テレワーク zoom。 安全なテレワークのために:「Zoom」のリスクとセキュリティを理解する

zoomを活用してテレワークのコミュニケーションを加速しよう!

テレワーク zoom

テレワークでは、気軽な連絡手段としてチャットを利用することが多くありますが、それだけでは不自由な点があります。 例えば、情報量が多くなると文字を入力するのに余計な時間を取られますし、声の抑揚などで重要な場所を印象付けることができません。 その点でWeb会議の導入が不可欠となります。 カメラを用いて相手の表情も確認できるため、理解度まで確認することが可能です。 Web会議の開催におすすめしたいのが「zoom」というサービスです。 さまざまな機能でテレワークにおける最適なコミュニケーションを実現してくれます。 今回は、zoomの豊富な機能からテレワークで役立つものをピックアップして説明します。 また、利用する際に気を付けたいポイントにも触れています。 導入の検討材料として合わせて参考にしてみてください。 Contents• テレワークで役立つZoomの機能 テレワークではオフィスとは異なる環境だからこそ生じる問題が多々起こります。 その際に役立つzoomの機能を紹介していきます。 遠隔操作ができる zoomでは主催者が相手のパソコンを遠隔操作できます。 その際は、主催者がリモートコントロールを要求して、参加者がそれを承認するだけで済みます。 この機能は、業務で行う操作を一通り実演してみせるときに有効です。 また、テレワークでは相手のPCのマウスをいじることができません。 その際、音声だけではサポートできない事態を打破するのにも役立ちます。 背景を移さずミーティングできる Web会議を行う時に気になるのが自宅の背景が映ってしまうこと。 プライバシーが気になると業務に集中できない恐れがあります。 その点で、zoomは背景が映らないように設定できます。 具体的には、ビデオをOFFにすると背景の代わりに登録したユーザー名が映ります。 クライアントとのミーティングなどでプライベートを立て分けるのに重宝します。 画面を共有できる 主催者の画面を参加者の画面に映すことができます。 これにより資料の中身を見せながら説明できるのはもちろん、マウスのポインターでどの部分を見てほしいかをアピールすることまで可能となります。 Skypeでもこの機能はありますが、PC同士でしか使えないデメリットがありました。 一方、zoomはPCだけでなくスマホやタブレットなどでもこの機能が使えます。 外出中でPCがないときでも、携帯端末で気軽に打ち合わせできるので効率的です。 テレワークでzoomを使うメリット 他のサービスがある中でなぜテレワークでzoomを利用したほうがよいのでしょうか? zoomの導入の決め手となりえるメリットについてご紹介します。 会議の開催と参加のハードルが低い いかに業務を共有するのに便利な機能を備えていたとしても、打ち合わせに参加しづらいのでは不自由です。 zoomの魅力的な特徴の一つが打ち合わせの開催方法です。 参加する際は主催者が提示したURLをクリックするだけ済みます。 したがって、主催者がチャットでURLと開催日時を伝えるだけで気軽に会議を開催できます。 それにより、遠距離で働くテレワーカーとの連携が密になるというメリットが生まれます。 打ち合わせ後に内容を再確認できる 連携を取る機会が少ないテレワークでは、打ち合わせが終わった後、「そういえばさっきの~」などと気軽に内容を確認することができません。 したがって、打ち合わせの共有方法も課題となります。 zoomでは通話している際の画像を録画できます。 その際、外部のキャプチャソフトを利用する必要はありません。 録画の方法は二種類です。 ローカルレコーディングは端末の記録領域に、クラウドレコーディングはクラウドに記録内容を保存できます。 クラウドレコーディングはリンクを共有するだけでほかのユーザーに録画内容を視聴できます。 それにより、各テレワーカーが好きなタイミングで内容を確認できるようになり、打ち合わせにおける情報の見落としを防止できます。 可能であれば共有が楽なクラウドレコーディングを利用するとよいでしょう。 参加者の理解度を確認できる 打ち合わせをしたにもかかわらず、主催者が意図することがテレワーカーに伝わっていなかったということもあり得ます。 したがって、主催者は参加者の理解度を最低限確認する必要があります。 その際に役立つのがZOOMの選択式のアンケート機能です。 質問・回答内容を設定して、それに回答してもらうことができます。 例えば、「~については理解できましたか?」という質問に対して「十分に理解できた・あまり理解できなかった」などの結果を選んでもらうようにできます。 結果はCSV形式でダウンロードできるので、管理者が一目で参加者の理解度を確認できます。 zoomを導入するときの注意点 zoomは、機能や使いやすさにおいてデメリットが見られないツールですが、導入する際にあらかじめ知っておくべき最低限の注意点があります。 ここでは2つの注意点を説明していきます。 部外者が会議に参加してしまう可能性がある zoomはURLのクリックでの参加方式をとっているため、打ち合わせの開催と参加のハードルが低いというメリットがありました。 しかし、URLをクリックするだけで参加できる点はセキュリティー面ではデメリットとなります。 流出することで部外者が打ち合わせに参加できてしまうからです。 したがって、URLをチャットやメールで周知する場合は部外者に知られてしまう恐れがないかどうかに注意を支払いましょう。 そのほか、受け取り手のテレワーカーがSNSで拡散させないように呼びかけることも必要です。 また、zoomには会議室をロックする機能も備わっています。 主催者は万が一の場合に備えて、参加者全員の入室を確認したらロックかけるように徹底しましょう。 有料版でないと不自由するケースがある zoomは有料版を選ばなければテレワークに役立つ機能が使えないことがあります。 例えば、先ほど上げたクラウドレコーディングやアンケート機能は有料版でしか利用できません。 また、無料版だとグループでの通話時間が40分に制限されてしまうという見過ごせない注意点もあります。 参考に有料版の機能をいくつか紹介します。 ・ミーティング数、参加者数、実施日の曜日、議事録数など使用状況を確認できる。 ・最大1000人までミーティングに参加可能。 ・メールテンプレートを作成し、出席者に招待状を送付できる。 ・オリジナルのURLを作成できる。 導入をする際は無料版と有料版のサービスの違いについて確認することが第一です。 zoomの料金体系 クラス 料金 ベーシック 無料 プロ 月額1700円ほど ビジネス 月額2200円ほど 企業 月額2200円ほど zoom以外にテレワーク におすすめのweb会議ツール zoom以外にテレワーク でおすすめのツールを、こちらの記事でご紹介しています。 まとめ テレワークでは、頻繁に利用するチャットの導入に目が行ってしまいがちですが、それだけでは不十分です。 今回紹介したzoomを組み合わせて利用することでチャットのデメリットを補完できます。 チャットの導入とともに、合わせて検討してみるとよいでしょう。

次の

Zoom向けカメラのおすすめ8選。テレワーク環境を快適に

テレワーク zoom

この頃はテレワークやリモートワークで本格的にお仕事をすることが多くなった方も多いのではないでしょうか。 ビデオ会議用のアプリで人気の 「Zoom」の紹介と、初めて使う方へのおすすめ設定を書いていきたいと思います。 Zoomは 2人までは時間の制約なく無料で使えて、 3名以上~100名以下の通話は40分までで、続けたい場合はまた通話を立て直す必要があります。 月額2,000円~の有料プランに入ると時間制限無しで使用することができます。 ・料金プラン 学校関係者は4月末まで無料で開放してくれているようなので、該当する方は問い合わせてみてください。 日本国内教育関係者への提供無料(2020年4月30日まで) 4月9日追記:Zoom脆弱性 Zoomの脆弱性がニュースになりました。 本日セキュリティの修正アップデートが来ているので最新のものを使うように気をつければ問題なさそうです。 主催者側の画面も少し変わりました。 心配な人は使う前に 最新のニュースを調べてくださいね。 当たり前ですが重要機密などのやりとりはZoomに限らずLINEでもSkypeでもしないようにしましょう。 Zoomも謝ってこれからセキュリティめっちゃがんばるって言ってるから頑張ってくれるでしょう。 余談・在宅勤務を応援してくれる記事 早速余談ですがZoomは特設サイトを作って、在宅ワークの支援情報を載せています。 、など、面白いので是非一読をおすすめします。 英語だからっておびえることはありません、ウェブブラウザで開いてみたら翻訳してくれます。 ZoomCOVID-19感染拡大におけるサポート ChromeのURL欄右側の翻訳アイコンを押すと翻訳してくれます!頼もしいですね。 Zoomの怖くない導入 まずは使ってみましょう。 もちろん時間などの制約は自分がホスト役(新規ミーティングを立ち上げる側)の場合で、通話に参加するだけであれば制約無く使えます。 ホスト側から送られてくるURLをクリックすればインストールなども進んで行くのであまり迷うことなく通話に参加できるでしょう。 マイクとカメラがあるかどうかは重要ですが無しでも聞くだけの参加ができます。 Windows、Mac、スマホなど大抵の環境に対応しています。 最初に、確認できるメールアドレスでZoomのアカウントを登録する必要があるのでメールアドレスは準備しましょう。 (参考・ Gmail インストールはミーティングURLというものをクリックするとZoomアプリをダウンロードしてくださいと表示され、そのままダウンロードを私はしましたが、手順としては先にアプリダウンロードしたら良いと思います。 テストミーティングのURLものせておきますので、まずアプリをダウンロードしたあと、テストミーティングを試してみてください。 テスト先に人は誰もいないので怖くないです。 iOSの場合、Appleの にアクセスして「zoom」で検索• Androidの場合、 にアクセスして「zoom」で検索 1) Zoom まずはZoomのアカウント登録 2) ミーティング用Zoomアプリのダウンロード 3) テストミーティング テストミーティングのURLをクリックし、Zoomアプリでテストしましょう。 Zoomおすすめ設定 さて、無事開始できたとして本題のおすすめ設定です。 もし開始できなかった方は公式のサポートページを確認してみてくださいね。 引っかかるポイントは誰しも違うし誰が悪いとかじゃないんです。 最終的に結果として使えるようになればいいんです。 だから今少し位つまずいても大丈夫なんです。 これから順に設定を見ていきましょう。 設定画面へのアイコン我々には小さすぎますがここです。 設定・一般 全画面を消す、それ以外はお好みで。 上の画像は設定画面一番上の「一般」メニューの私の設定画面です。 上から4番目の ミーティングが始まった時に自動的に全画面を開始のチェックを外しておくのがおすすめです。 全画面に急になると慌てるので、全画面になる系はオフにしておくのが最初はおすすめです。 他の項目はそれぞれ好みで大丈夫です。 私はなんとなく接続時間を表示にチェックを入れました。 上から3番目の デュアルモニターを使用は、デュアルモニターを使用していても ウィンドウが分裂してしまって不便と感じたのでチェックしないほうがおすすめです。 気になる方は慣れたあとに試してみてください、最初はオフがおすすめ。 設定・ビデオ 次に大事な設定です。 最重要事項があるのでここだけはよく読んでください。 上から2番目「ビデオ設定」メニュー内の、マイビデオの部分の一番下に 「外見を補正する」という項目があります。 他の設定はどうでもいいのでこれだけはどうしても絶対に必ずチェックをいれてください。 お肌がキレイになります。 Skypeや他のツールより優れている部分はここです。 最初に通信が早いだの使いやすいだの言いましたがあれはどうでもいいです。 お肌が綺麗になる。 それはありとあらゆるものを差し置いてもアドバンテージです。 ここだけは設定を忘れないでください。 お肌が綺麗になります。 男女ジェンダーおっちゃんおばちゃん問わず綺麗になるに越したことはないんだからとにかくチェックを入れましょう。 ただ、SNOWやBeautyPlusなどのスマホ美肌自撮りアプリなどとは比べないでください。 BeautyPlusは眉毛も描いてくれる最強のアプリです。 では最重要な部分が終わったので、あとは補足を続けますね。 最重要部分です 次に、ビデオ設定で右下に 「詳細」ボタンがさり気なくありますので、そこの設定も見てみましょう。 白いボタンなので何となく見逃してしまいますね。 さり気ない詳細設定画面 私はここの、 騒音除去を有効化にしています。 上の画像でビデオレンダリング方法の項目を変えていますが、YouTubeのOBS配信のためなので、普通の人は 自動でかまいません。 YouTube配信者さんでOBSを使っている人は、ここを変えるとZoom画面をキャプチャできます。 私はこれを知らなかったのでしばらく昔のバージョンで粘っていました。 ビデオ設定の下の部分に続きもあるので特に言及する部分はありませんが一応貼っておきます。 ここは項目が多いんです。 他の部分はまずやってみてあとから変更していくといいと思います。 設定・オーディオ ここでマイクとスピーカー(ヘッドフォン・イヤホン)の音声テストができます。 設定を見ているついでです、先にテストしておきましょう。 使っているスピーカーがどれかわからない人は、パソコン画面の右下を見てみてください。 日付や時間が書いてる辺りに、 🔊拡声器みたいなアイコンがあると思いますのでそれをクリックしてください。 そこに音量メーターと一緒に名前が表示されるので、それが今使っているスピーカーの名前です。 設定・画面を共有 続いての設定です。 まだ続きますよ。 画面を共有設定は、先述した通り全画面に移動するのはチェックを外しておくと慌てません。 システム通知音も消しておいたほうが無難です。 設定・バーチャル背景 このバーチャル背景は、設定するとある程度 自動処理で背景を画像やビデオ映像に変更できます。 つまり お部屋が汚くても大丈夫になるということです。 背景の抜け具合はZoom次第なので隠れない部分はZoomの処理限界を越えています。 いさぎよく部屋を片付けましょう。 色んなバーチャル背景画像を用意しておくと気分転換にもなるし、癒やし猫ちゃん動画なんかを背景に用意できたら人気者になるかもしれません。 知らんけど。 とにかくここは設定しておくほうが楽しいのでオススメです。 おっ、知ってるな?と思われてドヤ顔出来るかもしれません。 知らんけど。 設定・レコーディングしています 上記、レコーディングは必要なければオフにしておきます。 個人的には録音をするなら勝手に録音せず先に一言断ったほうが良いんじゃないかな?と思います。 Zoomミーティング通話画面 肝心の通話するWebカメラ画面ですが、こちらも少し操作が必要です。 以下の画像はホスト側(主催者)専用画面なのでアイコンが多いですが、気にせず見てください。 まず、画面の共有ボタンは真ん中にある上矢印ボタンです。 普通はカメラ画像が表示されていますが、ウェブブラウザなどパソコン画面を見せながら話ができます。 左下の ミュートと書いているマイクのアイコンのところは押すと マイクオフ、その隣の ビデオの停止は カメラがオフになります。 ここは操作で重要なところなので、緊急事態にも反応できるように クリックの練習をしておきましょう。 離席する場合も音やカメラを消しておいた方が下だけパジャマ姿であってもパンツのままであっても見えませんし、トイレの水音や家族の会話なども聞こえないので安全です。 Zoom設定まとめ 以上、初めて使う人向けの設定したほうが良さそうな部分を紹介しました。 全画面、音が鳴る項目はオフ• デュアルモニターはオフ• バーチャル背景を設定するのは楽しい• マイクとカメラのオンオフは練習しておく• 最重要事項「外見を補正する」 せっかくならリモートライフを楽しみましょう! 次回はZoomで盛れるアプリを紹介する予定です。

次の

テレワークで大注目のZoom(ズーム)とは?使い方や料金、通信量、セキュリティに関するまとめ

テレワーク zoom

キャラが描かれていない背景だけのイラストはある意味貴重となっている。 使ってみれば~。 下記、公式サイトよりご利用ください。 あれ…?? 最後の背景は?? Let the fun begin with these video call backgrounds! 🖼️ — FINAL FANTASY VII REMAKE finalfantasyvii ドラゴンクエスト 【おしらせ】\おうえん/ おうちでも頑張っている冒険者のみなさまへ。 皆さまくれぐれも を避けた行動をよろしくお願いします。 ビデオ会議、ウェブミーティングなど存分にご活用ください。 会議中に踊らないように注意です! よろしかったら使ってくださいね! しかしWEB会議やオンライン飲み会という新しいことが 始まった方もおられると思います。 アストロやコーディと一緒に会議をしてみませんか? のお供にぜひご使用ください! — Salesforce Japan SalesforceJapan 【おこもり中の皆様】 八千代の主人が庭で撮影した画像です。 商用利用や加工及び再配布はご遠慮ください。 — 割烹旅館八千代 yachiyoweb 最後は渋いのも載せておきました。

次の