ロレックス 新作 2020。 【動画】ロレックスが2020年新作発表を無期延期!予定されていた新作は「ミルガウスとヨットマスターのリブート」「デイトナのコンビにセラクロム」?

スタッフ予想!ロレックス 廃盤で高騰するモデル2020!?

ロレックス 新作 2020

R olex Submariner Ref. 爽やかなカラーリングは若者に大人気間違いなしです。 「 ブルーハワイ」や「 アクアマリン」というニックネームが付きそうです。 Submariner Ref. 現実味はこちらもありませんが、落ち着いた色味で、幅広い年齢層に受けそうです。 ニックネームがなかなか浮かびません。 「 キャプテン・アメリカ」とか… Submariner Ref. 126611LN これは現実味のある新作ではないでしょうか。 イエローゴールドではなく、 エバーローズゴールドを使うことによって落ち着いた色目になり、かなり人気のモデルとなるに違いないですね。 このモデルが出ればかなり欲しいですね。 Cosmograph Daytona Ref. 116501LN こちらは デイトナですが、先ほどの サブマリーナ同様、 エバーローズゴールドを使ったコンビネーションモデルです。 かなりお洒落じゃないでしょうか。 これまた、人気がでそうですね。 しかし デイトナに今回はテコ入れしてくるでしょうか? Tud or 日本に再上陸後、着々と店舗を増やし、人気の裾野を広げている チューダー。 ロレックス同様、新作発表には注目が集まっています。 かくいう私も、気になって仕方がありません。 いったいどんな新作がでるのでしょうか。 大人気モデル「 フィフティ・エイト」を中心に見ていきたいと思います。 Black Bay 58 まず画像一番左のモデルは「 ブラックベイ58 ゴースト」と銘打っていますが、ベゼルを グレイッシュに枯れた感じのカラーリングにしています。 チューダーはヴィンテージテイストのモデルをラインナップしているので、こんなのもいいんじゃないでしょうか。 真ん中は、「 ブラックベイ58 デイト」です。 デイトがないシンプルさも良いのですが、サイクロップレンズのないデイトだとスッキリとしていて違和感なく使えるかと思います。 「 ブラックベイ58 LV」はいつ出てきてもおかしくない雰囲気があります。 もしかしてもう、生産しているのではないかと思うぐらい、シックリきています。 出るな、これ。 そしてもうひと願望モデルが・・・それがこれ。 「 ブラックベイ58 GMT」です。 チューダーのレギュラーモデルの1番人気を二分する「 GMT」と「 フィフティ・エイト」が合体。 左が現行モデルの「 Ref. M79830RB」です。 ルックスをそのままにサイズを 41mmから「 フィフティ・エイト」の 39mmへリサイズ。 というわけで、今回は願望をギッシリと詰めたバーゼルワールド予想でした。 こういう声を上げることによって、もしかしたら今年ではなくても来年、再来年の新作の参考に上層部がなってくれれば・・・願いはいつか・・・• オサーン師匠の影響でロレックスにハマり、楽しい時計ライフを送っている独身貴族です。 関連する記事• 2019. 29 ここ数日、命が狙われています。 オサーンの高校の同級生がとある都市の刑事をしているので、藁をもすがる思いで助けを求めました。 「毎日のように殺されかけて[…]• 2018. 11 目次 1. 将来性3. 価格帯4. 2019. 04 今回は、正規店で購入したことがある人なら誰でも知っていることなので、初心者向けのお話となります。 海外の正規店でロレックスを購入したことがないので知り[…].

次の

ロレックスの入手困難度ランキング(2020年版)SSSランク~Dランクまで

ロレックス 新作 2020

スポンサーリンク Rolex and Tudor postpone launch of 2020 watches indefinitely ロレックスとチューダーの2020年新作発表が白紙になるそうです。 海外のウォッチサイト「WatchPro」の情報です(実際のサイトは下記リンクでチェックしてください) 既にパテックフィリップも同様に新作の発表を延期しております。 発表は来年のバーゼルワールド2020が濃厚かと思われますが、新型コロナウィルスが収束しない限りこのスケジュールも未確定のままとなりそうです。 またスイスの腕時計ブランドの工場も一時閉鎖が続いているようですので日本への入荷も減少しそうですね。 かなり残念なニュース・・・ 日本も本日よりゴールデンウィーク最終日まで7都府県を対象に緊急事態宣言が発令され、緊張感が高まっています。 こんな時だからこそ腕時計の新作発表は楽しみだったのに・・・ なんか良いこと無いですかね?・・・毎日小さい良いことを集めようと思います。 「WatchPro」より ロレックスとチューダーは2020年の時計の発売を無期限に延期します 通常の場合、バーゼルワールドの初日からのすべてのニュースはロレックスに食われ、スタンドから1年間で作るすべての新しい時計を発表します。 他のブランドは、コレクター、小売業者、そしてマスコミが彼らが見たものについての議論としてほとんど顔を出しません。 これらは通常の時間ではありません。 コロナウイルスは、最初に世界最大の時計見本市を開催し、その後、スイスの時計業界全体を先進国のほとんどと同様にロックダウンさせました。 ロレックスとチューダーは、3月に認定ディーラーとメディアに、2020年のコレクションは、今年4月30日のバーゼルワールドの初日となるものについて明らかにされると語った。 しかし、今月末に対面式のプレゼンテーションが行われる見通しが消えたため、WatchProは米国の小売業者から、新しい時計はRolex. comとTudorwatch. comでオンラインで公開されると語られました。 その計画もスクラッチされており、それに代わるものはありません。 昨日WatchProに送られた声明で、ロレックスは無期限延期の背後にある考えを説明しました。 「Covid-19の状況による3月のバーゼルワールド2020のキャンセルに続き、4月末に新製品を発表することを発表し、それらを展示するためにいくつかのプレスブリーフィングをスケジュールしました。 「世界全体に影響を与える非常に困難な状況が続くことを考慮し、集まりや1対1の会議を回避して人々を保護するために、発表を後日延期することを決定しました。 現在、リリースの新しいタイミングを定義していません。 詳細については後ほどご連絡いたします。 」 2020年の時計の発売を計画することは、人と企業を安全に保つためのより重要な作業に道を譲りました。 「現時点での私たちの優先事項は、人々のそばに立ち、可能な限り最善の方法で助けとサポートをもたらすことです。 そのため、私たちはパートナーのサポートと、Covid-19との戦いに取り組んでいるいくつかの組織との協力に焦点を当てています」と声明は締めくくります。 パテックフィリップは、2020年のラインナップ全体の立ち上げを2021年まで延期したことをすでに明らかにしています。 グーグル翻訳ですが、なんとなく内容はつたわるでしょうか。 コロナウィルス憎しです。

次の

バーゼルワールド2020のロレックス新作はコレだ!(ZENMAIの大予想)#BASELWORLD2020

ロレックス 新作 2020

R olex Submariner Ref. 爽やかなカラーリングは若者に大人気間違いなしです。 「 ブルーハワイ」や「 アクアマリン」というニックネームが付きそうです。 Submariner Ref. 現実味はこちらもありませんが、落ち着いた色味で、幅広い年齢層に受けそうです。 ニックネームがなかなか浮かびません。 「 キャプテン・アメリカ」とか… Submariner Ref. 126611LN これは現実味のある新作ではないでしょうか。 イエローゴールドではなく、 エバーローズゴールドを使うことによって落ち着いた色目になり、かなり人気のモデルとなるに違いないですね。 このモデルが出ればかなり欲しいですね。 Cosmograph Daytona Ref. 116501LN こちらは デイトナですが、先ほどの サブマリーナ同様、 エバーローズゴールドを使ったコンビネーションモデルです。 かなりお洒落じゃないでしょうか。 これまた、人気がでそうですね。 しかし デイトナに今回はテコ入れしてくるでしょうか? Tud or 日本に再上陸後、着々と店舗を増やし、人気の裾野を広げている チューダー。 ロレックス同様、新作発表には注目が集まっています。 かくいう私も、気になって仕方がありません。 いったいどんな新作がでるのでしょうか。 大人気モデル「 フィフティ・エイト」を中心に見ていきたいと思います。 Black Bay 58 まず画像一番左のモデルは「 ブラックベイ58 ゴースト」と銘打っていますが、ベゼルを グレイッシュに枯れた感じのカラーリングにしています。 チューダーはヴィンテージテイストのモデルをラインナップしているので、こんなのもいいんじゃないでしょうか。 真ん中は、「 ブラックベイ58 デイト」です。 デイトがないシンプルさも良いのですが、サイクロップレンズのないデイトだとスッキリとしていて違和感なく使えるかと思います。 「 ブラックベイ58 LV」はいつ出てきてもおかしくない雰囲気があります。 もしかしてもう、生産しているのではないかと思うぐらい、シックリきています。 出るな、これ。 そしてもうひと願望モデルが・・・それがこれ。 「 ブラックベイ58 GMT」です。 チューダーのレギュラーモデルの1番人気を二分する「 GMT」と「 フィフティ・エイト」が合体。 左が現行モデルの「 Ref. M79830RB」です。 ルックスをそのままにサイズを 41mmから「 フィフティ・エイト」の 39mmへリサイズ。 というわけで、今回は願望をギッシリと詰めたバーゼルワールド予想でした。 こういう声を上げることによって、もしかしたら今年ではなくても来年、再来年の新作の参考に上層部がなってくれれば・・・願いはいつか・・・• オサーン師匠の影響でロレックスにハマり、楽しい時計ライフを送っている独身貴族です。 関連する記事• 2019. 29 ここ数日、命が狙われています。 オサーンの高校の同級生がとある都市の刑事をしているので、藁をもすがる思いで助けを求めました。 「毎日のように殺されかけて[…]• 2018. 11 目次 1. 将来性3. 価格帯4. 2019. 04 今回は、正規店で購入したことがある人なら誰でも知っていることなので、初心者向けのお話となります。 海外の正規店でロレックスを購入したことがないので知り[…].

次の