ゆうゆう メルカリ 便 ローソン やり方。 【ゆうゆうメルカリ便】送料や送り方|メルカリの配送方法

ゆうゆうメルカリ便のローソンでの発送のやり方!伝票の貼り方も簡単

ゆうゆう メルカリ 便 ローソン やり方

全て宛名書き不要 らくらくメルカリ便 ネコポス 宅配便コンパクト 宅配便 大型らくらくメルカリ便 このようになりますが、 ゆうゆうメルカリ便、 らくらくメルカリ便、 クリックポストと クロネコヤマトからのらくらくメルカリ便は QRコードを読みとりますので宛名書きの必要がありません。 メルカリの出品から購入までは早いですが、 包装・発送が入ってくると時間がかさみますよね。 全てQRコードでの発送ができたら 負担も少なくなるだろうなと思いますが、 そうなると郵便局が大変になってしまうかもしれませんね。 どっちがお得?郵便局とクロネコヤマトの料金! 2017年6月からの値上げもあり、 システムの変化があるとまた更に混雑してしまいそうです。 発送料金もあがり、 今までお得に購入できていた物も料金の関係で 気持ち上げなければならない事態となっています。 ゆうパケット 梱包材料を含めた荷物の縦・横・高さの合計で全て全国一律の税込料金 60サイズ 2kgまで 600円 80サイズ 5Kgまで 700円 100サイズ 10Kgまで 900円 120サイズ 15Kgまで 1000円 140サイズ 20kgまで 1200円 160サイズ 25kgまで 1500円 メルカリは何秒単位で商品が出品されています。 私は、 早くて3分で売れたことがあります。 包装は慣れない方には大変ですが、 購入者と気持ちよくお取り引きできるように対応ていきたいですね。 どうしても不明点なことがあれば 「メルカリボックス」がありますので質問してみて下さい。 すぐにベテランユーザーから回答がいただけると思います。 これから始める上で、少しでも参考になれば嬉しいです。 郵便局特集(おすすめ特集) ・ まとめ 今回は『郵便局のメルカリ便のやり方は簡単?宛名書きはしなくていいの?』についてお届けしました。 まとめます。 郵便局かクロネコヤマトか、 目的にあった使い方をしましょう!.

次の

ゆうゆうメルカリ便をローソンで受取る方法 ~配送方法とロッピーの使い方(画像付き解説)~

ゆうゆう メルカリ 便 ローソン やり方

・集荷が出来ない ・郵便局やローソンが近くにないとやや不便 ・厚さ3cmを超える場合は最低でも600円かかる ・発送できる商品の最大サイズは100cmまで といったメリット・デメリットがあります。 同様の匿名配送である らくらくメルカリ便と使い合わせるとより快適に発送ができ、フリマアプリがより楽しく利用できるようになると思います。 ・らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の比較はこちら ・ゆうゆうメルカリ便の使い方とメリット・デメリットはこちら ・メルカリでの例文テンプレートはこちら ゆうゆうメルカリ便を郵便局で発送する方法 まず注意点ですが、集荷が出来ないため自分で荷物を郵便局まで持ち込む必要があります。 大きなサイズや重い荷物はらくらくメルカリ便の集荷サービスを利用すると良いかもしれません。 郵便局でゆうゆうメルカリ便を利用する際は、 ・ゆうプリタッチでバーコードを読み取り ・自動で発行される伝票を担当の方に荷物と一緒に出す ・最後にお客様控えをもらう でOKです。 郵便局に持ち込む前に 商品を梱包しておく必要があります。 ダンボールや封筒はテープをしっかり閉じ、ボールペンで何かを記載する必要はありません。 料金はメルカリ内で商品価格より引かれるため、郵便局で送料を支払うことはありません。 個人的にはコンビニでいろいろ作業するよりも、ゆうぷりタッチの方は気楽で好きですね。 ゆうぷりタッチについて ゆうぷりタッチは、郵便局にある機械のこと。 コンビニでいうファミポートやロッピー的な感じです。 顕微鏡みたいな見た目をしています。 使い方は携帯にバーコードを表示して、ゆうぷりタッチに読み込ませるだけです。 バーコードを読み込ませると伝票が出てきますので、それを梱包した商品と一緒に郵便局の方に渡すだけでOK。 以前はかなり大きな郵便局にしか設置されておらず、少し使いにくかったゆうゆうメルカリ便ですが、現在ではほとんどの郵便局に設置されています。 ゆうプリタッチは受付の近くや記入台の近くにだいたいあります。 見つからない場合は受付の方に ・ロッピーでバーコードを読み取らせる ・レシートを発行し、レジの方に商品とレシートを一緒に出す ・ 自分で伝票を入れるシールを商品に貼り付け、そのシールの中に伝票を入れる レジにて作業) ・最後にお客様控えをもらう でOKです。 料金はメルカリ内で商品価格より引かれるため、ローソンで送料を支払うことはありません。 郵便局よりも少し手間がかかるのが特徴。 ただし、 郵便局と違って24時間365日いつでも気軽に利用できるのはかなりのメリットですね。 普段忙しい方向けの発送方法になります。 注意点としては、ロッピーの操作とレジでの作業が必要になり、初めての場合はかなり戸惑うことになる可能性があります。 ロッピーの操作について (メルカリヘルプへ移動します) ロッピーはローソンにある赤い機械。 ファミマでいうファミポート的なやつです。 ロッピーは基本的に入口側のマルチコピー機やATMの近くに設置されていることが多いと思います。 入口の近くやレジの近く、雑誌置き場・電子カード置き場の近くを探してみてください。 レジでの操作について ロッピーで発行したレシートと梱包が完了した商品をレジの方に提出します。 すると、 封筒に貼り付けるシールと発送伝票が手渡されます。 ここで、 レジにて自分の手で商品にシールを貼り、そのシールの中に発送伝票を入れる作業を行う必要があります。 4つの切れ目のうち、1番上だけを切り取り、残りの3等分を折りたたんでシールの中に入れます。 4等分された紙の内訳ですが、.

次の

【画像解説】ローソンでゆうゆうメルカリ便を利用してみた!Loppi(ロッピー)のやり方や送料は?

ゆうゆう メルカリ 便 ローソン やり方

ついにローソンだけではなく郵便局でもゆうゆうメルカリ便の発送をしてきました。 なので今回郵便局で発送してきて分かったことや手順を写真付きでまとめたのでぜひご覧ください。 ゆうパックの徴収料金がただしく行われない 郵便局コンビニ受け取りの受取可能通知およびリマインド通知が来ない 等のトラブルが起きているようです。 もちろん 宛名書きは不要です。 今回は前回と違ってゆうパックでの発送なので段ボールを使っています。 配送準備の段階ではらくらくメルカリ便と変わらないです。 郵便局での手続き ローソンでは、ロッピーを使いましたが、郵便局ではゆうプリタッチという機械を使います。 ロッピーみたいな機会を想像していたので、最初は全く見つけられず。 これなら問題ない。 これが二次元コードリーダーのようです。 ほんとに2次元コードを表示したスマホを置くだけで、大丈夫でした。 読み取れない場合は画面は明るくしておくことをお勧めします。 正常に読み取りが完了すると、長いシールタイプの紙が出てきます。 間違っても自分で貼ることのないようにしてください。 これはそのまま窓口へもっていく必要があります。 ちなみに失敗すると青文字で発行可能と書かれている部分がエラーになり、そもそも紙が出てきません。 これはスマホ置きっぱなしにして試したので、何度も同じものが出てくることはないようです。 出てきた紙と荷物を持って窓口に行くと、お客様控えと後期郵便物等取扱票がもらえます。 まとめ 今回は無事に郵便局でも発送ができました。 今度機会があれば、ゆうゆうメルカリ便のコンビニや郵便局受け取りにも挑戦してみようかと思います。 これはゆうゆうメルカリ便に対応している郵便局の一覧です。 ぜひ参考にしてください。

次の