(チェロ) Robert Nagy, Cello ハンガリー生まれ。 12歳でハンガリーのジュニア・コンクールで優勝し、ブダペストのフランツ・リスト音楽院ではミクローシュ・ペレーニらに師事。 クラウディオ・アバドが指揮するグスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラでも首席チェリストとして活躍した。 ウィーン国立音楽大学ではヴォルフガング・ヘルツァー教授にも師事し、1992年にウィーン国立歌劇場管弦楽団のメンバーとなる。 2005年よりウィーン・フィルの首席チェロ奏者。 ソリストとして、またいくつかの室内アンサンブルのメンバーとしても活躍している。 レコーディングは、カメラータ・トウキョウ、フンガロトンなどのレーベルで収録している。 ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団(キュッヒル弦楽四重奏団)メンバー。 2009年よりウィーン国立音楽大学教授。 ミヒャエル・ブラデラー(コントラバス) Michael Bladerer, Contrabass ヴァイトホーフェン・アン・デア・イプス生まれ。 ウィーン国立音楽大学でルートヴィヒ・シュトライヒャー教授に学び、首席で卒業。 さらにグラーツでヨハネス・アウアースペルクに、ベルリンでノルベルト・ドゥカにも学んでいる。 リンツ・ブルックナー管、ウィーン響、ベルリン・コーミッシェ・オーパーを経て、1999年よりウィーン国立歌劇場管、2002年よりウィーン・フィルの団員となった。 また、ウィーン・ホーフムジークカペレのメンバーとしても活躍。 室内楽にも熱心で、ウィーン八重奏団のメンバーであるほか、ソリストとして20以上の現代曲の初演を行っている。 オーストリアのフォアアールベルク州立音楽院やフランスのリヨン国立音楽院で学び、オーレル・ニコレにも師事。 1998年のカール・ニールセン国際フルート・コンクール、99年のクラクフ国際フルート・コンクールで優勝。 2005年から11年までウィーン交響楽団のソロ・フルート奏者を務め、その後ウィーン国立歌劇場管の首席ソロおよびウィーン・フィルのソロ・フルート奏者となった。 スイス・ロマンド管、ハンブルク北ドイツ放送響、バイロイト祝祭管などに客演し、ブーレーズ、マゼール、ルイジ、ウェルザー=メストらの指揮者と共演している。 レコーディングも多い。 ウィーン国立音楽大学教授。 ペーター・シュミードル(クラリネット) Peter Schmidl, Clarinet チェコスロヴァキアのオルミュッツに生まれる。 父親も祖父もウィーン・フィルの第一クラリネット奏者だった。 ウィーン国立音楽大学でルドルフ・イェテル教授に学ぶ。 1965年よりウィーン国立歌劇場管弦楽団クラリネット奏者。 1968年、ウィーン・フィルのソロ・クラリネット奏者となる。 室内楽活動にも力を入れるほか、ソリストとしても活躍。 ウィーン・フィルはもとより、パリ管、シュターツカペレ・ドレスデン、NHK響などと協演。 バーンスタインの指揮で様々な録音や撮影も行った。 著名な室内アンサンブルのメンバーとしても活動し、クラリネットの室内楽レパートリーのほとんどすべてを録音している。 1967年よりウィーン国立音楽大学教授。 ヨハン・ヒントラー(クラリネット) Johann Hindler, Clarinet シュタイアマルクのフローンライテンに生まれる。 グラーツで音楽の勉強を始め、1975年ウィーン国立音楽大学入学、ペーター・シュミードル教授のクラスに所属。 1989年よりウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルのメンバー。 1980年よりシュミードル教授の助手としてウィーン国立音楽大学でクラリネットを指導。 国内外で室内楽活動やレコード録音も行っている。 10歳の時にウィーン・フィルの第一ホルン奏者だった父親からホルンを学び始める。 1972年よりウィーン国立音楽大学でエリック・ヴェルバ教授に師事。 1978年にウィーン国立歌劇場管弦楽団で演奏活動を始め、その後まずウィーン・フィルの第三ホルン奏者を、そして1980年より第一ホルン奏者を務める。 その間べーム、カラヤン、バーンスタインなど多くの著名な指揮者らと共演した。 また室内楽奏者やソリストとしても活躍。 ウィーン・フィルの数多くのアンサンブルと共演し、ナクソス・レーベルから室内楽・ソロ演奏のCDをリリース。 予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 プログラム• ~ 休憩 ~•

次の

ウィーン・リング·アンサンブル

ウィーン リング アンサンブル

大 ホールと異なり、ブラームス・ホールは歳月とともに大きく様相を変えてきた。 如何なる経過で、いつごろからブラームス・ホールが1993年以前のやや寂れ た状態になったかは不明のままであ った。 唯一確かだったのは、かつてのホールが全く異なる外観だったに違いないという事実だけであ る。 「楽友協会新建築の工事と落成に寄せて」という記録文書の中で、当時まだ小ホールと呼ばれていたブラームス・ホールは「小さな宝石あ 」と称えられている。 「愛すべき小ホールは大ホールと著しい対照を示している。 その落ち着いた雰囲気とシンプルな品位は、正に特筆に価する…」 1870 年当時の小ホールが如何なる外観であ ったか、即座に説明できる人物は全く存在しなかったが、古い資料が一条の光明をもたらした。 ウィーン美術アカデミーの銅版画キャビネットで発見された2つ のオリジナルなエスキスには、極めてカラフルに装飾された小ホールが描かれていた。 このことは壁面の丹念な調査により実証された。 緑の壁に赤い柱、そして 豊かな黄金の装飾、これが小ホールのオリジナルな外観であ ったに違いない。 それは又ブラームス・ホールの外観でもあ る。 抜本的な修復に よってホールは再び、色彩豊かな「ギリシャ風ルネサンス」へと蘇った。 ヘラスと呼ばれた古代ギリシャへの傾倒は、ここでも神殿の破風、イオニア柱、カリア ティードなどに表現されている。 1870年の最初のコンサートでは、クララ・シューマンが演奏した。 これはヨハンネス・ブラームスの提言によるものであ った。 ブラームス自身もピアニストとしてここで演奏し、彼の多くの作品がここで初演されている。 こうした経緯から協会創立125周年の1937年、小ホー ルはブラームス・ホールと改称された。 以来ブラームス・ホールは全世界の音楽ファンにとって歌曲および室内楽のトップアドレスとして知られている。 長さ32. 50メートル、幅10. 30メートル、高さ11メートル、座席数約600。 偉大な兄とも言うべき大ホール同様の音響条件を備えている理想的なホールであ る。 php on line 1007.

次の

ウィーン・リング・アンサンブル/ウィーンの森の物語

ウィーン リング アンサンブル

楽友協会ホールから、くららへ。 生粋のウィーン訛りのワルツ&ポルカを直輸入 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを45年間務めたライナー・キュッヒルをはじめ、ウィーン・フィル現役首席奏者ら9人が集まった「ウィーン・リング・アンサンブル」。 楽友協会ホールより衛星生中継される年明け恒例ニューイヤー・コンサートの華やぎそのままに、ウィーン情緒ただよう演奏を日本のファンに届けます。 シュトラウス2世:オペレッタ「ジプシー男爵」序曲 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ「うわごと」 J. シュトラウス1世:ジプシー・ギャロップ J. シュトラウス2世:エジプト行進曲 ツィーラー:ワルツ「ウィーン娘」 ヨーゼフ・シュトラウス:ジョッキー・ポルカ *** ベートーヴェン・メドレー(生誕250年記念) J. シュトラウス2世:ワルツ「酒、女、歌」 ツィーラー:ぶどう畑のギャロップ J. VPOが元旦にシュトラウスのワルツ&ポルカを中心としたニューイヤー・コンサートを始めたのは、1941年のことだった。 いつしか、それは世界中に衛星生中継されるようになり、日本でもすっかり年明けの風物詩となっている。 VPO 現役首席奏者とOBという9人の名手からなるウィーン・リング・アンサンブル。 結成当初から本アンサンブル・メンバーのキュッヒル、ヴィオラのコルをはじめ、現在ベテランと中堅・若手とのバランスは最良だ。 生粋のウィ-ンの音楽家しか出せないワルツの洒落たアクセント、柔らかく歌う艶っぽい響き、ポルカでの素朴な活気・・・これらが渾然一体となって会場を極上の美酒のような薫りで包み、一瞬にして聴衆を魅了することだろう。 また、来日30回の節目を迎える2020年は、ベートヴェン生誕250周年であり、『ベートヴェン・メドレー』というプレゼント付きのプログラムになっている。 日本びいきキュッヒルの、茶目っ気たっぷりのサービスにも乞うご期待! さあ、新春はウィーン・リング・アンサンブルの名演に酔いしれよう。 2016年までウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名コンサートマスターとして同団を率いたライナー・キュッヒルを中心に、ヴァイオリン2人、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、ホルン各1人にクラリネット2人の9人編成で、ウィーン・フィルの腕利きの主要メンバーたちである。 ウィーン情緒の香り高いシュトラウス・ファミリーやツィーラー、ランナーたちのワルツ、ポルカの演奏は、ウィーンに寄せる彼らの愛情と誇りを痛感させ、聴く者をこの上ない幸福感で満たしてくれる。 ウィーン楽友協会での年末恒例のコンサート・シリーズでは、1999年以降、ウィーン・リング・アンサンブルの演奏会が毎年ブラームスザールで行われ、地元ウィーン子の絶賛を集めている。 2002年夏には、ルツェルン・フェスティバルに招待された。 日本へは1991年に初来日し、引き続き1993年以降毎年のように来日。 ウィーンでの「ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート」に出演後、すぐに日本へ駆けつけてニューイヤー・コンサートを行い、本場の響きと香りをそっくり日本のファンに届けている。 1998年には長野オリンピック文化・芸術祭参加公演に選ばれ、現地で2回の演奏会を行った。 その他、度重なるテレビ放映、CDで、日本でもすっかりおなじみの存在である。 2019年から、クラリネットにダニエル・オッテンザマーとアレックス・ラドシュテッター、ホルンにロナルド・ヤネシッツが参加。 2020年は来日30回目の記念ツアーとなる。

次の