アマゾン プライム 家族。 amazonの家族会員が優秀すぎる!5つのプライム特典が無料で利用可能

アマゾンプライムの本会員と家族会員の入れ替えは可能なのか?|アマゾンプライム会員の特典を徹底解剖!

アマゾン プライム 家族

Amazonプライム、家族にもメリットがありました。 Amazonプライムの配送に関する特典は、会員登録した本人(この場合僕ですね)の他、できるのです。 この特典があった事実は、まさに今日知りました。 んー? 家族会員を追加すると、どんなメリットがあるのこれ? と最初はメリットが理解できなかったのですが、しだいに頭の中の霧が晴れていくように、とある真理にたどり着いたのです。 うわ神、まさにGod。 家族会員が利用できるプライム特典は? 家族会員が利用できるAmazonプライム特典は以下のようになっています。 ・お急ぎ便が無料 ・お届け日時指定便が無料 ・特別取扱商品の取扱手数料が無料 ・プライム会員限定先行タイムセール ・Amazonパントリー ・Amazonフレッシュ(プライム会員ご本人がAmazonフレッシュに登録することで自動的に利用できるようになります) 基本的に配送や購入に関する特典が付く感じですね。 お急ぎ便無料の他、プライム会員先行タイムセールに参加できるのは嬉しい。 パントリーも便利ですし! 一方で、PrimeビデオやPrime Photo、Prime Music、Kindleオーナーライブラリといった、 上記以外の特典については家族会員には付与されません。 まぁ、それらはPrime契約ユーザーである本人アカウントで利用すれば問題ないかな。 詳しい条件についてはをどうぞ。 家族会員になるには? 家族会員になるには、アカウントサービスの「」ページを開き、 「プライム特典を共有する」をクリック。 Image: 小暮ひさのり 家族の名前とメールアドレスを入力して登録案内を送ります。 入力したメールアドレスに登録案内メールが届くので、メールアドレス中のURLをクリック。 Image: 小暮ひさのり 追加したい家族のAmazonアカウントでサインイン。 「家族会員に無料で登録する」をクリックして家族会員登録の手続きを行なっていきます。 すでに家族のAmazonアカウントがあれば、登録は簡単でした。 プライム会員が値上げされた今、その特典もフル活用していきたいところ。 こうした家族会員システムも上手く利用してみましょう。 アカウントは別なので、 購入履歴もバレません。 なので、趣味のグッズを全力で買い漁っても、へっちゃら! 受け取りはコンビニだ! Source:• Tags :•

次の

Amazonプライムの「家族会員」知ってました? プライム特典が家族も受けられます

アマゾン プライム 家族

amazonプライムに登録しているor登録を検討しているみなさん。 amazonプライムに登録すると、家族も一緒に特典を利用できることはご存知ですか? amazonプライムでは登録している会員本人の他に、家族会員として二人まで家族を登録することができます。 家族会員はお急ぎ便やお届け日時指定便の使い放題など、いくつかのプライム特典を利用できて便利です。 ちょっとした裏ワザを使えば、プライム・ビデオやPrime Musicなどの特典も利用することができます。 すべての特典を利用できるわけではありませんが、それでも家族会員を登録することには十分メリットがあります。 プライム会員になったら、ぜひ家族も一緒に特典を満喫してください。 今回はamazonプライムの家族会員について詳しくお伝えしていきます。 コンテンツ• amazonプライムの家族会員とは? 便利な配送特典や、動画見放題・音楽聴き放題などの嬉しい特典をさまざま受けられるamazonプライム。 とてもおトクなサービスなので登録している人も多いでしょうが、実はamazonプライムは、登録している本人以外にも家族を登録し、一緒に特典を利用することができるんです。 家族会員は二人まで amazonプライムの家族会員には、同居の家族を二人まで登録することができます。 amazonプライムに登録していて、なおかつamazonを利用する家族がいる場合には、家族会員として登録することをおすすめします。 すべての特典を利用できるわけではない 家族会員は、プライム会員本人と違ってすべての特典を利用できるわけではありません。 家族会員が利用できるのは、amazonでの買い物に関する6つの特典です。 人気の特典である動画見放題のプライム・ビデオなどは、残念ながら家族会員は利用することができません。 とはいっても、家族会員が利用できる6つの特典も、amazonユーザーにとっては十分便利な特典です。 せっかく特典を利用できるのですから、同居の家族がいるならば家族会員に登録しない手はありません。 家族会員の登録方法 家族会員の登録はたったの4ステップ。 簡単なその手順をお伝えします。 次の章では、家族会員が受けられる6つの特典について詳しくお伝えしていきます。 家族会員の6つ特典 家族会員が利用できるのは、amazonで買い物をする人にはとても便利な特典です。 使い勝手のいい特典もありますので、家族会員になっても使える特典がひとつもないということは、amazonユーザーならばないはずです。 それでは、家族会員が利用できる6つの特典をひとつずつ見ていきましょう。 お急ぎ便が使い放題 家族会員はお急ぎ便が無料で使い放題です。 お急ぎ便は、注文確定日から3日以内に商品を届けてくれるサービスです。 一般会員の場合は配送料が360円、当日指定ならば514円かかりますが、これがプライム会員と家族会員は無料です。 商品ができるだけ早く欲しいとき、配送料を気にせずにお急ぎ便を気軽に使えるのは嬉しいと思います。 お届け日時指定便が使い放題 お急ぎ便だけでなく、お届け日時指定便も無料で使い放題です。 お届け日時指定便は、商品が家に届く日時を指定することができるサービスです。 一般会員の場合の配送料はお急ぎ便と同じく360円、当日指定で514円ですが、無料になります。 注文時にお届け日時を指定できれば、荷物を受け取れずに再配達を申請したり、いつ届くのかわからない荷物を家で待つ手間が省けます。 特別取扱商品の取扱手数料が無料 家族会員は、特別取扱商品の取扱手数料が無料です。 特別取扱商品とは、大きかったり重かったりと、配送が大変な商品のことです。 こうした 特別取扱商品には、特別取扱手数料がかかる場合がありますが、家族会員は無料になります。 大きくて重い商品を、手数料なしで家まで届けてくれるのは嬉しいですよね。 プライム会員限定先行タイムセール 家族会員は、プライム会員限定の先行タイムセールに参加できます。 先行タイムセールは、一般会員より30分早く始まります。 その分、 人気商品をより確実に安く購入できるのです。 タイムセールの対象商品は数に限りがありますが、30分早く参加できればかなり有利ですよね。 amazonパントリー 家族会員はamazonパントリーという特典も利用できます。 amazonパントリーは、 こまごまとした食用品や日用品を手数料290円で一つの箱にまとめて配送してくれるサービスです。 お水やカップ麺などケース売りが多い商品でも、1つから購入することができます。 無駄にならない分だけ購入できるので節約にも役立ちます。 amazonフレッシュ 最後にご紹介する家族会員特典は、amazonフレッシュです。 amazonフレッシュは、新鮮な生鮮食品や専門店の料理、日用品など、必要なものをまとめて家に届けてくれます。 ネットスーパーのような感覚で利用できるサービスです。 以上がamazonプライムの家族会員が利用できる特典です。 amazonで買い物をする人なら、きっと便利に思う特典だと思います。 プライム特典のなかでも人気のプライム・ビデオなどは家族会員は利用できませんが、それでも家族会員に登録する価値はあるはずです。 しかし、どうしてもプライム・ビデオを利用したいという方に、とっておきの裏ワザをお伝えします。 家族会員もプライム・ビデオを楽しむ裏ワザ amazonでの買い物に関する6つの特典しか利用できない家族会員ですが、実は ある簡単な裏ワザを使えば、動画見放題のプライム・ビデオや、音楽聴き放題のPrime Music、写真保存し放題のプライム・フォトも利用できるんです。 アプリをダウンロードしよう 裏ワザはとっても簡単。 「プライム・ビデオ」「Prime Music」「プライム・フォト」のアプリを家族会員所有のスマホなどの端末にインストールするだけです。 アプリを開いたらサインイン画面が表示されるので、プライム会員に登録している家族に頼んでサインインしてもらいましょう。 そうすれば、 家族会員の端末でもアプリを通してプライム・ビデオなどのサービスを利用できるようになります。 この裏ワザは、家族会員として登録していなくても使うことができます。 要は、プライム会員のアカウントを借りているのです。 プライム会員本人が、自分のアカウントでサービスを利用していいとさえ言ってくれれば、家族でなくてもプライム・ビデオなどのデジタルコンテンツを利用できることになります。 とはいえ、プライム会員本人は会費を払ってサービスを利用しているわけですから、身近な友人などにプライム会員がいるからといってアカウントを借りようとする人は常識的に少ないかと思います。 それこそ、信頼できて、財布も共有できる家族くらいじゃないでしょうか。 利用履歴は共有されるので注意 どの端末からでもサービスを利用できる、というのがプライム特典のデジタルコンテンツの売りです。 そのため、 同じアカウントでサインインしている場合、端末が違ってもサービスの利用履歴は共有されます。 たとえば、プライム・ビデオで視聴したい動画をウォッチリストに追加すると、他の端末からリストを見てもその動画が追加されています。 また、おすすめに表示される動画なども視聴履歴に基づいたものなので、他の端末で見た動画の傾向がわかってしまう場合があります。 数人でプライム会員のアカウントを共有する場合、自分以外の人に自分が見た動画や聴いた音楽は知られるものと思っておきましょう。 こっそり見たいドラマがあるという場合や、家族に隠れて応援しているアーティストの歌が聴きたいなんて場合には、プライム会員のアカウントを共有してサービスを利用するのはおすすめしません。 まとめ amazonプライムの家族会員について詳しくお伝えしてきました。 amazonプライムでは、会員本人の他に二人まで、同居している家族を家族会員として登録することができます。 家族会員は配送特典の使い放題など、amazonで買い物する際に役立つ特典を利用することができるので便利です。 プライム・ビデオなどのデジタルコンテンツは家族会員は利用できませんが、アプリをインストールし、プライム会員本人にサインインしてもらえば誰でも使えるようになります。 amazonプライムの家族会員に登録して、家族と一緒におトクにamazonを利用しましょう。

次の

amazonプライム、家族会員はビデオ、ミュージックを利用できる?

アマゾン プライム 家族

Amazonプライムの家族会員として登録されたユーザーは、自分のAmazonアカウントと端末で「Amazonプライム・ビデオ」の見放題サービスを楽しめないーー。 プライム会員と家族会員が高確率でハマることになる落とし穴です。 プライム会員が1名だけ登録できる「Amazonプライム家族会員」は、お急ぎ便が無料になったり、お届け日時指定便が無料になったりと、いくつかの特典を享受できます。 しかし、 家族会員の特典には肝心のAmazonプライム・ビデオが含まれていないのです。 しかも、NetflixやHuluのように、アカウント内に複数のプロフィールを作成して、家族内で使い分けることもできません。 では、Amazonプライム・ビデオの見放題サービスをプライム会員以外の家族が利用するには、どうすればいいのか? 答えはシンプル。 家族の端末で「プライム会員のアカウントを使う」ほかありません。 本記事では、Amazonプライム・ビデオでアカウントを共有する方法と、その際の注意点を解説します。 Amazon公式見解:プライムビデオを家族と共有しても問題ない アカウント共有と抵触しそうな利用規約の解釈についてAmazonに尋ねました。 それに対しAmazonは、以下の見解を示しました。 Amazon. 安心してください」との回答が得られました。 () アカウントを共有するときの注意点 Amazonプライム・ビデオのアカウントをシェアする際に注意すべき点を解説します。 ウォッチリストや視聴履歴など全ての情報が共有される プライム・ビデオのウォッチリスト Amazonプライム・ビデオのアカウント共有では、 個別のプロフィールを作成してウォッチリストや視聴履歴を分けて管理できません。 アカウントをシェアしている誰かがウォッチリストに作品を追加したら、自身のウォッチリストにも即座に反映されます。 それと同様に、誰かが視聴した作品の履歴もアカウントをシェアしているユーザー全員に同期されます。 その一方で、アカウントをシェアしているユーザーのうち誰がどの作品を見たのかは分からないようになっています。 プロフィールごとに管理する方式だと、視聴履歴を覗かれてしまうと誰がどの作品を見たのかが分かってしまうため、ある意味匿名性が保たれているとも言えます。 同時視聴端末数は3台まで Amazonプライム・ビデオの同士視聴端末数は3台までに制限されています。 この同時視聴端末数は、ストリーミング再生時の同時視聴を指すため、作品を端末にダウンロードして視聴している場合は、同時視聴端末数にはカウントされません。 また、 同一の作品をストリーミング再生で視聴する場合、同時視聴端末数が2台に制限されます。 数ある作品の中から、3人以上が同時に同じ作品を視聴する確率はあまり高くはありませんが、新作や話題の作品が配信されたときなどに起こりうるかもしれません。 万が一、同じ作品を視聴していて制限に引っかかってしまった場合は、その作品をダウンロードしてから見るなどの対応をしてください。 ダウンロード数の上限は1アカウントにつき15本か25本 Amazonプライム・ビデオでは、 作品のダウンロード数の上限が15本か25本に設定されています。 ただ、上限が15本と25本で異なる理由や、どういった条件で上限が変わるのかといった説明はなされていません。 ダウンロード数の上限に達したときの警告メッセージ 加えて、ダウンロード数の残りの枠をユーザーが知ることはできません。 上限に達したときのみ、警告メッセージが表示されるようになっています。 端末ごとではなくアカウント全体での上限設定なので、シェアしている相手が多いほどダウンロード数の上限に達しやすくなってしまいます。 見終わった作品や不要な作品はその都度削除し、貴重なダウンロード枠を圧迫しないようにしましょう。 有料作品の購入金額は契約者本人に請求される Amazonプライム・ビデオには、プライム会員であれば追加料金を支払わずに視聴できる「プライム対象」のコンテンツと、料金を支払ってレンタルか購入をするコンテンツの2種類があります。 ワンタップで支払手続きが完了する Android版のAmazonプライム・ビデオアプリからは、有料のコンテンツをワンタップでレンタルもしくは購入が可能です。 クレジットカード情報の入力や確認画面などは表示されず、本当にワンタップで手続きが完了するのでシェアしている相手でも容易に有料コンテンツの支払いができてしまうのです。 アカウントを共有した相手が誰であろうと、何か問題が起きた場合は、その責任をプライム会員が負うことになります。 つまり、自らアカウントを共有した相手が有料コンテンツを好き勝手に購入する"事件"が起きたとしても、支払いを免れることはできません。 お客様は、ご自身のアカウントとパスワードの機密性を維持し、アカウントへのアクセスを制限する責任があり、ご自身のアカウントまたはパスワードで行われた活動に関する責任があります。 そのようなケースを未然に防ぐために、シェアする相手の端末では4桁のPINコード(パスコード)を設定しておきましょう。 このPINコードを知らせなければ、勝手に有料コンテンツを購入される心配はありません。 PINコードを入力しないと購入できない なお、この購入時のPINコード入力を有効にするには、ブラウザ上でAmazonプライムのアカウント設定を変更する必要があります。 他の人のデバイスで有料コンテンツの誤った購入を防ぐためのPINコードの設定方法を解説します。 まず、Amazonプライム・ビデオアプリの「マイアイテム」タブから設定ボタン[ ]をタップします。 設定の各項目から[機能制限]を選択してください。 [Prime Video PINを変更]をタップし、4桁の数字をPINコードとして設定します。 [保存]で4桁のPINコードが設定されますが、 この段階ではまだPINコードは機能せず、有料作品をワンタップで購入できてしまいます。 PINコードを正常に機能させるには、ブラウザからAmazonプライムの設定を変更する必要があります。 ブラウザでにアクセスし、「メニュー」から[設定]をタップします。 設定メニューの「機能制限」タブ内にある「購入時のPIN入力」をオンにすれば、PINコード有効化の手順は完了です。 これで先ほど設定した4桁のPINコードを入力しないと有料コンテンツを購入できなくなります。

次の