おみくじ 大吉 どうする。 おみくじの「大吉」の意味や効果・神社や寺で結ぶべきか

おみくじで大吉を引いた効果はいつまで?おみくじはどうする?結ぶ結ばない?

おみくじ 大吉 どうする

おみくじの由来は? おみくじの由来を考える上で大事なのが 「くじ」という部分。 「公事」「籤」という字が当てられていますが、 「公事」は読んで字のごとく「公」ですから、 「おおやけ」のことを指します。 それに対し、 「籤」は神様の声を聞くための道具です。 神様の意見を聞くためにくじをしたわけですね。 「公事」と「籤」なわけですから、 王様の後継者選びはもちろん、国の政治全般に用いられていました。 普通に現代の感覚からするとびっくりなんですが、 昔はちょっとした天候異常も 神様に関係していると思っていたくらいですから、 くじでいろいろなことを決めてもおかしくはないですよね。 そんな「くじ」から現代のような「おみくじ」となったのは 平安時代。 比叡山で生まれました。 その後、 鎌倉時代ごろからは、個人の運勢を占うようになりました。 おみくじを英語で言うには? 日本の行事ですから、普通に Omikujiでいいですが、 あえて英語で言うなら Paper fortuneや Sacred lotなどがいいかもしれません。 アメリカでは Fortune Cookieと呼ばれる おみくじに少し似た習慣があるのですが、 Fortune Cookie自体も実は日本人が広めたという説もあるほど。 確かに現在はアメリカに根付いた習慣なのですが、 アメリカ発かというと微妙なところです。 スポンサードリンク 中身の大吉や吉などに対する英語はいろいろな例があります。 この訳自体はお寺によっても異なります。 luckのところを fortune、 bad luckのところを misfortuneとしてもいいですね。 もうちょっと英語で説明するなら? おみくじをもう少し英語で説明してみましょう。 まずは 定義から。 Omikuji is a paper fortune which we get in most shirines and temples in Japan. おみくじは日本のほとんどの神社や寺でやることのできる紙の運試しです。 Many Japanese draw omikuji to learn their fortune of the new year. 多くの日本人が新年の運勢を知るためにおみくじをひきます。 ついでに中身についても説明しましょう。 There are many different fortunes in omikuji. おみくじには多くの異なる運勢があります。 一番いいのが大吉です。 そして、一番悪いのが大凶です。 こんな感じでしょうか。 外国の友達が来たら是非、一緒に新年の運勢を占ってみてください! -.

次の

おみくじは財布の中に入れていいの?入れ方や折り方はどうするべき?

おみくじ 大吉 どうする

スポンサードリンク どうも!管理人のももです! この前趣味仲間と一緒に四国を旅行してきた時のこと。 車でグルグル観光していた際にお遍路さんがまわる神社もいくつか見に行ったのですが・・・ 「そういえば最近やってないな」と珍しくもないものですが、個人的に久々な気分で手を出してみることに。 それは・・・おみくじ! 子供の頃に何度かやったきりで大人になって引いていなかったもので、お金を支払ってチャレンジ。 すると、大凶を引きそうな雰囲気にも関わらず大吉が出てしまうハプニングが! 思わず嬉しくて写メを撮って、そのままおみくじを結ぼうとしたところに友人の手がストップをかけました。 どうやら 大吉は結ばないのがルールとかなんとか・・・。 でも実際正しいおみくじのルールはあまり知られていませんし、 大吉以外にも吉や中吉などは結ぶのか結ばないのか気になりますよね。 というわけで! 目次• 大吉が出たら結ぶ?結ばない? おみくじで大吉が出た場合、 結ぶ結ばないの決まりは特にありません。 持ち帰ってもよし、結んでもよしとお好きに取り扱いましょう! 家に持ち帰って保管しておく 所定の場所に結ぶ この2つを深く掘り下げて見てみましょう! 自宅に持ち帰る場合は? おみくじには神様の魂が込められています。 言い換えればおみくじは神様からの有難いお言葉を頂戴したようなもの。 その言葉を忘れないようにするために お財布の中にしまうことが多いですね。 納める場所は神社により異なります。 分からない場合は神社の人に「おみくじを納める場所はどこですか?」と聞いてみましょう! 大吉を結ぶ場合は? おみくじを持ち帰らずに神社の所定の場所に結ぶ場合は指定された場所で必ず結ぶようにしましょう。 よくある間違いとして 木の枝に結ぶのはNG! 昔は大木などの小さな枝に結ぶことが一般的でしたが、最近は木の枝を傷つけるということからしてはいけない行為となっています。 結ぶ場所は大抵画像のように1本の長い紐が設置されていることがほとんど。 倣って結ぶようにしましょうね^^ スポンサードリンク つまり! 木の枝に結ぶことで「神様と縁を結ぶ」という内容に変化し、この風習が根付いたとされているのですよ^^ 他にも悪い運気(凶や大凶)を境内に留めてもらうという意味もあります! 大吉以外はどうするの?? 大吉以外の中吉や小吉が出た場合はどのようにすればよいのでしょうか。 あ、ちなみに運勢の並び順はご存知でしょうか。 最後に今回の簡単なまとめをどうぞ! 人気記事一覧• 80件のビュー June 18, 2018 に投稿された• 54件のビュー August 31, 2019 に投稿された• 50件のビュー December 3, 2018 に投稿された• 14件のビュー May 1, 2019 に投稿された• 11件のビュー April 4, 2019 に投稿された• 11件のビュー September 4, 2019 に投稿された• 11件のビュー May 8, 2018 に投稿された• 10件のビュー May 15, 2018 に投稿された• 6件のビュー February 23, 2019 に投稿された• 6件のビュー July 15, 2019 に投稿された.

次の

おみくじを英語で説明する~神社で出会った外国人観光客へのおもてなし英語

おみくじ 大吉 どうする

興味のあるところから読んでくださいね• おみくじの正しい結び方 そもそも、なぜ、おみくじを結ぶのでしょうか? 神社の木には、神様や精霊が宿ると言われています。 その神聖な木におみくじを結ぶことで、で 「神様と縁を結ぶ」「願い事をしっかりと結ぶ」と言う意味があります。 また、凶のおみくじを引いた場合は、「凶を神社内に留めてもらう」と言う意味で結びます。 近年は、木におみくじをたくさん結ぶと、木の成長の妨げになることから、境内におみくじを結ぶ専用の場所を用意している神社がほとんどです。 ですから、もし結ぶのであれば、 マナーを守って指定の場所に結び付けるようにしましょう。 結び方は基本的に決まりはありませんが、 死者の装束に使われる「縦結び」は避けたほうが良いそうです。 ところで、おみくじの紙は薄いことが多く、結ぶ途中で破れそうになったりしたことのある人もいるのではないでしょうか? わざと破ったのでなければ何も問題ありませんし、結ぼうとして誤って破れてしまったぐらいで罰があたるほど神様は心狭くありませんから、気にすることはありません。 ただ、破れてしまうと自分自身の気分がすぐれないはずなので、 おみくじを縦折りするときになるべく分厚く細くなるように折ると結びやすいですし、破れにくいです。 凶のおみくじを結ぶ場合、 利き手と逆の手でおみくじを結ぶようにすると、凶が転じて吉になると言う説もあります。 半分こじつけの様ではありますが、気になる方は試してみてください。 また、凶のおみくじを引いて結果や内容に納得が行かない場合、 引き直すのは良くありません。 メッセージを無視してはおみくじの意味がありませんので、おみくじの内容をしっかりと受け止めてから専用の場所に結びに行って気分を晴らしましょう。 どうしても引き直したい場合は、日を改めて神社に訪れてから引き直しましょう。 おみくじを持って帰った場合 せっかく大吉が出たのだから、結ばずに持ち帰ってお守り代わりに持っておくのも良いですね。 この場合、 絶対に粗末にはせず、お財布やカード入れに入れたり、鞄に入れるなど、丁寧にあつかいましょう。 おみくじは、神様からのお手紙のようなものです。 友人や家族に出した手紙をくしゃくしゃにされたら悲しいですよね? 封筒に入れる、厚めの紙に挟むなど、おみくじがしわにならないよう工夫しましょう。 また、おみくじには身の振り方など、今後の指針が書いてあり参考になりますので、透明のデスクマットにはさむ、手帳に挟むなど、目につくところに置いておくか、神棚に保管しておくのも良いですね。 ふとした時におみくじを読み直すと、とても良いようです。 ところで、凶のおみくじを持って帰ろうと思う人は少ないですが、 実は吉凶よりも大切なのは本文に書いてある教訓や、今後の指針。 良くないおみくじでも、それを持って帰って教訓とし、自己の成長を促すことはとても有意義なことです。 おみくじの返納方法 おみくじを持って帰った後、 願いがかなった時や、次のおみくじを引く時には、おみくじを神社やお寺に持って行き、専用の場所に結んでお返ししましょう。 あるいは、 どんと焼きなどの行事で、お焚き上げをしてもらうのも良い方法です。 おみくじを引いた後、別の神社などで再度おみくじを引いてしまって、おみくじが手元に複数ある場合は特に気にする必要はありませんが、できれば古いおみくじは新しいおみくじを引く前に感謝の意を込めて神社に結んでお返しすると良いでしょう。 お納めする神社は、おみくじを引いた神社でなくても問題はありません。 ただし、面倒だからと言って、ゴミ箱やその辺にに捨ててしまうのはダメです。 せめて塩でお清めをし、封筒やビニール袋に入れて捨てるなどの工夫をしてください。 ただ、そもそもゴミとして捨ててしまうくらいであれば、最初からおみくじを引いたときに神社に結んでくるようにしましょう。 遠方で引いたおみくじはどうすれば良い? 旅行先で訪れた神社でおみくじを引いて持ち帰ることもあります。 そのおみくじを返納したい場合、どうすれば良いのでしょうか? おみくじをお返しするのは、必ずしもおみくじを引いた神社でなくても構わないようですので、近所の神社などで結んだり、 どんと焼きに出しても大丈夫です。 まとめ おみくじを結ぶ場合、持ち帰る場合の取り扱い方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? おみくじを結ぶか、持って帰るかに関して、ハッキリとしたルールはありませんが、大吉を引いた場合は願い事を結ぶ、神様と縁を結ぶために境内に結んで帰るか、お守りのように持って帰ると言うことになります。 いずれの場合も、 大切なのは、おみくじに書かれている内容です。 大吉が出た場合でも、戒めの内容が書かれていることがありますので、よく読んで自分なりの解釈をし、生活指針とするようにしましょう。 おみくじを大切に扱うようにすれば、大吉を引いた時の喜びも今まで以上となるでしょう。 次回神社を訪れた時は、今回の内容を思い出して、おみくじを楽しんでみてくださいね。

次の